早坂圭介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
早坂 圭介
千葉ロッテマリーンズ #68
2011marines hayasaka.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横須賀市
生年月日 1984年6月19日(30歳)
身長
体重
176 cm
63 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 遊撃手二塁手外野手
プロ入り 2002年 ドラフト8巡目
初出場 2003年7月11日
年俸 1,270万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

早坂 圭介(はやさか けいすけ、1984年6月19日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手内野手外野手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1984年神奈川県横須賀市で生まれる。2002年に横浜商工高校(現・横浜創学館高校)からドラフト8巡目で千葉ロッテマリーンズに指名されて入団。

プロ入り後[編集]

2003年は新人ながら14試合に出場して2盗塁を記録。二軍で22盗塁を記録して、イースタン・リーグの盗塁王を獲得する。2004年も二軍で 30盗塁(イースタン・リーグ2位)を挙げるなど、足のスペシャリストとして存在感を見せる。2005年も34盗塁を記録し、代田建紀との争いを制して盗塁王となる。同年のプレーオフ第5戦(対福岡ソフトバンクホークス戦)で、途中交代した堀幸一の代打で初出場し、杉内俊哉から内野安打を放った。[1]更に川﨑宗則の打球を好捕し、31年ぶりのリーグ優勝に貢献した。アジアシリーズ(対チャイナスターズ戦)でも安打を放ち、盗塁も成功させるなど、数少ない一軍出場ながら結果を残した。

2006年も二軍で打率.314・24盗塁(リーグ3位)を記録したほか、2007年も二軍で22盗塁を決めて3度目の盗塁王に輝き、打率.332を記録した。しかし、一軍にはホセ・オーティズが二塁手として定着していたため、一軍出場機会はほとんどなかった。6月19日の対読売ジャイアンツ戦で、豊田清から犠打が安打になったことでプロ初安打を記録。

2012年7月8日 QVCマリンフィールドにて

2008年は一転して目立った活躍ができなかったが、2009年から外野守備に取り組み、オープン戦でも好調を維持して初の開幕一軍入りを果たした。当初は代走と外野の守備固めが中心だったが、6月から西岡剛に代わって一番・遊撃手として出場し、8月以降は早川大輔に代わって中堅のレギュラー格となった。8月2日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で初のサヨナラ打を含む3安打を放った。この年は自己最多の守備機会を得て、外野45試合・遊撃27試合・二塁11試合の合計83試合に出場し、チーム2位の12盗塁を記録した。

2010年はオープン戦から荻野貴司が台頭したため、開幕スタメンから外れた[2]。その荻野が離脱したことで2番で起用されるが、5月30日の対横浜ベイスターズ戦において、盗塁を試みた際に左膝前十字靱帯・内側側副靱帯を損傷する大怪我を負い、残りのシーズンを棒に降ってしまった。翌2011年は怪我から復帰し、7月20日オリックス・バファローズ戦では決勝タイムリーを放つものの、空席だった遊撃のレギュラーをつかみ取るまでには至らなかった。

2012年は二塁の守備固めや代走要員としての出番が増え2009年に次ぐ68試合に出場したが、守備固めでの出場が主だったためシーズンを通してヒットを1本も打てなかった。さらに一年を通して一軍に帯同したため二軍でもヒットが1本もない珍しい記録となった。

2013年は、21試合の出場にとどまった。

人物・エピソード[編集]

  • 2008年12月、西麻布でタクシーを無賃乗車した男を、西岡と共に自慢の俊足で捕まえた。
  • 応援歌は2009年までは恋はみずいろ、2010年からはGo!Ska!Go!である。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2003 ロッテ 14 4 4 5 0 0 0 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
2006 6 9 8 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 3 0 .000 .111 .000 .111
2007 6 7 7 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .143 .143 .143 .286
2008 17 25 24 2 2 0 0 0 2 0 0 0 1 0 0 0 0 9 0 .083 .083 .083 .167
2009 103 249 219 38 49 10 4 1 70 17 12 7 12 1 16 0 1 44 2 .224 .278 .320 .598
2010 16 29 24 5 6 0 0 0 6 3 3 1 3 0 1 0 1 3 1 .250 .308 .250 .558
2011 22 65 58 7 13 0 1 0 15 3 3 0 4 0 3 0 0 15 2 .224 .262 .259 .521
2012 68 13 11 12 0 0 0 0 0 0 2 1 1 0 1 1 0 5 0 .000 .083 .000 .083
2013 21 25 22 4 3 1 0 1 7 1 2 2 2 0 1 0 0 4 0 .136 .174 .318 .492
通算:9年 273 426 377 73 74 11 5 2 101 24 25 12 23 1 22 1 3 96 5 .196 .246 .268 .513
  • 2013年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 68 (2003年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ レギュラーシーズン中ではないため、記録上「プロ初安打」とはならない。
  2. ^ 新指揮官の抜擢に応える、荻野貴司の度胸と自覚。~新生ロッテの俊足2番~

関連項目[編集]