1957年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗1957年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
西鉄ライオンズ() 4(1)
読売ジャイアンツ() 0(1)
ゲームデータ
試合日程 1957年10月26日-11月1日
最高殊勲選手 大下弘
敢闘選手 宮本敏雄
チームデータ
西鉄ライオンズ ()
監督 三原脩
シーズン成績 83勝44敗5分
(シーズン1位) 
読売ジャイアンツ()
監督 水原茂
シーズン成績 74勝53敗3分
(シーズン1位)
日本シリーズ
 < 1956 1958 > 

1957年の日本シリーズ(1957ねんのにっぽんシリーズ、1957ねんのにほんシリーズ)は、1957年10月26日から11月1日まで行われた日本プロ野球日本選手権シリーズである。3年連続セ・リーグを制した水原茂監督率いる読売ジャイアンツと2年連続パ・リーグを制した三原脩監督率いる西鉄ライオンズとの2年連続の対決となり、10月に後楽園球場平和台球場で行われた。

試合結果[編集]

第1戦[編集]

10月26日 平和台球場 入場者数:23992人

巨人 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2
西鉄 0 0 0 1 0 1 1 0 X 3
(巨) 義原、藤田、●大友(1敗)、木戸、別所 - 藤尾、森
(西) ○稲尾(1勝) - 和田
本塁打
(西) 豊田1号ソロ(6回義原)

[審判]パ二出川(球)セ筒井、パ横沢三、セ円城寺(塁)パ角谷、セ小柴(外)

巨人は1回、1死から内藤博文がヒットで出塁。続く与那嶺要は倒れたが、打者川上哲治の場面で内藤が盗塁成功。2死2塁となったところで川上が右翼線を破るタイムリー二塁打を放ち、巨人が先制。巨人先発の義原武敏は3回まで無走者の投球だったが、4回1死から中西太大下弘関口清治のクリーンアップ3連打で同点とした。6回、豊田泰光がレフトスタンドに突き刺さる勝ち越し本塁打。7回、途中出場の藤本伸のタイムリーで一度は同点となったが、その裏から登板した大友工から河野昭修がレフトフェンス直撃の二塁打。巨人はすぐさま木戸美摸に交代したが、代打・花井悠の右飛で河野が三進、続く和田博実がきっちり犠牲フライを上げ、再び西鉄が勝ち越した。稲尾和久は8回、9回にも安打を許す苦しいピッチングだったが、粘り切って完投勝利。

第2戦[編集]

10月27日 平和台球場 入場者数:24373人

巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
西鉄 0 0 0 0 0 0 0 0 2x 2
(巨) ●堀内(1敗)、藤田 - 藤尾、森
(西) ○河村(1勝)- 和田
本塁打
(巨) 宮本1号ソロ(9回河村)

[審判]セ(球)パ横沢三、セ筒井、パ角谷(塁)セ小柴、パ浜崎(外)

西鉄・河村英文、巨人・堀内庄が息詰まる投手戦を展開。9回、ついに宮本敏雄が河村を捉え、均衡を破るソロ本塁打。土壇場でリードを奪った巨人は9回裏エース藤田元司をリリーフに送ったが、その藤田が誤算。高倉照幸の代打・玉造陽二が絶妙のバントヒットで出塁すると、続く豊田の送りバントを藤田が二塁に悪送球し、無死2、3塁。3番中西は三振に仕留めたが、大下がセンターに犠牲フライを上げ、同点となった。5番関口敬遠のあと、6番河野はカウント2-2から高目ボール気味の球を大根切り。打球はライトにぽとりと落ち、豊田が万歳しながらホームイン。西鉄がサヨナラ勝ちで2連勝(西鉄としては後身の太平洋クラブ、クラウンライター、西武を含めてこれが日本シリーズで初めてのサヨナラ勝ち。シリーズの歴史でも1953年の第1戦以来4度目となった)。

第3戦[編集]

10月30日 後楽園球場 入場者数:30484人

西鉄 0 0 0 0 0 2 2 1 0 5
巨人 2 0 0 0 0 0 0 2 0 4
(西) ○稲尾(2勝)- 和田
(巨) ●義原(1敗)、堀内、藤田 - 藤尾
本塁打
(西) 大下1号2ラン(6回義原)、関口1号ソロ(8回藤田)
(巨) 与那嶺1号ソロ(1回1点稲尾)、宮本2号2ラン(8回稲尾)

[審判]パ二出川(球)セ円城寺、パ角谷、セ小柴(塁)パ浜崎、セ筒井(外)

後楽園球場に舞台を移しての第3戦、巨人は1回与那嶺が先頭打者本塁打で先制。さらに中西のエラーで追加点。巨人先発の義原は5回までわずか1安打の好投だったが、6回1死から中西がヒットで出塁、続く大下が外角スライダーを鮮やかにレフトに運ぶ技ありの同点2ランを放った。7回表、先頭の和田が内野安打で出塁。巨人はここで堀内にスイッチするが、1死後代打・花井に四球。2死を取ったものの豊田にセンターを破る三塁打を浴び、勝ち越し点を許してしまった。8回、関口がとどめの本塁打。その裏宮本の2ランで巨人も追い上げたが、第1戦に続いて稲尾が1点差でしのぎ切った。

第4戦[編集]

10月31日 後楽園球場 入場者数:27649人(延長10回)

西鉄 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(西) 河村、島原、- 日比野、和田
(巨) 木戸、堀内 - 藤尾、森

[審判]セ島(球)パ横沢三、セ小柴、パ二出川(塁)セ円城寺、パ角谷(外)

巨人、西鉄とも中盤での継投がうまく機能し、ともに無得点で延長10回引き分けに終わった。巨人は5回、2死満塁と攻めたが、川上が一塁ごろに倒れチャンスを生かせず。西鉄は9回、1死1、3塁のチャンスを迎えたが、関口がスクイズに失敗し、三塁走者の豊田が憤死。さらに関口が出塁して2死1、2塁としたが、続く河野がセカンドフライに倒れ、勝ち越し点を奪えなかった。

第5戦[編集]

11月1日 後楽園球場 入場者数:30519人

西鉄 1 0 0 0 1 4 0 0 0 6
巨人 0 0 1 0 2 0 0 2 0 5
(西) 若生、西原、河村、○島原(1勝) - 和田
(巨) 別所、藤田、●木戸(1敗)、義原 - 森、藤尾
本塁打
(西) 和田1号ソロ(5回藤田) 和田2号3ラン(6回義原)
(巨) 十時1号ソロ(3回若生)、川上哲1号ソロ(8回河村)

[審判]パ浜崎(球)セ筒井、パ横沢三、セ円城寺(塁)パ角谷、セ小柴(外)

1回西鉄が関口のタイムリーで先取点。巨人は3回、代打・十時啓視の本塁打で同点。5回には和田が勝ち越し本塁打を放つが、その裏巨人は十時のタイムリーと与那嶺の一塁ゴロで2点を挙げ逆転。しかし6回、大下、関口、河野の3連打で満塁のチャンス。ここで代打中谷準志のショートゴロの間に大下が生還し、同点。続く和田の打球は右翼フェンスを直撃、巨人守備陣がもたつく間に関口、河野に続いて和田までホームイン。日本シリーズ史上初のランニングホームランによって決定的な3点差がついた。巨人は川上の本塁打、広岡達朗のタイムリー二塁打で追い上げたが、ここでリリーフした島原幸雄がピンチを切り抜け、9回も三者凡退に退けてゲームセット。西鉄の2年連続日本一は引き分けを挟む4連勝で決まった。

表彰選手[編集]

  • 最優秀選手賞 大下弘(西)
  • 首位打者賞 大下弘(西)
  • 最優秀投手賞 稲尾和久(西)
  • 技能賞 和田博実(西)
  • 優秀選手賞 豊田泰光(西)
  • 敢闘賞 宮本敏雄(巨)

4連勝[編集]

シリーズ4連勝は過去1959年南海ホークス1960年大洋ホエールズ1990年西武ライオンズ2002年読売ジャイアンツ2005年千葉ロッテマリーンズがあるが、引き分けを挟んでの4勝無敗優勝が1957年の西鉄ライオンズと1975年阪急ブレーブスであるので、このシリーズが初めての引き分けを挟んで4勝無敗優勝になる。

テレビ・ラジオ中継[編集]

(第6~7戦の放送予定については書きかけです。)

テレビ中継[編集]

  • NHKテレビ 実況:岡田実 解説:小西得郎
  • 日本テレビ大阪テレビ中部日本放送 解説:浜崎真二 ゲスト:山田穣(当時の九州大学総長)
  • NHKテレビ 実況:志村正順 解説:小西得郎
  • 日本テレビ大阪テレビ中部日本放送 解説:中澤不二雄
  • NHKテレビ 実況:岡田実 解説:石本秀一
  • 日本テレビ大阪テレビ中部日本放送 解説:中澤不二雄 ゲスト解説:南村侑広巨人を退団し引退

1957年当時、福岡に民放テレビ局は開局していなかった。また、当時は東京以外には民放テレビ局が1つずつしかなかったため、現在のネットワーク系列とは異なる放送局(事実上、NTVとラジオ東京=KRT。現・TBSテレビとのクロスネット)で中継されていた。

ラジオ中継[編集]

  • NHKラジオ第2 実況:志村正順 解説:石本秀一
  • 九州朝日放送ほか 実況:長谷川弘志 ゲスト解説:山本一人
  • 日本短波放送(録音)
  • NHKラジオ第2 実況:志村正順 解説:小西得郎
  • 朝日放送ほか 実況:中村鋭一 解説:宇野光雄
  • 日本短波放送(録音) 実況:宮和夫 解説:飯島滋弥

外部リンク[編集]

関連項目[編集]