間組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社間組
Hazama Corporation
Kyodo-Tsushin-Kaikan-01.jpg
本社が入居している共同通信会館
種類 株式会社
市場情報
東証1部 1719 2003年10月1日上場
略称 ハザマ
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:105-8479
東京都港区虎ノ門二丁目2番5号
設立 2003年平成15年)10月1日[1]
業種 建設業
事業内容 建築土木
代表者 小野俊雄(代表取締役社長)
資本金 120億円
発行済株式総数 普通株式:116,356,517株
第Ⅰ種優先株式:750,000株
第Ⅱ種優先株式:151,224株
第Ⅲ種優先株式:875,000株
第Ⅳ種優先株式:250,000株
売上高 連結:1,978億99百万円
単独:1,828億47百万円
(2013年3月期)
営業利益 連結:56億12百万円
単独:47億62百万円
(2013年3月期)
純利益 連結:22億93百万円
単独:19億87百万円
(2013年3月期)
純資産 連結:328億44百万円
単独:288億28百万円
(2013年3月31日現在)
総資産 連結:1,418億79百万円
単独:1,317億57百万円
(2013年3月31日現在)
従業員数 連結:2,245人 単独:2,031人
(2013年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行(株)(信託口) 10.92%
安藤建設(株) 8.66%
(株)みずほコーポレート銀行 4.74%
ハザマグループ取引先持株会 3.56%
(2013年3月31日現在)
主要子会社 ハザマ興業(株) 100%
青山機工(株) 100%
関係する人物 間猛馬
神部満之助
特記事項:
  1. ^ 創業は1889年(明治22年)4月1日
テンプレートを表示

株式会社間組(はざまぐみ、英称:Hazama Corporation)は、日本建設会社。一般には会社名をカタカナ表記のハザマとしている。

概要[編集]

東京都港区虎ノ門に本社を置く中堅ゼネコン。売上高における土木と建築の比率は5:5。

古くからダム、トンネル工事の名門として知られており、日本国内では黒部ダム御母衣ダムなど数多くの実績を持つ。一方建築分野でも、1997年から2001年まで世界一の高さを誇ったマレーシアペトロナスツインタワーなどを手がけた。また特殊建築としては、日本国内の江戸期城郭建築の復元工事に定評があり、鉄筋コンクリート構造の名古屋城会津若松城や、伝統工法による木造復元の白石城伊予大洲城などが知られている。

1992年のピーク時には準大手規模の7000億近い売上高を誇っていたが、バブル期の経営失敗が祟り財務が悪化。2003年に安藤建設と資本業務提携するなどして経営を再建。

2012年5月には、さらなる収益力の強化を目指し、2013年4月1日付で資本業務提携先である安藤建設と対等な精神に基づいた合併をする計画を発表した[1][2]。吸収合併の方式による合併(存続会社は間組)で、商号は株式会社安藤・間となる[1][2]

沿革[編集]

主な施工実績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 安藤建設株式会社と株式会社間組の合併契約締結に関するお知らせ {{{1}}} (PDF) 間組側から発表されたリリース。2012年5月24日掲載・閲覧。
  2. ^ a b 安藤建設株式会社と株式会社間組の合併契約締結に関するお知らせ {{{1}}} (PDF) 安藤建設側から発表されたリリース。内容は前掲の間組からのリリースと同じである。2012年5月24日掲載・閲覧。

関連項目[編集]