岩本勉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岩本 勉
Tsutomu Iwamoto.JPG
ファイターズOBとして登場
(2013年9月3日、東京ドーム)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府八尾市
生年月日 1971年5月11日(43歳)
身長
体重
182 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1989年 ドラフト2位
初出場 1991年8月20日
最終出場 2005年9月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岩本 勉(いわもと つとむ、1971年5月11日 - )は、元プロ野球選手投手)、野球解説者タレント大阪府八尾市出身(選手名鑑によっては阪南市との記述もある)。 愛称は「ガンちゃん」。引退後はホリプロ所属。

来歴[編集]

プロ野球選手として[編集]

1989年 阪南大学高等学校からドラフト2位で日本ハムファイターズに入団(契約金5,000万円 年俸480万円)。契約金は両親が私立高等学校に通わせてくれた事に岩本自身が感謝していたため、全く手をつけずにそのままあげたという[1]

入団3年目の1993年には、原因不明のイップスで制球がままならなくなった。そこで、フィールディングの良さを見込んだ当時の投手コーチ・高橋一三の勧めでサイドスローに挑戦。1994年には、イップスや制球難を克服すべく、シーズンを通じてサイドスローを貫いた。さらに、同年のウィンターリーグストッパーとして活躍したことが、翌年以降の1軍定着につながった。尚、1軍定着後、年を重ねる事に腕の位置は上がっていき、最終的にはオーバースローに近いスリークォーターで投げていた。

1995年、一軍定着し規定投球回数をクリア。監督に上田利治が就任した際、関西弁の通訳として年俸が200万円アップした。

1996年、開幕戦が雨で2日流れたこともあり、結果的にではあるが初の開幕投手を務めた。年間でも初の2桁勝利を達成。

1997年、前年のチーム躍進、本人の躍進とは打って変わりチームも本人も不調で、シーズン途中にリリーフに回りまた先発に回るなど苦しいシーズンとなった。

1998年、開幕投手を務める予定だったキップ・グロスが開幕直前にケガで離脱。ここでも結果的にではあるが2年ぶりの開幕投手を任され、見事完封勝利をあげてチームの勢いをつけた(球団史上初の開幕戦完封勝利)。シーズンでも前半戦でリーグ10勝一番乗りを果たしたが、チームの失速と共に本人も勝てず、後半戦は1勝しかできなかった。1998年オールスターゲームに初出場し、2000年まで3年連続でオールスターに選ばれた。

1999年、自他共に認めるエースとして開幕投手を務め、見事2年連続して開幕戦完封勝利を達成した。これは稲尾和久西鉄)以来37年ぶりのパシフィック・リーグ記録である。シーズンでも自己最多の13勝をあげた。

2000年、3年連続開幕投手を努め、西武の19歳松坂大輔と背番号18同士で投げ合い、勝敗が付かなかった。翌年も開幕投手を努めたがこの頃から思うような投球ができず成績も下降してしまった。

1999年から2001年登録名を「岩本ツトム」に変更していた。2000年開催のシドニーオリンピックの日本国代表選手候補になるが、負傷を理由に辞退した。

1イニング3被本塁打を3度経験しているが、2度目となった1998年5月8日の対ロッテ戦ではフリオ・フランコ初芝清に連続被弾、さらに続く佐藤幸彦に至っては打ち取った当たりをセンターの井出竜也が捕球出来ずランニングホームランとされて、3連続被弾となってしまった。

2005年5月21日交流戦・対巨人2回戦(東京ドーム)で、5回表に野間口貴彦から本塁打を放った。(プロ入り初本塁打・初打点)これはパシフィック・リーグが指名打者制を導入した1975年以降、日本人投手として初である。(外国人投手を含めても3本目)しかし、6回裏にタフィ・ローズ小久保裕紀に本塁打を許し、敗戦投手となった。

2005年オフに自由契約となり、ファイターズの2軍投手コーチ就任を要請されたが固辞し、現役続行を目指した。楽天などが興味を示したが入団には至らず、翌2006年1月23日に引退した。本人曰く「ファイターズ以外の球団のユニフォームを着ている姿が想像できなかった」とのこと。2006年3月5日 札幌ドームでの対千葉ロッテマリーンズとのオープン戦で引退登板。真剣勝負という約束で堀幸一1人に対して投球したが安打を打たれて、現役生活にピリオドを打った。

2006年3月12日 東京ドームでの対オリックスとのオープン戦で始球式を行い、打席に立った清原和博を空振りにしとめ、式後にマイクロフォンを持ち「まいど!」と叫んだ。その後も札幌ドームのファイターズ戦での始球式で度々パフォーマンスを披露している。

2006年9月、プロ野球マスターズリーグの札幌アンビシャスに入団、登録名は「ガンちゃん」。ふりがなは「いわもとつとむ」となっている。

1990年代後半期は西崎幸広西武ライオンズへの移籍後、ファイターズのエースと言われ、その当時のシーズンオフの契約更改後の記者会見では、当時の上田利治監督の上半身の原寸大写真を用意し、腹話術で「なー今年はお前良く頑張ったな」「来年もこの“え〜でえ〜で”(上田の口癖)の調子で頑張ってくれよ」という“上田監督同席の仮想契約更改”パフォーマンスが恒例となっていた。お立ち台では「まいど!」と関西弁で挨拶することでも有名であった。ヒーローインタビューの代名詞であった「まいど!」は、グリーンスタジアム神戸のオリックス戦で完封勝利を達成した後のローカル放送向けインタビュー中に、試合前の練習で顔見知りになった地元の男性ファンから声を掛けられたことがきっかけである。このファンに対して「まいどおおきに!」と挨拶したところ、それが全国向け放送のニュースの映像に乗ったことから、「まいど!」がヒーローインタビューでの枕詞となった。

2000年頃から「引退後は吉本興業へ」と周りに薦められていた。当時の大島康徳監督からも「目立つのはいいことだから、どんどんやりなさい」と言われたことがある。この頃からお立ち台ではアントニオ猪木ばりに「1、2、3、まいど!」と挨拶したり(これをやる前にインタビュアーに「マイクを貸してください」といって自らがマイクを持つ場合があった。)、背中に「まいど!」と書かれたTシャツを着るなどのパフォーマンスを始めていた。

2004年以降はチームのムードメーカーの役割を移籍してきた新庄剛志に譲ることも多くなったものの、パフォーマンスは続けていた。岩本と新庄は同学年の関係でもある。

解説者・タレントとして[編集]

2005年引退した後、ホリプロと契約を結び野球解説者として活動している。元チームメイトの後輩金村曉2006年開幕戦で岩本の登場曲を使用するという演出を見せたが、その時解説していた岩本は、感激して声を詰まらせた。なお、解説者としては主にHBC北海道テレビ文化放送GAORAの中継に出演しているが、いずれも専属契約ではない。また、フジテレビONEの『プロ野球ニュース』の解説も担当している。解説の際はオープニング・エンディングで「ガンちゃんこと岩本勉さん」と紹介されることが多く、中継中もアナウンサーに「ガンちゃん」と呼ばれることが多い(特にHBC出演時)。

プロフィールの「好きな女性」欄に「和田アキ子」と書くなど常にウケ狙いで、和田の「古い日記」や「あの鐘を鳴らすのはあなた」、山本リンダの「狙いうち」のものまねを得意としている。2006年12月30日HBCラジオカーナビ紅白歌合戦」で和田アキ子のものまねを披露、さらに2007年放送のTBSテレビ月曜ゴールデン和田アキ子殺人事件」でもオーディション参加者として披露していた。最近は川藤幸三掛布雅之西崎幸広のものまねをラジオで披露する。

財政再建団体になった夕張市を応援しようと、当時の夕張市立緑小学校(現在閉校)の入学式でスピーチ、また少年野球教室を開催、PTAの会合で講演したりと夕張市の青少年育成に一役買っている[2]

人物[編集]

現役時代の実体験からプロ野球解説者として、ピンチで抑えたリリーフ投手を安易に次の回にも投げさせることに関しては否定的な意見を述べることが多い。また、5回終了後はグランド整備で球場内がリフレッシュされるためその直後の6回にゲームが動きやすいとも述べることも多い。

2007年12月25日、札幌グランドホテルで、プロ野球選手OBとしては初めて、単独で「クリスマスディナーショー」を開催し、以後毎年開催している。

テレビ番組で両親が在日コリアン2世であると紹介された(『グレートマザー物語』2006年4月30日)[3]。本人は日本国籍を取得している。姉は実家でキムチ・韓国食品店を経営しており、「ガンちゃんキムチ」(販売元:北日本フード)などを販売している。弟が1人いるが、自身の生まれた翌年の3月生まれであるため、双子ではないのに同学年である。

プロ2年目の1991年と4年目の1993年のオフにウィンターリーグに参加するためニューヨーク・ヤンキースに野球留学しているが、この時の監督が後にファイターズで再会するトレイ・ヒルマンであったため、非常に縁を感じているという。なお、この当時のユニフォームは自らが出演しているHBCテレビの「Eスポーツ」のスタジオに飾られている。

チームメイトだった小笠原道大の愛称ガッツの名付け親でもある[4]

2007年はファイターズがリーグ優勝したが、自著「ガンちゃんの日本一泣けるファイターズの本」の中で「チームの中心が苦労してレギュラーを掴んだ若手、中堅だから2007年もファイターズが優勝の本命」と書いており、まさにその通りになった。

2012年シーズンの開幕前に発売した自著「2012年版 ガンちゃんのファイターズの応援が100倍楽しくなる本」の中で、ファイターズのレギュラーシーズンの順位を3位と予想し、3位以外になれば頭を丸坊主にすることを宣言。結果、この年はリーグ優勝を成し遂げ、岩本の丸坊主が決定。11月19日札幌グランドホテルで公開断髪式を挙行した。

クオリティスタートの概念について疑問を呈しており「勝利の方程式の概念が根付いており、完投、完封機会が少ない日本でクオリティスタートを当てはめるのは疑問に思う。数字だけの定義なのでダラダラとした試合展開、相手の拙攻で無失点等の悪い投球内容でも全てまとめてQS、HQS達成になるので、チームの成績より自身が7回まで投げきることしか考えないピッチャーになりかねない。」と述べている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1991 日本ハム 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 37 9.0 7 1 3 0 0 2 0 0 3 2 2.00 1.11
1994 9 1 0 0 0 0 2 0 -- .000 95 21.0 26 1 6 0 1 10 1 0 14 12 5.14 1.52
1995 29 12 3 0 0 5 7 0 -- .417 536 132.0 106 15 46 2 1 113 4 1 52 45 3.07 1.15
1996 27 27 4 1 0 10 9 0 -- .526 730 176.0 160 15 51 1 6 144 5 0 80 78 3.99 1.24
1997 27 19 2 0 0 7 6 3 -- .538 501 114.0 125 19 47 2 5 75 5 0 60 60 4.74 1.51
1998 27 27 10 2 2 11 8 0 -- .579 780 181.2 186 26 59 2 6 110 4 0 90 83 4.11 1.35
1999 27 27 9 2 0 13 11 0 -- .542 831 189.0 181 14 93 1 6 158 4 1 86 80 3.81 1.45
2000 24 22 6 0 0 6 12 0 -- .333 678 155.1 162 16 77 0 5 98 2 0 92 90 5.21 1.54
2001 22 21 6 0 1 7 12 0 -- .368 625 143.0 150 27 60 2 1 94 6 0 81 78 4.91 1.47
2002 4 4 0 0 0 1 2 0 -- .333 85 17.0 25 4 10 1 0 12 1 1 14 13 6.88 2.06
2003 17 2 0 0 0 0 2 0 -- .000 125 26.2 37 7 8 0 3 17 3 0 20 19 6.41 1.69
2004 11 11 0 0 0 1 6 0 -- .143 263 57.0 67 9 24 0 5 36 0 0 41 39 6.16 1.60
2005 10 2 0 0 0 2 2 0 0 .500 95 22.2 26 7 3 0 1 16 1 0 15 15 5.96 1.28
通算:13年 239 175 40 5 3 63 79 3 0 .444 5381 1244.1 1258 161 487 11 40 885 36 3 648 614 4.44 1.40
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

投手記録
  • 初登板:1991年8月20日、対福岡ダイエーホークス21回戦(山形県野球場)、8回表に3番手で救援登板・完了、2回2失点(自責点1)
  • 初奪三振:1991年9月3日、対福岡ダイエーホークス23回戦(東京ドーム)、7回表に広永益隆から
  • 初先発:1994年9月28日、対千葉ロッテマリーンズ25回戦(東京ドーム)、1回3失点で敗戦投手
  • 初勝利・初完投勝利:1995年7月14日、対西武ライオンズ15回戦(東京ドーム)、9回1失点
  • 初完封勝利:1996年9月11日、対オリックス・ブルーウェーブ21回戦(東京ドーム)
  • 初セーブ:1997年5月31日、対千葉ロッテマリーンズ7回戦(東京ドーム)、8回表に4番手で救援登板・完了、2回2失点
  • 1000投球回数:2001年4月8日、対西武ライオンズ3回戦(東京ドーム)、8回表2死目に中嶋聡を遊撃ゴロ併殺打で達成(実際は3死目) ※史上288人目
打撃記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 20 (1990年 - 1992年)
  • 38 (1993年 - 1995年)
  • 18 (1996年 - 2005年)

登録名[編集]

  • 岩本 勉 (いわもと つとむ、1990年 - 1998年、2002年 - 2005年)
  • 岩本 ツトム (いわもと つとむ、1999年 - 2001年)

関連情報[編集]

現在の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

HBCラジオ
文化放送
MBSラジオ

過去の出演番組[編集]

ネット[編集]

  • まいど!岩本です。(ファイターズオフィシャル携帯サイト・毎週月曜日更新)

著書[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 2006年10月29日放送の『ジャンクSPORTS』より。
  2. ^ 2008年4月7日記事「夕張緑小入学式、岩本勉さんも駆けつけ祝辞」
  3. ^ グレートマザー物語(テレビ朝日)
  4. ^ 「ガンちゃんの日本一泣けるファイターズの本」より。
  5. ^ 2014年9月20日に登場

関連項目[編集]

外部リンク[編集]