1950年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗1950年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
毎日オリオンズ() 4
松竹ロビンス() 2
ゲームデータ
試合日程 1950年11月22日-11月28日
最高殊勲選手 別当薫
チームデータ
毎日オリオンズ ()
監督 湯浅禎夫
シーズン成績 81勝34敗5分
(シーズン1位) 
松竹ロビンス()
監督 小西得郎
シーズン成績 98勝35敗4分
(シーズン1位)
日本シリーズ
  1951 > 

1950年の日本シリーズ(第1回プロ野球日本選手権試合・日本ワールドシリーズ)は、セントラル・リーグ代表・松竹ロビンスと、パシフィック・リーグ代表でこの年創部した毎日オリオンズとの間で、1950年11月22日よりワールドシリーズを参考に7戦4勝制によって開かれた日本選手権シリーズである。この年はフランチャイズ(いわゆるホームタウン)がまだ制度化されておらず、シリーズは1試合ごとに会場を代えて行われた。またホーム扱い(後攻め)は奇数試合が松竹、偶数試合は毎日がそれぞれ当たった。

各試合結果・概況[編集]

第1戦[編集]

11月22日 神宮 入場者23018人

毎日 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 3
松竹 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 2
(毎) 若林忠志(1勝)-土井垣武
(松) 大島信雄(1敗)-荒川昇治
本塁打
(毎) なし
(松) なし

[審判]セ(球)パ横沢、セ津田、パ上田(塁)パ浜崎、セ杉村(外)

松竹はシーズン39勝を挙げたエース真田重男ではなく新人の大島信雄が先発。逆に毎日は42歳大ベテランの若林忠志。松竹は大映からの移籍組である小鶴誠らと、ロビンス生え抜きで田村駒治郎オーナーから目をかけられていた真田との間でシーズン中から不和があり、内紛の火種を抱えてのシリーズだった[1]。第1戦に真田が先発しなかった点については、こうしたチーム内の不和が原因とする説もあるが、シーズン中の酷使により真田が肩を痛めていたためとする見解が中野晴行の著書『球団消滅 幻の優勝チーム・ロビンスと田村駒治郎』(筑摩書房、2001年)には記されている。試合は2回、土井垣武が四球で出塁すると、続く本堂保次ヒットエンドランを決め、無死1、3塁。ここで片岡博国がセンター前にタイムリーヒットを放ち、毎日が先制。若林の巧みな投球にかわされていた松竹打線だったが、8回荒川昇治のヒット。投手の大島がセカンド内野安打で続き、2死後三村勲のタイムリーヒットで同点とした。その後も大島、若林の両投手が踏ん張り、延長戦へ突入。12回表、毎日は2本のヒットと四球で1死満塁のチャンス。大島は渾身の投球で3番別当薫をショートフライに打ち取り2死としたが、途中出場の伊藤庄七が左翼線へ打ち返した。詰まった打球だったが幸運なテキサスヒットとなり、2者生還。3-1と勝ち越した。その裏、松竹は代打で登場した真田がヒット、荒川がヒットエンドランを決め、無死1、3塁のチャンス。途中出場の木村勉の一塁ゴロが併殺崩れとなる間に真田がホームイン、1点を返した。一塁の木村を返せば同点という場面だったが、若林が後続を抑え、しのぎ切った。42歳の若林が12回161球を投げ抜き完投。大島も12回完投したが、好投は報われなかった。

第2戦[編集]

11月23日 後楽園 入場者35541人

松竹 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
毎日 2 0 2 0 1 0 0 0 X 5
(松) 江田孝(1敗)、井筒-荒川
(毎) 野村武史(1勝)-土井垣武
本塁打
(毎) 呉1号ソロ(江田)
(松) なし

[審判]パ二出川(球)セ筒井、パ浜崎、セ津田(塁)セ杉村、パ上田(外)

毎日はシーズン18勝4敗で勝率1位に輝いた野村武史が先発。松竹は23勝の江田孝。1回呉昌征がシリーズ1号となるホームラン。更に別当、戸倉勝城、本堂がヒットを放ち、追加点。3回にも別当、戸倉、土井垣の3連打で2点を追加。5回にも土井垣のタイムリーヒットで1点を挙げ勝利を決定的にした。松竹は8回に小鶴のエラーでの出塁を活かして岩本義行がレフトライナーの2塁打を放って反撃するもこれが唯一の得点。毎日が連勝した。

第3戦[編集]

11月25日 甲子園 入場者19399人

毎日 1 0 0 1 0 0 4 0 0 6
松竹 0 0 0 4 0 0 0 0 3X 7
(毎) 佐藤、●荒巻(1敗)-土井垣
(松) ○真田(1勝)-荒川
本塁打
(毎) 本堂1号ソロ(真田)、荒巻1号2ラン(真田)
(松) なし

[審判]セ島(球)パ上田、セ筒井、パ横沢(塁)パ浜崎、セ津田(外)

1日の移動日を挟んだ第3戦からは関西・中京圏シリーズとなった。松竹は満を持してエース真田が登板。しかし1回、4回に失点、エースらしさの見えない投球だった。4回裏、先頭の小鶴が四球で出塁、続く岩本がレフト戦を破る二塁打を放ち、無死2、3塁。ここで毎日は先発の佐藤平七から荒巻淳に交代するが、大岡虎雄、荒川、宮崎仁郎にヒットを浴び、この回4点を奪われてしまう。これで真田は立ち直ったかにみえたが、7回、土井垣、西本幸雄、片岡にヒットを浴び、2点を失い同点。さらに荒巻が逆転2ランとなるランニングホームラン。9回の松竹はエラー、ヒット、四球で満塁のチャンスに金山次郎が押し出し四球を選び、1点差。なお1死満塁の場面で三村が左中間へサヨナラ2点タイムリー(これが日本シリーズにおけるサヨナラゲーム第1号)。接戦の末松竹の初勝利となった。真田、荒巻と両チームともエースが打ち込まれる波乱の展開となった。

第4戦[編集]

11月26日 西宮 入場者35518人

松竹 1 0 0 3 0 1 0 0 0 5
毎日 1 0 0 0 0 0 0 0 2 3
(松) ○大島(1勝1敗)-荒川
(毎) ●若林(1勝1敗)-土井垣
本塁打
(毎) なし
(松) 岩本1号2ラン(若林)

[審判]パ二出川(球)セ津田、パ浜崎、セ杉村(塁)セ筒井、パ上田(外)

毎日若林、松竹大島と第1戦と同じ老雄対若武者の対決。初回に松竹が小鶴、毎日が別当のタイムリーでそれぞれ1点を挙げたが、3回松竹は岩本の2ランで勝ち越し。さらに2死後荒川が二塁打で作ったチャンスに宮崎がタイムリーヒットを放ち、追加点。毎日は9回、別当の右翼線二塁打を皮切りに、本堂、片岡、土井垣の3連打で2点差まで詰め寄ったが、代打で登場した野村がショートゴロ併殺で万事休す。2勝2敗のタイとなる。

第5戦[編集]

11月27日 中日 入場者12630人

毎日 1 0 0 0 0 0 1 0 1 3
松竹 1 0 0 1 0 0 0 0 0 2
(毎) ○野村(2勝)-土井垣
(松) ●真田(1勝1敗)、大島-荒川
本塁打
(毎) なし
(松) なし

[審判]セ島(球)パ横沢、セ筒井、パ上田(塁)パ浜崎、セ杉村(外)

毎日野村、松竹真田の先発。1回表、毎日が1・3塁でこのシリーズ当たっている土井垣がセンター前タイムリーで先制。しかし松竹も四球と野選で作ったチャンスで岩本のショートゴロの間に1点を取り、ノーヒットで同点とした。4回、岩本の2塁打を皮切りにフライ、ゴロの間に岩本がホームインし松竹が1点勝ち越し。しかし7回、毎日は今久留主淳が四球で出塁、野村の犠牲バントのあと、呉のタイムリーヒットで同点に追いつく。そして9回、ヒットと四球で2死1、2塁。片岡の当たりは一塁後方へのフライとなったが、これを金山と大岡がぶつかって落球(記録は金山のエラー)。この間に2塁走者の西本が生還、これが決勝点となった。

第6戦[編集]

11月28日 大阪 入場者22035人

松竹 0 1 2 0 2 1 0 1 0 0 0 7
毎日 0 0 6 1 0 0 0 0 0 0 1X 8
(松) 江田、●大島(1勝2敗)-荒川
(毎) 荒巻、若林、○野村(3勝)-土井垣
本塁打
(毎) なし
(松) 岩本2号ソロ(荒巻)、3号2ラン(荒巻)

[審判]パ二出川(球)セ筒井、パ横沢、セ杉村(塁)セ津田、パ上田(外)

毎日の初優勝がかかった第6戦はこの年9月に落成したばかりの大阪球場で行われた。松竹が江田、毎日が荒巻、ともにシーズンは大活躍しながらシリーズで力を出せていない両投手の先発。しかしこの試合も両投手とも力を出し切れず、点の取り合いになった。2回、岩本のホームランで松竹が先制点を挙げる。更に3回にも岩本が2打席連続の2ランホームランで2点を追加。その裏、毎日は呉、別当の連続二塁打など長短合わせて4本のヒットと3つの四球で一気に6点を取り逆転。さらに4回にも岩本のエラーで追加点を挙げ、7-3と毎日がリード。松竹は5回、ヒットと死球で無死満塁、打席はこの日2本塁打の岩本という絶好のチャンス。一発出れば同点という場面だったが、若林-土井垣のバッテリーは岩本を敬遠。岩本自身が「ノーアウト満塁で敬遠なんて、自分の長い野球生活でも後にも先にもない」と驚く作戦だった。この回は敬遠による押し出しと大岡の犠牲フライで2点を返したものの若林に後続を断たれビッグイニングとはならなかった。しかし松竹もあきらめず、6回小鶴のタイムリーヒットで1点差、8回三村の犠牲フライでついに同点に追いつき、試合はシリーズ2度目の延長戦へ。11回裏、2死1、3塁のチャンスに伊藤庄七が三塁ゴロ。野手を使い切っていた松竹は三塁に投手の真田を入れていたが、その真田の二塁への送球を金山が取り損ねる間に(記録は三塁手ゴロ失策(内野安打か野手選択のあたりだった))三塁走者の河内卓司がホームインし、毎日がサヨナラ勝ち(サヨナラゲームでの決着は第3戦の松竹に次いで2度目。サヨナラゲームでの日本一決定は史上初)。記念すべき第1回日本シリーズはあっけない形で、創部初年度の毎日が初代日本一の座を獲得した。

ラジオ中継[編集]

(第7戦の放送予定については書きかけです)

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木龍二の回顧録には、「シリーズ前(またはシリーズ中)に最高殊勲選手が小鶴と発表されたため、田村が真田に功労金を渡した。それがチーム内に知れて、内紛が生じた」という記述があり、多くの文献に転記されている。しかし、実際の最高殊勲選手の発表はシリーズ終了後の11月30日で、前後関係からは成り立たない。中野晴行の『球団消滅』では、功労金の件は実際には払われておらず、事前に「真田が最高殊勲選手を取ったら小鶴に賞金を出す」と田村から聞かされた真田が「逆の場合は自分に賞金が出るのか」と尋ねて田村がそれを肯定するような返事をしたことから、最高殊勲選手発表後に「取れなくても社長が金を出してくれる」とチームメイトに話したことに尾ひれが付いたという見解が記されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]