権藤博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
権藤 博
Gondoh hiroshi.jpg
2012年8月28日、こまちスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県鳥栖市
生年月日 1938年12月2日(75歳)
身長
体重
177 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手三塁手遊撃手
プロ入り 1961年
初出場 1961年4月9日
最終出場 1968年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

権藤 博(ごんどう ひろし、1938年12月2日 - )は、佐賀県鳥栖市出身の元プロ野球選手投手内野手)・監督、野球指導者、野球評論家

現役時代は「権藤、権藤、雨、権藤」という流行語が生まれるほど連日のように登板し、新人としては歴代最多勝となる35勝を記録するも、多投がたたり現役生活は短命に終わる。現役引退後は、中日近鉄ダイエー横浜で投手コーチを歴任し、数々の投手を育て上げた。1998年から2000年まで横浜の監督を務め、就任1年目でチームを38年ぶりのリーグ優勝、日本一に導いた。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

佐賀県立鳥栖高校ではもともとは内野手であったが、ピッチャー不在となり投手に転向。甲子園には行けなかったもののその活躍からプロ野球西鉄ライオンズにスカウトされたが、この誘いを蹴り社会人野球ブリヂストンタイヤに入社、同社の久留米工場野球部でプレーしていた。もとより身体能力は抜群で、他分野からも高い評価を受けていた。織田幹雄が「何とかコイツを1964年東京オリンピックに出せないものか。出れば金メダルは確実」とため息をついたという[1]。東京オリンピックに向けて陸上競技400mハードルの選手に転向してほしいという要請があったという逸話がある。

都市対抗野球で好成績をあげいくつもの球団からスカウトされたが、最終的に「契約金はどの球団よりも高くする」と言われた読売ジャイアンツの誘いを蹴り1961年中日ドラゴンズに入団[2]

現役時代[編集]

杉下茂の後の背番号20を受け継ぐ。同年のオープン戦で28.1回を投げて自責点1(防御率0.31)の成績を残し、1年目よりエースとして活躍。同年はチーム試合数130の半分以上にあたる69試合に登板、そのうち先発登板は44試合。35勝19敗、投球回数429.1回、奪三振310、防御率1.70を記録。沢村賞新人王を受賞した[3]。35勝は新人での最多勝日本プロ野球記録。連投に連投を重ねる権藤を指した「権藤、権藤、雨、権藤(雨、雨、権藤、雨、権藤と続く)」という流行語も生まれた。翌1962年、61試合に登板(先発登板39)、30勝17敗、投球回数362.1回、奪三振212、防御率2.33の成績を残し2年連続最多勝に輝いた[4]

過酷な登板に加え当時の誤ったトレーニングリハビリテーション方法(投球直後に肩を温めていた)により肩を痛め、3年目の1963年からは球威も落ち10勝しか挙げられず、1964年は6勝と調子を落とした。1965年から打者に転向し、1967年セ・リーグ最多犠打を記録する。しかし、それ以上芽が出ず1968年に投手復帰するも球威は衰えを隠せず、30歳の若さで現役引退した。投手時代の酷使体験は本人のみならず球界にも波及し、現役時代に投手コーチを務めていた近藤貞雄は「投手分業制」を発案するなど、後の日本プロ野球に大きな影響を与えた。

引退後[編集]

引退後、球団からは1軍マネージャーの地位を提示されるが固辞[5]東海ラジオで野球解説者となる傍ら、ゴルフ関係の職やアメリカフロリダ教育リーグでのコーチを経て、1973年から1980年まで中日二軍投手コーチ、1981年から1983年まで中日一軍投手コーチを務め、1974年及び1982年のリーグ優勝に貢献。

1984年から1987年まで東海テレビフジテレビ解説者、中日スポーツ野球評論家を経て、1988年から近鉄バファローズ一軍投手コーチを務め、1989年のリーグ優勝に貢献したが、監督の仰木彬と折り合いが悪く、同年限りで辞任した[6]

1990年日刊スポーツ野球評論家。1991年から1993年まで福岡ダイエーホークス一軍投手コーチを務め、1994年から1996年まで東海テレビ・フジテレビ解説者、中日スポーツ野球評論家を務めた。

1997年横浜ベイスターズのバッテリー・チーフコーチを務め、投手陣を整備し、チームの2位躍進に貢献。1998年に横浜監督に昇格し、1年目にチームを38年ぶりのリーグ優勝、日本一に導いた。その後2000年まで監督を務め、いずれもチームはAクラス入りを果たした。

監督退任後は、東海ラジオ(2001年から2011年まで)・スポーツ報知2001年から2008年まで)の野球評論家として活動していた。この期間、巨人[7]やその他の球団からコーチの誘いが公式、非公式含めてあったという[8]

現役時代の同僚でもある高木守道が中日ドラゴンズの監督に復帰した2012年には、同球団の一軍投手コーチに再び就任。日本プロ野球球団の現役監督・コーチでは最高齢となる73歳で、12年振りに現場への復帰を果たした。復帰後は、新人・若手投手の積極的な起用やそれまで先発要員だった山井大介の救援(セットアッパー→クローザー)転向などを通じて、チームのセントラル・リーグ2位と6年連続クライマックス・セ進出に貢献。シーズン終盤にエースの吉見が故障で今季絶望となり、中田、ソトも登板不可能となる。残る先発投手はシーズン10勝の山内を除けば4勝の大野、3勝の川上、山本昌、1勝の伊藤という状況で巨人に3連勝して追い詰めた。しかしその後3連敗で敗退した直後の10月24日に、退団が発表された[9]

2013年からは再び東海テレビ・東海ラジオ解説者となり、さらに日刊スポーツの野球評論家も務める。

指導者として[編集]

選手の自主性を尊重しながら勝利に導く指導者としての手腕は、球界内でも評価が高い。

コーチとして[編集]

現役引退後に中日、近鉄バファローズ福岡ダイエーホークス横浜ベイスターズのコーチ・監督を歴任した。鈴木孝政小松辰雄牛島和彦吉井理人阿波野秀幸村田勝喜吉田豊彦下柳剛などを育てた。

「投球フォームはその投手の主張」が持論で、フォームにはほとんど口を出さなかった。コーチとしてフォーム矯正を施したのは都裕次郎だけだという[10]

近鉄コーチ時代に指導した加藤哲郎は「当時、投手陣はみんな権藤さんの事は慕っていました。僕の野球人生の中で恩師と呼べる人がいたら、それは唯一、権藤さんですね。現役時代、登板過多で肩を壊した経験があるので、ピッチャーの立場になって考えてくれる人でした。」[11]

コーチとしては直言居士で、たとえ上司(監督)であっても、間違いだと思う意見には徹底して異論を唱えるタイプであり、近鉄コーチ時代には仰木彬と、ダイエーコーチ時代には田淵幸一、中日コーチ時代には高木守道との不仲説も噂された。特に中日コーチ時代は高木監督との対立が一部メディアやタブロイドでたびたび取り上げられるほどであった(後述)。

近鉄コーチ時、権藤は投手の育成、心理体調の面から仰木の投手起用に異議を訴えていた[12]。一方の仰木は自著において、コーチは監督ではなく投手の利益代表でもない、ということから、権藤の姿勢を、「コーチという職分、位置をわきまえていなかった」と批判している[13]

中日コーチ時(2012年)には高木監督(当時)と投手起用などで持論をぶつけ合い、また当時の高木はマスメディアの前やチーム内部で自軍の選手を厳しく批判・叱咤することが多く、そのことに対して「かばってくれるはずの味方に怒られるほど、つらいことはない。何十年もコーチをやってて、怒って選手が良くなった試しはない」「打たれた・打てないはコーチの責任。勝った負けたは監督の責任」と諭したこともあった[14]。その一方で、退任の際に「高木監督に対するわだかまりはない」と発言している[15]

江夏豊は「名監督は数多くいても、名コーチは少ない。その中で打つほうの名コーチは中西太さん、投げるほうの名コーチは権藤さん」と語っている[16]。また、江夏は2012年のCSでは巨人との対戦では継投策を絶賛し、退団を惜しんでいる[17]豊田泰光も権藤と高木の対立を「お互いの職務を全うしようとしたが故のバトルだった。こういうエネルギーのはらむチームを相手にするのはかえって嫌なもの」と評価しており、権藤の退団を惜しんだ[18]

この中日退団に際して、1989年の近鉄退団のときと重ね合わせる見方、なかでも、2012年のクライマックスシリーズ1989年の日本シリーズのいずれも投手起用をめぐる監督との対立で退団への方向が決定的となったと見られることがある[19][20]

カウント2ストライク0ボールから明らかなボール球で外すことについて「投手が有利なのに何故わざわざ外すのか」と、3球勝負をしないバッテリーが多いことに苦言を呈している。

監督として[編集]

横浜監督時代は自らを「監督」ではなく「権藤さん」と呼ぶように指示していた。これは監督を退いた後を見据えていたのと、肩書きを捨てることで部下との垣根をなくすことも目的だった。このルールは選手・スタッフ一同だけでなく、取材陣も対象とされ、違反した場合は罰金1,000円を支払うことになっていた。実際に谷繁元信は権藤に「監督!」と呼び掛け、権藤が聞こえていないフリをし、それに気付かず再び「監督!」と呼んだところで権藤に「ハイお前、罰金2,000円な!」と言われ唖然とした、と語っている。

権藤が監督を務めている間、大活躍を見せたロバート・ローズに「最高のボス」と慕われている。ローズは毎年のように自分に取って代わる外国人を獲得したり、年俸を渋ったりする横浜フロントにわだかまりを持ち、引退も考えていた。1999年の夏頃、権藤は球団の通訳ではなく英語を話せる自分の娘のみを同伴させて1対1でローズと腹の割った話をした。結果「権藤が監督でいる間は引退を考えないようにするよ」と権藤に全幅の信頼を置き、大活躍の下地を作った。

座右の銘は「Killed or be Killed(殺るか、殺られるか)」。横浜監督時代、開幕ベンチ入り投手全員にこの一文を入れたサインボールを渡したという。

ダッグアウトで采配を取る時、ベンチに座らず立ち上がったまま、顎もしくは頬に掌を当てる姿がしばしば中継カメラに映された。このスタイルは権藤のトレードマークとなり、当時のスポーツ新聞週刊誌風刺漫画ではよくネタにされていた。コーチ時代も同じポーズを取ることが多い。

采配の特徴

アメリカ・フロリダ教育リーグでのコーチ修業時代の経験から、選手を大人扱いする「Don't over teach(教え過ぎない・言い過ぎない)」という采配・指導方針が基本にある。選手の感性と自主性を重んじた、この一見放任主義的なスタイルは当時、マスメディアでも話題となった[21]。権藤自身はこのスタイルを放任主義ではなく「奔放主義」と述べている[22]。夜間練習の強制せず、各選手の自主性に任せた。また、選手全員を集めるミーティングは基本的に行わず、実施しても「皆さんはプロですからプロらしくやってください」の一言で終了することが多かった。その代わりグラウンド等で個々にコミュニケーションを取ったという。試合でも「(自分は)8割はピッチングコーチ」と公言し、攻撃面の作戦進行はヘッドコーチの山下大輔や打撃コーチの高木由一にほぼ一任し、打者・走者へのサインも最小限に止め選手の判断に任せていた[23]。しかし、あまりにもサインが出ないため、最下位に沈んでいた2000年の前半には選手が主導して開かれたミーティングで、もう少しサインを出すよう要求されたという。

審判は絶対である」という原則を遵守し、判定にほとんど異議を唱えることはなかった。岡田功によると、ある日の試合で、ストライク・ボールの判定で揉めて選手に押されて抗議には向かったが、審判の前に立つなり、「選手の手前、黙ってるわけにはいかんから、世間話していいかな? ちょっと時間くれな」というなり世間話をはじめ、「ありがとう」といってベンチに戻っていったという[24]

自身の体験から「投手の肩は消耗品」が持論である。横浜の監督となった1998年には抑え投手佐々木主浩を不動の中心とし、リリーフ投手にも『中継ぎローテーション』を確立して、連投による酷使を極力避けさせた(ただしダイエーコーチ時代、下柳剛に関してだけは「奴はどれだけ放っても壊れない」と例外扱いし、制球力をつけさせるため毎日のように練習や試合で登板させた)。

送りバントというのは、わざわざ敵にアウトを献上するという世にも馬鹿馬鹿しい作戦だ」と述べており、実際にも限られた場面でしか送りバントを用いなかった。いわゆるマネー・ボール理論で語られるものと類似しており、「投手の肩は消耗品」「中継ぎローテーション」という持論などからもメジャーリーグでみられる思想と通じるものがある。ただし、チームが優勝争いの輪に加わっている間は、100試合を超えた辺りからは監督は勝利のためなら何をやってもいいという考えも持っていた。事実、優勝した1998年は9月後半あたりから送りバント、セーブのつかない場面でも佐々木を起用するケースも見られた。

しかし前述の放任主義・審判絶対主義的スタイルは円熟期のチームでは力を存分に発揮したが、時を経るごとにチーム内での軋轢を生み、特に野手陣との亀裂が深まっていく。前述のように野手陣の事は全てコーチ任せにしていたこともあってか、野手陣とは上手く意思疎通ができていなかったとされる[25] 。その象徴的な出来事として、2000年6月18日の対広島12回戦で、相手の右投手ネイサン・ミンチーに対し、左打者の駒田徳広に代えて右打者の中根仁を代打に送ったことで、プライドを傷つけられた駒田が試合中にもかかわらず帰宅するという造反事件が起きた[25]。この出来事の以前から駒田は権藤の指揮官としての指針に不満を蓄積していたのもこの造反の理由の1つとされている(駒田徳広の項目も参照)。なお、駒田はこのシーズン終了後に現役を引退。一方の権藤も、当時球団社長の大堀隆とは兄弟のように蜜月だったが、他のフロント陣との対立も相俟って同年限りで退任した。

野村克也との対立

監督としての権藤は、「何よりも野球は選手がやるもの。監督は、選手個々の考え方や才能を自由に発揮できる環境を作るだけ」という哲学を貫いた。リーグ優勝を果たして胴上げ直後の勝利監督インタビューも一言二言だけで終わらせ、その後の個別インタビューも「主役は選手だから」と出演を断るなど、ファンや取材陣の前で選手達より目立つような言動も控えていた。これに対し、同時期にヤクルト阪神の監督であり「野球は監督の采配如何で勝敗が決する」という持論を展開する野村克也は、権藤の采配スタイルやマシンガン打線を「勝手無礼な行儀の悪い野球」と評し、権藤や横浜選手の人格に至るような部分まで公然と批判を展開した。1998年、優勝マジック3の横浜は10月3日 - 10月6日と地元・横浜スタジアムでヤクルトとの4連戦を迎えた。この連戦以前の横浜は上記の因縁から権藤が「ID野球なんてクソくらえ」と選手にハッパをかけていたこともあり、ヤクルト戦では特に闘志をむき出しにして戦い、大きく勝ち越していた。地元胴上げの期待は最高潮に達していたが、野村は「1年目の権藤に簡単に優勝させるわけにはいかない」と闘争心を露にし、当時好調だった川崎憲次郎石井一久伊藤智仁らをぶつけて3連勝し、自身の目の前での胴上げだけは阻止した。

一方で権藤も、「グラウンド上で詰め将棋など見たくもないでしょう」と暗に野村を皮肉っていた。そして、1998年の日本シリーズでは相手の西武の監督が以前から親交のある東尾修だったため、シリーズ直前にマスコミ公開での食事会を行っている。そこで非公式とはいえ、予告先発を約束した。グラウンド外での腹の探りあいや舌戦、駆け引きを排除し、選手同士の力と技の勝負を堪能してもらいたいという意味合いであった。シリーズ終了後、『Number』で東尾と対談を行っている。シリーズ終了後から数週間後に監督同士が対談するのは非常に稀である。

もっとも、これらの権藤と野村の対立を窺わせるエピソードは、おもに野球観の違いによるところが原因であり、その手腕についてまで否定するというものではなかった。現に、野村が楽天監督に就任した際、『週刊ポスト』の『危険球座談会』で、江本孟紀東尾修が野村の監督就任に否定的な意見を述べたのに対し、権藤は「楽天の選手は野球を知らなすぎる。この際に野村さんからきちんと野球を教わったほうが良い」と肯定的に述べるなど、野村の監督的手腕については評価している。一方の野村も東北楽天ゴールデンイーグルスの監督を退任した後の時期に、悔いの残る点で選手の自主性を説いており、間接的ながら権藤の考えを理解するようになった。

人物[編集]

同じ九州出身の大投手・稲尾和久を尊敬しており、投球フォームから普段の歩き方まで稲尾を模写するという私淑ぶりだった。

ラグビーに造詣が深く、親交のある森重隆とテレビで対談した時には該博な知識を見せた。

ゴルフが趣味である。現役引退後に一時期ゴルフ関係の仕事に就いたことがある。プロゴルファーへの誘いもあったが断った[26]。飛ばし屋で72歳にしてヘッドスピード48m/sを記録した[27]

1998年の横浜優勝時に横浜・八景島シーパラダイスゴンドウクジラの名付け親として招待された際、「優子」と命名した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1961 中日 69 44 32 12 8 35 19 -- -- .648 1645 429.1 321 20 70 8 3 310 3 1 97 81 1.70 0.91
1962 61 39 23 6 3 30 17 -- -- .638 1421 362.1 307 26 69 2 3 212 5 0 108 94 2.33 1.04
1963 45 31 9 0 1 10 12 -- -- .455 922 220.2 205 29 79 2 4 88 1 1 105 94 3.83 1.29
1964 26 16 3 0 1 6 11 -- -- .353 458 105.1 105 12 45 1 3 47 4 0 53 49 4.19 1.42
1968 9 1 0 0 0 1 1 -- -- .500 95 18.1 32 5 11 0 2 10 0 0 23 22 10.80 2.35
通算:5年 210 131 67 18 13 82 60 -- -- .577 4541 1136.0 970 92 274 13 15 667 13 2 386 340 2.69 1.10
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1961 中日 70 163 144 18 31 7 0 1 41 8 1 0 13 0 6 0 0 24 4 .215 .247 .285 .531
1962 61 130 117 10 25 5 0 4 42 13 0 0 8 1 4 0 0 19 3 .214 .238 .359 .597
1963 49 83 76 8 18 5 0 3 32 8 0 0 3 0 4 0 0 12 2 .237 .275 .421 .696
1964 29 39 38 3 7 2 0 1 12 4 0 0 0 0 1 0 0 5 1 .184 .205 .316 .521
1965 81 212 196 28 39 11 0 3 59 18 3 3 2 0 14 0 0 24 3 .199 .252 .301 .553
1966 54 198 179 17 32 7 1 1 44 7 2 5 4 1 12 0 2 28 0 .179 .237 .246 .483
1967 107 331 288 34 62 8 3 5 91 27 6 6 26 4 11 0 2 50 3 .215 .246 .316 .562
1968 12 3 3 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .000 .000 .000 .000
通算:8年 463 1159 1041 119 214 45 4 18 321 85 12 14 56 6 52 0 4 163 17 .206 .245 .308 .553
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別監督成績[編集]

年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
1998年 横浜 1位 136 79 56 1 .585 - 100 .277 3.49 60歳
1999年 3位 135 71 64 0 .526 10.0 140 .294 4.44 61歳
2000年 3位 136 69 66 1 .511 9.0 103 .277 3.92 62歳
通算:3年 407 219 186 2 .541 Aクラス3回
※1 順位の太字は日本一
※2 1998年から2000年までは135試合制

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 20 (1961年 - 1968年)
  • 64 (1973年 - 1977年)
  • 76 (1978年 - 1983年)
  • 70 (1988年 - 1989年、1991年 - 1993年)
  • 72 (1997年 - 2000年、2012年)

関連情報[編集]

著書[編集]

  • 『教えない教え』(2010/11/17 集英社

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『スポーツ20世紀』ベースボール・マガジン社、2000年7月、p126
  2. ^ 『週刊文集』2010年10月14日号 新・家の履歴書 権藤 博
  3. ^ 年度別成績 1961年 セントラル・リーグ
  4. ^ 年度別成績 1962年 セントラル・リーグ
  5. ^ これは、自分の性格から、チームに帯同すれば選手にコーチしてしまい、本職のコーチに対する越権行為になると判断したからである。
  6. ^ 『週刊文集』2010年10月14日号 新・家の履歴書 権藤 博
  7. ^ 2002年より巨人の投手コーチとして入閣の予定があったが、親交のある長嶋茂雄の退任に伴い、立ち消えになった。
  8. ^ 悠々球論(権藤博)、高木新監督と私、70歳代コンビが率いる来季の中日は…、2011年10月17日、日本経済新聞
  9. ^ 【中日】権藤コーチ退団(「日刊スポーツ2012年10月24日付記事)
  10. ^ 文春ビジュアル文庫「ヒーロー列伝」
  11. ^ プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」、宝島社、2012年、P44-P45
  12. ^ 赤坂英一『Sports Graphic Number790 文藝春秋36頁 -
  13. ^ 仰木彬『燃えて勝つ』学習研究社、1990年3月、 ISBN 978-4051045821、207頁 -
  14. ^ 73歳権藤コーチが70歳高木監督に説教”. スポーツ報知. 2012年7月3日閲覧。
  15. ^ わずか1年で退団することになった 中日 権藤投手コーチを直撃ゲンダイネット
  16. ^ 週刊プレイボーイ2012年10月22日号「江夏豊のアウトロー野球論」 721回
  17. ^ 週刊プレイボーイ 2012年11月12日号「江夏豊のアウトロー野球論」 724回
  18. ^ 日経新聞 2012年10月25日 連載コラム「チェンジアップ」
  19. ^ 永谷脩number816号)『「悔いはない」と退団した、73歳、権藤博の“性分”。~中日でも起きた指揮官との衝突~文藝春秋、2013年4月閲覧
  20. ^ 日本経済新聞『中日・権藤コーチ、1年で退団の必然』日本経済新聞社、2013年4月閲覧
  21. ^ 私の野球観”. 日本プロ野球トレーナー協会. 2008年3月2日閲覧。
  22. ^ 『教えない教え』集英社、2010年
  23. ^ 一例としては、1・2番を任せられることが多かった石井琢朗波留敏夫にはバント・ヒットエンドランなどの指示を出さず、ノーサインでコンビプレーを任せていたことなどが挙げられる。
  24. ^ 『プロ野球 歴代監督の「采配力と人間力」』p79
  25. ^ a b あと30本 駒田徳広 職場放棄「2軍でも何でもいいや!」”. Sponichi Annex (2000年6月18日). 2013年9月13日閲覧。
  26. ^ 『週刊文春』2010年10月14日号 新・家の履歴書 権藤 博
  27. ^ http://blog.golfdigest.co.jp/user/doracon1/archive/3442

関連項目[編集]

  • 鳥栖市民球場 - 権藤の言葉「無理せず 急がず はみ出さず 自分らしく淡々と」を記した記念碑が建立されている。
  • 板東英二 - 中日投手時代の同僚、親友。