1959年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗1959年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
南海ホークス() 4
読売ジャイアンツ() 0
ゲームデータ
試合日程 1959年10月24日-10月29日
最高殊勲選手 杉浦忠
敢闘選手 土屋正孝
チームデータ
南海ホークス ()
監督 鶴岡一人
シーズン成績 88勝42敗4分
(シーズン1位) 
読売ジャイアンツ()
監督 水原茂
シーズン成績 77勝48敗5分
(シーズン1位)
日本シリーズ
 < 1958 1960 > 

1959年の日本シリーズ(1959ねんのにっぽんシリーズ、1959ねんのにほんシリーズ)は、1959年10月24日から10月29日まで行われた当時のセントラル・リーグの新記録となる5連覇を飾った水原茂監督率いる読売ジャイアンツパシフィック・リーグ1955年以来4年ぶりに制した鶴岡一人監督率いる南海ホークスによる4年ぶり、通算5回目の対決となった日本プロ野球日本選手権シリーズである。

戦前の予想[編集]

朝日新聞のプロ野球担当記者3人によるシリーズ予想記事(10月22日付)では、2人が南海優勝を予想(勝敗はそれぞれ4-1、4-2。残る1名は4-3で巨人。記事の見出しは「結論的には南海?」)。読売新聞の展望記事(10月22日付)は「しいていえば投打ともに南海やや有利だが、三遊間の(引用者注:守備の)差がこれを割り引いて互角というところか」と記し、互角に近いながらもやや南海有利という見方が多かった。

各試合の概況[編集]

第1戦[編集]

大阪球場で開幕。南海はエース杉浦忠の先発だったが、巨人はエース対決を避けて藤田元司ではなく左腕の義原武敏を先発に立てた。1回裏1死、半田春夫の三遊間への当たりを長嶋茂雄がファンブル。これを皮切りに広瀬叔功が二塁打でチャンスを広げる。続く杉山光平の当たりは二塁ゴロだったが、土屋正孝のバックホームが間に合わず南海が先取点(記録は土屋の野選)。さらに1死1、3塁のチャンスに大沢啓二野村克也が連打して2点を追加。義原はわずかアウト1つ取っただけで降板となった。巨人はベテラン別所毅彦をリリーフに送ったが、南海は岡本伊三美の犠牲フライ、寺田陽介、杉浦の連打でさらに2点を追加。巨人の守りのミスに乗じて初回5点を挙げた。

さらに岡本が3回、5回に別所から2打席連続本塁打。7回には3人目の伊藤芳明に集中打を浴びせ3点を追加した。

杉浦は本調子ではなかったが、8回を3失点とまずまずの投球。しかし9回、巨人が反撃。杉浦温存のためリリーフした祓川正敏から先頭の代打・王貞治が四球で出塁すると、広岡達朗、土屋が連続二塁打。さらに代わった皆川睦男から長嶋も二塁打で続き、さらに2単打を集め4点を返した。なおも四球を絡め2死満塁。一発出れば逆転の場面だったが皆川が踏ん張り代打・十時啓視を二塁ゴロに打ち取り、ゲームセット。南海が辛くも逃げ切った。

第2戦[編集]

南海は田沢芳夫、巨人はエース藤田元司の先発。巨人は初回、長嶋の2ランで先制。2回にも南海2番手・三浦清弘を攻め1死1、3塁のチャンスを得るが、藤田が痛恨のスクイズ失敗。巨人の勢いを止めてしまう手痛いミスだった。南海は4回集中打で4点を挙げ逆転。6回にも2点を挙げ、試合を決めた。5回から登板した杉浦が第1戦に続いて勝利投手。

第3戦[編集]

後楽園球場に舞台を移しての第3戦は巨人藤田、南海杉浦のエース対決となった。1回裏、巨人はエラーで出塁した土屋が盗塁でチャンスを広げ、4番長嶋の適時打で先制。しかし、2回表安打で出塁した杉山を一塁に置いて野村が左中間スタンドへ逆転2点本塁打。

7回裏、先頭の長嶋が右中間に火の出るような当たりを飛ばしたが、中堅手大沢が好捕。打者が右の強打者にも関わらずあらかじめ右寄りに守備位置を変えていた大沢の好判断だった。

このまま南海が逃げ切るかに思われたが、9回裏、先頭の坂崎一彦が起死回生の同点本塁打。続く国松彰も安打で出塁。広岡のバント失敗で走者が入れ替わるものの続く加倉井実の二塁打で1死2、3塁とサヨナラのチャンス。この場面で杉浦は内心「代えてほしい」と思ったというが、続投。続く森昌彦の当たりは左中間への浅いライナー。しかし再び中堅手大沢がこれを好捕。好返球で三塁走者の広岡も本塁タッチアウトでピンチを脱出した。このプレーも打者が左打者にも関わらず左中間の浅い位置に守備位置を取った大沢の好判断によるものだった。

10回表、2死1塁から寺田が右中間へ適時二塁打。その裏、杉浦は1死から土屋にヒットを許したものの藤尾茂を三振、長嶋を遊撃飛球に打ち取り、10回を142球完投。南海が3連勝で悲願の日本一に王手をかけた。

第4戦[編集]

雨天のため1日順延して行われた第4戦、お互いの意地がぶつかり合うかのように巨人藤田、南海杉浦がともに連続先発。南海は3回、杉山の適時二塁打で先制、7回には3連打にエラー、犠牲フライも絡めて2点を追加、優位に試合を進めた。杉浦は連投の疲れも見せず、全く巨人打線を寄せ付けなかった。散発5安打の完封勝利。南海悲願の打倒巨人、日本一は日本シリーズ初の引き分けも挟まない4戦4連勝で決まった。

4勝すべてを挙げた杉浦が文句なしのMVPに選ばれた。

  • 記者に囲まれた杉浦は「一人になって泣きたい」の名文句を残した。当の本人はのちに「そんなこと言ったかなあ」とぼやかしている。

日本シリーズで4連勝完全優勝を決めたのはこの南海が史上初のこと。引き分けを間に挟んでの4勝負けなしというのを含めると、1957年西鉄ライオンズが1引き分けを挟みながら4勝負けなしを達成して以来2チーム目の偉業となった。

負けた巨人はこれで1956年(西鉄戦)以来4年連続してシリーズ敗退を喫し、1958年(西鉄戦 この時は3連勝した後に4連敗を喫した)からシリーズ8連敗となった。とりわけこのシリーズでは史上初の4連敗(1957年は1つ引き分けを挟む)であった[1]

初めて南海が日本シリーズで巨人と対戦してから8年、5回目の挑戦で勝ち取った日本一に大阪市民は熱狂、シリーズ終了翌々日の10月31日に秋晴れの下でおこなわれた大阪市内の優勝パレードには沿道に20万人が集まり、「御堂筋パレード」と呼ばれた[2]

試合結果[編集]

第1戦[編集]

10月24日 大阪球場 入場者数:30038人

巨人 0 0 0 0 0 1 2 0 4 7
南海 5 0 1 0 1 0 3 0 X 10
(巨) ●義原(1敗)、別所、伊藤、木戸-森
(南) ○杉浦(1勝)、祓川、皆川-野村
本塁打
(南) 岡本1号(別所)、2号(別所)

[審判]パ二出川(球)セ円城寺、パ横沢三、セ(塁)パ川瀬、セ滝野(外)

第2戦[編集]

10月25日 大阪球場 入場者数:30288人

巨人 2 0 0 0 0 0 1 0 0 3
南海 0 0 0 4 0 2 0 0 X 6
(巨) ●藤田(1敗)、木戸、義原、安原-森
(南) 田沢、三浦、○杉浦(2勝)-野村
本塁打
(巨) 長嶋1号2ラン(田沢)

[審判]セ筒井(球)パ横沢三、セ滝野、パ川瀬(塁)セ円城寺、パ浜崎(外)

第3戦[編集]

10月27日 後楽園球場 入場者数:32056人 (延長10回)

南海 0 2 0 0 0 0 0 0 0 1 3
巨人 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 2
(南) ○杉浦(3勝)-野村
(巨) 藤田、別所、●義原(2敗)-藤尾
本塁打
(南) 野村1号2ラン(藤田)
(巨) 坂崎1号(杉浦)

[審判]パ浜崎(球)セ島、パ二出川、セ滝野(塁)パ川瀬、セ筒井(外)

第4戦[編集]

10月29日 後楽園球場 入場者数:32266人

南海 0 0 1 0 0 0 2 0 0 3
巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(南) ○杉浦(4勝)-野村
(巨) ●藤田(2敗)、安原-藤尾、森

[審判]セ島(球)パ横沢三、セ筒井、パ二出川(塁)セ円城寺、パ浜崎(外)

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

※この後南海は1961年1964年-1966年1973年のシリーズに進出したが、以上5回は南海戦の優先放映権があったMBSの当時属していたNET系列のフルネット、またはそれ主体の系列局が少なかったことが影響したのか、MBSでの中継は行われず、キー局系全国ネットが整備された讀賣テレビ放送(日テレ系)か朝日放送(当時TBS系)に中継権を譲っている。

ラジオ中継[編集]

表彰選手[編集]

  • 最優秀選手賞 杉浦忠(南)
  • 首位打者賞 寺田陽介(南)
  • 最優秀投手賞 杉浦忠(南)
  • 技能賞 岡本伊三美(南)
  • 優秀選手賞 杉山光平(南)
  • 敢闘賞 土屋正孝(巨)

脚注[編集]

  1. ^ 巨人軍5000勝の記憶読売新聞社ベースボールマガジン社、2007年。ISBN 9784583100296。 p.38 巨人側は、「その屈辱をバネにV9へと向かった」と主張している。
  2. ^ 上記のような苦節を経たことに加え、鶴岡監督が2年前に先立たれた先妻の位牌を携えてパレードにのぞんだり、重い病の床にあった南海オーナーが鶴岡の日本一の報告に「これでもう思い残すことはない」と答えた逸話があることから、「涙の御堂筋パレード」とも呼ばれる。当日は上記の通り晴天で、「涙」は雨天の意味ではない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]