中日ドラゴンズの応援団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中日ドラゴンズの応援団(ちゅうにちドラゴンズのおうえんだん)とは、プロ野球中日ドラゴンズを応援する応援団の事である。

  • 現在は中日ドラゴンズ応援団のみ応援活動を行っている。[1][2]

中日ドラゴンズ応援団[編集]

  • 中日ドラゴンズ応援団(ちゅうにちドラゴンズおうえんだん)は2014年(平成26年)に設立された私設応援団である。

概要[編集]

  • 2013年まで応援活動を行っていた団体の活動停止処分が下り[3][4]、応援団方式の応援がなくなったため、新たに球団が一般から公募した[1]17歳から47歳までの男女36人により「中日ドラゴンズ応援団」が設立され、2014年9月12日に結団式が行われた[2][5]
  • 結団当初、選手個別応援歌はルナと他の選手用の3種類、チャンステーマが新たに作られた。その後、11月29日のファンフェスタで谷繁・和田の新曲が披露された。
  • 2015シーズン春季キャンプイン当日(2月1日)に、新応援団の公式Twitterアカウント上にて応援歌情報が掲載され、個別では荒木・高橋周・藤井・平田・森野・大島・野本・小笠原・松井雅・堂上・チャンステーマ等の新曲を発表した。

全国中日ドラゴンズ私設応援団連合[編集]

一般社団法人全国中日ドラゴンズ私設応援団連合(いっぱんしゃだんほうじん ぜんこくちゅうにちドラゴンズしせつおうえんだんれんごう)は、過去に活動していた私設応援団連合である。

  • 2008年(平成20年)プロ野球暴力団等排除対策協議会にて特別応援許可申請が許可されず、一部の団体が活動停止となった。
  • 2014年(平成26年)プロ野球暴力団等排除対策協議会にて特別応援許可申請が許可されず、全団体が活動停止となった。

加盟団体[編集]

ナゴヤドラゴンズ会[編集]

  • ナゴヤドラゴンズ会(なごやどらごんずかい)とは名古屋を拠点としていた団体である。2013年まで活動していた。

ドラゴンズ愛好会[編集]

  • ドラゴンズ愛好会(どらごんずあいこうかい)は名古屋を拠点としていた団体である。2013年まで活動していた。

名古屋龍会[編集]

  • 名古屋龍会(なごやたつるかい)は名古屋を拠点としていた団体である。2013年まで活動していた。

北陸ドラゴンズ応援団[編集]

  • 北陸ドラゴンズ応援団(ほくりくどらごんずおうえんだん)は北陸地方を拠点としていた団体である。2013年まで活動していた。

全国竜心連合(竜心会)[編集]

  • 全国竜心連合(ぜんこくりゅうしんれんごう)は、各地に支部があり、全国各地の球場で応援活動を行なっていた私設応援団連合である。2007年まで活動していた。
    • 竜心会総本部は、中部地方を中心に活動していた。
    • 札幌竜心会は、2007年(平成19年)シーズンまでは「札幌龍朋会」という団体名で活動していた。2008年(平成20年)から当連合に加盟したが、札幌竜心会としての活動は一度も無い。
    • 東京竜心会は、東京ドーム明治神宮野球場横浜スタジアムなど関東地方を中心に全国で活動していた。
    • 岐阜竜心会は、長良川球場など、東海・北陸地方を中心に活動していた。
    • 名古屋竜心会は、ナゴヤドームなど中部地方を中心に活動していた。
    • 関西竜心会は、阪神甲子園球場大阪ドームなど近畿地方を中心に活動していた。
    • 広島竜心会は、初代の広島市民球場など中国・四国及び九州地方を中心に活動していた。

名古屋白龍會[編集]

  • 名古屋白龍會(なごやはくりゅうかい)は、名古屋を拠点としていた団体である。2007年まで活動していた。

応援許可及び裁判に関して[編集]

  • 2008年(平成20年)3月、日本野球機構(NPB)と12球団などで組織されるプロ野球暴力団等排除対策協議会が、私設応援団の名古屋白龍会と、全国竜心連合傘下7団体の計8団体に対し、鳴り物を使った組織的応援の禁止などを通告した。
  • 同年6月19日 名古屋地方裁判所に12球団及びNPBに対して提訴した。
  • 同年7月29日 第一回口頭弁論陳述が行われた。
  • 同年10月15日 第二回口頭弁論陳述が行われた。
  • 同年12月24日 第三回口頭弁論陳述が行われた。
  • 2010年(平成22年)1月28日 第一審判決 名古屋白龍會への販売拒否指定は無効、特別応援許可の発行基準は主催者の裁量との判決が下された。
  • 同年2月4日 協議会及びNPBによる許可4団体を含む連合加盟の全団体を対象とする合同審査にて、名古屋白龍會は再び「排除」処分が下され、全国竜心連合と名古屋白龍會への応援許可は下りなかった。
  • 2011年(平成23年)2月17日 名古屋高等裁判所にて、第一審の白龍會の入場禁止は違法という部分も退けられ、NPB側が全面勝訴した。[6][7][8]
  • 2013年(平成25年)2月14日 最高裁判所は原告の応援団体側の上告を棄却し、NPB側の勝訴が確定[9]

その他の応援団[編集]

  • 東京中日会(とうきょうちゅうにちかい)は、2014年(平成26年)に神宮球場で唯一応援活動を許可された団体。[10] 太鼓・トランペット応援はなく、得点時に応援旗を振る程度である。

注釈[編集]

  1. ^ a b 応援団の結成と団員募集について”. 中日ドラゴンズ公式HP (2014年7月24日). 2014年7月26日閲覧。
  2. ^ a b 「中日ドラゴンズ応援団」が発足しました - 中日ドラゴンズ公式HP (2014年9月12日). 2014年9月22日閲覧。
  3. ^ 中日私設応援団4団体に対し応援不許可”. NPB公式HP (2014年7月22日). 2014年7月26日閲覧。
  4. ^ 全国中日ドラゴンズ私設応援団連合加盟4団体に対する応援不許可について”. 中日ドラゴンズ公式HP (2014年7月22日). 2014年7月26日閲覧。
  5. ^ 【中日】私設応援団「中日ドラゴンズ応援団」を発足 - スポーツ報知
  6. ^ 東京新聞中日の私設応援団訴訟、球団勝訴 「鳴り物応援禁止は妥当」社会(TOKYO Web)
  7. ^ 中日の私設応援団訴訟 球団側が全面勝訴 ― スポニチ Sponichi Annex 野球
  8. ^ asahi.com(朝日新聞社):中日、私設応援団を入場禁止 名古屋地裁「無効」判決 - スポーツ
  9. ^ 悪質応援団の排除適法、球団側の全面勝訴確定 読売新聞 2013年2月14日
  10. ^ 中日ドラゴンズ 公式サイト - ドラゴンズニュース ★応援団方式の応援について

関連項目[編集]