マキシモ・ネルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マキシモ・ネルソン
Maximo Nelson
高陽ワンダーズ
CD-Maximo-Nelson.jpg
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サントドミンゴ
生年月日 1982年4月21日(32歳)
身長
体重
204 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2000年
初出場 NPB / 2008年7月19日
最終出場 NPB / 2012年9月8日
年俸 $1,000,000(2012年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マキシモ・ネルソンMaximo Nelson , 1982年4月21日 - )は、ドミニカ共和国出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

地元の高校を卒業後、2000年10月にニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約を結ぶが、ウィリー・ピエ(Willy Pie)という偽名を使っていたことに加え、年齢を3歳ほどサバを読んでいたために、ビザ発給がスムーズにいかず、2001年から2003年までドミニカで過ごした[1]

その後、2004年に渡米し、ルーキーリーグのガルフ・コーストリーグ・ヤンキースでプレーし、6勝3敗、防御率2.63の成績を残し、翌2005年の有望新人リストでは30位にランクインするなど、それなりに将来を嘱望されていた。しかし同年オフ、ドミニカ人グループが画策した偽装結婚疑惑に関与し解雇され、さらにビザ発給の永久停止処分を受けてアメリカから国外追放となった(その後「処分決定後、5年間のビサ発行停止」に緩和されたため、2011年以降はアメリカへの入国が可能となった)[2] 。この偽装結婚疑惑には30人が関与し、ネルソンは一人当たり日本円で30万円ほどの報酬を受け取っていたとされる [3][4]。 ドミニカ共和国に帰国後、2006年からははドミニカン・サマーリーグに参加。ヤンキースとパドレスの合同傘下チームでプレーし、4勝2敗、防御率1.18の成績を残すが、出番は多くなく農業や漁業で生計を立てていた。2007年からはイスラエル野球リーグでプレーし、5勝1敗[5]。オフのウィンターリーグでの投球が中日ドラゴンズの目に留まり、入団テストを受けることになる。

中日時代[編集]

2008年、中日の春季キャンプでのテストを経て、同球団に入団する。ブルペン捕手兼通訳のルイス・フランシスとは同郷であり、それが縁でルイスが森繁和バッテリーチーフコーチに紹介したものだった。来日の際はアメリカへの入国自体を禁止されていたためアメリカを経由できず、ヨーロッパ経由で入国した[6]。開幕後二軍で3試合登板し、7月19日の対阪神戦で一軍初登板。

2009年7月21日の対広島東洋カープ戦(ナゴヤドーム)にてプロ入り初勝利を果たした。9月18日の対横浜戦(ナゴヤドーム)で初先発するが、4回一死満塁で降板し、敗戦投手となった。同年は前年に比べて登板機会が増え、26試合に登板し1勝3敗防御率3.58の結果を残した。

中日時代の投球フォーム

2010年2月26日、キャンプ地の沖縄から移動する際に那覇空港での手荷物検査の際に鞄から実弾が見つかり銃刀法違反容疑で逮捕された[7]。ドミニカにおいて銃は認可登録申請を経て所持することが認められており、ネルソン本人も「ドミニカでは野球選手が強盗に襲われる事件が多く、護身用として銃を携帯していた」と話している。銃は来日時にドミニカの自宅に置いてくるつもりであったが、銃弾だけが荷物に紛れ込んだという。警察の事情聴取の後、故意に銃弾を持ち込んだ可能性が低いこと、ネルソン本人が深く反省していることなどから翌27日に釈放。3月2日、球団から「故意ではないが、銃弾所持は重大な犯罪」として3ヶ月の出場停止の処分が下された[8]。6月に謹慎期間が明けると一軍に合流。7月以降は先発ローテーション入りし、9月2日に来日初の完封勝利を挙げるなど4勝をマークした。またネルソンはこの時「日本に来て一番向上したのは制球」と語った。[9]

2011年4月12日の対横浜戦で初の開幕投手を務める(中日の外国人投手では1986年の郭源治以来)。この年は先発ローテーションの一角として活躍し、打線の援護がなかなかもらえず最終的には10勝14敗と負け越すものの、安定した投球でチームの優勝に貢献した。

2012年は開幕から怪我に悩まされ、6試合に登板し0勝1敗、防御率7.15と精彩を欠くシーズンとなった。10月2日、中日ドラゴンズから戦力外通告を受け、10月5日に自由契約公示された[10]

退団後[編集]

中米・南米を拠点に所属チームを探していたが[11]ベネズエラプロ野球リーグカルデナレス・デ・ララに入団。2013年1月20日に初先発を果たした[12]

2013年2月9日、阪神タイガースが獲得調査を進めていることが分かった[13]。同年2月12日、韓国プロ野球斗山ベアーズが獲得することが報じられ、肘痛でキャンプへの合流が遅れたケルビン・ヒメネスの代役候補として同月14日よりキャンプ地の清武総合運動公園(宮崎県宮崎市)でテストを受けたが不合格だった。同年4月には千葉ロッテマリーンズが獲得に動いていることが報道された[14]。 その後リハビリを続け、2014年6月9日、韓国の独立球団・高陽ワンダーズと契約した。

プレースタイル[編集]

一軍公式戦での平均球速約146km/h[15]、最速155km/hのストレートスライダーフォークツーシームを投げる。球速については来日時に会見で「最速で96mph(約154km/h)」と自ら語り、同時期の球団資料では158km/hだったという。入団当初はクイック投球や制球に難があり、盗塁されたり四死球を連発して崩れることが多かったが、近年はクイックも速くなり、制球も良くなり、そのようなことは減ってきている。

疲労の回復が早く、2011年はたびたび中4日で先発している。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2008 中日 6 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 29 6.0 9 0 4 0 0 6 0 0 2 2 3.00 2.17
2009 26 1 0 0 0 1 3 1 1 .250 215 50.1 48 6 16 0 1 49 4 0 24 20 3.58 1.27
2010 15 9 2 1 0 4 3 0 0 .571 293 68.1 65 7 37 2 5 38 0 0 24 24 3.16 1.49
2011 31 31 2 0 0 10 14 0 0 .417 840 209.1 171 12 49 3 6 149 5 0 63 59 2.54 1.05
2012 6 1 0 0 0 0 1 0 1 .000 54 11.1 14 1 7 0 0 8 0 0 10 9 7.15 1.86
通算:5年 84 42 4 1 0 15 21 1 2 .417 1431 345.1 307 26 113 5 12 250 9 0 123 114 2.97 1.22
  • 2012年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

NPB投手記録
  • 初登板:2008年7月19日、対阪神タイガース13回戦(ナゴヤドーム)、9回表に3番手で救援登板・完了、1回無失点
  • 初奪三振:2008年7月21日、対広島東洋カープ13回戦(ナゴヤドーム)、9回表に石原慶幸から空振り三振
  • 初セーブ:2009年4月10日、対広島東洋カープ1回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、7回裏に4番手で救援登板・完了、3回2失点
  • 初ホールド:2009年7月3日、対読売ジャイアンツ10回戦(ナゴヤドーム)、7回表に2番手で救援登板、1回無失点
  • 初勝利:2009年7月21日、対広島東洋カープ14回戦(ナゴヤドーム)、6回表に2番手で救援登板、2/3回無失点
  • 初先発:2009年9月18日、対横浜ベイスターズ21回戦(ナゴヤドーム)、3回1/3を5失点で敗戦投手
  • 初先発勝利:2010年7月29日、対読売ジャイアンツ15回戦(東京ドーム)、5回2/3を2失点
  • 初完投:2010年8月5日、対東京ヤクルトスワローズ16回戦(明治神宮野球場)、8回5失点で敗戦投手
  • 初完投勝利・初完封勝利:2010年9月2日、対広島東洋カープ21回戦(ナゴヤドーム)
NPB打撃記録
  • 初安打・初打点:2010年9月2日、対広島東洋カープ21回戦(ナゴヤドーム)、2回裏にエリック・スタルツから中前適時打

背番号[編集]

  • 49 (2008年 - 2012年)

脚注[編集]

  1. ^ Scouting Yankee Prospect #35: Maximo Nelson Scout.com 2004年12月9日
  2. ^ 2010年11月11日付日刊スポーツ紙面
  3. ^ 名珍外国人列伝マキシモ・ネルソン スポーツナビ+ 2010年3月1日
  4. ^ 偽装?ネルソン“ウソばっかり” デイリースポーツonline 2008年1月25日閲覧
  5. ^ http://alexenberg.blogspot.jp/
  6. ^ 外国人テスト生が来日 ドミニカからネルソンとデラロサ 中日スポーツ 2008年1月25日閲覧。
  7. ^ 産経新聞 - 中日のネルソン投手を銃刀法違反で逮捕、2010年2月26日閲覧
  8. ^ asahi.com - 実弾所持の中日・ネルソン投手、3カ月間の試合出場停止。2010年3月2日。
  9. ^ - 2010年9月3日付 中日スポーツ1面 閲覧 
  10. ^ 2012年度 自由契約選手”. 日本野球機構公式サイト (2012年10月5日). 2012年10月5日閲覧。
  11. ^ http://www.liderendeportes.com/Noticias/Beisbol/Leones-protesto-inscripcion-de-Maximo-Nelson.aspx
  12. ^ http://www.el-nacional.com/deportes/guante_de_oro/Cardenales-volo-cima_0_121787873.html
  13. ^ http://www.daily.co.jp/tigers/2013/02/10/0005730727.shtml
  14. ^ “ロッテ、元中日ネルソン獲り 先発駒不足解消へ”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年4月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/23/kiji/K20130423005666830.html 
  15. ^ 気になるあの投手たちの持ち球CHECK!『週刊ベースボール』2011年26号、ベースボール・マガジン社、雑誌20441-6/20、35-39頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]