ナイジェル・ウィルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナイジェル・ウィルソン
Nigel Wilson
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
出身地 オンタリオ州オシャワ[1]
生年月日 1970年1月12日(44歳)
身長
体重
185 cm
94 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 左翼手
プロ入り 1987年
初出場 MLB / 1993年9月8日
NPB / 1997年4月5日
最終出場 MLB / 1993年9月8日
NPB / 2002年5月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ナイジェル・エドワード・ウィルソンNigel Edward Wilson , 1970年1月12日 - )は、カナダ出身の元プロ野球選手外野手)。日本プロ野球では登録上は外野手であったが、主に指名打者として出場した。

来歴[編集]

1987年トロント・ブルージェイズと契約。1993年球団拡張ドラフトフロリダ・マーリンズに指名され、同年にメジャー初昇格。その後、1995年シンシナティ・レッズ1996年クリーブランド・インディアンスと渡り歩いた。

阪急三冠王を獲得した代理人ブーマー・ウェルズの推薦により、1997年日本ハムファイターズに入団し、来日[1]。同年6月21日の対近鉄戦(大阪ドーム)で、王貞治以来の1試合4打席連続本塁打を達成[1]。第1打席にシングルヒットを放っていたため、同時に1試合17塁打パ・リーグ記録となった[1]。この年は37本塁打で本塁打王に輝いた[1]

1998年はさらに日本野球に順応し、本塁打ばかり狙うのではなくチャンスでヒットを狙い打つ打撃も覚えた。ほぼ全試合に出場、33本塁打、124打点で本塁打・打点の2冠王を獲得[1]打数でもリーグ2位となると共に、ベストナインも受賞した[1]日本プロ野球の外国人選手としては史上初の「来日してから2年連続で本塁打王を獲得」となった。

1999年、膝の故障によりシーズン序盤にリタイア。たった6試合に出場しただけでシーズンを終える。解雇されてもおかしくなかったが、故障が癒えたと判断した球団側が残留させる。

2000年は前年の球団の温情に応え、自己最高打率の.294、更に37本塁打、89打点を記録。本塁打王は逃したがベストナインを受賞するなど、完全復活を遂げる[1]

しかし2001年はまたも怪我が重なり、5年間在籍したファイターズを退団[1]

2002年に長距離砲の補強を目指していた大阪近鉄バファローズからオファーを受けて入団[1]。恐怖の7番打者としてスタートしたが活躍できず、同年に退団し、帰国した[1]

2003年、マイナー契約でニューヨーク・ヤンキースに入団するも、メジャー再昇格はできなかった。

人物[編集]

日本ハム入団当初、同時期入団のジェリー・ブルックスと風貌がお互いによく似ていると話題になり、「トムとジェリー」と呼ばれていた。さらに、丸みのある顔と体格から「プーさん」の愛称を持っていた。

その打撃スタイルはまさに「本塁打三振か」というもので、破壊力は凄いが連続三振も多いという欠点があった。日本ハム時代のチームメイトの落合博満は「責任感が強く多少の怪我では試合を休まない選手」と評しているが、度重なる故障を克服することはできなかった。

打撃に関しては二冠王や2年連続の本塁打王を獲得する等リーグ屈指の強打者だったが、守備に関しては素人同然とも言われた。来日した際に当時監督の上田利治が「お前は何処を守れる?」と尋ねたとき、ウィルソンは自ら「DH」と答えたという。日本にいた6年間で守備に就いたのは1997年7月20日一塁手を守っただけ。登録上であった外野手の守備に就くことは一度も無かった。一説には、持病の膝の怪我の負担を避けるためウィルソンが守備練習を避けたと言われている。なお、「スカウティングレポート'99」では“肩を壊していてキャッチボールも満足にできず”と書かれていた。

数々のタイトルや記録を打ち立て、最強外国人助っ人の一人として、同時期に活躍したシャーマン・オバンドーとのコンビは最強だった。

1997年9月5日の対近鉄戦では、西川慎一の投球に激怒し、西川に突進して退場処分を受けた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1993 FLA 7 16 16 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 11 0 .000 .000 .000 .000
1995 CIN 5 7 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .000 .000 .000 .000
1996 CLE 10 13 12 2 3 0 0 2 9 5 0 0 0 0 1 0 0 6 0 .250 .308 .750 1.058
1997 日本ハム 134 550 478 67 131 24 0 37 266 94 1 2 0 5 53 5 14 130 9 .274 .360 .556 .916
1998 133 569 506 65 129 13 0 33 241 124 1 1 0 3 56 7 4 141 5 .255 .332 .476 .808
1999 6 24 22 1 3 0 0 0 3 2 0 0 0 0 0 0 2 3 0 .136 .208 .136 .345
2000 120 498 439 72 129 23 0 37 263 89 0 1 0 2 51 7 6 98 8 .294 .373 .599 .973
2001 34 136 120 13 27 2 1 6 49 14 0 0 0 0 13 2 3 34 3 .225 .316 .408 .725
2002 近鉄 34 126 113 14 25 3 0 6 46 14 0 0 0 0 10 2 3 40 2 .221 .302 .407 .709
MLB:3年 22 36 35 2 3 0 0 2 9 5 0 0 0 0 1 0 0 21 0 .086 .111 .257 .368
NPB:6年 461 1903 1678 232 444 65 1 119 868 337 2 4 0 10 183 23 32 446 27 .265 .346 .517 .864
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

NPB

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB初記録
NPBその他の記録
  • 100本塁打:2000年8月28日、対福岡ダイエーホークス24回戦(東京ドーム)、5回裏に土井雅弘から中越ソロ ※史上210人目
  • 1試合連続打席本塁打:4 =1997年6月21日、対近鉄バファローズ12回戦(大阪ドーム) ※日本プロ野球記録
  • 1試合最多本塁打:4 =同上 ※日本プロ野球記録
  • 1試合最多塁打:17 =同上 ※パ・リーグ記録

背番号[編集]

  • 30 (1993年)
  • 49 (1995年)
  • 48 (1996年)
  • 15 (1997年 - 2002年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、74ページ

外部リンク[編集]