呉偲佑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
呉 偲佑
Szu-Yu Wu
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 台湾省屏東県
生年月日 1982年5月24日(32歳)
身長
体重
180 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
初出場 CPBL / 2004年5月4日
NPB / 2008年5月5日
最終出場 CPBL / 2009年9月5日
NPB / 2008年7月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
呉 偲佑
プロフィール
出生: 1982年5月24日(32歳)
出身地: 中華民国の旗 中華民国屏東県
職業: 野球選手
各種表記
繁体字 吳 偲佑
簡体字 吴 偲佑
発音転記: ウー・スヨ
英語名 Szu-Yu Wu
テンプレートを表示

呉 偲佑(ウー・スヨ、1982年5月24日 - )は、台湾省屏東県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

ニックネームは「546」。これは名前の台湾での発音が「546」に近いからである。 最速140km/h台後半のストレートを主体に、スライダーカーブチェンジアップといった変化球を投げる。

La Newベアーズ時代(2004年 - 2006年)[編集]

2004年中華職業棒球大連盟La Newベアーズに入団。

2006年、17勝を挙げて最多勝タイ(同勝数の林恩宇防御率で劣ったためタイトル獲得はならず)。11月のアジアシリーズにも出場した。

日本時代(2007年 - 2008年)[編集]

2006年12月1日、台湾・台北市内のホテルで契約セレモニーが行われ、千葉ロッテマリーンズと2年契約を結んだ。

2007年は左肩の故障もあり、一時帰国するなどして一軍登板はなかった。

2008年5月5日、オリックス戦にNPB初先発し、7回途中1失点で勝利投手の権利を得たまま降板するも、リリーフが逆転を喫し、初勝利はならなかった。二軍では、イースタン・リーグ最多勝にあと1勝と迫る7勝を挙げた。12月2日に自由契約公示された。

La Newベアーズ時代(2009年)[編集]

2009年、古巣のLa Newベアーズと再び契約した[1]

しかし、2009年11月に発覚した台湾球界全体を巻き込む八百長事件で、2試合での八百長の関与を認め、2010年2月La Newを解雇された。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2004 La New 17 11 1 1 1 5 4 1 0 .556 309 73.0 56 4 35 0 3 80 3 1 28 23 2.84 1.21
2005 22 16 3 3 1 7 6 0 0 .538 423 104.1 84 6 35 0 0 76 4 1 46 41 3.54 1.14
2006 25 23 3 1 1 17 3 0 1 .850 578 139.0 129 5 39 0 1 142 1 1 40 35 2.27 1.29
2008 ロッテ 2 2 0 0 0 0 0 0 0 ---- 35 8.0 6 0 5 0 2 5 0 0 2 2 2.25 1.38
2009 La New 14 13 0 0 0 4 5 0 0 .444 298 62.0 94 6 25 0 2 37 2 1 40 37 5.37 1.46
CPBL:4年 78 63 7 5 3 33 18 1 1 .647 1608 378.1 363 21 134 0 6 335 10 4 154 136 3.24 1.18
NPB:1年 2 2 0 0 0 0 0 0 0 ---- 35 8.0 6 0 5 0 2 5 0 0 2 2 2.25 1.38
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 46(2007年 - 2008年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]