大阪スタヂアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大阪スタヂアム
Osaka Stadium
施設データ
所在地 大阪府大阪市浪速区難波中二丁目8-110
座標 北緯34度39分42.5秒
東経135度30分6.1秒
座標: 北緯34度39分42.5秒 東経135度30分6.1秒
起工 1950年昭和25年)1月
開場 1950年(昭和25年)9月12日
閉場 1998年平成10年)11月[1]
所有者 大阪スタヂアム興業
グラウンド 外野のみ天然芝(高麗芝)
照明 照明灯 - 6基
照度 - バッテリー間:2600ルクス
内野:2200ルクス
外野:1500ルクス
設計者 坂倉準三
使用チーム • 開催試合
収容能力
31,379人(公称32,000人)
 特別席6,609人、内野席12,024人、
 外野12,746人
グラウンドデータ
球場規模 両翼 - 91.5 m (約300.2 ft)
左中間・右中間 - 109.7 m (約359.9 ft)
中堅 - 115.8 m (約379.9 ft)
バックネット - 18.3 m (約60.0 ft)
フェンス 両翼 - 5.5 m (約18.0 ft)
左中間・右中間 - 3.8 m (約12.5 ft)
中堅 - 3 m (約9.8 ft)
1985年当時の大阪球場。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
1985年当時の大阪球場。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
1988年当時の大阪球場(ライト側スタンドから撮影)
1988年当時の大阪球場(ライト側スタンドから撮影)
レフト側からスコアボードとライトスタンドを望む(1989年撮影)
レフト側からスコアボードとライトスタンドを望む(1989年撮影)

大阪スタヂアム(おおさかすたじあむ)は、かつて大阪府大阪市浪速区難波中二丁目に存在した野球場で、1950年昭和25年)に南海電気鉄道が南海本線の終点の難波駅の南口に面した南西側駅前の旧専売局(現:日本たばこ産業)の工場跡地に建設した。この地は江戸時代に米蔵(難波御蔵)が置かれていたために、現町名の以前は(難波)蔵前町という町名であった。通称は「大阪球場」(おおさかきゅうじょう)[2]

プロ野球南海ホークス近鉄パールス大洋松竹ロビンスが本拠地として使用していた。正式名称は「大阪スタヂアム」だが、南海難波駅の南口に面した駅前に存在したため、「ナンバ(難波)球場」という通称でも親しまれた。

歴史[編集]

南海は戦前、堺市にあった中百舌鳥(なかもず)球場を主本拠にしていたが、グラウンドの立地条件が悪く不便だったので公式戦での使用機会が少なかった。特に戦後になってからは中百舌鳥での公式戦は1試合も開催されなかった。

1948年の戦後第3回の日本職業野球リーグで優勝した際、GHQ経済科学局長のウィリアム・フレデリック・マーカット少将(M資金の語源)が南海球団の松浦竹松社長に「ホームタウン・ホームグラウンドはどこか?」と問うと松浦は「大阪府が本拠であるが、自前のグラウンドがないので甲子園を使わせていただいている」と答え、マーカットは自前のグラウンドを建設してもいいと提案。そこで、これまで公式戦を開催したことのなかった大阪市に目をつけて、南部の最大の繁華街である南海難波駅前にあった専売局の工場跡地に建設することになった。また、同じ大阪を拠点とする大陽ロビンスも北区玉江橋の関西相撲協会の所有地を買収して建設候補地にあげていたが、西宮市兵庫県)をフランチャイズとする大阪タイガース(阪神)阪急ブレーブスがターミナルの梅田に近く客を奪われることを恐れて反対した[3]。阪神と阪急は南海の難波球場建設を支持。日本野球連盟は候補地を視察して難波案を採用したが、大陽のオーナーだった田村駒治郎は南海が一年以内に建設できなければ自分の手で球場を作ると主張したため、南海は一年以内に完成できるよう工事を進めざるを得なくなった[4]

1950年9月12日、工期わずか8ヶ月の突貫工事(施工:竹中工務店間組)で完成した本球場は正式には「大阪スタヂアム」といわれる。戦災後の復興期にあり、粗末なバラックばかりがひしめき合っていた大阪市内の中心部で本格的な鉄筋コンクリート造りの大規模建築として完成した本球場は当時「昭和大阪城」と称えられた。建設当初のグラウンドの広さは両翼84メートル、中堅115.8メートル。副収入を得るため、日本の球場では初めて観客席下に多数のテナントを入居させるスペースを設けた。この空間確保と狭い敷地に極力多くの客席を設けるという2つの目的によってスタンドを急傾斜に設計したことから「すり鉢球場」と言われた。内野スタンドの傾斜は37度にも達し、打球音が銃撃音にも似た独特の反響を残すことは選手の間でも知られていた。また、酔っ払いが足を滑らせてスタンド下まで転げ落ちたという逸話まで残っている。

前述の通りグラウンドが非常に狭く、当たり損ねの打球がフラフラと外野フェンスを越えて本塁打になってしまう投手泣かせの球場であった。西鉄ライオンズOBの中西太は本球場でバットを折りながらも打球を外野スタンドへ入れたと言われている。杉浦忠皆川睦雄ら南海黄金時代のエース級投手の絶妙な制球力はグラウンドの狭さによって培われたとの説もある。

1951年、関西地区の球場で初めて夜間照明設備を設置。同年に初ナイターを開催(南海対毎日オリオンズ戦)。また、内野スタンドに日本初のボックス席を設けたのも本球場である。1950 - 60年代鶴岡一人監督率いる南海の黄金期で、毎年のように優勝争いを繰り広げており、当時の関西では南海は阪神をしのぐ人気球団であった。また、この当時の有名なエピソードとして1963年8月29日の南海対阪急戦で、雨による2時間14分の中断後、グラウンドにガソリンを撒いて火を付け水分を蒸発させ試合を再開させたというものがある。これは勝ち試合であることや日本記録ペースで本塁打を量産していた野村克也がこの試合でも1本打っていたためにそれを生かしたいという南海サイドの思惑によるものだった。なお、現在は消防法によりこのような行為は禁止されている。

しかし、1960年代半ばになってテレビ野球中継が本格化すると、放送がセ・リーグ読売ジャイアンツ(巨人)戦一辺倒であったため、関西では同じリーグの阪神が対抗馬として人気が集中することとなってパ・リーグの人気は長期低落傾向をたどり、さらに1970年代後半以降の南海の急激な弱体化とあいまって、本球場の観客動員数は低迷を極めるようになった。ミナミのド真ん中、南海本線の終点である難波駅南口の南西側駅前という好立地にも関わらず球場を管理していた大阪スタヂアム興業の社史には、本球場の年間観客動員の実数が1965年以降、南海最終年の1988年まで一度も50万人を超えることがなかったことが記されている(公式発表上では1988年の91万5千人が球団史上最多動員であった)。

南海の本拠地球場だったが、1957年までは近鉄パールスも本拠地としていた。これは本来の本拠だった藤井寺球場に当時ナイター設備がなかったためだが、近鉄が1979年と翌1980年日本シリーズに出場した際、主に試合をしていた日本生命球場(日生球場)の最大観客収容人数がシリーズ開催基準の3万人以上に満たず、藤井寺球場もこの当時はナイター設備が依然としてなかったため、近鉄はやむを得ず両年とも本球場を借りて開催した(対戦相手は両年とも広島東洋カープ[5]。他にも1953年から1954年までセ・リーグの大洋松竹ロビンスが本拠地として(1951年から1952年までも合併前の松竹ロビンスが準本拠地として使用)、そして阪神も甲子園にナイター照明が設置(1956年)されるまで準本拠地としていたため、本球場の正面には南海、近鉄、阪神の球団旗をあしらった看板が掲げられていた。なおこの間、1954年7月25日の阪神対中日ドラゴンズ戦では判定と退場処分をめぐって二度にわたり紛糾、興奮した観客がそれぞれグラウンドに進入したため没収試合となる事件が起きた[6]

南海としての最後の公式戦は1988年10月15日の対近鉄戦。西武ライオンズとのし烈な優勝争いをしていた近鉄を相手に互角の白熱戦を展開。岸川勝也の決勝本塁打で南海が6-4で勝利した。

複合娯楽施設として[編集]

1972年には隣接する南海難波駅の改修に伴う工事で、両翼を91.4メートルに拡大した。これは近い将来、サッカーがプロ化され人気が高まるとにらんだ球場側が野球とサッカーの兼用を狙って行ったものであった。また、当時大阪で国際規格を持つサッカー競技施設は長居公園陸上競技場しかなく、そこもナイター設備がなかったため(1996年の全面改修で設置)に主として週末や祝日のデーゲームでしか試合を開催できなかったこともあり、大阪の中心部にあって観客動員の見込める本球場に目を付けられた面もある。実際、1977年に本球場で往年のスーパースター・ペレの引退興行「サッカーフェスティバル さよならペレ」が開催されたが、ピッチの端が外野フェンスぎりぎりまで迫るほど狭く、サッカー用グラウンドとしてはいかにもサイズが不適格であった。また、この南海難波駅の拡張工事によって南海電鉄の線路が本球場側にせり出して拡幅されることになり、三塁側内野スタンドの東側を削り、別々だった内野と左翼席をつなぐ形でスタンドを拡大して削った分を増席。結果的に左右非対称のスタンドを持つ球場となった。

球場のスタンド階下部分にはウインズ難波中央競馬の場外馬券売場)の他にアイススケートリンク、卓球場、文化センターなどが設置されており、野球を核とした複合施設として利用された。テナントとしては古本屋街やスポーツ用品店が入店し、日本自転車振興会ユースホステルの事務所が措かれていた。文化センターには土井勝の料理教室や、後にK-1をプロモートする石井和義が指導した極真空手芦原道場などが開校されていた(この道場には俳優の新藤栄作や天才空手家の中山猛夫も在籍していた)。特にアイススケートリンクは、1966年にスタートした日本アイスホッケーリーグに1972年まで所属していた福徳相互銀行アイスホッケー部が練習や試合に使用していた。

また、交通至便な立地から関西では人気スターの公演会場や大規模興行の開催地として定着した。1974年より(10年間)西城秀樹がソロ歌手としては日本で初めてとなるスタジアム・コンサートを真夏に開催し、サイモン&ガーファンクルマイケル・ジャクソンマドンナエリック・クラプトンボズ・スキャッグスマイケル・マクドナルドジョー・ウォルシュなどの欧米のスーパースターや、日本のアーティストでは尾崎豊渡辺美里チェッカーズサザンオールスターズらも大規模コンサートを行った。1982年には日本テレビのクイズ番組「ウルトラクイズ 史上最大の敗者復活戦」、1983年には「全国高等学校クイズ選手権」第1回大会の関西地区予選会場として使われたこともある。

1960年代にはプロレスの試合会場としても使用され、ジャイアント馬場ジン・キニスキーアントニオ猪木ジョニー・バレンタイン戦などの伝説的な名勝負の舞台となった。1950年代にはプロボクシングの試合会場として白井義男のノンタイトルなどが行われた。

ホークス売却・福岡移転後[編集]

なんばパークス(大阪球場跡地)
なんばパークス(大阪球場跡地)

1988年、南海ホークスがダイエーに売却され福岡市に移転した後、1989年1990年近鉄バファローズが準本拠地として年間10試合程度の主催試合を開催した。1990年6月の近鉄対福岡ダイエーホークス戦では、当時近鉄の新人だった野茂英雄が先発登板して完投勝利をあげ、100奪三振到達のシーズン最速記録を打ち立てた(従来の最速は江夏豊)。最後のプロ野球公式戦は1990年8月2日の近鉄対オリックス・ブレーブス戦で、最後の本塁打は延長10回表にブーマー・ウェルズが放った勝ち越し3ランホームランだった。なお、この時点では同年限りでの閉鎖は決定していなかったが、将来的な取り壊しは既定路線だったため、この試合が最後のプロ野球公式戦になるとの噂が広がり、平日の同カードとしては異例の29,000人が詰めかけた。

本球場は既に球団売却前の1986年頃から関西国際空港の建設開始に伴う難波地区再開発計画によって数年以内に解体撤去することで決まっていたが、後のバブル崩壊などにより計画が次々に凍結。長年放置状態が続き、末期はグラウンド部を使って住宅展示場「なんば大阪球場住宅博」として利用されていた。これは野球場としては非常に珍しい使用例として海外の建築専門誌にも紹介された。また、全面的な解体工事が始まる直前までは一部分を改装してウインズ難波が入居していた。この当時の本球場の状態は宮部みゆきの小説「火車」にも登場する。球場としての役目を終えた後はグランドも舗装され、駐車場としても利用されていたが、エンターテイメントとしての活用は劇団四季が常設小屋としてキャッツシアターを設置し、ミュージカルキャッツ」のロングラン公演を行なった。また、阪本順治監督・赤井英和主演の映画「王手」も特設テントが組まれ上映された。

全国高等学校野球選手権大阪大会でも1990年の72回大会まで使われたが、本球場の野球場機能の廃止に伴い大阪府内での球場が不足していたことから、一部の試合を兵庫県の阪急西宮スタジアム奈良県奈良市鴻ノ池球場1991年の73回大会から1993年の75回記念大会の期間に越県開催している。

1998年10月18日、さよならイベント「野球フェスタ」が南海OBや少年野球選手らを招待して開催された。このイベントの最後の挨拶は杉浦忠が務め、杉浦の挨拶が終わると同時に照明の灯が落とされた。その後解体撤去され、2003年10月に大規模な複合商業施設「なんばパークス」として生まれ変わった。なんばパークスの広場内にはかつて本球場のピッチャーズプレートとホームプレートがあった位置に記念のモニュメントとプレートが置かれ、8階に設けられた屋外イベントスペース「円形劇場」の客席部分は大阪球場の外野席の形状そのままにデザインされている。上階には「南海ホークスメモリアルギャラリー」という球団の沿革を示す展示コーナーも設置されており、展示の前では年配層を中心に立ち止まる人の姿が絶えず、未だ関西でホークスが根強い人気を持つことを示している。(しかし、野村克也関連の展示は沙知代夫人が管理する肖像権の関係で名前の記述を含めて一切されていない。[7])このなんばパークスの地下には、球場のテナントから移転したウインズ難波がある(2001年に先行オープン)。

運営会社[編集]

大阪スタヂアム興業株式会社
種類 株式会社
市場情報 大証2部
略称 大スタ
本社所在地 日本の旗 日本
大阪府大阪市浪速区日本橋西1
設立 1949年10月31日
業種 サービス業
事業内容 大阪球場における野球興業、売店、遊技場、貸室経営
従業員数 109名(1990年)
決算期 11月
主要株主 南海電気鉄道、野村土地建物、大阪魚市場など(1990年)
テンプレートを表示

沿革

  • 1949年10月31日 - 大阪スタヂアム株式会社設立。
  • 1952年 - 大阪アイス興業株式会社設立。
  • 1977年 - 大阪スタヂアム株式会社と大阪アイス興業株式会社が合併し、大阪スタヂアム興業株式会社となる。
  • 1998年10月 - 大阪スタヂアム興業株式会社が南海電気鉄道株式会社と合併。


施設[編集]

  • 敷地面積:35,674m²
    • グラウンド面積:12,213m²
    • スタンド面積:13,653m²
  • スコアボード:一貫して手書きパネル方式だった。
    • 初代は後楽園球場の2代目と同じ形で中央にスコア(15回まで)、下部にその日の試合結果(または他球場の速報 最大3試合。後述のサブボード完成後は広告スペースとなる)、両サイド縦スクロール・横書きで選手名を表記)1950年から1974年ごろまで使用。また、1961年に一塁側内野スタンド上方に他球場の結果、経過を表示する専用の掲示板(メインのスコアボードよりはかなり小さいサイズ)が設置された。このボードは「スポーツニッポン速報」と銘打っていた。なおこのサブボードは2代目スコアボードの設置工事時にメインボードとして使われたこともある。
    • 2代目は隣接するビルの側壁に取り付ける形で登場した。スコアボードの上部にスコア(12回まで、合計得点・ヒット・エラーも)、下部に横スクロール・縦書きで選手名表記。(チーム名は球団のカラー、守備番号とチーム名の南海は緑色、DHは白色で掲示)中央部に回転広告看板(東京銀行なんばCITY。本塁打が出た場合、外周にある電球が点滅するとともに、広告の部分がホームラン用のイラスト<2枚>に替わるというもの)を設けていた。1975年から閉鎖まで使用。そのスコアボード自体はセンターのバックスクリーンよりは少しライトスタンドに寄りに設置された。スコアボードは球場裏のビル(旧ウインズ難波・A館)に貼り付けられる形で設置されていたため、スタンド取り壊し時にはそのまま手付かずの状態になっていた(スコアボード自体は2002年11月1日に解体)。

交通アクセス[編集]

エピソード[編集]

大阪球場の一塁側内野スタンド、傾斜が急になっている(1990年)
  • 前述の通り「すり鉢球場」と呼ばれたその形状から野次がよく通る球場としても知られていた。大阪の歓楽街であるミナミのど真ん中にあったことから飲酒してから観戦に来る客が多かったことや吉本興業松竹等の寄席の本場という土地柄もあり、愉快な野次が飛び交う「野次の聖地」であった。
  • 南海ファンと他球団のファンとの野次合戦を楽しみに球場に足を運ぶファンも多かったが、特に阪急や近鉄といった関西勢とのやり取りは一種の伝統芸能の域であった。南海ファンに比して少数であることが多かった阪急や近鉄の各応援団が野次合戦において数の論理で劣勢に立った際に発する「おい貧乏人(南海ファン)、悔しかったら阪急沿線に(関西では高級住宅地のイメージが強い)住んでみぃ!」、「南海電車はボロ電車、近鉄電車は2階建て(ビスタカー)!」といった野球とは全く関係のない逆切れフレーズはファンの笑いを誘ったものである。
  • 現在はどの球場でも勝利チームのファンが行っている二次会(試合後に余韻を楽しみながら球場内外で行う応援集会)が最初に定着したのも本球場であると言われている。試合中、内外野それぞれの席で声援を送っていた南海ファンがチームの勝利後に球場隣接の駐車場に一堂に集い「試合後の宴」を繰り広げるのが常であった。
  • なお、ホークスが福岡に移転してから20年以上経った現在においても京セラドーム大阪ほっともっとフィールド神戸のホークス応援席では、オリックスの投手交代時には「さよなら、さよなら○○、さよなら、さよなら○○、近鉄電車で、はよ帰えれー」、エラー時には「やった、やったー、またやったー、○○やったー、またやった、近鉄電車ではよ帰えれー」等のコールが起こっている。また、セ・パ交流戦の阪神戦でも行う場合があるが、この時はコールが「阪神電車」に差し替えられており、『プロ野球ニュース』でもこの様子が放送された。
  • 試合中の表裏のチェンジのインターバルの間は場内に運動会さながらの行進曲(マーチ)が流れ(国民の象徴 バグリー作曲など)、古き良き風習はラストイヤーまで続いた。ちなみに試合終了後のファンファーレは「軽騎兵序曲」(フランツ・フォン・スッペ作曲。これは初代広島市民球場での試合開始を告げるファンファーレとしても有名)だった。
  • 解体直前には朝日放送(ABC)のバラエティ番組『探偵!ナイトスクープ』に「大阪球場のスタンドの椅子が欲しい」という依頼があり、グラウンド内で依頼者と南海として最後の監督だった杉浦忠とで椅子を懸けて野球盤対決をした。
  • 球場外壁に設置されていた「大阪球場」の看板(ネオンサイン)は解体後、ホークスファンが個人で所有している。2008年にソフトバンクが南海時代のユニホームを着て行なった際、京セラドーム大阪のスコアボード下にこの看板が特別に設置された[8]
  • 本球場北側の蔵前通りと新川筋が交わるT字路にはかつて「大阪球場前」という標識が掲げられていたが、現在は「難波中」に変更された。このT字路の西側にあるマクドナルドは、以前は大阪球場前店という支店名であった。また、同東側にはハードロックカフェが在って多くの外国人が訪れていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、野球場としての使用は1990年が最後であった。
  2. ^ 「大阪スタヂアム」および「大阪スタヂアム興業」は大阪球場を運営する事業者の名称であり、球場正面看板および観戦チケットは「大阪球場」表記となっている。また、本球場の跡地に建設された「なんばパークス」のサイト[1]や南海球団の後身にあたる福岡ソフトバンクホークスのサイト[2]においても「大阪球場」の表記となっている。
  3. ^ 永井良和・橋爪紳也『南海ホークスがあったころ』(紀伊國屋書店、2003年)P47 - 48。「関西相撲協会」という団体は詳細不明。春秋園事件大日本相撲協会を脱退した力士が作った大日本関西角力協会があるが、1937年に解散している。ここでは出典の記述に従う。
  4. ^ 永井良和『ホークスの70年』(ソフトバンククリエイティブ、2008年)P135
  5. ^ 日本シリーズ前のプレーオフも本球場で開催した(1979、1980年とも)。
  6. ^ 大和球士は著書『真説日本野球史7』で「難波事件」、阪神の球団史『阪神タイガース 昭和のあゆみ』では「大阪球場事件」と記している。
  7. ^ 野村沙知代は南海からの打診を独断で拒否し「20数年ぶりで、やっとあなたたちにカタキが取れます。主人の名前は入れないで結構です。優勝当時の写真があったら、そこから主人の顔を消してください。それが、あなたたちに対する私の長年の思いですから」と言い、夫も文句を言わなかったと述べている。野村沙知代・野村克也『野村セオリー―絆』(ISBN 978-4759309539
  8. ^ 京セラドームに「大阪球場」が復活 - asahi.com、2008年8月3日配信、2010年6月20日閲覧

関連項目[編集]

以下は、大阪スタヂアム興業(会社名、リダイレクトページ)に関するカテゴリ。
前本拠地:
藤井寺球場
1950 - (シーズン途中まで)
近鉄パールスの本拠地
1950 - 1957
次本拠地:
日本生命球場
1958 - 1983※1
前本拠地:
下関市営球場
1950 - 1952
大洋松竹ロビンスの本拠地
1953 - 1954
次本拠地:
川崎球場
1955 - 1977※2

※1 球団消滅時の本拠地は大阪ドーム
※2 現在の本拠地は横浜スタジアム