1953年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗1953年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
読売ジャイアンツ() 4(1)
南海ホークス() 2(1)
ゲームデータ
試合日程 1953年10月10日-10月16日
最高殊勲選手 川上哲治
敢闘選手 簑原宏
チームデータ
読売ジャイアンツ ()
監督 水原茂
シーズン成績 87勝37敗1分
(シーズン1位) 
南海ホークス()
監督 山本一人
シーズン成績 71勝48敗1分
(シーズン1位)
日本シリーズ
 < 1952 1954 > 

1953年の日本シリーズ(1953ねんのにっぽんシリーズ、1953ねんのにほんシリーズ)は、1953年10月10日から10月16日まで行われたプロ野球日本選手権シリーズである。水原茂監督率いる読売ジャイアンツ山本一人監督率いる南海ホークスとの3年連続同一カードによると対決となり、10月に後楽園球場大阪球場甲子園球場で行われた。

戦評[編集]

巨人は独走状態でセ・リーグを勝ち上がり、対する南海は首位が28回も入れ替わるという史上まれに見る大混戦のパ・リーグを勝ち上がっての対決で、3年連続「巨人-南海」の同一カードだった。

この年、日本シリーズ終了後に行われる日米野球の影響から移動日が無いというハードなシリーズだった(第3戦が引き分けとなったことにより、第7戦で南海が勝利して3勝3敗となった場合は、第8戦は11月にずれ込むことになっていた)。

第1戦[編集]

大阪球場で行われた第1戦。巨人の先発は大友工、南海の先発は大神武俊。南海は島原輝夫岡本伊三美飯田徳治堀井数男の連打で2点を奪った。

対する巨人は平井三郎樋笠一夫の連打で1点差に詰め寄る。

6回裏南海は、島原、飯田の連打で1点を追加。

しかし直後の7回表、樋笠の四球から広田順のヒットで3-2とする。9回表、巨人は同点に追いついき延長戦にもつれ込む。延長12回裏南海が代打村上の左前安でサヨナラ勝ち(日本シリーズでのサヨナラゲームは1950年第6戦以来史上3度目。南海(後身のダイエー、ソフトバンクを含む)としては初のサヨナラ勝ち)。南海が初めて1勝目を挙げた。

第2戦[編集]

続く第2戦、巨人の先発は藤本英雄、南海の先発は中村大成。先制したのは巨人。2回表に1点を先制する。しかし、南海は筒井敬三木塚忠助のヒットで同点に追いつく。さらに6回裏には、岡本、飯田の連打で2-1と逆転。

7回表、巨人は藤本のヒットから与那嶺要の2ランホームラン、千葉茂南村侑広のソロホームランが飛び出す。3本のホームランで巨人は4点を奪って一気に逆転。8回裏、南海は飯田がソロホームランを放つが万事休す。

5-3と巨人が逆転し1勝1敗のタイに追いついた。

第3戦[編集]

後楽園球場で行われた第3戦。巨人の先発は別所毅彦、南海の先発は中原宏。先制したのは巨人。1回裏与那嶺のヒットから南村のヒットで先制。

しかし、南海は3回表中原のソロホームランで同点に追いついた。

さらに巨人は5回裏、広田、与那嶺の連打で2-1と突き放す。

8回表、蔭山和夫のヒット、島原輝夫の2ベースヒットで同点に追いついて2-2とする。南海の先発、中原は6回途中まで巨人打線を2失点と好投し、対する別所も南海打線を抑え続けていた。

そして9回表、南海の攻撃が始まる際、雨足が強くなったために『降雨コールド』となり、シリーズ史上初の引き分けとなってしまった。

第4戦[編集]

後楽園球場で行われた第4戦。巨人の先発は大友、南海の先発は中谷信夫

先制したのは巨人。2回裏、岩本尭のヒットで1点を奪う。5回裏も、広田のヒットから川上のタイムリーで2点を奪い3-0とリード。

一方南海は、巨人の先発・大友の前で5安打完封と7奪三振という痛い黒星に終わる。

第5戦[編集]

後楽園球場から大阪球場に移った第5戦。巨人の先発は入谷正典、南海の先発は柚木。先制は巨人。1回表に川上の2ベースで1点奪うと、4回にも1点追加し2-0とする。

8回表には、与那嶺の3塁打から南村のヒット、川上の2塁打で2点を奪って4-0。さらに9回には岩本のソロホームランで5-0と主導権を握る。

対する南海は、入谷の前に安打完封と7奪三振と痛い黒星に終ってしまい、巨人に王手をかけられた。

第6戦[編集]

大阪球場から甲子園球場に移った第6戦。巨人の先発は藤本、南海の先発は大神。この試合は投手戦になった。後が無い南海は、大神に託すことになっての登板だった。

先制したのは南海。3回裏、島原のヒットから岡本の打球で相手のエラーを誘い、堀井の4球を挟み、簑原宏のヒットで2点を奪う。

この2点が決勝点になった。対する巨人は大神の気迫の投球に押さえ込まれてしまう。大神は打たれながらのピッチングで巨人打線を抑え込み、決め球のシンカーが巨人打線を翻弄させ2-0の完封勝利。

崖っぷちから2勝目を上げての勝利だった。この試合で入場者数が実に6,346人と日本シリーズで最も入場者数が少なかった試合と記録に残ってしまった。

第7戦[編集]

後楽園球場に移った第7戦。巨人の先発は別所、南海の先発は小畑正治。先制は巨人。1回裏、相手のエラーで1点を奪う。南海は6回表、松井淳、木塚のソロホームランで2-1と逆転。

そこから、前日好投の大神の連投だったがそれが裏目に出てしまう。与那嶺の2塁打を皮切りに南村、川上、柏枝文治の連打で3点を失ってしまい4-2の逆転されてしまう。

対する巨人も別所から大友に変えて、南海打線を抑え続けた。9回表も3人で抑え、巨人が4勝2敗1分で、3年連続3度目の優勝に輝いた。

試合結果[編集]

第1戦[編集]

10月10日 大阪球場 入場者数:24913人(延長12回)

巨人 0 1 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 3
南海 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1x 4
(巨) 大友、●別所(1敗) - 広田、楠
(南) 大神、○柚木(1勝) - 松井、筒井

[審判]パ二出川(球)セ筒井、パ横沢、セ津田(塁)パ浜崎、セ円城寺(外)

第2戦[編集]

10月11日 大阪球場 入場者数:30524人

巨人 0 1 0 0 0 0 4 0 0 5
南海 0 0 0 0 1 1 0 1 0 3
(巨) ○藤本(1勝)、中尾 - 広田
(南) ●中村(1敗)、藤江 - 松井、筒井
本塁打
(巨) 与那嶺1号2ラン(7回中村)、千葉1号ソロ(7回中村)、南村1号ソロ(7回中村)
(南) 飯田1号ソロ(8回藤本)

[審判]セ(球)パ上田、セ津田、パ横沢(塁)セ筒井、パ浜崎(外)

第3戦[編集]

10月12日 後楽園球場 入場者数:22546人(9回降雨コールド引き分け)

南海 0 0 1 0 0 0 0 1 2
巨人 1 0 0 0 1 0 0 0 2
(南) 中原、大神 - 松井、筒井
(巨) 別所 - 広田
本塁打
(南) 中原1号ソロ(3回別所)

[審判]パ二出川(球)セ津田、パ横沢、セ円城寺(塁)パ上田、セ筒井(外)

第4戦[編集]

10月13日 後楽園球場 入場者数:25953人

南海 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
巨人 0 1 0 0 2 0 0 0 X 3
(南) ●中谷(1敗)、藤江、小畑 - 松井、筒井
(巨) ○ 大友 (1勝) - 広田

[審判]セ島(球)パ上田、セ筒井、パ横沢(塁)セ円城寺、パ浜崎(外)

第5戦[編集]

10月14日 大阪球場 入場者数:21652人

巨人 1 0 0 1 0 0 0 0 2 1 5
南海 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(巨) ○ 入谷(1勝) - 広田
(南) ●柚木(1勝1敗)、中村 - 筒井
本塁打
(巨) 岩本1号ソロ(9回中村)

[審判]パ二出川(球)セ筒井、パ浜崎、セ円城寺(塁)パ上田、セ津田(外)

第6戦[編集]

10月15日 甲子園球場 入場者数:6346人

巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
南海 0 0 2 0 0 0 0 0 X 2
(巨) ●藤本(1勝1敗)、中尾 - 広田
(南) ○大神 (1勝) - 松井

[審判]セ島(球)パ横沢、セ円城寺、パ上田(塁)セ津田、パ浜崎(外)

第7戦[編集]

10月16日 後楽園球場 入場者数:21332人

南海 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
巨人 1 0 0 0 0 0 3 0 X 4
(南) 小畑、●大神 (1勝1敗)、中原、藤江 - 松井
(巨) 別所、○大友(2勝) - 広田
(南) 松井1号ソロ(6回別所)、木塚1号ソロ(6回別所)

[審判]パ二出川(球)セ津田、パ横沢、セ筒井(塁)パ浜崎、セ円城寺(外)

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

この年の2月1日NHKがテレビ本放送を開始し、続いて8月28日日本テレビが開局した。日本テレビは開局翌日の8月29日読売ジャイアンツ大阪タイガース戦の模様を後楽園球場から中継しプロ野球中継の幕が明けた。そして10月の日本選手権シリーズも第3戦を除いてテレビ放映されることとなった。

なお、大阪府ではまだこの時はテレビ放送は行われていなかった(NHKは翌1954年開局。民放の大阪テレビ放送開局は1956年まで待たなくてはならない)。

ラジオ中継[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]