火車 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
火車
著者 宮部みゆき
発行日 1992年7月15日
発行元 双葉社
ジャンル 推理小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 358
コード ISBN 4575231177
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

火車』(かしゃ)は、宮部みゆきミステリー小説、およびそれを原作としたテレビドラマ作品、映画作品。

概要[編集]

社会問題としての消費者金融のありかたをテーマとしており、サラリーマン金融やカード破産などの借財と多重債務をめぐる取り立てに翻弄される女の生き様を、彼女のことを追い求める刑事の視点から描く。雑誌『小説推理』に1992年(平成4年)3月号から6月号にかけて連載され、同年7月に双葉社より単行本が出版され、1998年(平成10年)1月に新潮文庫版が出版された。

まず、最後の一行に犯人が出てくる小説を書こうとした。トリックの関係から「カードローン破産」を題材にした。弁護士事務所の事務員の勤務中に弁護士が企業の破産管財人に5回ほどなったが、その時忙しく、サラ金からの破産人への取り立て電話も聞いた。「休職中の刑事」は考えて設定したのではなく、当時はストーリーがどこからか降りてくるように書いていて、そのままの形で出てきた。後で聞くと先行例は無かった。[1]構想中に水木しげるの本を読み、出てきた「火車」という言葉から、題名にした。ラストへの犯人の書き方は、許容されるかわからず不安で、誰にも言わず完結まで書き渡して、編集者から評価され安心した。[2]

週刊文春ミステリーベスト10で第1位になったほか、各誌紙で称賛する書評が寄せられ、第108回直木三十五賞候補となり、「出色のミステリー」「謎解きの面白さは抜群」(田辺聖子)、「大いに感心し、選考という立場を忘れて夢中で読んだ」(井上ひさし)など好意的な意見が寄せられたが、「お遊びの小説」「心を打つものとはなりえない」(渡辺淳一)といった否定的な意見のほか、選評を一行も書かなかった選考委員もおり、また本作を評価していた陳舜臣藤沢周平が選考会を欠席するなど不運が重なり受賞には至らなかった[3]。第6回山本周五郎賞受賞。「このミステリーがすごい!」ベスト・オブ・ベスト第1位。2008年(平成20年)に賞創設から20年間の1位に輝いた。

書評家の青木知恵は、小説そのものの面白さだけでなく、生き急ぐ現代女性の姿を見つめて共感を得、ミステリに新しい女性読者を呼び寄せたと評価している[4]

作中で、関根彰子の破産手続きをした「溝口悟郎弁護士」は、実在の弁護士、宇都宮健児がモデルで、宮部が企業破産対応の経験しかなく個人破産がわからず[1]、3時間ほど多重債務問題を取材し、溝口のセリフは、取材時の宇都宮健児のものである[5]

大阪球場住宅展示場は、テレビのクイズ番組で見て知った。これは大阪へ取材したが、土地勘がなく高村薫に協力を得て案内してもらい、家の外観や照明灯との後景などの話も聞いてもらい意見をもらった。[1]

あらすじ[編集]

刑事・本間俊介は、犯人確保時に負った傷のために休職していた。そんな彼に、亡くなった妻・千鶴子の親戚で銀行員の栗坂和也が意外な事を頼み込む。謎の失踪を遂げた和也の婚約者・関根彰子を探し出して欲しいという。

和也の話によれば、クレジットカードを持っていないという彰子にカード作成を薦めたところ、審査の段階で彼女が自己破産経験者だということが判明した。事の真偽を問い詰められた彰子は、翌日には職場からも住まいからも姿を消していたとの事だった。

休職中で警察手帳も使えない本間は、彰子の親戚や雑誌記者を装って捜査を開始する。最初に彰子の勤め先を訪ね、社長から彰子の履歴書を見せられた本間は、写真を見て彼女の美貌に驚く。美しいながら、夜の仕事には染まらない清楚な雰囲気が漂っていた。次に、彰子の自己破産手続きに関わった弁護士を訪ねたところ、「関根彰子」は会社勤めの傍ら水商売に手を出しており、容貌の特徴は大きな八重歯だという。勤め先での関根彰子と自己破産した関根彰子は、名前が同じながら容貌も性格も素行も一致しないのだ。

和也の婚約者だった「関根彰子」は、本物の関根彰子に成りすました偽者ではないのか?

だとすると、その正体は?

また、本物の関根彰子はどうなったのか?

調べを進める本間は、都会での1人暮らしの夢からカード破産に陥る女性や、無理なマイホーム購入で離散に陥った一家、実家の借金が原因で追い詰められ、婚家を去らざるを得なかった女性など、借金に翻弄される人生を目の当たりにする。

登場人物[編集]

本間 俊介[6]
42歳、捜査一課刑事、休職中
本間 智
10歳、俊介の息子
本間 千鶴子
俊介の妻、故人
井坂 恒男
本間家の隣人
カッちゃん
智の同級生
栗坂 和也
29歳、千鶴子のいとこの息子、銀行員
碇 貞夫
42歳、俊介の同僚
関根 彰子
偽の関根彰子が現れると同時に姿を消した女性。
新城 喬子
偽の関根彰子。婚約者を残し失踪した。
野村 一恵
彰子の同級生
本多 保
彰子の幼なじみ
本多 郁美
保の妻
関根 淑子
彰子の母、故人
溝口 悟郎
関根彰子の破産手続きをした弁護士
今井 四郎
今井事務機の社長
みっちゃん
今井事務機の事務員
澤木
溝口・高田弁護士事務所の事務員
青年
溝口・高田弁護士事務所の事務員
井坂 久恵
43歳、恒男の妻、デザイナー
片瀬 秀樹
ローズライン管理課課長補佐
須藤 薫
喬子の友人
木村 こずえ
22歳、フリーター
倉田 康司
喬子の別れた夫
市木 かおり
喬子の元同居人
雑誌記者
本間の知人
宮城 富美江
彰子の知人
紺野
喫茶バッカスの店主
紺野 明美
紺野の娘
紺野 信子
紺野の妻、コーポ川口の大家
宮田 かなえ
美容室ロレアルサロンの従業員
ママ
ライハマのママ
菊池
ライハマのバーテン
マキ
ライハマの店員
北村 真知子
理学療法士
宇都宮署の刑事
加藤
倉田不動産社員

テレビドラマ[編集]

1994年版[編集]

1994年(平成6年)2月5日土曜ワイド劇場枠で『火車 カード破産の女!』というタイトルでドラマ化された。映画でも高い実績を持つベテラン池広一夫が演出し、クライマックス一場面だけのために大きな喫茶店セットを組むなど、2時間ドラマ枠としては大作の構えとなっている。

出演[編集]

スタッフ[編集]

2011年版[編集]

2011年(平成23年)11月5日の21:00〜23:11に「宮部みゆき原作 ドラマスペシャル『火車』」として放送された。製作局は1994年(平成6年)版と同じテレビ朝日土曜ワイド劇場と同じ時間枠だが、土曜ワイド劇場の作品ではなくスペシャルドラマ(特別番組)として放送された。視聴率17.0%。

出演[編集]

スタッフ[編集]

映画[編集]

2012年に韓国で映画化されている。原題は『화차(火車)』。脚本・監督はピョン・ヨンジュ、出演はイ・ソンギュンキム・ミニチョ・ソンハ。日本では劇場公開されず、『火車 HELPLESS』の邦題で、2013年1月13日WOWOWで放送された[9]他、同年2月6日DVDが発売。

原作と異なり、ヒロインの婚約者(原作の栗坂和也)を主人公とし、彼がヒロインの行方を最後まで追い続けるストーリーとなっている。また、休職中の刑事(原作の本間俊介)が「収賄で免職となった求職中の元刑事」、婚約者が「刑事の従弟で動物病院の院長」にそれぞれ設定変更されている他、結末が原作とは別のものになっている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『だからミステリーは面白い〜気鋭BIG4対論集』1995年、有學書林
  2. ^ 『まるごと宮部みゆき』「宮部みゆきロングインタビュー」 P.144・145 朝日新聞社 2002年8月
  3. ^ 川口則弘 『直木賞物語』 バジリコ2014年、361 - 365頁。ISBN 978-4-86238-206-1
  4. ^ 池上冬樹編『ミステリ・ベスト201日本編』新書館 (MYSTERY HANDBOOK) 、1997年 ISBN 4403250297
  5. ^ 『反貧困―半生の記』宇都宮健児 所収「対談 宮部みゆき」花伝社 2009年10月
  6. ^ 本間俊介は主人公ではなく、狂言回しである。
  7. ^ テレビ朝日の公式サイト(外部リンク参照)のキャスト欄では「失踪した美女」となっている。
  8. ^ テレビ朝日の公式サイト(外部リンク参照)のキャスト欄では「謎の女」となっている。
  9. ^ 火車 HELPLESS|映画”. WOWOW. 2012年12月22日閲覧。

外部リンク[編集]