ブーマー・ウェルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブーマー・ウェルズ
Boomer Wells
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アラバマ州
生年月日 1954年4月25日(59歳)
身長
体重
200 cm
100 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手
プロ入り 1976年
初出場 MLB / 1981年8月10日
NPB / 1983年4月9日
最終出場 MLB / 1982年10月3日
NPB / 1992年10月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

グレゴリー・ドウェイン・“ブーマー”・ウェルズGregory DeWayne "Boomer" Wells , 1954年4月25日 - )は、アメリカ合衆国アラバマ州出身の元プロ野球選手内野手)。MLBでの登録名は「グレッグ・ウェルズ」(Greg Wells)。

経歴[編集]

オールバニ州立大ではフットボールの選手を目指しており、1975年のNFLNFLドラフト16巡でニューヨーク・ジェッツに指名されたもののNFL選手となることはできなかった。アマチュアFAとしてMLB傘下と契約を結んだ。1981年トロント・ブルージェイズ1982年ミネソタ・ツインズを経て、1983年阪急ブレーブスに入団。登録名を『ブームを呼ぶ男』の意味のブーマーとした。来日前、何も分からない日本野球についてチャーリー・マニエルから情報を収集。「投手が打たれると捕手を交代する[1]」「開幕前のトレーニング(キャンプ・オープン戦)が2カ月もある」などの話を聞いた時は冗談だと思ったが、実際日本でプレーして現実だったことを知り驚いたという[2]。ただし、シーズン前や試合前の練習についてはもともとブーマーは練習量が多いほうだったので個人的な差はそれほど感じなかったという。また、川崎球場で試合前の練習をした後「ところで本番の試合はどこでするんだろう」と思っていたところ、その後スタンドに観客が入ってきたので驚いたといわれている。当のブーマーは川崎球場をアメリカで言うところの「マイナーリーグ」、つまり二軍の野球場だと思い込み、試合は別の野球場に移動して行うものだと考えていたらしい。また、その日の川崎球場は客が不入りで、それこそマイナーリーグ並みの僅かな観客数だったため、その光景には「これが日本のプロ野球なのか」と特に驚いたようである。

来日直後の阪急ブレーブスの春季キャンプでは、場外本塁打を連発する彼の姿をテレビのスポーツニュースで見たお年寄りが、衝撃のあまり心臓発作で倒れてしまったり、ブーマーの打った場外ホームランが近隣の民家に飛び込み、金魚鉢が壊れるなど、入団時から「飛ばし屋」としての話題に事欠かなかった。阪急西宮球場では当初、ブーマーが打席に入った際には、アストロビジョンが当たった打球で故障しないようシャッターを下ろして保護しようという動きもあった。「ブーマー曲線」なる打球の角度・伸びがシミュレーションされたこともある。しかし公式戦では打率こそ.307をマークしたものの17本塁打に終わる。これは、日本野球への順応途上だったことと、膝を手術したばかりでオフのトレーニングが不足していたためだという[2]。「場外本塁打を打ったら等身大の特大2メートルの『ブーマーパン』というパンを観客にプレゼントする」という企画も球団で立てられた。しかし、1年目の公式戦で場外本塁打は出ず、企画はあえなく頓挫した。

日本野球に慣れ、オフのトレーニングも十分積んで2年目の1984年には打率.355、37本塁打、130打点で来日外国人選手初となる三冠王と、MVPを獲得、リーグ優勝に貢献した。来日前にもプエルトリコベネズエラ、アメリカでも気候の違うさまざまなチームにいた経験からもともと順応性には自信があったという[2]。1年目は柳田豊近鉄)を苦手としており、左打席に立ったことがあるほどだったが、2年目以降は克服した。

1985年、ユニフォームを忘れて同僚の山沖之彦投手(190cmの長身)のユニフォームを借りて試合に出場したことがある。しかしサイズが合わずバッティングも窮屈になってしまった。最初はこの年だけ在籍した体格のいいジョー・ヒックスのユニフォーム借用を提案されたが「オレはあいつほど太っていない」と拒否したという[3]

1987年に再び打点王1989年には首位打者と打点王の2冠を獲得。

1988年7月13日の西武ライオンズ戦(阪急西宮球場)で渡辺久信から飛距離162mの場外本塁打を放ち、落下地点が確認された本塁打としては日本最長記録となった。前述の『ブーマーパン』企画を知る球団スタッフは残念がったという。オリックスブレーブス時代には、レフトスタンドを指差す「予告ホームラン」をし、見事レフトスタンドにホームランを打ったことがある[要出典]

オリックス時代の1989年9月25日のダイエーホークス戦。3回裏にホームランを放った門田博光をホームで出迎えた際のハイタッチで門田の右腕が脱臼。この時、門田は登録抹消までには至らなかったが、シーズン終盤での貴重な約1週間を棒に振ってしまい、当事者ながら悪気はなかったブーマーもひどく落ち込んでしまった。次の日の日本ハム戦では、「門田の分も」と心に期するものがあったようで、対戦相手の西崎幸広からホームランを放ち、試合後のヒーローインタビューでは「今日は何も言われなくても自然に燃えてきたよ。」と答えている。しかし、この門田負傷は尾を引いてしまい、同年に近鉄・西武・オリックスの三者がペナント終盤まで競り合った末、近鉄に優勝をさらわれる結果となった。

1992年福岡ダイエーホークスに移籍し、38歳で打点王を獲得するものの、シーズン後半に絶不調に陥ったこともあり、この年限りで退団。10年間の日本生活で打率3割以上を1年目からの5年連続を含む7回、打率.350以上を2回、30本塁打以上を5回、40本塁打以上を3回、100打点以上を5回記録した。

1994年には、春季キャンプからシーズン途中までオリックスの臨時打撃コーチ(同年在籍したフランシスコ・キャブレラの専属)を務めた。

現在は野球代理人(エージェント)であり、アメリカと日本の野球界の橋渡し役として活躍。ナイジェル・ウィルソンなどを日本球界に送り込んだ。ウィルソンが活躍していた頃に受けた週刊ベースボールのインタビュー(懐かしの外国人選手の今を紹介する企画)では、「(ウィルソンを日本ハムに送り込んだことについて)上田利治に恩返しがしたかった」と語っている。

56歳の時、日本のあるテレビ番組の企画でアトランタから来日。ほっともっとフィールド神戸でホームランの飛距離の限界を調査した。本人の希望で金属バットを使用し、52球挑戦したが、結果は84メートルでホームランを打つことができなかった[4]

2012年6月2日セ・パ交流戦オリックス巨人」戦(京セラドーム大阪)で始球式を務めた。当日、オリックスは阪急の復刻ユニフォームを着用して試合に臨んでいたため、ブーマー本人も当時と同じ背番号44の復刻ユニフォームを着用して登場した[5]

プレースタイル[編集]

200cm、100kgの巨体からパワーヒッターを想像させるが、器用さと優れた選球眼を兼ね備えた打撃の名手であった。非常に柔らかいスイングを持ち味とし、三振の少なさ、打率の高さは特筆に価する。通算打率.317は、4000打数以上では落合博満を上回り、右打者の最高成績である。ブーマー自身も「自分の本質はむしろアベレージヒッター」と自己分析している。また、住友平コーチの相手投手の分析力を高く評価しており、「三冠王を取ってからは相手投手の攻め方も変わったけど、自分もすぐ順応できたのは住友さんのおかげ」と感謝している[2]

最も対戦が楽しみだったのは、西武ライオンズの東尾修ロッテオリオンズ村田兆治だという。特に村田のことは「日本野球界最高のピッチャー」と絶賛している[2]

また、守備でもゴールデングラブ賞を2回獲得している。守備がうまくなる秘訣は「自分が偉大な一塁手だ」と思ってフィールドに立つことだという。「ゴールデングラブ賞はあと2回は受賞してもおかしくなかった[2]」「必要ならショートだって守る[6]」とも語っている。試合前の守備練習では松永浩美とともにサードの守備位置でノックを受けたこともあるという[2]

阪急時代同僚だった山田久志は「ブーマーは落合と常に数字を争っていたけど、タイトルには全く固執しない、フォア・ザ・チームの選手だった。ホームランを狙えばもっと打てたけど、チャンスではライト方向に軽くヒットを打つことが多かった。」と語っている[7]

人物[編集]

本拠地である阪急西宮球場での試合日には、実娘を連れてくることがあり、肩に小さな娘をちょこんと乗せて球場を出入りする姿がしばしば目撃されている。恐妻家でもあり、日本での1日の小遣いは2,000円に限定されており、その中から食事代を出さねばならないため、食事はフライドチキンとうどんばかりだったという。見かねた上田利治監督が「たまには牛も食わんとあかん」と、ステーキを何度もご馳走し、公私にわたって面倒を見たという。阪急時代は、外国人選手といえどもタクシー送迎などの特別待遇はなく、神戸の自宅から阪急電車を利用して球場へ通っていたが、電車の扉が本人にとっては低すぎ、扉を「くぐって」電車に乗り込んでいたという。阪急電鉄からは乗車証(無料パス)をもらっていたが、(特に機嫌のいい時は)自動改札は通らずに有人改札を「顔パス」で通行することが多かった。

NPB公認の「選手名鑑」の「癖」の欄には、「ベンチで奇声をあげる」などと書かれていた。また、その巨漢ぶりと強打者ぶりから、「怪人ブーマー」とも称された。

1986年の対近鉄バファローズ戦で小野和義から死球を受けた際に、マウンド付近で大暴れして退場処分となったが、この際に相手チーム捕手梨田昌孝に謝罪、握手を交わしてからベンチに下がっている。このときの死球後に相手投手のいるマウンドを目掛けて走るシーンは湿布薬のCMにも使われ、本人もそのままCM出演を果たしている。また同シーンは後々まで、テレビ番組『プロ野球珍プレー好プレー大賞』(フジテレビ)などでも取り上げられた。

サインを書く際には、サインの下に「ブーマー」とカタカナで署名し、またファンによるサインの求めを決して断らず、ダイエーホークスへの移籍後も、平和台球場の前でファンの求めに応じて試合後も長く居残ってサインする姿が見られた。現在でも日本語でサインを書けるという[2]

阪急ブレーブスへの愛着は人一倍強い。球団がオリックスに譲渡された当初は「本拠地も西宮球場のままだし、オリックスの青いユニフォームは好きだったし、別に違いは感じなかった」というが、だんだんと阪急色を一新するオリックス球団、そして上田監督の後任となった土井正三監督には不満も多かった。ミーティングが長く、拘束時間が長くなったことが不満だったという。また、4番を外されたことについては、「土井監督は私に敬意を払わなかった」とコメントし、ダイエーへの移籍の要因となったと語っており、「おかげでチームも勝てなくなり、ファンも離れていった」と語っている[2]。オリックスになってミールマネー(食事代)が廃止されて小遣いが減り(領収書で対応)、本拠地がグリーンスタジアム神戸に移転してからは、地下鉄では「顔パス」が通用せず、実費で乗車しないといけなくなったことが不満だったという[8]

また、「オリックス・ブルーウェーブ」としての初の公式戦に、わざと「ブレーブス」のロゴのユニフォームを着てプレーしてみせたが、当初誰も気がつかなかった。ただし、オリックスの新しい本拠地だった神戸は大好きな街だったという。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1981 TOR 32 78 73 7 18 5 0 0 23 5 0 2 0 0 5 0 0 12 2 .247 .295 .315 .610
1982 MIN 15 57 54 5 11 1 2 0 16 3 0 0 0 2 1 0 0 8 0 .204 .211 .296 .507
1983 阪急
オリックス
121 483 450 60 137 22 1 17 212 62 2 2 0 2 28 1 3 38 14 .304 .348 .471 .819
1984 128 549 482 82 171 23 2 37 309 130 2 3 0 7 55 12 5 33 19 .355 .421 .641 1.062
1985 129 576 529 86 173 26 2 34 305 122 2 2 0 7 40 6 0 36 17 .327 .370 .577 .946
1986 127 553 494 94 173 20 2 42 323 103 1 1 0 1 54 10 4 38 14 .350 .418 .654 1.072
1987 129 565 513 81 170 30 0 40 320 119 2 2 0 8 40 10 4 43 21 .331 .379 .624 1.003
1988 88 378 339 48 98 18 0 14 158 46 1 0 0 2 37 6 0 24 15 .289 .357 .466 .823
1989 130 578 512 101 165 19 0 40 304 124 2 1 0 8 53 15 5 37 34 .322 .386 .594 .980
1990 46 186 163 25 50 7 0 7 78 31 1 1 0 2 20 3 1 16 3 .307 .382 .479 .860
1991 121 496 463 45 139 26 0 20 225 67 1 2 0 7 25 2 1 30 13 .300 .333 .486 .819
1992 ダイエー 129 551 506 56 137 19 1 26 236 97 4 1 0 6 37 3 2 38 17 .271 .319 .466 .786
MLB:2年 47 135 127 12 29 6 2 0 39 8 0 2 0 2 6 0 0 20 2 .228 .259 .307 .566
NPB:10年 1148 4915 4451 678 1413 210 8 277 2470 901 18 15 0 50 389 68 25 333 167 .317 .372 .555 .927
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はNPBにおける歴代最高
  • 阪急(阪急ブレーブス)は、1989年にオリックス(オリックス・ブレーブス)に球団名を変更

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

NPB初記録
NPB節目の記録
  • 100本塁打:1986年6月8日、対日本ハムファイターズ10回戦(後楽園球場)、6回表に柴田保光から3ラン ※史上144人目
  • 150本塁打:1987年8月8日、対近鉄バファローズ16回戦(藤井寺球場)、3回表に谷宏明から ※史上84人目
  • 200本塁打:1989年6月6日、対日本ハムファイターズ8回戦(東京ドーム)、6回表に西崎幸広から2ラン ※史上57人目
  • 1000本安打:1989年7月5日、対西武ライオンズ13回戦(西武ライオンズ球場)、1回表に渡辺久信から右前安打 ※史上157人目
  • 1000試合出場:1991年9月6日、対福岡ダイエーホークス19回戦(グリーンスタジアム神戸)、5番・一塁手として先発出場 ※史上298人目
  • 250本塁打:1991年10月6日、対日本ハムファイターズ26回戦(グリーンスタジアム神戸)、1回裏に松浦宏明から3ラン ※史上32人目
NPB種々の記録
  • 通算打率:.317(4000打数以上では歴代4位、右打者では歴代1位)
  • 4年連続3割30本塁打(1984年 - 1987年、パ・リーグタイ記録)
  • 5試合連続本塁打:2回(1987年9月6日 - 9月11日、1989年4月9日 - 16日)
  • シーズン満塁本塁打:4本(1987年、パ・リーグタイ記録)
  • シーズン勝利打点:21(1984年、パ・リーグ記録)
  • オールスターゲーム出場:5回(1984年 - 1986年、1988年、1989年)

背番号[編集]

  • 44 (1983年 - 1991年)
  • 23 (1992年)

関連情報[編集]

CM出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 阪急も1975年のプレーオフで上田監督が投手の山口高志が打ち込まれたとき捕手を中沢伸二から河村健一郎に交代したことがある。
  2. ^ a b c d e f g h i 『阪急ブレーブス黄金の歴史 よみがえる勇者の記憶』ベースボール・マガジン社、P78-P79
  3. ^ この時の仕草が360°モンキーズの杉浦双亮にモノマネされた。
  4. ^ クイズ☆タレント名鑑 愛と気合の2時間SP 2011-2-20放送
  5. ^ “ブーマー氏が始球式、阪急ユニで試合…オリックス”. スポーツ報知. (2012年6月3日). http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20120602-OHT1T00172.htm 
  6. ^ 文春文庫ビジュアル版『助っ人列伝』(Sports Graphic Number編)
  7. ^ 週刊現代、2012年4月7日号 P165
  8. ^ 『プロ野球もうひとつの攻防 「選手vsフロント」の現場』井箟重慶:著、角川SSC新書、2013年、p168

関連項目[編集]

外部リンク[編集]