テリー・ブロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テリー・ブロス
Terry Bross
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州エルパソ
生年月日 1966年3月30日(48歳)
身長
体重
6' 9" =約205.7 cm
234 lb =約106.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1987年 MLBドラフト13巡目
初出場 MLB / 1991年9月4日
NPB / 1995年4月9日
最終出場 MLB / 1993年9月14日
NPB / 1998年10月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

テリー・ブロスTerrence Paul "Terry" Bross1966年3月30日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

セント・ジョーンズ大学時代は野球とバスケットボールで活躍。

1987年MLBドラフト13巡目でニューヨーク・メッツに入団。1991年にメジャーデビューし、同年は8試合に登板。

その後、1993年サンフランシスコ・ジャイアンツで2試合登板。メジャー通算成績は10試合で計12イニングを投げ、0勝0敗0セーブ、防御率3.00。

1995年に来日してヤクルトスワローズに入団。入団時に年俸4000万円と聞いて「そんなにもらえるのか」と驚いたというほど、当時にしては珍しいハングリー精神の持ち主であった。

来日1年目は、長身から投げ下ろす速球親指人差し指ではさむ独特のフォークボールを武器に14勝を挙げ、4試合連続2ケタ奪三振も記録し、最優秀防御率のタイトルを獲得するなど、前評判の悪かったヤクルトを日本一に導く原動力となる。同年9月9日巨人戦でノーヒットノーランを達成し(大森剛への死球完全試合は逃した)、これによって巨人の自力優勝が消滅した。9月30日、本拠地・神宮球場での巨人戦で完封勝利し胴上げ投手となった。このように、この年の巨人戦にはめっぽう強く、5勝0敗防御率0.23(39回1/3で失点は後藤孝志のプロ初本塁打(ソロ)のみ)とカモにした。

2年目以降は、上から投げ下ろす投球フォームゆえにモーションを盗まれることが多く、打球処理が苦手という弱点を突かれるようになり、故障の影響も響き成績は低迷した。ヤクルト時代、ベンチから敬遠の指示を受けたが「(暴投などをせずに指示通り敬遠をする)自信がない」と敬遠を拒否したことがある。

1998年西武ライオンズに移籍するが活躍することは出来ず、翌1999年は一軍登板のないまま退団した。

現在は、アリゾナ州にあるスポーツ・マネジメント会社 Gaylord Sports Management で代理人として活動している。主なクライアントはブライアン・アンダーソンブロンソン・アローヨビル・ホールD・J・カラスコダーネル・マクドナルドルイス・ゴンザレスなど。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1991 NYM 8 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 39 10.0 7 1 3 0 0 5 0 0 2 2 1.80 1.00
1993 SF 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 10 2.0 3 1 1 0 0 1 0 0 2 2 9.00 2.00
1995 ヤクルト 32 24 5 3 0 14 5 0 -- .737 646 162.1 114 6 57 0 3 139 9 1 43 42 2.33 1.05
1996 23 21 2 1 0 7 12 0 -- .368 571 137.0 115 16 43 1 3 97 5 0 61 55 3.61 1.15
1997 23 21 0 0 0 7 8 0 -- .467 524 115.1 129 16 56 0 0 89 5 1 73 64 4.99 1.60
1998 西武 11 7 0 0 0 2 3 0 -- .400 179 45.1 35 9 23 0 1 28 3 1 28 27 5.74 1.28
MLB:2年 10 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 49 12.0 10 2 4 0 0 6 0 0 4 4 3.00 1.17
NPB:4年 89 73 7 4 0 30 28 0 -- .517 1920 457.0 393 47 179 1 7 353 22 3 205 188 3.70 1.25
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 46 (1991年)
  • 37 (1993年)
  • 24 (1995年入団時。3月に吉井理人が入団して24を着けたため、29に変更)
  • 29 (1995年 - 1997年)
  • 33 (1998年 - 1999年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]