藤井淳志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藤井 淳志
中日ドラゴンズ #4
CD-Atsushi-Fujii20130306.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県豊橋市
生年月日 1981年5月20日(33歳)
身長
体重
182 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 外野手
プロ入り 2005年 大学生・社会人ドラフト3巡目
初出場 2006年3月31日
年俸 2,300万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

藤井 淳志(ふじい あつし、1981年5月20日 - )は、愛知県豊橋市出身の中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手外野手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

地元で公立の豊橋東高校に進学。一年秋から遊撃手兼投手でレギュラーで活躍。地元の強豪私学高校が沢山ある厳しい中で二年の秋に県16強の成績を残した、三年生の時は4番打者として活躍した。 筑波大へ入学後は、2003年首都大学連盟春季一部リーグで打率0.340試合数15試合出場50打数17安打6打点と個人打撃成績7位の成績を残す。大学三年生の冬にスイッチヒッターに転向。社会人NTT西日本では、プロでも同僚となる齊藤信介脇谷亮太とプレーしていた。入社後徹底的にウエートトレーニングで鍛え体脂肪を6%~7%の肉体に鍛え上げ、守備、走塁に加え打撃でも成長。野球w杯で社会人で編成された日本代表に選出。チェコ戦では本塁打を放つなど攻守にわたり活躍した。2005年社会人日本選手権に出場し決勝までフル出場しチームの準優勝に貢献した。 2005年の大学生・社会人ドラフト会議で、中日ドラゴンズから3位指名を受けて入団する。

プロ入り後[編集]

2006年上田佳範井上一樹英智らと外野のポジションを争い、オープン戦の活躍により2番・中堅手として開幕スタメンを果たした(チームとして福留以来七年ぶりの新人の開幕スタメン)開幕2戦目でプロ初安打を記録し守備では山崎浩司の左中間に抜けそうな当たりをダイビングキャッチするというファインプレーをみせた。しかし、打力不足の印象は否めず、5試合目からはスタメンを外れ、以後は主に守備固め代走として出場した。日本シリーズでは第四戦の8回裏中堅の守備固めで日本シリーズ初出場。

2007年右打席に専念、春季キャンプにおいて、ほぼ毎日3時間かけて1562スイングと荒行を成し遂げるも、落合博満監督は「これから毎日だよ。足りなけりゃ4時間でも5時間でもいい。長くなってくるよ。限界?限界なんてあるか」と発言[1]。藤井の目標は「総合アップさせたい。1日1600スイングで鍛える」[2]であった。前年よりもスタメンの機会も増えて、プロ初打点を記録した。初本塁打は広いナゴヤドームで右打席で逆方向にホームランを放ち解説者にパンチ力が有ると評価された、守備固めや代走での出場も含め前年より出場機会が増えた。 また燃えよドラゴンズ日本一記念版では、(藤井が守るフェンスぎわ)と歌われるほど守備力の高さを見せた。日本シリーズでは、第一戦第二戦センターでスタメン出場、第4戦では五回に四球を選び勝ち越し点となる得点でチームに貢献した。

2008年パンチ力のあるホームランを見せたが、4度の二軍落ちを経験するなど出番に恵まれなかった。オフに野手として初めてドミニカ共和国ウィンターリーグ新井良太前田章宏と共に派遣された。リセイ・タイガースに所属して終盤に登録され、3打数1安打の成績であった。ドミニカ留学を機に両打ちを再開した。

2009年5月に2歳年下の女性と結婚。厳しい外野争いを勝ち抜いて、センターのポジションを獲得。シーズンを通してほぼスタメンで出場し活躍。春季キャンプ中の練習試合では左右両打席でヒットを放ち、オープン戦で好成績を残し、好調のまま迎えた公式戦では開幕直後の6試合で4本塁打と前3シーズンにおける自身の通算本塁打数(3本)を更新した。6月30日の対阪神戦では、3点差をひっくり返す、プロ入り初の逆転満塁本塁打を放った[3]4月28日の故郷豊橋での試合でスタメンで凱旋、過去の豊橋での試合では代打登場したが凡退、故郷豊橋では未だ無安打。9月6日、対横浜戦(新潟)で和田一浩と交錯して骨折し戦列離脱。結局、規定打席には8打席届かなかったが2割9分9厘49打点と自己最高の成績を残した。10月17日ヤクルトとのクライマックスシリーズ第1ステージ初戦にスタメン出場し3安打と戦力として復帰した。しかしチームはクライマックスシリーズ第2ステージで敗退。恩師の立浪和義が引退し、立浪がロッカーで選手一人一人に挨拶をしたが、その中で藤井は泣いていたという[4]

2010年は、大島洋平野本圭堂上剛裕らによる厳しいポジション争奪戦になったが夏以降にスタメン定着。8月21日ヤクルト戦(ナゴヤドーム)6番ライト、二打数一安打一四球で決勝のホームを踏み、守備では2補殺と6回畠山の打球を全力で走り好補し守備でも大活躍でお立ち台に。9月8日の阪神戦(スカイマークスタジアム)では五打数五安打を記録した。CSでも打撃でチームの勝利に貢献した。

2011年5月29日オリックス戦(京セラ)二安打一犠打で大活躍しチームを首位に浮上させた、2軍では首位打者を独走していたが死球を受け骨折してしまいファームの首位打者は逃してしまった、中盤に昇格しパンチ力のある打撃でチームの勝利に貢献した。ポストシーズンでは一軍登録され、日本シリーズではセンターなどでスタメン出場した。

2012年は開幕一軍、6月9日楽天戦(ナゴヤドーム)3回表一死、二、三塁、楽天フェルナンデスのフェンスギリギリの深い右飛で、誰もが犠牲フライになると思う厳しい打球を好捕し、さらにセカンドランナーが飛びだしているのを見て、ライトからセカンドに送球し三塁走者がホームに生還する前にセカンドランナーをアウトにして、ダブルプレイを成立させてチームのピンチを強肩と好判断で無失点に抑えチームの勝利に貢献した。6月17日オリックス戦(京セラ)中村一生のセンターに抜けそうな厳しい大飛球を背走しながら好補し打撃でも三打数二安打とチームの勝利に貢献した、7月8日のDeNA戦(ナゴヤドーム)延長10回裏、満塁の場面でライト前に自身初のサヨナラ打を放った。この日のヒーローインタビューで、4月1日に長男が誕生したことを明かした

2013年はオープン戦からホームランを放つなど開幕一軍を果たし、3月31日燃竜デーのDeNA戦(ナゴヤドーム)で7番ライトでスタメン出場、マルチヒットを放ち、5回無死3塁のピンチでは石川雄洋の打球を好捕するなどチーム初勝利に貢献した。4月23日阪神戦(ナゴヤドーム)2回裏、阪神のエース能見篤史から左中間へ特大のホームランを放った。4月25日阪神戦(ナゴヤドーム)9回表1死1、2塁では、代打関本賢太郎の左前打を本塁に好返球して2塁走者を刺し、大ピンチを救ってチームメイトの森野将彦からも守備を絶賛された。翌日の広島戦(マツダスタジアム)5回裏2死2塁、廣瀬純のライト前ヒットを捕球と同時に本塁に好返球し、またも守備で魅せた。4月30日巨人戦(ナゴヤドーム)1回2死2塁のピンチで長野久義の右前打を本塁にストライク返球し補殺するなど、矢のような鋭い送球で何度もチームのピンチを救い、出場機会が少ないながらも5月には補殺数で両リーグトップに立った。5月31日札幌ドームの日ハム戦を初め何度も猛打賞を記録するなど打撃面での活躍も著しい。8月の中旬からは1番センターに定着し、8月の月間打率.378、ホームラン4本と大活躍、9月1日にケガをして戦列離脱した期間を除いてはフル出場を果たした。2013年は、東京ドームで.483、神宮球場で.353、規定打席には不足するも通算打率.303と好成績を残した。

2014 6月15日オリックス戦で逆転の口火を切る安打を放ちチームの逆転勝利に貢献しチームに勢いをつけ、六月22日ロッテ戦でも決勝タイムリーを放ち、勝利に大きく貢献した、7月11日浴衣デーのナゴヤドームの広島戦で決勝打を放つと、お立ち台で「涼しげな浴衣でも浴衣を脱ぎたくなる熱い白熱した試合を魅せるので一層の応援よろしくお願します」と言って観客を沸かせた。7月14日阪神戦で逆転3ランホームランを放つなど前半戦6月22日、7月11日、7月14日と、三度もお立ち台に立つなど大活躍を魅せた。

プレースタイル[編集]

入団時はスイッチヒッター[5]だったが左打席で結果が出なかったために、右打ちに専念。2008年オフから再度スイッチヒッターに転向した。細身の体格ながらパンチ力があり、2009年には二桁本塁打を記録。送りバントや流し打ちなどの小技は得意ではない。積極的なバッティングで初球から打ちにいくため四球での出塁は少ない。スタメンで起用される際には、俊足を活かして1番や2番で起用されたり、ポイントゲッターとして6番や7番で起用されることが多い。塁に出塁すると、相手バッテリーにプレッシャーをかけ何度もけん制球を投げさせるなど積極的な走塁が魅力的である。

50m走5秒8、遠投125m[5]と球界屈指の身体能力を誇る。(一般に肩が強いと言われるが本人は英智同様、むしろ手首が強いためと語っている[6]) 落合前監督からは「藤井は守備だけで一生飯が食っていける」と言われるほど守備力を評価されていた。

人物[編集]

入団時、入場曲を中日スポーツで公募してTHE BLUE HEARTSの『TRAIN-TRAIN』に決めた(後に変更、同曲は巨人・鈴木尚広の入場曲として定着)。その後、2008年まではカウボーイビバップのOP『Tank!』を、2009年は当初はTHE BLUE HEARTSの『キスして欲しい』だったが、通常時は『キスして欲しい』、チャンス時は『Tank!』の併用使用となった。2011年からはチャンス時も含め常にTHE BLUE HEARTSの『キスして欲しい』を入場曲として使用している。

右打席と左打席では違うタイプのバットを使用している。左打席に使用しているバットは、元同僚の新井良太と同じタイプのものである。2009年には好調な藤井にあやかりたいと荒木雅博が藤井のバットを使うことがあり、10月18日のヤクルトとのクライマックスシリーズで荒木が藤井のバットで決勝タイムリーを放ったときに「ナイスバット」と冷やかしたが、「こっちだよ、こっち。」と荒木は自らの腕を指して反論した。なお、荒木はこの決勝打以来、暫くこのバットを使い続けた。

ファンサービスの精神が旺盛で、優勝時のビールかけでは、前面スーツ姿の背中丸出しや、イカのような形をしたフランクフルトのかぶり物で登場、テレビを通じてファンを楽しませた。2011年シーズン開始前の応援テレビ番組では青木宣親、シーズン終了後の豊橋イトーヨーカー堂トークショーではラミレスなど、他球団選手の物真似をして会場を沸かせるなど、物真似で多くのファンを楽しませる愉快なキャラクターを持っている。2012年ファン感謝デーの障害物リレーでは、突然チームメートのブーちゃんこと中田亮二選手を相手に相撲して先輩の貫録で勝利、満員の観客を沸かせた。2013年関西テレビの番組(プロ野球を2013倍楽しくするテレビ)に出演したとき、司会者から「美容師さんですか??」と突っ込まれるほどお洒落でスマートな野球選手である。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2006 中日 40 44 41 10 6 2 0 0 8 0 1 1 2 0 0 0 1 7 0 .146 .167 .195 .362
2007 76 71 64 14 13 3 0 1 19 5 7 2 4 1 2 0 0 19 0 .203 .224 .297 .521
2008 40 39 35 10 6 1 0 2 13 2 2 1 3 0 1 0 0 9 0 .171 .194 .371 .566
2009 114 438 401 50 120 26 1 10 178 49 15 1 11 2 23 5 1 79 4 .299 .337 .444 .781
2010 63 184 166 17 39 6 3 1 54 8 3 1 9 1 7 0 1 38 1 .235 .269 .325 .594
2011 20 58 50 7 12 2 0 0 14 3 1 0 5 0 1 0 2 13 1 .240 .283 .280 .563
2012 54 62 56 5 11 2 0 0 13 3 1 1 1 1 4 0 0 13 1 .196 .246 .232 .478
2013 108 259 238 27 72 10 0 6 100 19 5 2 2 3 14 1 2 53 4 .303 .342 .420 .763
通算:8年 515 1155 1051 140 279 52 4 20 399 89 35 9 37 8 52 6 7 231 11 .265 .302 .380 .682
  • 2013年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]

年度 外野
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2006 25 25 1 0 0 1.000
2007 64 34 2 0 0 1.000
2008 29 19 0 1 0 .950
2009 113 218 3 3 1 .987
2010 54 85 4 1 0 .989
2011 17 29 0 1 0 .967
2012 38 43 1 1 1 .978
2013 92 109 8 3 1 .976
通算 394 562 19 8 3 .986
  • 2013年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 22 (2006年 - 2007年)
  • 4 (2008年 - )

入場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 藤井、3時間で1199スイング 振って振ってつかめ - 中日スポーツ(2007年2月5日)
  2. ^ 中日新聞 2007年2月24日付、東三河版から一部抜粋。
  3. ^ 藤井満塁弾 竜7連勝 - ウェイバックマシン(2009年7月3日アーカイブ分) - 中日新聞(2009年7月1日)
  4. ^ 10月25日のサンドラでの立浪の談話。
  5. ^ a b 2005年 ドラフト入団選手 藤井淳志 - 中日ドラゴンズ 公式サイト
  6. ^ 「野球浪漫2010 〜熱き男の白球ストーリー〜 Vol.27 藤井淳志[中日]」『週刊ベースボール』2010年9月22日、2010年10月4日号より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]