1962年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗1962年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
東映フライヤーズ() 4(1)
阪神タイガース() 2(1)
ゲームデータ
試合日程 1962年10月13日-10月21日
最高殊勲選手 土橋正幸
種茂雅之
敢闘選手 吉田義男
チームデータ
東映フライヤーズ ()
監督 水原茂
シーズン成績 78勝52敗3分
(シーズン1位) 
阪神タイガース()
監督 藤本定義
シーズン成績 75勝55敗3分
(シーズン1位)
日本シリーズ
 < 1961 1963 > 

1962年の日本シリーズ(1962ねんのにっぽんシリーズ、1962ねんのにほんシリーズ)は、1962年10月13日から10月21日まで行われたセ・リーグ優勝チームの阪神タイガースパ・リーグ優勝チームの東映フライヤーズによる第13回プロ野球日本選手権シリーズである。阪神甲子園球場明治神宮野球場後楽園球場の3球場で行われた。

試合結果[編集]

第1戦[編集]

10月13日 甲子園 入場者数:35692人(延長10回サヨナラ)

東映 0 0 5 0 0 0 0 0 0 0 0 5
阪神 0 1 4 0 0 0 0 0 0 0 1X 6
(東) 土橋、久保田、橋詰、●尾崎(1敗) - 安藤順
(阪) 小山、○村山(1勝) - 山本哲、福塚
本塁打
(東) 吉田勝 1号(3回2点小山)

[審判]セ筒井(球)パ田川、セ富沢、パ二出川(塁)セ国友、パ上田(外)

第2戦[編集]

10月14日 甲子園 入場者数:35995人

東映 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
阪神 0 0 0 2 0 0 0 3 x 5
(東) ●土橋(1敗)、橋詰、富永 - 安藤順
(阪) ○村山(2勝) - 山本哲
本塁打
(阪) 藤本1号3ラン(8回富永)

[審判]パ田川(球)セ富沢、パ二出川、セ筒井(塁)パ小島、セ有津(外)

第3戦[編集]

10月16日 神宮 入場者数:38733人(延長14回時間切れ引き分け)

阪神 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2
東映 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2
(阪) 渡辺省 村山 石川緑 太田 バッキー - 山本哲、福塚
(東) 久保田 石原 富永 橋詰 安藤元 土橋 - 種茂、安藤順
本塁打
(東) 毒島1号ソロ(6回村山)

[審判]セ富沢(球)パ二出川、セ筒井、パ田川(塁)パ上田、セ国友(外)

第4戦[編集]

10月17日 神宮 入場者数:37741人

阪神 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
東映 0 0 0 3 0 0 0 0 X 3
(阪) ●小山(1敗)、石川緑、牧 - 山本哲、福塚、戸梶
(東) ○安藤元(1勝) - 種茂

[審判]パ二出川(球)セ筒井、パ田川、セ富沢(塁)セ有津、パ小島(外)

第5戦[編集]

10月18日 後楽園 入場者数:30187人 延長11回サヨナラ

阪神 2 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 4
東映 3 0 0 1 0 0 0 0 0 0 2X 6
(阪) 村山、渡辺省、石川緑、●小山(2敗)、野母 - 山本哲、谷川、戸梶
(東) 久保田、富永、○土橋(1勝1敗)- 種茂
本塁打
(阪) 藤本2号2ラン(1回久保田)
(東) 吉田勝2号3ラン(1回村山)、岩下1号2ラン(11回小山)

[審判]セ筒井(球)パ田川、セ富沢、パ二出川(塁)セ国友、パ上田(外)

第6戦[編集]

10月20日 甲子園 入場者数:21214人

東映 1 2 0 1 2 0 0 1 0 7
阪神 1 0 0 1 2 0 0 0 0 4
(東) ○安藤元(2勝)、橋詰、土橋 - 種茂
(阪) ●村山(2勝1敗)、大田、渡辺省、牧 - 山本哲、福塚、戸梶
本塁打
(東) 張本1号2ラン(5回太田)
(阪) 吉田1号ソロ(1回安藤元)

[審判]パ田川(球)セ富沢、パ二出川、セ筒井(塁)セ有津、パ小島(外)

第7戦[編集]

10月21日 甲子園 入場者数:29192人(延長12回)

東映 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 2
阪神 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
(東) 久保田、○土橋(2勝1敗)- 種茂
(阪) 小山、●村山(2勝2敗) - 福塚
本塁打
(東) 西園寺 1号(12回1点村山)

[審判]セ富沢(球)パ二出川、セ筒井、パ田川(塁)パ上田、セ国友(外)

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

  • NHK総合 実況:岩本修 解説:松木謙治郎
  • 朝日放送≪TBS系列≫ 実況:植草貞夫 解説:芥田武夫 ゲスト解説:鶴岡一人南海監督)
  • NHK総合 実況:鈴木文彌 解説:加藤進
  • TBS 解説:大和球士 ゲスト解説:三原脩
  • NETテレビ 実況:明海健 解説:佐々木信也 ゲスト解説:稲尾和久、長嶋茂雄
  • NHK総合 実況:岩本修 解説:松木謙治郎
  • 朝日放送≪TBS系列≫ 実況:植草貞夫 解説:芥田武夫 ゲスト解説:別所毅彦
  • よみうりテレビ≪日本テレビ系列≫ 実況:越智正典 解説:藤村富美男 ゲスト解説:杉浦忠(南海)
  • 毎日放送≪NETテレビ系列≫ 実況:井上光央 解説:大島信雄 ゲスト解説:三原脩
  • NHK総合 実況:岡田実 解説:苅田久徳
  • 朝日放送≪TBS系列≫ 実況:植草貞夫 解説:芥田武夫 ゲスト解説:鶴岡一人(南海監督)
  • よみうりテレビ≪日本テレビ系列≫ 解説:藤村富美男 ゲスト解説:杉浦忠(南海)
  • 毎日放送≪NETテレビ系列≫ 実況:井上光央 解説:大島信雄 ゲスト解説:三原脩、別所毅彦

※毎日放送がNET系列で放送する日本シリーズ中継はこの年が最後となる。これは1964年1966年および1973年に南海ホークスが優勝した時と1967年1969年および1971年1972年阪急ブレーブスが優勝した時は各主催試合を中継できず、NETも日本シリーズの中継が出来ぬまま1975年3月31日に朝日放送とネットワークの交換(ネットチェンジを参照)を行ったためである。但し、この間自社製作は行わなかったものの、MBSと資本関係を有する東京12ch1964年開局 現テレビ東京)からのネット受けとして1970年(ロッテ対巨人・第3戦)1974年(ロッテ対中日・第5戦)の放送を行ったことは有る。

ラジオ中継[編集]

  • NHKラジオ第2 実況:岡田実 解説:加藤進
  • TBSラジオ朝日放送 実況:中村哲夫 解説:笠原和夫 ゲスト解説:野村克也(南海)
  • ラジオ関東・ラジオ関西 実況:奥田博之 解説:御園生崇男
  • 和歌山放送など(毎日放送制作・裏送り) 解説:金田正泰
  • NHKラジオ第2 実況:土門正夫 解説:苅田久徳
  • ラジオ関東・ラジオ関西 実況:島碩弥 解説:児玉利一
  • 朝日放送など(TBSラジオ制作・裏送り) 実況:渡辺謙太郎 解説:大和球士 ゲスト解説:鶴岡一人
  • 和歌山放送など(ニッポン放送制作・裏送り) 解説:服部受弘
  • NHKラジオ第2 実況:岡田実 解説:松木謙治郎
  • ラジオ関東・ラジオ関西 実況:木島章夫 解説:山根俊英
  • 朝日放送など(TBSラジオ制作・裏送り) 実況:岡部達 解説:土屋亨 ゲスト解説:別所毅彦
  • 和歌山放送など(ニッポン放送制作・裏送り) 解説:服部受弘
  • NHKラジオ第2 実況:土門正夫 解説:苅田久徳
  • ラジオ関東 実況:島碩弥 解説:児玉利一
  • 朝日放送など(TBSラジオ制作・裏送り) 実況:岡部達 解説:土屋亨 ゲスト解説:鶴岡一人
  • 和歌山放送など(ニッポン放送制作・裏送り) 解説:飯島滋弥
  • NHKラジオ第2 実況:岡田実 解説:加藤進
  • TBSラジオ・朝日放送 実況:中村哲夫 解説:笠原和夫 ゲスト解説:鶴岡一人
  • ラジオ関東・ラジオ関西 実況:下山英三 解説:御園生崇男、横沢三郎
  • 和歌山放送など(毎日放送制作・裏送り) 解説:金田正泰
  • NHKラジオ第2 実況:鈴木文彌 解説:小西得郎
  • TBSラジオ・朝日放送 実況:中村鋭一 解説:笠原和夫 ゲスト解説:野村克也
  • ラジオ関東・ラジオ関西 実況:下山英三 解説:御園生崇男、横沢三郎
  • 和歌山放送など(毎日放送制作・裏送り) 解説:金田正泰

関連項目[編集]

外部リンク[編集]