2006年のアジアシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

KONAMI CUP アジアシリーズ 2006(コナミカップ アジアシリーズ2006)は、2006年11月に開催された第2回アジアシリーズ。ヒルマン監督率いる北海道日本ハムファイターズが優勝。最優秀選手(MVP)にはダルビッシュ有が選ばれた。

大会概要[編集]

出場チーム[編集]

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
(注)パスポート更新が期間中に間に合わなかったため参加できず。
  • 中国代表・チャイナスターズ
中国代表は前回と同様、リーグ選抜によるチャイナスターズ。なお、中国シリーズの優勝チームは天津ライオンズ

試合結果[編集]

予選リーグ[編集]

第1日(11月9日)から第3日(11月11日)の3日間で争われた予選リーグは、北海道日本ハムファイターズがGame 4でLa Newベアーズの先発レイボーンに苦しめられながらも終盤で逆転勝ちし、2連勝で決勝進出を決めた。前年と同様、全勝で勝ち抜けた日本代表への挑戦者決定戦となった最終戦のGame 6(韓国代表対チャイニーズタイペイ代表)では、La Newベアーズが僅差で三星ライオンズに勝利した。

順位 名称 北海道日本ハムファイターズ La Newベアーズ 三星ライオンズ チャイナスターズ
1 北海道日本ハムファイターズ 北海道日本ハムファイターズ - ○2-1 ○7-1 ○6-1 3 0 0 15 3
2 La Newベアーズ La Newベアーズ ●1-2 - ○3-2 ○12-2 2 0 1 16 6
3 三星ライオンズ 三星ライオンズ ●1-7 ●2-3 - ○13-1 1 0 2 16 11
4 チャイナスターズ チャイナスターズ ●1-6 ●2-12 ●1-13 - 0 0 3 4 31

※緑枠が決勝進出

Game 1(第1日)[編集]

  • 試合日:11月9日
  • 試合開始:12時05分(日本標準時による現地時間・以下同じ)
  • 試合時間:2時間37分
  • 入場者数:2,127人
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 R H E
La Newベアーズ La Newベアーズ 0 0 1 0 9 0 0 2 12 18 1
チャイナスターズ チャイナスターズ 0 0 0 2 0 0 0 0 2 8 2
  1. (大会規定により8回コールドゲーム)
  2. : 飛鋭(1勝)  : 陳海峰(1敗)  
  3. :  LNB – 陳金鋒1号満塁(5回、卜涛)、2号2ラン(8回、黄権)、陳峰民1号3ラン(5回、卜涛

Game 2(第1日)[編集]

  • 試合日:11月9日
  • 試合開始:18時03分
  • 試合時間:3時間14分
  • 入場者数:15,147人
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
北海道日本ハムファイターズ 北海道日本ハムファイターズ 0 0 0 1 0 4 0 0 2 7 10 1
三星ライオンズ 三星ライオンズ 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 3 0
  1. : 押本健彦(1勝)  : 任洞珪(1敗)  
  2. :  日 – 稲葉篤紀1号ソロ(4回、任洞珪

Game 3(第2日)[編集]

  • 試合日:11月10日
  • 試合開始:12時31分
  • 試合時間:2時間27分
  • 入場者数:2,024人
チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
チャイナスターズ チャイナスターズ 0 0 0 0 0 1 0 1 4 3
三星ライオンズ 三星ライオンズ 0 0 0 2 10 1 X 13 15 1
  1. (大会規定により7回コールドゲーム)
  2. : 田炳浩(1勝)  : 郭有華(1敗)  

Game 4(第2日)[編集]

  • 試合日:11月10日
  • 試合開始:18時36分
  • 試合時間:2時間43分
  • 入場者数:11,038人
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
北海道日本ハムファイターズ 北海道日本ハムファイターズ 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 5 0
La Newベアーズ La Newベアーズ 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 4 0
  1. : 武田勝(1勝)  : 魔鋭(1敗)  S: MICHEAL(1セーブ)  
  2. :  LNB – 曾豪駒1号ソロ(5回、武田勝

Game 5(第3日)[編集]

  • 試合日:11月11日
  • 試合開始:13時05分
  • 試合時間:2時間46分
  • 入場者数:12,337人
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
チャイナスターズ チャイナスターズ 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 9 1
北海道日本ハムファイターズ 北海道日本ハムファイターズ 2 1 2 0 1 0 0 0 X 6 13 0
  1. : 金村曉(1勝)  : 張力(1敗)  
  2. :  チ – 李磊1号ソロ(9回、岡島秀樹)  日 – 高橋信二1号2ラン(3回、張万軍

Game 6(第3日)[編集]

  • 試合日:11月11日
  • 試合開始:19時02分
  • 試合時間:2時間57分
  • 入場者数:6,445人
  • 最優秀選手:林智勝
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
三星ライオンズ 三星ライオンズ 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 6 0
La Newベアーズ La Newベアーズ 0 0 0 2 0 1 0 0 X 3 5 0
  1. : 黄俊中(1勝)  : 林昌勇(1敗)  S: 魔鋭(1敗1セーブ)  
  2. :  三 – 梁埈赫1号2ラン(4回、呉偲佑)  LNB – 林智勝1号ソロ(6回、林昌勇

決勝戦[編集]

  • 試合日:11月12日
  • 試合開始:18時07分
  • 試合時間:2時間33分
  • 入場者数:24,580人
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
La Newベアーズ La Newベアーズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 3
北海道日本ハムファイターズ 北海道日本ハムファイターズ 0 0 0 0 0 0 1 0 X 1 5 0
  1. : ダルビッシュ有(1勝)  : 飛鋭(1勝1敗)  S: MICHEAL(2セーブ)  
  • 戦評
SHINJOが日本シリーズで現役を引退し、セギノールが失効していたパスポートの更新に手間取って入国できないなど、打撃陣の中核を欠いた日本ハムはポストシーズンでエース級のピッチングを見せたダルビッシュ有に日本代表V2を託した。
ダルビッシュ有は序盤に5者連続三振を奪うと、4回1死1・2塁のピンチには連続三振。チャイニーズ・タイペイ初優勝を狙うLa Newも、先発の許文雄が要所を締めるピッチングで得点を許さない。投手戦となった試合を動かしたのはLa Newのミスだった。7回裏にサードのエラーで出塁した木元が犠打とバッテリーミスで3塁へ進むと、鶴岡慎也のライト前へ落ちるタイムリーヒットで日本ハムが1点先制。この1点を武田久MICHEALとつなぐシーズンどおりの投手リレーで守りきった日本ハムがアジア4ヶ国32チームの頂点に立った。日本代表がアジアシリーズで頂点に立つのは去年・2005年の千葉ロッテマリーンズに引き続き2年連続の快挙。また日本ハムは東京ドームでは本拠地移転前を含めて初優勝となった。
最優秀選手(MVP)には、この試合に先発して7回0/3を被安打1、奪三振10、四死球2、無失点に抑えたダルビッシュ有が選ばれた。

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

地上波[編集]

  • 第1日:11月9日
実況:平川健太郎 解説山本浩二中畑清 ゲスト解説:小林雅英千葉ロッテ、前年アジアナンバー1)
リポーター:永井公彦<STV>(日本)、田辺研一郎(韓国)
  • 第2日:11月10日
  • TBS系列 18:55-20:54
実況:椎野茂 解説:田淵幸一牛島和彦横浜監督を退任) ゲスト解説:渡辺久信西武二軍監督) 
ゲスト:ヴィック・チョウ(台湾のタレント、アイドルグループF4のメンバー) 
リポーター:岩本勉<HBC野球解説者>(日本)、戸崎貴広(台湾)
  • 第3日:11月11日
実況:清水俊輔 解説:東尾修栗山英樹大塚光二 ゲスト解説:小宮山悟(千葉ロッテ)
リポーター:林和人<HTB>(日本)、中山貴雄(中国)
  • 決勝戦:11月12日
  • テレビ朝日系列 18:00-20:54、試合終了まで放送
実況:清水俊輔 解説:東尾修、栗山英樹、大塚光二 
ゲスト解説:小宮山悟(千葉ロッテ)、宮本慎也東京ヤクルト
リポーター:谷口直樹<HTB>(日本)、中山貴雄(台湾)

CS放送[編集]

全試合をJ sports Plusにて生中継した。

  • 第1日:11月9日
第1試合 ゲスト:竹清剛治、解説:内藤尚行、実況:加藤暁、リポーター:谷口広明
第2試合 ゲスト:木村公一、解説:斉藤明夫、実況:島村俊治、リポーター:石原敬士
  • 第2日:11月10日
第3試合 ゲスト:木村公一、解説:内藤尚行、実況:節丸裕一、リポーター:加藤暁
第4試合 ゲスト:竹清剛治、解説:大塚光二、実況:谷口広明、リポーター:大前一樹
  • 第3日:11月11日
第5試合 ゲスト:竹清剛治、解説:松沼博久、実況:石原敬士、リポーター:谷口広明
第6試合 ゲスト:木村公一、解説:橋本清、実況:島村俊治、リポーター:大前一樹
  • 最終日:11月12日
決勝戦 ゲスト:木村公一、解説:斉藤明夫、実況:大前一樹、リポーター:加藤暁

ラジオ中継[編集]

  • 決勝戦:11月12日
実況:戸崎貴広 解説:田淵幸一 
リポーター:山内要一<HBC>(日本)、佐藤文康(台湾)
なお、この日は韓国プロ野球ジャーナリスト室井昌也をゲストコメンテーターに迎える予定だったが三星ライオンズ(韓国)が決勝進出を逃したため中止となった。
実況:師岡正雄 解説:土橋正幸 ゲストコメンテーター:AKI猪瀬メジャーリーグアナリスト) 
リポーター:永井公彦<STV>

外部リンク[編集]