1952年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗1952年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
読売ジャイアンツ() 4
南海ホークス() 2
ゲームデータ
試合日程 1952年10月11日-10月18日
最高殊勲選手 別所毅彦
チームデータ
読売ジャイアンツ ()
監督 水原茂
シーズン成績 83勝37敗
(シーズン1位) 
南海ホークス()
監督 山本一人
シーズン成績 76勝44敗1分
(シーズン1位)
日本シリーズ
 < 1951 1953 > 

1952年の日本シリーズ(1952ねんのにっぽんシリーズ、1952ねんのにほんシリーズ)は、1952年10月11日から10月18日まで行われた日本プロ野球日本選手権シリーズである。水原茂監督率いる読売ジャイアンツ山本一人監督率いる南海ホークスとの2年連続同一カードによると対決となった。

試合結果[編集]

第1戦[編集]

10月11日 後楽園球場 入場者数 23794人

南海 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3
巨人 0 1 2 3 0 0 0 0 x 6
(南) 大神、●中谷(1敗)、服部、井上 - 筒井
(巨) ○別所(1勝) - 広田
本塁打
(南) 飯田1号2ラン(4回別所)
(巨) 川上哲1号2ラン(3回中谷)

[審判]セ(球)パ横沢、セ筒井、パ上田(塁)セ杉村、パ苅田(外)

巨人はこの年自己最高の33勝を挙げた別所毅彦、南海は新人でこの年に8勝を挙げた大神武俊が先発。2回、巨人は2つの四死球で1死1、2塁のチャンスに別所自ら先制タイムリーヒット。3回には川上哲治の2ランで追加点。南海は飯田徳治の2ランと黒田一博のタイムリーヒットで1度は追いついたが、その裏巨人は4長打に千葉茂スクイズと大技小技を絡めて再び3点を奪い返し、突き放した。別所は4回以外は全く危なげなく完投勝利。

第2戦[編集]

10月12日 後楽園球場 入場者数 26799人

南海 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
巨人 0 3 0 2 2 1 0 3 x 11
(南) ●中原(1敗)、井上、小畑 - 筒井、松井
(巨) ○藤本(1勝) - 広田
本塁打
(巨) 藤本1号2ラン(4回中原)、与那嶺1号ソロ(8回小畑)

[審判]パ二出川(球)セ筒井、パ横沢、セ津田(塁)パ上田、セ杉村(外)

巨人が藤本英雄、南海が中原宏の先発。当時のシーズン記録であるチーム打率.292をたたき出した巨人打線が序盤から爆発、南海を圧倒した。2回にはヒット、四球で作ったチャンスに広田順、藤本の連続タイムリーで3点先取。4回には藤本が2ランを放ち、追加点。5回、代わった井上慎一の乱調につけ込み、満塁から青田昇がタイムリーヒット、さらに藤本も犠牲フライを放ち、7-0。6回南村侑広のタイムリーで8-0とすると、8回には2死走者なしから与那嶺要の本塁打を皮切りに怒涛の集中打で11-0と一方的な展開となった。藤本は投げては4安打完封、打っては本塁打を含む4打点と投打に活躍した。

第3戦[編集]

10月14日 大阪球場 入場者数:23744人

巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
南海 2 0 0 0 0 0 2 0 X 4
(巨) ●大友(1敗) - 楠、広田
(南) ○柚木(1勝) - 筒井

[審判]セ島(球)パ横沢、セ津田、パ上田(塁)セ杉村、パ苅田(外)

大阪球場に舞台を移した第3戦は南海がチームトップタイの19勝を挙げた柚木進、巨人が大友工。第2戦で爆発した巨人打線だが、この日は柚木の前に沈黙。6安打を奪ったものの要所を締められ、完封を喫した。打撃面では堀井数男が3打点の活躍。

第4戦[編集]

10月15日 大阪球場 入場者数:20117人

巨人 0 0 0 1 0 2 0 3 0 6
南海 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2
(南) ●服部(1敗)、江藤、大神 - 筒井、松井
(巨) ○別所(2勝) - 広田

[審判]パ二出川(球)セ筒井、パ苅田、セ津田(塁)パ上田、セ杉村(外)

南海が服部武夫、巨人が別所の先発。1-1と同点の6回、巨人は2死から川上、青田の連打で勝ち越し、宇野光雄の四球のあと広田がタイムリー二塁打を放ち3-1とした。南海は7回、2番手投手江藤正代打村上一治のタイムリーヒットで1点差に追い上げたが、8回巨人がリリーフした大神を攻略、4安打を集中して3点を奪い、勝負を決めた。別所は第1戦に続く完投勝利。打っても2安打2打点の活躍だった。

第5戦[編集]

10月16日 大阪球場 入場者数:15297人

巨人 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
南海 1 0 3 0 0 0 0 0 X 4
(巨) ●藤本(1勝1敗)、大友 - 広田
(南) ○江藤(1勝) - 広田

[審判]セ島(球)パ上田、セ筒井、パ横沢(塁)セ津田、パ苅田(外)

1-1同点の3回、南海は江藤、蔭山和夫の連続ヒットで無死1、2塁。続く木塚忠助の送りバントを藤本が三塁へ悪送球し、オールセーフで無死満塁。続く3番島原輝夫の一塁ゴロを川上がホーム封殺を狙うもセーフ(記録は野選)。4番飯田の犠牲フライ、5番堀井のショートゴロ併殺崩れでさらに2点を追加、4-1と南海がリードを広げた。巨人は江藤から9安打を奪ったが初回の1点以外奪えず、南海が2勝3敗と成績を戻した。

第6戦[編集]

10月18日 後楽園球場 入場者数:34595人

南海 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2
巨人 0 0 0 0 2 1 0 0 X 3
(南) ●柚木(1勝1敗)、中原、中谷 - 筒井、松井
(巨) 藤本、○別所(3勝) - 広田
本塁打
(南) 森下 1号(1回2点藤本)

[審判]パ二出川(球)セ津田、パ横沢、セ筒井(塁)パ苅田、セ杉村(外)

再び舞台は後楽園球場。初回、森下整鎮の2ランで南海が先制。巨人は南海先発・柚木を打ちあぐねていたが、5回1死から藤本自ら二塁打で出塁。2死となったが与那嶺四球のあと千葉が得意のライト打ちで右中間を破る2点タイムリー二塁打。続く6回、ヒットの川上が送りバントと内野ゴロで三塁へ。バッター広田という場面で柚木が痛恨の暴投。巨人が拾いものの勝ち越し点を挙げた。6回から藤本をリリーフした別所が南海打線を封じ、巨人が2年連続の日本一となった。

表彰選手[編集]

  • 最高殊勲選手 別所毅彦(巨人)
  • 最高打撃賞 与那嶺要(巨人)
  • ホームラン王賞 川上哲治(巨人)

ラジオ中継[編集]

(第7戦の放送予定については書きかけです)

  • NHKラジオ第2
  • ラジオ東京
  • 朝日放送
  • 新日本放送
  • NHKラジオ第2
  • 朝日放送・ラジオ東京
  • 新日本放送 解説:中澤不二雄
  • NHKラジオ第2
  • 朝日放送・ラジオ東京
  • 新日本放送 解説:中澤不二雄
  • NHKラジオ第2
  • ラジオ東京
  • 朝日放送
  • 新日本放送 実況:梅沢二三男

※朝日放送が制作した中継放送は、第1・2・6戦は中部日本放送ラジオ九州信越放送神戸放送を結んで、第3・4・5戦は左記に加えラジオ東京・四国放送北日本放送も結んで放送された。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]