野口茂樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
野口 茂樹
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県東予市(現:西条市
生年月日 1974年5月13日(39歳)
身長
体重
179 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1992年 ドラフト3位
初出場 1994年8月25日
最終出場 2007年8月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

野口 茂樹(のぐち しげき、1974年5月13日 - )は、愛媛県東予市(現:西条市)出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

丹原高校から1992年のドラフト中日ドラゴンズから3位指名を受けて入団。

中日時代[編集]

2年目の1994年は1A・セントラルバレー・ロッキーズに野球留学し、同年8月25日の対広島戦でプロ初登板。1995年には、早々とペナントレースから脱落した中、若手育成の目的もあり、先発として積極起用される。コントロールが悪く四球から自滅することが多かったが、奪三振率は7.90と潜在能力があることを示した。5月4日の対横浜戦では延長11回無失点の力投を見せた。

1996年にプロ初完投勝利を含む5勝全てを完投であげる。8月11日東京ドームでの対巨人戦では四死球を6個与えながらもノーヒットノーランを達成(リードした捕手は矢野輝弘)。8月31日ナゴヤ球場での巨人戦で相手の四番落合博満死球を与え、骨折させてしまった。

1998年にチーム最多タイとなる14勝(9敗)を挙げ、最優秀防御率のタイトルを獲得。1999年のシーズンでは19勝7敗の成績を残し、リーグ優勝に貢献。リーグMVPに輝く。10月10日の対ヤクルト戦で、20勝をかけて先発し9回途中まで無失点に抑えるも、打線の援護に恵まれず0-1のサヨナラ負けを喫する。19勝したものの、当時ルーキーの上原浩治が20勝したため最多勝利を獲得できなかった。日本シリーズでは第1戦と第5戦に登板するが、打線の援護や味方の守備に恵まれず、いずれも敗戦投手となる。

2000年は初めて開幕投手を務めるもシーズンを通して不調に終わった。しかし、翌2001年には2度目の最優秀防御率のタイトルと初の最多奪三振を獲得する。完投数も初めて2桁(11完投)に到達。4試合連続無四球完投勝利(日本タイ記録)を達成。12月に長年バッテリーを組んでいた中村武志が横浜に移籍。(中村武志が中日の正捕手を務めていた頃、ヒーローインタビューでの決まり文句は「中村さんのおかげです」だった。)

2002年は故障のためにわずか5試合の登板にとどまる。2003年のシーズンはギリギリで規定投球回に達し高い奪三振率を記録したが、防御率は4点台中盤だった。シーズン終了後に10年近く住んでいた選手寮を退寮した。

2004年8月7日広島市民球場における対広島戦で初回1死を取っただけで5失点KOされ、その試合中に二軍行きを通告され新幹線で名古屋に強制送還された。それ以降登板機会が減って一軍と二軍を行ったり来たりすることになり、結局シーズンは4勝に終わり、同年の日本シリーズは登板機会がなかった。オフにはトレード要員に挙げられることもあった。2005年は3勝に終わり、シーズンオフにFA権を行使するが、前述のようなこともあり中日はほとんど慰留を行なわなかったとされるが、実際の所は当時、全権監督として編成権を持っていた落合監督のFA権に対する考え方もあった。結果的に11月17日2年契約・年俸1億円で巨人に移籍。それに伴う人的補償として小田幸平が中日に移籍することになった。

巨人時代[編集]

2006年は1試合の登板に終わり、2007年は開幕ローテーション入りこそ逃したものの、リリーフとして開幕一軍入りし、5月1日に古巣である対中日戦で移籍後初勝利を挙げる。その後もリリーフの一角として存在感を示していたが、徐々に打ち込まれるようになり8月中旬に一軍登録を抹消された。全てリリーフでの登板で31試合登板、防御率は4.30に終わった。契約更改では年俸1億円から75%減俸の2500万円となった。これは巨人史上当時最大、日本球界全体でも当時3位となる減俸率である(金額は推定)。2008年はルーキーイヤー以来の一軍登板無しに終わり、10月1日に球団から戦力外通告を受けた。

巨人退団後[編集]

12球団合同トライアウトには参加せず、東北楽天ゴールデンイーグルスの入団テストを受け、鉄平を含む打者5人と対戦。全員を打ち取るも直球のスピードが出ず、合格は至らなかった。その後、12月23日には同じ巨人から自由契約になった門倉健とともにシカゴ・カブスのトライアウトを受けた。

2009年2月12日トロント・ブルージェイズとマイナー契約で合意したと報道されたが、契約前のメディカルチェックで左肘に異常が見られたため、契約を破棄された[1]

巨人退団後は株式会社オーガニッククルーの顧問を務める傍ら、「Future's Baseball Academy」のメインアドバイザーを務めている。

独立リーグ時代[編集]

一方で左肘の手術とリハビリを続け、実戦参加の目処が立ったため、2011年5月、四国アイランドリーグplus三重スリーアローズの練習に参加し、19日に入団が発表された[2]。同月24日に入団会見を行い、背番号を中日時代と同じ「47」とした。同年シーズン終了後、スリーアローズ解散に伴い退団[3]。12球団合同トライアウトを受験した[4]が、打者5人に対し2四球と結果を残すことが出来ず、どこの球団からも誘いが無く、引退を決意した。

引退後[編集]

2012年より、愛知県常滑市に拠点を置くNPO法人の社会人野球チーム「ルーキーズ」のコーチに就任。[5]。さらに東海ラジオ放送の野球解説者も務める。

将来は妻の両親が経営する焼き鳥店を継ぐ予定であるとされている。[6]

プレースタイル[編集]

横滑りと斜めに変化するキレのある2種類のスライダーが決め球。スライダーとストレート以外の球はほとんど投げず、キャンプなどで新しい球種を試したこともあったが、シーズンが始まると投げなくなっていった。

1998年8月30日の対ヤクルト戦(ナゴヤドーム)に先発した野口は延長12回・203球を一人で投げきり、かつ200球目でその日の最速144km/hを記録した(試合は12回表に打たれ、結局敗戦投手となってしまった)。なお、野口を最後に現在まで1試合で200球以上投げた投手はいない。ちなみに中6日で迎えた次の先発となった同年9月6日の対横浜戦でも完投しており、豊富なスタミナの持ち主である。

2007年は左打者は打率.228、ホームラン0本に抑え、スライダーは12球団の左打者に十分通用しているが、右打者とは70人と対戦し半分近くの33回の出塁を許し、4本のホームランすべてを右打者から打たれた。

人物[編集]

天然ボケな性格で知られる。また、かなりマイペースである。

審判からボールを貰う際、マウンド上で必ず帽子を脱いで礼を表す。

趣味絵画水彩画)。

中村武志とバッテリーを組んで勝利した際、ヒーローインタビューで「中村さんのおかげです」、「中村さんのミットめがけて投げました」としばしばコメントしていた。

野口本人の希望もあって中日入団後は長年にわたって合宿所生活を送り続けてきた。車の免許を持っているものの愛車を持たずにタクシーで移動していた。しかし、10年近く住み続けたこともあって球団の勧告で退寮し、その後はホテルでの生活となった。巨人に移籍してからはマンション住まいになったが、愛車を持たないなど基本的な生活スタイルは変わらなかった。

中日時代、沖縄春季キャンプの際、昼食を本来選手専用の食堂があったのにもかかわらず、通称・「竜ちゃん食堂」(地元北谷町の飲食店が運営する報道専用食堂)で食べていた。

2003年オフ、中日に落合博満監督が就任することに伴いユニフォームが一新されることになった。その披露会見のモニターとなっている。

中日の生え抜き選手として初めてFA移籍した選手である。(それ以前にFA移籍した落合、前田幸長は他球団(いずれもロッテ)から移籍してきた選手である。)また、現時点でただ1人生え抜き選手でFAで国内他球団へ移籍している。(その後生え抜き選手で福留孝介川上憲伸がFA移籍したがいずれもMLB球団である。)

巨人移籍直後には選手の大部分が自動車通勤の中、ペーパードライバーのため電車通勤をして話題になった。

2009年5月17日に保育士の女性と入籍。9月13日に東京都内のホテルで結婚式を挙げている。

出演番組[編集]

  • 2012年10月14日(日)TBSのバース・デイ
  • 2012年11月15日(木)NHK総合(名古屋放送局発信の愛知、岐阜、三重での放送) 情報フレッシュ便 さらさらサラダ

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1994 中日 8 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 45 10.2 5 1 10 0 0 11 0 0 3 3 2.53 1.41
1995 30 19 1 0 0 3 10 2 -- .231 564 125.2 114 21 83 2 2 110 3 0 72 67 4.80 1.57
1996 21 18 5 2 0 5 5 0 -- .500 487 114.1 104 15 52 2 2 88 4 0 47 41 3.23 1.36
1997 11 7 0 0 0 0 1 0 -- .000 179 37.0 46 2 21 0 3 14 2 0 29 27 6.57 1.81
1998 27 27 6 1 0 14 9 0 -- .609 802 192.0 174 10 63 4 5 134 8 0 59 50 2.34 1.23
1999 29 29 7 4 0 19 7 0 -- .731 870 203.2 202 13 67 3 5 145 6 0 68 60 2.65 1.32
2000 33 27 4 1 0 9 11 0 -- .450 764 173.0 200 20 58 3 2 128 9 0 99 89 4.63 1.49
2001 26 26 11 5 5 12 9 0 -- .571 765 193.2 167 7 28 1 2 187 1 0 62 53 2.46 1.01
2002 5 5 0 0 0 2 1 0 -- .667 118 27.0 24 6 13 1 1 12 1 0 15 15 5.00 1.37
2003 29 26 1 0 0 9 11 0 -- .450 641 146.1 154 12 59 0 9 146 3 0 80 74 4.55 1.46
2004 17 15 1 1 0 4 8 0 -- .333 360 78.0 106 13 27 3 1 61 1 0 51 49 5.65 1.71
2005 13 13 1 1 0 3 6 0 0 .333 300 72.0 71 8 26 1 4 57 3 0 33 32 4.00 1.35
2006 巨人 1 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 16 3.0 7 0 1 0 0 1 1 0 5 3 9.00 2.67
2007 31 0 0 0 0 1 1 0 4 .500 144 29.1 34 4 20 2 3 28 0 0 15 14 4.30 1.84
通算:14年 281 214 37 15 5 81 79 2 4 .506 6055 1405.2 1408 132 528 22 39 1122 42 0 638 577 3.69 1.38
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
  • 初登板・初先発:1994年8月25日、対広島東洋カープ20回戦(ナゴヤ球場)、3回3失点
  • 初奪三振:同上、1回表に緒方孝市から
  • 初勝利:1995年5月17日、対広島東洋カープ6回戦(ナゴヤ球場)、6回1/3を4失点
  • 初セーブ:1995年6月15日、対ヤクルトスワローズ9回戦(ナゴヤ球場)、6回表に2番手で救援登板・完了、4回1失点
  • 初完投:1995年8月16日、対横浜ベイスターズ20回戦(横浜スタジアム)、8回4失点で敗戦投手
  • 初完投勝利:1996年7月12日、対阪神タイガース15回戦(ナゴヤ球場)、9回5失点(自責点1)
  • 初完封勝利:1996年8月11日、対読売ジャイアンツ19回戦(東京ドーム) ※史上64人目のノーヒットノーラン
  • 初ホールド:2007年4月21日、対阪神タイガース5回戦(阪神甲子園球場)、6回裏に2番手で救援登板、1回1/3を1失点
節目の記録
  • 1000投球回数:2001年8月12日、対阪神タイガース21回戦(ナゴヤドーム)、8回表2死目に今岡誠を遊撃ゴロで達成 ※史上290人目
  • 1000奪三振:2004年5月29日、対阪神タイガース11回戦(ナゴヤドーム)、5回表に杉山直久から ※史上111人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 57 (1993年 - 1994年)
  • 47 (1995年 - 2005年、2011年)
  • 31 (2006年)
  • 46 (2007年 - 2008年)

脚注[編集]

  1. ^ 野口、大リーグの契約不成立 身体検査の結果受け”. 47NEWS (2009年2月19日). 2011年5月19日閲覧。
  2. ^ 元中日の野口、三重入り=野球・四国アイランドリーグ”. 時事通信 (2011年5月19日). 2011年5月19日閲覧。
  3. ^ 退団選手のお知らせ”. 三重スリーアローズ オフィシャルブログ (2011年10月25日). 2011年10月26日閲覧。
  4. ^ 野口 トライアウト挑戦 独立L三重解散…あきらめない”. 中日スポーツ (2011年11月11日). 2011年11月11日閲覧。
  5. ^ 元中日の野口氏、コーチに=NPO法人「ルーキーズ」-社会人野球”. 時事ドットコム (2012年2月9日). 2012年2月9日閲覧。
  6. ^ 中日スポーツ2012年2月9日号より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]