2005年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗2005年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
千葉ロッテマリーンズ() 4
阪神タイガース () 0
ゲームデータ
試合日程 2005年10月22日-10月26日
最高殊勲選手 今江敏晃
敢闘選手 矢野輝弘
チームデータ
千葉ロッテマリーンズ ()
監督 ボビー・バレンタイン
シーズン成績 84勝49敗3分
(シーズン2位、PO優勝)
阪神タイガース ()
監督 岡田彰布
シーズン成績 87勝54敗5分
(シーズン1位)
日本シリーズ
 < 2004 2006 > 

2005年の日本シリーズ(2005ねんのにっぽんシリーズ、2005ねんのにほんシリーズ)は、2005年10月22日から10月26日まで行われた、セ・リーグ優勝チームの阪神タイガースと、パ・リーグ優勝チームの千葉ロッテマリーンズによる日本プロ野球日本選手権シリーズである。

概要[編集]

パ・リーグレギュラーシーズンで2位であったロッテが、プレーオフ福岡ソフトバンクホークス(レギュラーシーズン1位)・西武ライオンズ(同3位)に勝利しパ・リーグ優勝チームとなった[1]) 阪神・ロッテの対戦は史上初。この年の交流戦ではロッテの3勝2敗1分けという対戦成績を残していた。

両チーム監督の合意により、日本シリーズでは1998年横浜ベイスターズVS西武ライオンズ以来7年ぶりとなる予告先発(両監督による紳士協定)が行われた。また、ドーム球場が増えたこともあり、開催球場がセパいずれも開放型であるのはこちらも1998年の横浜ベイスターズ(横浜スタジアム)VS西武ライオンズ(西武ドーム、この年は屋根が設置されていなかった)以来、7年ぶりであった。

そしてこの年からアジアシリーズ(日本・韓国・中国・台湾のクラブチームによる大会)が新設された事により今シリーズはその日本代表決定シリーズとしても行なわれることとなった。

1990年代はともに暗黒時代を経験した両チームの対戦はロッテの圧倒的な4連勝で幕を閉じた。なお、レギュラーシーズンでの勝率2位チームが日本一となったのは前回・2004年の西武ライオンズに次いで2年連続[2]、外国人監督による日本一は史上初[3]

阪神がこのシリーズで残した得点(4点)、防御率(8.63)、本塁打(0)などの記録は、シリーズ史上最低記録(当時)だった。

尚、パリーグは前年からプレーオフを導入したが、勝率2位チームの日本一が続いたことで制度が見直され、5ゲーム差をつけることが条件だったアドバンテージが無条件導入されるなどの改定が行われた。

4連勝での無敗優勝は過去1959年南海ホークス1960年大洋ホエールズ1990年西武ライオンズ2002年読売ジャイアンツ以来5回目。また引き分けを挟んでの4勝無敗優勝が1957年の西鉄ライオンズと1975年阪急ブレーブスもあるため、全てを含めると7回目となった。1度もリードを許すことなく4連勝したのは史上初である。なお、メジャーリーグでは過去に4度記録されている。[要出典]

試合経過等[編集]

試合開始時刻は日本時間。○は勝利投手、●は敗戦投手、Sはセーブを表す。

第1戦[編集]

10月22日 千葉マリンスタジアム 開始時刻18:17 (試合時間 2時間14分) 有料入場者数 28,333人

阪神 0 0 0 0 1 0 0 1
ロッテ 1 0 0 0 3 1 5x 10

(7回裏1死濃霧によるコールドゲーム
(神)●井川(1敗)、橋本 - 矢野
(ロ)○清水(1勝) - 里崎
【本塁打】 (ロ)今江1号ソロ、李承燁1号ソロ、里崎1号3ラン、ベニー1号2ラン

[審判]パ中村稔(球)セ(塁)パ山本隆眞鍋(外)

  • オーダー
阪神
1 [中] 赤星
2 [遊] 鳥谷
3 [一] シーツ
4 [左] 金本
5 [三] 今岡
6 [右] 桧山
7 [指] 片岡
8 [捕] 矢野
9 [二] 藤本
ロッテ
1 [遊] 西岡
2 [三] 今江 (1)
3 [一] 福浦
4 [中] サブロー
5 [捕] 里崎 (1)
6 [左] フランコ
大塚
7 [右] ベニー (1)
8 [指] 李承燁 (1)
9 [二] 渡辺正

第2戦[編集]

10月23日 千葉マリンスタジアム 開始時刻18:16 (試合時間 2時間32分) 有料入場者数 28,354人

阪神 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ロッテ 1 1 0 0 0 5 0 3 X 10

(神)●安藤(1敗)、江草 - 矢野
(ロ)○渡辺俊(1勝) - 橋本
【本塁打】
(ロ)サブロー1号2ラン、フランコ1号ソロ、李承燁2号2ラン

[審判]セ眞鍋(球)パ山本 セ森 パ東(塁)セ井野佐藤(外)

  • オーダー
阪神
1 [中] 赤星
2 [遊] 鳥谷
3 [一] シーツ
4 [左] 金本
5 [三] 今岡
6 [右] 桧山
7 [指] 片岡
打指
8 [捕] 矢野
9 [二] 藤本
打二 関本
ロッテ
1 [遊] 西岡
2 [二] 塀内
初芝
渡辺正
3 [指] 里崎 (1)
4 [中]右 サブロー (1)
5 [左] フランコ (1)
打中 大塚
6 [右]左 ベニー (1)
走左 諸積
7 [一] 李承燁 (2)
8 [三] 今江 (1)
9 [捕] 橋本

第3戦[編集]

10月25日 阪神甲子園球場 開始時刻18:16 (試合時間 3時間20分) 有料入場者数 47,753人

ロッテ 0 1 0 2 0 0 7 0 0 10
阪神 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1

(ロ)○小林宏(1勝)、小野藤田薮田 - 里崎
(神)●下柳(1敗)、藤川桟原、橋本、能見 - 矢野、野口
【本塁打】
(ロ)福浦1号満塁

[審判]パ佐藤(球)セ井野 パ山本隆 セ森(塁)パ中村稔 セ谷(外)

  • オーダー
ロッテ
1 [遊] 西岡
2 [二]
塀内
3 [一] 福浦 (1)
4 [右]中右 サブロー (1)
5 [左]右 ベニー (1)
打左 李承燁 (2)
6 [捕] 里崎 (1)
7 [三] 今江 (1)
8 [中] 大塚
打左 フランコ (1)
左中 諸積
9 [投] 小林宏
橋本
小野
井上
藤田
薮田
阪神
1 [中] 赤星
2 [遊] 鳥谷
3 [一] シーツ
4 [左] 金本
5 [三] 今岡
6 [右] 桧山
7 [捕] 矢野
野口
8 [二] 関本
9 [投] 下柳
スペンサー 
藤川
桟原
橋本
濱中
能見

第4戦[編集]

10月26日 阪神甲子園球場 開始時刻18:15 (試合時間 3時間21分) 有料入場者数 47,810人

ロッテ 0 2 0 1 0 0 0 0 0 3
阪神 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2

(ロ)○セラフィニ(1勝)、小野、藤田、薮田、S小林雅(1S) - 橋本、里崎
(神)●杉山(1敗)、能見、福原、ウィリアムス、藤川、久保田 - 矢野
【本塁打】
(ロ)李承燁3号2ラン

[審判]セ谷(球)パ中村 セ井野 パ山本(塁)セ眞鍋 パ東(外)


  • オーダー
ロッテ
1 [遊] 西岡
2 [二]
塀内
3 [一] 福浦 (1)
4 [中]右 サブロー (1)
5 [右] フランコ (1)
薮田
諸積
6 [三] 今江 (1)
7 [左] 李承燁 (3)
小林雅
8 [捕] 橋本
小野
藤田
大塚
9 [投] セラフィニ
里崎 (1)
阪神
1 [中] 赤星
2 [遊] 鳥谷
3 [一] シーツ
4 [左] 金本
5 [三] 今岡
久保田
6 [右] スペンサー
福原
ウィリアムス
桧山
藤川
片岡
久慈
7 [捕] 矢野
8 [二] 関本
打二 藤本
9 [投] 杉山
能見
濱中
中村豊

表彰[編集]

第1・2戦でのシリーズ新記録となる8打数(8打席)連続ヒットを含む16打数10安打1本塁打と大当たり。
金本、今岡を始め湿りがちだった阪神打線の中で、全試合ヒットを放つなど打率.417とただ一人気を吐いた。

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

  • 第1戦:10月22日
  • テレビ朝日(EX)≪テレビ朝日系列 制作・テレビ朝日≫
実況:中山貴雄 解説東尾修栗山英樹 ネット裏球種解説:西村龍次KBC) ゲスト解説:松坂大輔西武
  • 第2戦:10月23日
実況:植草朋樹 解説:駒田徳広水上善雄江夏豊TVO) ゲスト解説:豊田清(西武、日本シリーズ終了後に巨人FA移籍
  • 第3戦:10月25日
  • 朝日放送(ABC)≪テレビ朝日系列 制作・朝日放送≫
実況:伊藤史隆 解説:吉田義男真弓明信福本豊 ゲスト解説:谷繁元信中日
  • 第4戦:10月26日
実況:赤木誠 解説:田淵幸一(TBS)、佐々木恭介 ネット裏解説:八木裕

※なお、5戦目以降の試合が行われた場合、第5戦が読売テレビ(ytv)日本テレビ系列)、第6戦がテレビ朝日系列、第7戦がテレビ東京系列にて放送される予定だった。

ラジオ中継[編集]

  • 第1戦:10月22日
  • 第2戦:10月23日
  • 第3戦:10月25日
  • 第4戦:10月26日

脚注[編集]

  1. ^ この時代は、レギュラー・シーズンの2位又は3位のチームが第2ステージを勝ちあがって(1位チームを負かして)日本シリーズに進んだ場合、そのチームがリーグ優勝という制度だった。
  2. ^ サンケイスポーツ2005年10月27日付、スポーツニッポン2005年10月27日付
  3. ^ 尚、同年のワールドシリーズも外国人監督による初のシリーズ制覇であり、日米同時に初の外国人監督によるシリーズ制覇が達成されたことになる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]