大島信雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大島 信雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県一宮市
生年月日 1921年10月2日
没年月日 2005年1月8日(満83歳没)
身長
体重
173 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1950年
初出場 1950年
最終出場 1955年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

大島 信雄(おおしま のぶお、1921年10月2日 - 2005年1月8日)は、愛知県[1]出身のプロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

岐阜商業時代[編集]

愛知県一宮市[2]生まれ。岐阜商業学校では、1936年夏の第22回全国中等学校優勝野球大会にエース投手の松井栄造の控え投手(1年生)としてベンチ入りし、登板機会こそなかったものの、全国制覇を経験。翌1937年春の第14回選抜中等学校野球大会の準々決勝・東邦商業戦でエース投手の野村清をリリーフする形で甲子園初登板を果たすが2-7で敗戦。

1938年春の第15回選抜中等学校野球大会も野村との投手二枚看板として出場、準々決勝では、後に慶應義塾大学でチームメイトとなり、戦後はプロ野球の日本シリーズでも対戦することとなる甲陽中学別当薫と投げ合い、甲子園初先発を3-0の2安打完封勝利で飾るが、東邦商業との準決勝は野村をリリーフしたものの2-6で敗れた。

同年夏の第24回全国中等学校優勝野球大会では準決勝の甲陽中学戦で再び別当と投げ合い、不調の野村を3回1死満塁からロングリリーフ。後続を絶ち、3-1で勝利した。決勝では木村進一保井浩一を擁する平安中学と対戦、先発した大島は1-0とリードして迎えた9回裏に自らが与えた二つの四球がきっかけで2点を奪われ逆転サヨナラ負けを喫して準優勝。

野村が卒業し、エースとなった翌1939年春の第16回選抜中等学校野球大会下関商業を1-0、平安中学を4-1、中京商業を延長13回の末に6-5で破って二季連続で決勝に進出したが、松本貞一猪子利男のいる東邦商業に春は3年連続で敗れ、夏春連続の準優勝に終わった。

最上級生となった翌1940年春の第17回選抜中等学校野球大会に大島はエース投手兼4番打者として出場、この時のチームは5番打者に国枝利通(戦後、中日ドラゴンズでチームメイト)、代打の切り札に高山泰夫阪神)、一塁手に鳥居兵治(阪急)、右翼手に加藤政一(近鉄)など、大島を含めて後にプロ野球界入りする選手5人を擁していた。初戦(二回戦)の日新商業を10-0、準々決勝で島田商業を4-0、準決勝は福岡工業を9-0と、大島は無失点で勝ち進み、決勝では、準決勝で東邦商業を完封した京都商業神田武夫投手との投げ合いを2-0の1安打完封で制して優勝。大島は4試合全てを完封勝利で飾った。春夏連覇を狙った同年の夏は予選の東海大会一回戦で中京商業に1-2で敗れ、甲子園出場を逃している。

慶応大学時代[編集]

卒業後の1941年慶應義塾大学へ進学。リーグ戦で投手として活躍を始めたが、戦争の激化に伴い、1943年4月に文部省が通達したリーグ解散令により、東京六大学各校野球部は活動停止に追い込まれることとなった。大島は同年10月に早稲田大学戸塚球場で行われた「最後の早慶戦」と言われる出陣学徒壮行早慶戦で5番打者・右翼手として出場した。

太平洋戦争終結後に再開した東京六大学野球リーグ戦では、のちに中日ドラゴンズでもチームメイトとなる加藤進捕手とバッテリーを組み、慶大のエース投手兼5番打者として1946年1947年の春季リーグ戦2連覇に貢献した。東京六大学リーグ通算成績は26試合登板、18勝6敗。

大塚産業時代[編集]

1947年秋に慶大を繰上げ卒業後、滋賀県の大塚産業に入社。1948年第19回都市対抗野球大会にエース投手として出場、初戦で中和クラブを破るが、武末悉昌投手や宮崎要深見安博ら後に西鉄ライオンズ入りする選手たちを多数擁し、この大会で優勝する西日本鉄道に準々決勝で敗れた。翌1949年第20回都市対抗野球大会に連続出場したが初戦の全藤倉との引き分け再試合で敗退。

松竹・中日時代[編集]

1950年松竹ロビンスに入団。年齢は29歳と遅いプロ入りとなった。左腕から繰り出される速球や、縦に落ちるカーブを武器に活躍し、1年目で20勝4敗、防御率2.03を記録。当時活躍していた藤本英雄を抑えて、セ・リーグ初の最優秀防御率最高勝率新人王のタイトルに輝き、2リーグ分立後の初のリーグ優勝にも貢献した。なお、29歳での新人王獲得は史上最年長であり、この記録は半世紀以上経った今日に至るまで破られていない。

同年の毎日オリオンズとの第1回日本シリーズでは第1戦(神宮球場、松竹のホームゲーム扱い)に新人でありながら20勝の実績が買われて先発投手として登板、記念すべき日本シリーズ第1球を投じている[3]。しかし、阪神タイガースでエースとしてならし、この年に毎日に移籍した大ベテラン:若林忠志(当時42歳)との“合計71歳対決”で延長12回を投げ合ったものの、2-3で惜敗し、シリーズ敗戦投手第1号となったが、第4戦(西宮球場)では再び若林と先発で投げ合って5-3で完投勝利。2勝3敗と王手をかけられた第6戦(大阪球場)では3回裏途中からロングリリーフとして登板。8回表途中から若林をリリーフした岐阜商業時代の先輩・野村武史と投手戦をくり広げたが、延長11回裏に味方のエラーでサヨナラ負けを喫し、日本一を逃した。

1952年名古屋ドラゴンズへ移籍。同年と翌1953年に12勝ずつを挙げ、4年連続2桁勝利を記録する。1954年は5勝に終わったものの、同年の西鉄ライオンズとの第5回日本シリーズでは第3戦(平和台球場)に先発投手として登板。5イニングを投げ、2失点で敗戦投手となったが、第4戦では打力を買われて代打として起用され、第5戦と第6戦では5番打者・外野手として先発出場し、それぞれ2塁打を1本ずつ放った。チームは杉下茂投手の活躍もあり、球団初の日本一を達成した。翌1955年は2試合の登板のみで0勝に終わり、同年に引退。

引退後[編集]

その後は中日スポーツ毎日放送東海ラジオ東京12チャンネル(現・テレビ東京)などで野球解説者として活躍し、その間多くの少年野球向けの野球教本を著したことでも知られる。また、慶大の大先輩である水原茂の中日監督時代には水原の下でコーチを務め、松本幸行渋谷幸春大島康徳らを育てている。松本は「あの人がいなければ僕も渋谷も活躍できなかったと思いますよ。」と語っている[4]

球界引退後は、愛知の後輩であるイチローマリナーズ)見たさにシアトルのセーフコ・フィールドまで足を運ぶなど、80歳を過ぎてもなお精力的に野球に関係する活動を行っていた。

2005年1月8日、肺炎のため、東京都目黒区内の病院にて死去[1]。83歳没。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1950 松竹 34 30 13 5 1 20 4 -- -- .833 925 225.1 197 9 75 -- 1 70 0 0 70 51 2.03 1.21
1951 36 19 13 2 1 15 13 -- -- .536 905 216.2 211 13 57 -- 1 61 2 1 95 66 2.74 1.24
1952 名古屋
中日
35 21 8 4 1 12 11 -- -- .522 798 194.2 171 8 61 -- 3 57 3 0 78 61 2.82 1.19
1953 37 15 4 1 2 12 9 -- -- .571 686 159.1 174 8 44 -- 2 48 1 1 78 68 3.83 1.37
1954 18 11 3 2 0 5 3 -- -- .625 348 83.1 82 3 23 -- 0 35 1 0 32 25 2.68 1.26
1955 2 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 24 5.0 8 2 3 0 0 2 0 0 7 6 10.8 2.20
通算:6年 162 97 41 14 5 64 41 -- -- .610 3686 884.1 843 43 263 0 7 273 7 2 360 277 2.82 1.25
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 名古屋(名古屋ドラゴンズ)は、1954年に中日(中日ドラゴンズ)に球団名を変更

タイトル[編集]

表彰[編集]

背番号[編集]

  • 16 (1950年 - 1955年)
  • 63 (1969年 - 1971年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 大島信雄氏死去 元プロ野球松竹、中日投手 共同通信 47NEWS 2005年1月9日閲覧
  2. ^ 大島 信雄。大正10年尾張一宮に生まれる。「ぼくらの野球・ルール入門」 (ジュニアライブラリー) (単行本) 成美堂出版の著者紹介
  3. ^ 現在に至るまで日本シリーズ第一戦で新人投手ながら先発のマウンドに上がったのは大島と、1952年の大神武俊南海ホークス)、2013年の則本昂大楽天)の3人だけである。
  4. ^ プロ野球 サウスポーの美学、スコラマガジン、2012年、P44

関連項目[編集]