武田勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
武田 勝
北海道日本ハムファイターズ #38
NF-Masaru-Takeda20120310.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市西区
生年月日 1978年7月10日(35歳)
身長
体重
176 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 大学生・社会人ドラフト4巡目
初出場 2006年3月26日
年俸 1億7,000万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

武田 勝(たけだ まさる、1978年7月10日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1978年愛知県名古屋市で生まれる。小学4年生から投手一筋で野球を始めると、中学卒業後に地元を離れて関東第一高等学校に進学、1年生で甲子園へ出場した。この頃に両親が離婚するなど不安定な時期もあったが、母に引き取られた際に後押しを受けて活躍し[1]、この活躍がプロのスカウトの目に留まるも2001年立正大学を卒業後はシダックスに入社した。

シダックス入社後に投球フォームを改造し、野間口貴彦とともにエースとして活躍。2003年都市対抗野球ではシダックスを準優勝に導いた。2003年のドラフト会議では読売ジャイアンツが野間口とともに獲得を目指していたが、野村克也から「野間口と武田が同時に抜けるのは(チームとして)困る」と発言して拒否[2]した。野村は武田に対して「(シダックス野球部を)退部してドラフトを受ける手もある」と裏技を教えたが、武田は逆に野村の気遣いを意気に感じてシダックス残留を決めた[1]

2005年に左肘を故障して夏場まで復帰できなかった[1]が、懸命なリハビリが功を奏し、第36回IBAFワールドカップ日本代表にも選出された。2005年のドラフト会議にて、小山桂司とともに北海道日本ハムファイターズに指名され(武田は4巡目、小山は5巡目)、入団。日本ハムとの仮契約はカラオケボックス「渋谷シダックスビレッジクラブ」で行われた。

プロ入り後[編集]

2006年3月26日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(札幌ドーム)で、先発した江尻慎太郎が負傷退場したことを受けて登板。同年より楽天の監督に就任した野村の目の前でプロ初登板初勝利を記録した。同年7月1日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦では、高須洋介の打球を左手に受けて指を骨折して1ヶ月間チームを離れたが、8月に復帰して初セーブも記録。同年は29試合に登板して5勝2敗1セーブ・防御率2.04の好成績を残した。同年10月24日の日本シリーズ第3戦においてシリーズ初登板初先発を果たすと、5回1失点に抑えて勝利投手となった(史上4人目)。

2007年はチーム事情から中継ぎ投手として開幕を迎えたが、5月から先発に再転向した。この年は35試合に登板して9勝を挙げ、リーグ6位となる防御率2.54を記録した他、与四死球率1.39と被安打113は規定投球回以上の投手としては両リーグ1位だった。しかし8月以降は防御率3点台後半と不調に陥り、クライマックスシリーズでは2試合(第2戦・第4戦)に登板して2試合とも敗戦投手となっている。日本シリーズでは第3戦に先発するが、自己最短となる1/3回で降板、後続のブライアン・スウィーニーと共に許した7打数連続安打は日本シリーズ新記録である。

2008年からは先発専任で起用されるが、前年の日本シリーズで打ち込まれた反省から投球フォームを社会人時代のものに修正して臨んだ。開幕4戦目に先発してから3連勝という上々のスタートを切ったが、先発が予定されていた同年4月29日の対千葉ロッテマリーンズ戦(千葉マリン)の試合前練習中にベニー・アグバヤニの打球を左手親指に受けて骨折。同年6月29日のオリックス・バファローズ戦(京セラドーム大阪)で復帰・先発登板し、勝利投手となった。以後は被本塁打が多いなど安定感に欠ける部分が目立ったが、得意の対福岡ソフトバンクホークス戦を中心に先発ローテーションの座を守り抜いた。

2009年2009 ワールド・ベースボール・クラシックの選考メンバーに選出されるが、メンバー入りは果たせなかった。この年もシーズンを通じて先発ローテーションの一角を任され、夏場に勝ち星が伸びなかったが、シーズン最終戦で自身初となる10勝目を挙げた。日本シリーズ(対読売ジャイアンツ戦)ではダルビッシュ有の指の負傷もあって第1戦と第6戦の先発を任され、「左のエース」としての信頼感・存在感を示した。

2010年6月22日の対福岡ソフトバンクホークス戦(福岡Yahoo!Japanドーム)でプロ初完封勝利を挙げた。この年に記録した3完投は全て無四球で、勝利数・防御率奪三振投球回・先発回数はいずれも自己最高、14勝はチーム最多勝利数だった。課題だった被本塁打も中継ぎで起用された2006年を除いて最少の12に抑えるなど、自己最高のシーズンを送った。

2011年も前年の調子を維持したまま好投を続けていたが、4月27日 - 5月23日にかけて先発登板した5試合全てにおいて味方打線が0点に封じられ、不運な5連敗を喫した[3](日本プロ野球タイ記録)が、その後は勝ち星を重ねてオールスターゲームにも選出される。しかし登板した7月22日の第1戦で、5回裏に荒木雅博畠山和洋ウラディミール・バレンティン長野久義に本塁打を浴びるなど、「1イニング4被本塁打」というオールスター記録を更新してしまった。後半戦はウィルス性胃腸炎によって発熱と吐き気に襲われたり[4]、シダックス時代に痛めた左肘の張りによって登録抹消された[5]。この年は11勝12敗でリーグワーストの敗戦数となったが防御率2.46と奮闘し、ダルビッシュ有・ボビー・ケッペルとの先発三本柱を形成した[6]

2012年、この年は自己最多の先発登板数28試合を記録し、投球回数・完投数・完封数・防御率もキャリアハイを記録しチームの3年ぶりのリーグ優勝に貢献する。クライマックスシリーズでは2008年の西武戦以来4年ぶりとなるポストシーズンの勝利を記録するものの、日本シリーズでは2戦1敗(もう1戦もチームは敗戦)を喫した。また、この年の11勝でチーム在籍中の勝利数を68に伸ばし、左腕としてのチーム最多勝記録(これまでの記録は間柴茂有の66勝)を更新した。

2013年は自身初の開幕投手を務めたが、同年3月29日の開幕戦である対埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム)で4回裏の先頭打者炭谷銀仁朗を一ゴロに打ち取った際、左ふくらはぎの張りを訴えて降板。左ふくらはぎの筋挫傷と診断され1ヶ月間の離脱となった。復帰戦となった同年4月28日の対オリックス・バファローズ戦(札幌ドーム)で6回無失点の好投で今季初の勝ち星を復帰戦で飾るが、それ以降は不振が続き前半戦は不振にあえぐ。しかし後半戦は復調するも、開幕戦で痛めた左ふくらはぎの負傷による1ヶ月間の離脱や前半戦の不振もあり2009年から続いていた二桁勝利は4年で途切れた。

プレースタイル[編集]

左腕を上に挙げた時に球を一瞬持ち変えるような仕草を見せる変則的なスリー・クォーターから、平均で129km/h[7]、最速142km/hの速球スライダーチェンジアップシュートを投げる。

この変則投法は2001年のキャンプで臨時コーチを務めた高橋一三が、上手投げでの欠点を指導したうえで改造したものである[1]。その後、2002年に監督へ就任した野村克也は武田の投球を見て「今のままでは使えない。何かひとつ武器を身に付けろ」とアドバイスをし、この時に後の武器となるチェンジアップとシュートを習得した[要出典]。この変則投法により変化球でも投法が変わらない、球持ちが良いという武器が生まれた。

制球が良く与四死球が非常に少ない。通算与四球率は現役の先発投手で最高の1.22を誇り、プロ入り以来5年連続して2.00未満、特に2010年は1.02、2011年は0.98を記録している[8]。2011年以前は被本塁打が多く、2007年から2010年にかけて65本打たれている[9]

好調時・不調時、果ては打球を手首に受けて骨折しても表情がほとんど変わらないポーカーフェイスである。野村や岩本勉から「(武田は)何を考えているのか全く読めない」と評されている。

人物・エピソード[編集]

  • 熱烈な『水曜どうでしょう』ファンとして、番組の関係者とも面識がある。
    • 自身の公式ホームページに「簡易onちゃん」を被った写真を載せているほか、『FFFFF』の企画で「タコ星人」ポンチョを着用して出演したこともある。
    • 藤村忠寿とは2010年オフに『FFFFF』の企画で対談しており、その際に藤村から「サラリーマンに夢を与える存在」などと評されている。
    • 番組のスタイリストである小松江里子から衣装を提供され、「タコ星人」姿で北海道テレビ放送の番組に出演したところ、番組を見た鈴井貴之から「タコ兄弟[10]」と称された。
    • 試合の登場曲にはエンディングテーマである、樋口了一の「1/6の夢旅人2002」を使用している。
    • 2013年9月に開催された「水曜どうでしょう祭り UNITE 2013」への出演を熱望したが、プロ野球のシーズン中で仙台へ遠征していた為に叶わず、鶴の着ぐるみを着て平岸高台公園にて撮影されたビデオレターが会場で披露された。そのビデオレターの中で「(「どうでしょう祭り」は)プロ野球のシーズンオフに開催して欲しい」、「自宅では『どうでしょう』のDVDを流しっ放しにしている」などと発言している。
  • 福岡ソフトバンクホークスの応援歌「いざゆけ若鷹軍団」を愛聴しており、携帯電話の着うたにも設定している。本人曰く「ソフトバンク戦ではこの歌が流れる7回まで頑張って投げよう」という気持ちで投球しているとのことである[要出典]。ちなみに武田の対福岡ソフトバンクホークス戦では2008年 - 2010年まで負けておらず、2011年の初対戦で黒星を喫した。
  • 将来の目標として「自分の背番号(38)と同じ年齢までプレーする」ことを挙げている。
  • 愛猫家であり、当時の同僚だった藤井秀悟(現・横浜DeNAベイスターズ)とともに足を運んだペットショップで購入したネコの写真を、自らのブログに頻繁に掲載している。
  • 2011年3月11日に発生した東日本大震災の被災地へ、日本赤十字社を通じて義援金として100万円を寄付した[11]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2006 日本ハム 29 7 0 0 0 5 2 1 5 .714 326 84.0 68 5 15 1 3 54 1 0 20 19 2.04 0.99
2007 35 18 1 0 1 9 4 0 8 .692 569 149.0 113 18 17 1 6 101 0 0 42 42 2.54 0.87
2008 20 19 1 0 0 8 7 0 0 .533 493 121.2 110 18 19 0 5 68 1 0 44 40 2.96 1.06
2009 24 23 2 0 1 10 9 0 0 .526 592 144.1 150 17 20 3 4 99 0 1 58 57 3.55 1.18
2010 26 26 3 1 3 14 7 0 0 .667 661 168.1 161 12 19 1 1 106 0 0 47 45 2.41 1.07
2011 25 25 3 0 2 11 12 0 0 .478 647 164.2 143 7 18 0 3 87 0 0 51 45 2.46 0.98
2012 28 28 4 2 2 11 7 0 0 .611 709 182.2 159 10 30 1 4 90 0 0 50 48 2.36 1.03
2013 22 22 2 0 0 8 7 0 0 .533 546 129.0 139 11 27 1 4 47 2 0 62 56 3.91 1.32
通算:8年 209 168 16 3 9 76 55 1 13 .580 4543 1143.2 1043 98 165 8 30 652 4 1 374 352 2.77 1.08
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

投手記録
打撃記録
節目の記録
  • 1000投球回数:2012年9月18日、対オリックス・バファローズ23回戦(札幌ドーム)、4回表1死目に野中信吾を見逃し三振に打ち取り達成 ※史上330人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 38 (2006年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「男の野球道 一途な想いと感謝を胸に 武田勝」 『週刊ベースボール』2009年6月1日号、ベースボール・マガジン社、2009年、雑誌20441-6/1、35-39頁。
  2. ^ プロ野球ドラフト会議において、プロ野球球団が社会人チームの投手を2人以上指名する場合は、事前にその投手が所属するチームの許可が必要となる。
  3. ^ a b “登板5試合連続で零敗…武田勝、また援護なし”. スポーツニッポン. (2011年5月23日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/05/23/kiji/K20110523000880080.html 2011年5月23日閲覧。 
  4. ^ 石川洋 (2011年9月15日). “日本ハム・武田勝、久々勝利!3年連続2けた”. SANSUPO.COM 野球. http://www.sanspo.com/baseball/news/110915/bsj1109150505002-n1.htm 2011年11月13日閲覧。 
  5. ^ “左肘の張り訴え 武田勝登録抹消”. 北海道新聞. (2011年10月12日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fighters/324511.html 2011年10月22日閲覧。 
  6. ^ 実松充洋 (2011年10月22日). “最終ステージに照準 斎藤、「戦力の一員」と前向き”. 北海道新聞. http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fighters/326907.html 2011年10月22日閲覧。 
  7. ^ 『2011プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2011年、183頁。ISBN 978-4-930942-98-2
  8. ^ 2009年及び2010年の与四球は規定投球回到達者の中では最少であり、暴投数はプロ通算で2回、2009年から2012年の4シーズンは1つも記録していない。
  9. ^ 2011年は上記のオールスター4本塁打もあったが、統一球の影響もあり、レギュラーシーズンの被本塁打は規定投球回数を達成した選手の中では和田毅と並び、6番目に少ない7本と大きな改善が見られた。ただし、2011年は右打者に対して.212と抑えているものの、左打者には.285と左打者に打たれている傾向がある。
  10. ^ [1]
  11. ^ “日本ハムの武田勝が被災地に100万円寄付”. デイリースポーツ. (2011年3月25日). http://www.daily.co.jp/newsflash/2011/03/25/0003894482.shtml 2011年3月26日閲覧。 
  12. ^ 計8失点でオールスターゲーム最多失点・最多自責点
  13. ^ 史上3人目は第2戦(10月22日)で先発した八木智哉。日本シリーズで同一球団の新人投手が2試合連続で先発したのは史上初で、2人連続で勝利投手となったのも史上初。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]