2006年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗2006年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
北海道日本ハムファイターズ() 4
中日ドラゴンズ () 1
ゲームデータ
試合日程 2006年10月21日-10月26日
最高殊勲選手 稲葉篤紀
敢闘選手 川上憲伸
チームデータ
北海道日本ハムファイターズ ()
監督 トレイ・ヒルマン
シーズン成績 82勝54敗
(シーズン1位/PO優勝)
中日ドラゴンズ ()
監督 落合博満
シーズン成績 87勝54敗5分
(シーズン1位)
日本シリーズ
 < 2005 2007 > 

2006年のプロ野球日本選手権シリーズは、2006年10月21日から開催された第57回プロ野球日本選手権シリーズである。

概要[編集]

この年の日本シリーズはセントラル・リーグ優勝の中日ドラゴンズと、パシフィック・リーグ優勝の北海道日本ハムファイターズの対決となった。中日・日本ハムの対戦は史上初。北海道で日本シリーズが開催されるのも史上初。

ナゴヤドーム(中日本拠地)で第1・2・6・7戦、札幌ドーム(日本ハム本拠地)で第3・4・5戦をそれぞれ開催し、勝利チームには11月東京ドームで開催されるアジアシリーズへの出場権が与えられた。

なお、セ・パ両リーグは2007年度シーズンよりクライマックスシリーズ制度を導入したため、ペナントレースの制覇により日本シリーズ出場権を与えられたチームは、2006年度の中日が最後となった[1]

札幌ドームにおいてはホームチーム(日本ハム)が3塁側ベンチを使用している事情から、このシリーズでは全試合とも中日が1塁側、日本ハムが3塁側のベンチを使用した。

試合日程[編集]

  • 第1戦:10月21日・ナゴヤドーム
  • 第2戦:10月22日・ナゴヤドーム
  • 第3戦:10月24日・札幌ドーム
  • 第4戦:10月25日・札幌ドーム
  • 第5戦:10月26日・札幌ドーム
試合開始は全試合18時10分 (JST)。

試合経過等[編集]

第1戦[編集]

10月21日 ○中日4-2日本ハム●(ナゴヤドーム)

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
日本ハム 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2 5 1
中日 0 2 1 0 0 0 0 1 x 4 6 0
  1. 日 : ●ダルビッシュ武田久岡島 - 鶴岡
  2. 中 : ○川上、(S)岩瀬 - 谷繁
  3. : 川上(1勝)  : ダルビッシュ(1敗)  S: 岩瀬 (1S)  
  4. * 有料入場者 38,009人
日本ハム
打順 守備 選手
1 森本
2 田中賢
3 小笠原
4 セギノール
5 稲葉
6 SHINJO
7 鶴岡
マシーアス
8 金子
9 ダルビッシュ
坪井
武田久
岡島
田中幸
中日
打順 守備 選手
1 (二) 荒木
2 (遊) 井端
3 (右) 福留
4 (一) T・ウッズ
走中 英智
5 (三) 森野
6 (中) アレックス
奈良原
渡邉
7 (左) 井上
8 (捕) 谷繁
9 (投) 川上
立浪
岩瀬


第2戦[編集]

10月22日 ●中日2-5日本ハム○(ナゴヤドーム)

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
日本ハム 1 0 0 0 0 0 2 2 0 5 9 0
中日 1 0 0 1 0 0 0 0 0 2 6 1
  1. 日 : ○八木、武田久、(S)MICHEAL - 鶴岡、中嶋
  2. 中 : ●山本昌平井岡本鈴木久本 - 谷繁
  3. : 八木(1勝)  : 山本昌(1敗)  S: MICHEAL(1S)  
  4. :  日 – セギノール1号(岡本)  中 – 井端1号(八木)、福留1号(八木)
  5. * 有料入場者 38,095人
    • 審判 球審=川口(パ) 塁審=真鍋(セ)、佐藤(パ)、笠原(セ) 外審=中村稔(パ)、渡田(セ)
日本ハム
打順 守備 選手
1 (左) 森本
2 (二) 田中賢
3 (三)一 小笠原
4 (一) セギノール
飯山
5 (右) 稲葉
6 (中) SHINJO
7 (捕) 鶴岡
中嶋
8 (遊) 金子
9 (投) 八木
高橋
武田久
小田
マシーアス
MICHEAL
中日
打順 守備 選手
1 (二) 荒木
2 (遊) 井端
3 (右) 福留
4 (一) T・ウッズ
5 (三) 森野
6 (中) アレックス
7 (左) 井上
8 (捕) 谷繁
9 (投) 山本昌
平井
立浪
奈良原
岡本
鈴木
久本


第3戦[編集]

10月24日 ○日本ハム6-1中日●(札幌ドーム)

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
中日 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 9 0
日本ハム 3 0 0 0 0 0 0 3 x 6 7 0
  1. 中 : ●朝倉小林中里 - 谷繁
  2. 日 : ○武田勝、武田久、岡島、MICHEAL - 高橋、中嶋
  3. : 武田勝(1勝)  : 朝倉(1敗)  
  4. :  日 – 稲葉1号(中里)
  5. *有料入場者 41,798人
    • 審判 球審=渡田(セ) 塁審=中村稔(パ)、真鍋(セ)、佐藤(パ) 外審=友寄(セ)、東(パ)
中日
打順 守備 選手
1 (二) 荒木
2 (遊) 井端
3 (右) 福留
4 (一) T.ウッズ
5 (三) 森野
6 (中) アレックス
7 立浪
8 (捕) 谷繁
9 (左) 井上
日本ハム
打順 守備 選手
1 (左)中 森本
2 (二) 田中賢
3 (一) 小笠原
4 (指) セギノール
5 (右) 稲葉
6 (中) SHINJO
紺田
7 (三) 稲田
小田
走三 飯山
8 (捕) 高橋
中嶋
9 (遊) 金子


第4戦[編集]

10月25日 ○日本ハム3-0中日●(札幌ドーム)

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
中日 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 0
日本ハム 0 0 1 0 2 0 0 0 x 3 8 0
  1. 中 : ●中田石井、鈴木、久本、吉見 - 谷繁
  2. 日 : ○金村トーマス建山、岡島、(S)MICHEAL - 高橋、中嶋、鶴岡
  3. : 金村(1勝)  : 中田(1敗)  S: MICHEAL(2S)  
  4. * 有料入場者 41,835人
    • 審判 球審=東(パ) 塁審=友寄(セ)、中村稔(パ)、真鍋(セ) 外審=川口(パ)、笠原(セ)
中日
打順 守備 選手
1 (二) 荒木
2 (遊) 井端
3 (右) 福留
4 (一) T.ウッズ
5 (指) 立浪
6 (三) 森野
7 (中) アレックス
打中 上田
打中左 英智
8 (捕) 谷繁
9 (左) 井上
藤井
日本ハム
打順 守備 選手
1 (左)中 森本
2 (二) 田中賢
3 (一) 小笠原
4 (指) セギノール
5 (右) 稲葉
6 (中) SHINJO
鶴岡
7 (三) 稲田
マシーアス
走三 飯山
8 (捕) 高橋
中嶋
走左 紺田
9 (遊) 金子


第5戦[編集]

10月26日 ○日本ハム4-1中日●(札幌ドーム)

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
中日 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 8 0
日本ハム 0 0 0 0 1 2 0 1 x 4 8 0
  1. 中 : ●川上、平井、久本、中里 - 谷繁
  2. 日 : ○ダルビッシュ、岡島、(S)MICHEAL - 高橋、中嶋
  3. : ダルビッシュ(1勝1敗)  : 川上(1勝1敗)  S: MICHEAL(3S)  
  4. :  日 – =セギノール2号(川上)、稲葉2号(久本)
  5. * 有料入場者 42,030人
    • 審判 球審=笠原(セ) 塁審=川口(パ)、友寄(セ)、中村稔(パ) 外審=渡田(セ)、佐藤(パ)
中日
打順 守備 選手
1 (二) 荒木
2 (遊) 井端
3 (右) 福留
4 (一) T.ウッズ
5 (指) 立浪
6 (三) 森野
7 (左) 井上
川相
上田
8 (捕) 谷繁
9 (中) 英智
アレックス
日本ハム
打順 守備 選手
1 (左) 森本
2 (二) 田中賢
3 (一) 小笠原
4 (指) セギノール
5 (右) 稲葉
6 (中) SHINJO
7 (三) 稲田
走三 飯山
8 (捕) 高橋
中嶋
9 (遊) 金子


表彰選手[編集]

  • 最高殊勲選手賞:稲葉篤紀(日本ハム) ※2HRを含むシリーズ最多の7打点
  • 敢闘賞:川上憲伸(中日) ※第1戦で中日唯一の勝ち星をあげる
  • 優秀選手賞:森本稀哲(日本ハム) ※シリーズ首位打者(.368)
  • 優秀選手賞:フェルナンド・セギノール(日本ハム) ※第2戦と第5戦の決勝HR
  • 優秀選手賞:ダルビッシュ有(日本ハム) ※2試合に先発し、第5戦の勝利投手となる

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

中継が50分も伸びたため、21:00の『日立 世界ふしぎ発見!』は21:50開始、22:00の『ブロードキャスター』は22:50開始で番組の終盤に至っては日付が翌10月22日にまたいで生放送され、23:30の『チューボーですよ!』に至っては、日付が翌10月22日に変わった24:20開始となった。
中継が1時間20分も伸びたため、21:00の『発掘!あるある大事典II』は22:20開始、22:00の『週刊人物ライブ スタ☆メン』は23:20開始で番組の途中で日付が翌10月23日にまたいで生放送され、23:15の『堂本兄弟』に至っては、日付が翌10月23日に変わった24;35開始となった。
  • 第5戦:10月26日
    • 北海道テレビ放送 ≪テレビ朝日系列 制作・テレビ朝日≫
    実況:清水俊輔(EX) 解説:東尾修、栗山英樹 グラウンド解説:大塚光二
    ゲスト解説:小宮山悟、上原浩治巨人) リポーター:谷口直樹、佐藤裕二
    18:04-21:54(『だめんず・うぉ〜か〜』を休止し、CM無しで『報道ステーション』に接続)、札幌地区の平均視聴率は52.5%、瞬間最高視聴率は73.5%(21:40頃) 関東地区の平均視聴率は25.5%、瞬間最高視聴率は43.5%(21:34頃) 名古屋地区の平均視聴率は31.4%、関西地区の平均視聴率は26.5%
    ※BS朝日では、第3戦と同様、23:00-23:55まで『速報!!日本シリーズ』を放送

※第6戦以降は、第6戦が東海テレビ・フジテレビ系列とBSフジ、第7戦がCBC・TBS系列の予定だった。 ※NHK衛星第1テレビ(BS1)とNHK衛星ハイビジョン(BShi)の同時放送は今大会の第4戦が最後となった。

ラジオ中継[編集]

  • 第1戦:10月21日
  • 第2戦:10月22日
ゲスト解説:山崎武司楽天) リポーター:北山靖(東海ラジオ)、永井公彦(STV)
  • 第3戦:10月24日
  • 第4戦:10月25日
  • NHKラジオ第1 実況:道谷眞平 解説:鈴木啓示
  • HBCラジオ(独自) 実況:川畑恒一 解説:岩本勉 リポーター:山田泰子
  • HBCラジオ(JRN裏送り) 実況:山内要一 解説:金石昭人
  • STVラジオ・文化放送(NRN) 実況:永井公彦 解説:広瀬哲朗 ゲスト解説:関川浩一(楽天)
  • TBSラジオ(独自) 実況:松下賢次 解説:盛田幸妃 ゲスト解説:三浦大輔(横浜)
  • ニッポン放送(独自) 実況:宮田統樹 解説:大矢明彦(次期横浜監督)
  • ラジオ日本 実況:細淵武揚 解説:水野雄仁
  • CBCラジオ(独自) 実況:角上清司 解説:彦野利勝
  • 東海ラジオ(独自) 実況:大澤広樹 解説:古葉竹識
  • 第5戦:10月26日

脚注[編集]

  1. ^ 日本ハムもシーズン1位ではあるが、パリーグはプレーオフを先行導入していたうえに、初期の制度ではレギュラー・シーズンの成績にかかわらずセカンドステージ突破チームがペナントレース制覇チームとなっていたため、中日とは意味合いが異なる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]