中国野球リーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中国野球リーグ
分類 プロ野球
開始年 2002年
参加チーム 7
中華人民共和国の旗 中国
前回優勝チーム 天津ライオンズ
最多優勝チーム 天津ライオンズ(5回目)
公式サイト CBL
テンプレートを表示
中国野球リーグ
各種表記
繁体字 中國棒球聯賽
簡体字 中国棒球联赛
拼音 Zhōngguó Bàngqiú Liánsài
発音: チョングオ バンチュウ リェンサイ
英文 China Baseball League(CBL)
テンプレートを表示

中国野球リーグ(ちゅうごくやきゅうリーグ)は、中国棒球協会の開催する中国プロ野球リーグ。2010年までは7チームによる1リーグ制でリーグ戦が行われていた。2010年は経済的な理由から、リーグ戦はわずか1ヶ月だけ行われた。2012年、2013年からはリーグ戦そのものが中止されたが、2014年に再開された。

沿革[編集]

  • 中国に野球が伝わったのは100年以上前のことで、アメリカや日本への留学生や、アヘン戦争後にやってきた宣教師によって伝えられたと言われている。1959年の第一回全国運動会では、30以上の省・市のチームが優勝を争った。しかしその後文化大革命によって野球文化は衰退、野球チームも解散となった。
  • 1970年代から北京や上海などの都市で再び野球チームが結成され始め、現在では十数の野球チームが存在している。2008年に行われる北京オリンピックに後押しされ、その中でも強豪とされる北京市天津市上海市広東省のチームが新リーグを結成、2002年にCBLとして発足。
  • 2003年、中国野球リーグがMLBと提携。
  • 2005年シーズンから新たにCBL新規加入決定戦に勝ち抜いた中国ホープスターズ(現:江蘇)と四川ドラゴンズの2チームがリーグへ加入。中国ホープスターズは首都体育大学管轄の若手主体のチーム、四川ドラゴンズは1979年に発足した歴史あるチームである。
  • 2006年、2地区制を採用。
  • 2007年1月30日、中国棒球協会がニューヨーク・ヤンキースと協力関係を締結(コーチの派遣など)。ヤンキースは野球アカデミーを設立する。
  • 2009年、河南が加盟。
  • 2009年、2010年2011年はスポンサーをしていた日本企業がすべて撤退したため、リーグ戦の規模を縮小し、1チーム10試合弱の小規模リーグとなっていた。
  • 2012年2013年からはリーグ戦が行われていない。
  • 2014年からリーグ戦が再開された。

構成球団[編集]

西南華北地区
東南華東地区

天津ライオンズは横浜DeNAベイスターズと、江蘇ホープスターズは千葉ロッテマリーンズと、上海ゴールデンイーグルスは阪神タイガースと、広東レオパーズは広島東洋カープと、北京タイガースは読売ジャイアンツ(巨人)とそれぞれ業務提携が結ばれており、人材の派遣やキャンプ等での人材交流が行われている。実際に交流が行われているのは、天津―横浜、江蘇―千葉、北京―巨人、広東―広島(カープアカデミーの選手を広東へ派遣)で、上海―阪神に関しては概念のみの提携となっている。

また、天津ライオンズの呂建剛は、かつて所属していた中日ドラゴンズからの要請で中日と中国球団の交流のためのパイプ役を引き受け、精力的に活動している。

試合形式[編集]

  • 2002年 発足初年度の2002年は総試合数は25試合で期間は1ヵ月。変則的なホーム・アンド・アウェー方式による4チームの総当たり戦を行い、勝ち点上位2チームによって決勝が行われた。
  • 2003年2005年 2003年は大幅な試合数増とオールスター戦を導入。5月のオールスターを挟んだ3月から6月にかけて、72試合のレギュラーシーズンを戦い、上位2チームによるチャンピオンシップによって優勝が決定される方式となった。
  • 2006年2008年  2006年から2地区制になり、レギュラーシーズンは各チームとも同地区のチームと6試合、他地区のチームとは各々3試合、計21試合を行う。そしてプレーオフは、両地区の1、2位チームがたすきがけ方式で3戦先勝の試合を行ない、勝ったチームが3戦先勝の最終シリーズで戦う。
  • リーグ戦の他に全国体育大会(国体)への都市代表としてのプロチーム参加が認められており、香港などを含めた12の都市代表チームによって勝敗を争う。またチームの積極的な海外遠征も行っており、キャンプや交流戦などを主目的としてアメリカ台湾日本などに遠征している。
  • 中国野球ではユニークなことに、野球のルールを知らない観客のために試合中に今のプレーはどういうことなのかという実況が会場内に放送される。またもうひとつの特徴として、多くの日系企業がスポンサーについていることが挙げられる。リーグ全体のスポンサーはCANON中国、サプライヤーはミズノ中国である。2004年の野球アジア選手権で中国代表のスポンサーに日立建機がついていたことが代表的である。
  • 球場への入場料は無料だが観客は少ない(プロ用として一定の水準を満たすような球場自体がないためだが、それでも球場を埋めるほどの観客は集まらない)。だが、2003年のオールスター戦では地元TVの中継によって放送地域で27%もの視聴率を稼ぐなど、徐々に一部の地域では「野球」への認知が浸透している。

アジアシリーズ[編集]

2005年から東アジア各国のプロ野球リーグ戦の優勝チームによるアジアシリーズ・KONAMIカップが行われているが、中国野球リーグについては、第1回(2005年)~第3回(2007年)大会はリーグ優勝チームではなく、ジム・ラフィーバー監督率いる中国野球リーグ選抜が出場した。第4回(2008年)はリーグ優勝チームの天津ライオンズが出場した。(第1回から4回まで会場は日本・東京ドーム

2011年にアジアシリーズは台湾で再開されたものの、中国野球リーグからの参戦は見送りとなった。2012年のアジアシリーズ(韓国開催)には5年ぶりにチャイナスターズとして参戦した。

選手の待遇[編集]

  • CBLは抜き打ちで体力測定を行っており、これに合格しなければ出場資格が与えられない。(3200メートルを14分20秒以内、ベースランニング1周16秒50以内など)不合格者を出したチームは罰金として1万元(10万円強)をCBLに収める必要がある。
  • 選手の給料は月給制で、選手の能力やチームの経済力によってその額は異なるが、大体1000~4000元の間。これは中国の一般の会社員の平均所得並である。

日系企業と中国の野球[編集]

  • 筑紫哲也 NEWS23」(TBS系)によると、中国野球リーグでは前項で触れた日立建機のように著名な日系企業の支援が比較的目立っている。これは2008年の北京オリンピックを目指した地域再開発事業を進めるに当たって、国家的イベントに対する整備が待ったなしの状態にあることから生まれた「中国特需」を利用したこと、そしてそれに関連して企業イメージを全面的に打ち出すには成長著しい中国の野球が絶好のマーケティング媒体だといわれる。リーグ運営の相談を行っているのもDSM(ダイナスティ スポーツマーケティング)という日系企業であったが、2005年でギブアップし、2006年よりソフトバンクグループの中国棒球企画株式会社が、マーケティング活動を行なっていたが2008年をもって撤退した。

CBLの担う中国での野球普及への役割[編集]

  • CBLではMLBやNPBなど海外リーグの協力のもと、「野球」への認知を深めようと「歓楽棒球」と呼ばれる野球体験教室の各都市での開催や、児童施設への訪問などを積極的に行っている。
  • 現在、多くの台湾野球コーチたちが中国野球リーグで在籍し交流している。

今後の中国野球の展望[編集]

  • 中国棒球協会では、将来的にリーグを南部と北部に分けた合計8チームへと大幅な拡大を予定している。2004年のアテネ五輪のアジア予選で代表チームはフィリピン、インドネシア、パキスタンと争った予選リーグを勝ち進み、決勝リーグへ進出。ただ、日本、韓国、台湾と戦い結果は全敗。また、2006年のアジア大会(ドーハ)では連敗。日本の大学生にもコールド負けとなった。2008年の北京五輪では予選リーグでタイブレーク方式で台湾にサヨナラ勝ちしたものの、その1勝だけで予選リーグ最下位に終わった。2009年WBC1次ラウンドでは4-1で台湾に勝利した。
  • しかし、サッカー卓球バスケットボールなど中国国内の先発の人気スポーツに対抗するために、日本の大学野球水準と言われる実力の底上げと、より一層の宣伝活動が必要だと考えられている。ただ、中日ドラゴンズメジャーリーグベースボール(マイナー契約)に選手を送り出している。
  • MLBは北京オリンピック後にアメリカ資本のプロ野球チームを中国につくる構想も計画中である。現にニューヨーク・ヤンキースのように中国協会と提携を結んでいる球団も存在する。

中国棒球協会(CBA)[編集]

  • 主任:雷軍(Lei Jun)
  • 秘書長:申偉(Shen Wei)

CBL歴代優勝チーム[編集]

CBLでは、チャンピオンシップシリーズで中国野球リーグ優勝を争う。決賽とも呼ばれる。2005年まではリーグ戦の1位と2位が対戦していた。2006年より2地区制になり、両地区の1位、2位チームのたすきがけ方式による5戦3勝制のプレーオフを行い、それぞれの勝利チームが3戦先勝のチャンピオンシップシリーズを戦う。ここではチャンピオンシップシリーズの結果を記す。

  • 星取表は勝利チームから見た結果。○は勝利、●は敗戦、△は引き分け。
回数 年度 優勝チーム
成績 星取表 相手チーム
1 2002年 天津ライオンズ(1位) 1勝0敗 北京タイガース(2位)
2 2003年 北京タイガース(2位) 3勝2敗 ○○●●○ 天津ライオンズ(1位)
3 2004年 北京タイガース(2位) 3勝2敗 ●●○○○ 天津ライオンズ(1位)
4 2005年 北京タイガース(1位) 3勝0敗 ○○○ 天津ライオンズ(2位)
5 2006年 天津ライオンズ(西南華北1位) 3勝0敗 ○○○ 広東レオパーズ(東南華東1位)
6 2007年 天津ライオンズ(西南華北1位) 3勝1敗 ○●○○ 広東レオパーズ(東南華東1位)
7 2008年 天津ライオンズ(西南華北1位) 3勝0敗 ○○○ 北京タイガース(西南華北2位)
8 2009年 北京タイガース(西北1位) 1勝0敗 広東レオパーズ(東南1位)
9 2010年 広東レオパーズ(2位) 2勝0敗 ○○ 北京タイガース(1位)
10 2011年 天津ライオンズ(1位) 3勝1敗 ●○○○ 広東レオパーズ(2位)
- 2012年 - リーグ中断 - -
- 2013年 - リーグ中断 - -
11 2014年 北京タイガース(1位) 2勝1敗 ○●○ 天津ライオンズ(2位)

関連項目[編集]