2009年の日本プロ野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

2009年の日本プロ野球(2009ねんのにほんぷろやきゅう)では、2009年日本プロ野球(NPB)における動向をまとめる。

NPB以外の動向については2009年の野球を参照。

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

  • 4月3日 - セ・パ両リーグが6年ぶりの同日開幕。
  • 4月3日 - ソフトバンクの松中信彦が対オリックス戦で日本プロ野球通算1000打点、史上34人目[22]
  • 4月4日 - 巨人の谷佳知が対広島戦で日本プロ野球通算1500試合出場、史上164人目[22]
  • 4月4日 - 阪神の赤星憲広が対ヤクルト戦(京セラドーム)で球団新記録の通算351盗塁[23]
  • 4月5日 - ソフトバンクの杉内俊哉が対オリックス戦で日本プロ野球通算1000奪三振、史上122人目[22]
  • 4月7日 - 阪神対広島戦(甲子園)の1回表二死、本塁でのクロスプレーの判定を巡って広島の監督のマーティ・ブラウンが球審に暴言を吐いたとして、監督として日本プロ野球史上タイ記録の通算7度目の退場処分。広島の栗原健太が日本プロ野球通算100号本塁打、史上253人目[22]
  • 4月7日 - 楽天がソフトバンクに6対0で勝利し、球団創設以来初の開幕4連勝。
  • 4月7日 - ロッテの井口資仁が対日本ハム戦で日本プロ野球史上151人目の通算150号本塁打[22]、4番での初本塁打で日本プロ野球史上7人目の「全打順で本塁打」を達成[24]
  • 4月8日 - ロッテが育成選手池田健が一身上の都合により退団したと発表。
  • 4月8日 - 阪神の金本知憲が対横浜戦(甲子園)で3打席連続本塁打を記録。41歳5日での1試合3本塁打はプロ野球史上最年長記録。
  • 4月9日 - 横浜が対巨人戦(横浜スタジアム)に2対9で敗れ1999年以来、4度目の球団ワーストタイとなる開幕6連敗。
  • 4月10日 - マツダスタジアムの初のプロ野球公式戦、広島対中日戦が行われ、3対11で中日が勝利。
  • 4月10日 - 阪神の金本知憲が、対巨人戦(東京ドーム)で3打席連続本塁打を記録し、自身が持つプロ野球最年長記録を更新。
  • 4月11日 - 広島対中日2回戦で広島が2対0の勝利。広島はマツダスタジアムで初勝利。
  • 4月11日 - 楽天が西武に2対5で敗れ、楽天の監督の野村克也は日本プロ野球史上初となる監督通算1500敗目。
  • 4月14日 - 広島は、旧広島市民球場で、かごをくわえて球審にボールを届ける姿が人気を集めたベースボール犬のミッキーが、8日に広島県内で死去したと発表した。死因は老衰。
  • 4月14日 - 元横浜の小関竜也が現役引退。
  • 4月15日 - 日本ハム対オリックス戦(札幌ドーム)で、日本ハムの金子誠が6回裏無死満塁からレフトへ走者一掃の適時二塁打を放ち、7試合連続二塁打の日本プロ野球新記録。
  • 4月16日 - を記録シアトル・マリナーズのイチローが対ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム戦(セーフコ・フィールド)でジョー・ソーンダースからライト前に安打を記録し、日米通算3086安打。
  • 4月17日 - ソフトバンクが元ロッテのホセ・オーティズを獲得[25]
  • 4月21日 - 中日の岩瀬仁紀が、対阪神戦の9回表に登板し。通算587試合登板の球団新記録。
  • 4月21日 - ソフトバンクの松中信彦が対日本ハム戦で日本プロ野球通算100死球、史上11人目[22]
  • 4月24日 - 西武の涌井秀章が対ロッテ戦で全員奪三振、パ・リーグ史上3人目、日本プロ野球史上4人目。毎回奪三振も記録しており、毎回と全員奪三振は完投・継投を通して日本プロ野球史上初となった。
  • 4月25日 - 阪神の福原忍が対広島戦で日本プロ野球通算1000投球回、史上317人目[22]
  • 4月26日 - オリックスのタフィ・ローズが対日本ハム戦で日本プロ野球史上12人目の通算450号本塁打、40歳8カ月での達成は日本プロ野球史上最年長新記録、1609試合での達成は王貞治に次ぐ2番目の早さ[22]
  • 4月26日 - ソフトバンクの杉内俊哉が対楽天戦で日本プロ野球通算1000投球回、史上318人目[22]
  • 4月26日 - 広島の監督のマーティ・ブラウンが対阪神戦で2対1で勝利し、監督通算200勝。
  • 4月27日 - 広島は元西武のスコット・マクレーンと年俸2000万円+出来高払いで1年契約と発表。背番号は90。
  • 4月30日 - 巨人の監督の原辰徳が対広島戦に勝利し監督通算400勝。

5月[編集]

  • 5月1日 - 日本ハムの稲葉篤紀が対西武戦で日本プロ野球通算100死球、史上12人目[22]
  • 5月3日 - ロッテの福浦和也が対ソフトバンク戦で日本プロ野球通算1500本安打、史上99人目[22]
  • 5月4日 - 巨人の阿部慎之助が対阪神戦で日本プロ野球通算1000試合出場、史上430人目[22]
  • 5月6日 - ソフトバンクの松中信彦が対オリックス戦で日本プロ野球通算1500安打、史上100人目[22]
  • 5月6日 - 日本ハムの稲葉篤紀が対ロッテ戦で日本プロ野球通算300二塁打、史上51人目[22]
  • 5月7日 - 巨人の小笠原道大が対横浜戦で日本プロ野球通算3000塁打、史上45人目[22]
  • 5月12日 - 阪神の金本知憲が対広島戦でサヨナラ本塁打を放ち、球団通算7000号本塁打[23]
  • 5月12日 - 中日の岩瀬仁紀が対ヤクルト戦で、日本プロ野球通算200セーブ、史上4人目[22]
  • 5月13日 - 西武対オリックス戦で、西武の中村剛也が史上254人目の日本プロ野球通算100号本塁打、[22]、西武の石井一久が勝利投手となり、日米通算150勝[26]
  • 5月14日 - 中日の山本昌が対ヤクルト戦で日本プロ野球通算3000投球回、史上26人目[22]
  • 5月14日 -
  • 5月18日 - 横浜は監督の大矢明彦を休養(事実上解任)し、監督代行に二軍監督の田代富雄にすると発表。
  • 5月19日 - 「日本生命セ・パ交流戦」が開幕。
  • 5月19日 - 中日の和田一浩が対西武戦(県営大宮)で大沼幸二から本塁打を放ち、「全球団から本塁打」を達成。近鉄を含む13球団から本塁打は史上5人目[24]
  • 5月20日 - 広島の東出輝裕が対オリックス戦で日本プロ野球通算200犠打、史上28人目[22]
  • 5月25日 - 横浜の工藤公康が対楽天戦で勝利投手となり、自身の持つセ・リーグ最年長勝利記録を46歳20日に更新。
  • 5月27日 - ヤクルトの林昌勇が対オリックス戦(神宮)で球団新記録の20試合連続無失点[27]
  • 5月28日 - 阪神は前西武のクレイグ・ブラゼルの獲得を発表。1年契約で背番号は67[28]
  • 5月28日 - 中日対楽天戦で、中日の監督の落合博満が楽天2回戦で、判定を不服として5分以上抗議し、遅延行為のため退場処分。中日の岩瀬仁紀が日本プロ野球通算600試合登板、史上33人目[22]
  • 5月28日 - ヤクルトの館山昌平が対オリックス戦で勝利投手になり、球団新記録の12連勝[27]

6月[編集]

  • 6月2日 - ソフトバンク対横浜戦で、横浜の佐伯貴弘が日本プロ野球史上101人目の通算1500安打[22]、ソフトバンクの多村仁志が4回に本塁打を放ち「全球団から本塁打」を達成[24]
  • 6月8日 - 広島の緒方孝市が対オリックス戦で日本プロ野球通算1500安打、史上102人目[22]
  • 6月8日 - 巨人の阿部慎之助が対楽天戦で日本プロ野球通算1000本安打、史上253人目[22]
  • 6月8日 - 横浜の北川隼行が対ロッテ戦の5回裏にプロ入り初本塁打の満塁本塁打を放つ、日本プロ野球史上通算2000号満塁本塁打。
  • 6月10日 - 楽天は育成選手の森田丈武の支配下登録を発表、登録名は「丈武」、背番号は98[29]
  • 6月11日 - ロッテが対広島戦の6回裏にプロ野球タイ記録の10打数連続安打を含む12安打を集中しプロ野球新記録となる1イニング15得点を記録した。また、1イニング打者20人、15打点、14者連続得点もそれぞれプロ野球新記録。大松尚逸の1イニング3打席も史上初の記録となった。
  • 6月13日 - ソフトバンク対巨人戦でソフトバンクが勝利し、2リーグ制以降球団通算4000勝。巨人の小笠原道大が日本プロ野球通算1500試合出場、史上165人目。
  • 6月13日 - 西武の江藤智が対広島戦で通算1000得点、史上35人目[30]
  • 6月14日 - ヤクルトが対オリックス戦の5回表、プロ野球タイ記録の9打席連続安打、プロ野球新記録の11打数連続安打を記録。
  • 6月14日 - 楽天の[山崎武司]]が対横浜戦でセ・パ両リーグで150本塁打、史上4人目。
  • 6月16日 - セ・パ交流戦でソフトバンクが中日に勝利し、西武が巨人に敗れたため、ソフトバンクが2年連続交流戦優勝達成。
  • 6月16日 - 楽天は新外国人選手のトッド・リンデンとの契約合意を発表、背番号は3[31]
  • 6月17日 - 横浜の吉村裕基が対オリックス戦(横浜)で1番打者で試合に出場し、6回に塁打を放ち日本プロ野球史上8人目の「全打順で本塁打」を達成[24]
  • 6月19日 - 楽天は前テキサスレンジャースでの福盛和男の楽天への入団を発表。背番号は62[32]
  • 6月20日 - ソフトバンクが対横浜戦に勝利し、交流戦史上初の全カード勝ち越しを達成。
  • 6月21日 - 西武の中島裕之が対ヤクルト戦で日本プロ野球通算100号本塁打、史上255人目[22]
  • 6月21日 - セ・パ交流戦の全日程を終了。対戦成績はセ・リーグの70勝67敗7分けで、導入5年目で初めてセ・リーグが勝ち越した。
  • 6月25日 - ソフトバンクはドリュー・トゥサントを育成選手で獲得した事を発表[33]
  • 6月26日 - 横浜の佐伯貴弘が対阪神戦で日本プロ野球通算1000三振、史上44人目[22]
  • 6月29日 - プロ野球のマツダ・オールスターゲームの運営委員会は、ファン投票の最終結果を発表した。最多得票は稲葉篤紀の49万8353票。球団別では広島が5人。

7月[編集]

  • 7月1日 - 中日の荒木雅博が対阪神戦で日本プロ野球通算250盗塁。史上40人目。
  • 7月2日 - 西武対ロッテ戦(西武ドーム)は延長12回を戦って、試合時間5時間42分のパ・リーグ史上最長の試合となった。試合は9対8でロッテが勝利。
  • 7月3日 - ロッテ対オリックス7回戦で、オリックスの山本省吾大久保勝信菊地原毅加藤大輔が毎回三振で全員奪三振で、日本プロ野球史上初のシーズン2度目の全員三振を記録した。継投による毎回奪三振と全員奪三振も初めて。
  • 7月4日 - 広島の石井琢朗が対横浜戦で日本プロ野球史上256人目の通算100号本塁打[22]と「全球団からの本塁打」を達成[24]
  • 7月5日 - ロッテの福浦和也が対オリックス戦で日本プロ野球通算1500試合出場、史上166人目[22]
  • 7月6日 - マツダオールスターゲーム2009の監督推薦選手が発表され、ファン投票と選手間投票での選出を合わせたセ・パ合計56人の出場選手が決定した。最多出場は小久保裕紀(ソフトバンク)の12回。
  • 7月7日 - HARD OFF ECOスタジアム新潟のこけら落しとなる広島対阪神戦が行われ、8対1で広島が勝利。新潟でプロ野球公式戦が行われたのは、1996年6月8日6月9日に悠久山と鳥屋野で開催された近鉄バファローズ西武ライオンズ戦以来13年ぶり。
  • 7月7日 - 巨人の小笠原道大が東京ドームでの通算本塁打を147本で、松井秀喜を抜いて同球場での通算最多本塁打の新記録。日本ハム時代に95本、巨人移籍以降は52本[34]
  • 7月8日 - 楽天の山崎武司が対ロッテ戦で日本プロ野球通算1500本安打、史上103人目[22]
  • 7月9日 - 横浜の工藤公康が対巨人戦で日本プロ野球通算600試合登板、史上14人目[22]
  • 7月10日 - 日本ハムの多田野数人が対ロッテ戦(札幌ドーム)で9回2死まで4四球の無安打投球で、31人目の打者の大松尚逸に右安打を打たれ、ノーヒットノーランを逃す[35]
  • 7月11日 - 阪神の藤田太陽と西武の水田圭介のトレードが成立[36]
  • 7月11日 - ヤクルトの五十嵐亮太が対横浜で25試合連続無失点のセ・リーグ歴代単独3位。
  • 7月12日 - 皇太子徳仁親王、同妃雅子愛子内親王が、神宮球場でヤクルト対横浜戦)を観戦。皇室の台覧試合は、1988年の巨人対ヤクルト戦(東京ドーム)以来21年ぶり。試合は2対1で横浜が勝利した。
  • 7月14日 - 阪神の久保康友が14日、対中日戦(甲子園)で勝利投手になり、全球団勝利達成。史上7人目。
  • 7月14日 - ソフトバンクが対日本ハム戦(ヤフードーム)で勝利し球団通算4500勝、日本プロ野球史上5球団目。
  • 7月15日 - ソフトバンクが対日本ハム戦に勝利して球団通算4500勝[37]
  • 7月21日 - ロッテの清水直行が対日本ハム戦で日本プロ野球通算1000奪三振、史上123人目[22]
  • 7月22日 - ソフトバンクの馬原孝浩が対楽天戦で通算118セーブで、通算最多セーブの球団新記録[38]
  • 7月23日 - フレッシュオールスターゲームが札幌ドームで行なわれ、イースタンが7対0で勝利、MVPは日本ハムの中田翔
  • 7月24日 - オールスターゲーム第1戦が札幌ドームで行われ、セ・リーグが10対8でパ・リーグに勝利。MVPはヤクルトの青木宣親
  • 7月25日 - オールスターゲーム第2戦がマツダスタジアムで行われ、パ・リーグが7対4でセ・リーグに勝利。MVPはソフトバンクの松中信彦
  • 7月27日 - 巨人は育成選手のレビ・ロメロを支配下選手登録、背番号は38[39]
  • 7月27日 - 日本ハムはルイス・ヒメネス)に戦力外通告、ウエイバー公示手続きの申請を行った事を発表[40]
  • 7月27日 - 阪神は育成選手の 野原祐也を支配下選手登録、背番号は123から94に変更[41]
  • 7月28日 - オリックスのグレッグ・ラロッカが対ソフトバンク戦で日本プロ野球通算100死球、史上13人目。541試合での達成は竹之内雅史の717試合を更新する最短新記録。[22]
  • 7月31日 - オリックスのアレックス・カブレラが対西武戦で日本プロ野球通算1000試合出場、史上431人目[22]

8月[編集]

  • 8月1日 - 広島の永川勝浩が対横浜戦で日本プロ野球通算150セーブ、史上7人目[22]
  • 8月6日 - 阪神の金本知憲が対中日戦で日本プロ野球通算4000塁打、史上12人目[22]
  • 8月6日 - オリックスの北川博敏が対楽天戦で日本プロ野球通算1000試合出場、史上432人目[22]
  • 8月6日 - ソフトバンクの松中信彦が対ロッテ戦で日本プロ野球通算300二塁打、史上52人目[22]
  • 8月7日 - ヤクルトの木田優夫が対巨人戦(東京ドーム)で6回にアレックス・ラミレスから日本プロ野球通算1000奪三振、史上124人目[27]
  • 8月7日 - オリックスのタフィー・ローズが対ロッテ戦で日本プロ野球通算300二塁打、史上53人目[22]
  • 8月7日 - 阪神の金本知憲が対中日戦(ナゴヤドーム)で日本プロ野球通算4000塁打、史上13人目[42]
  • 8月9日 - 横浜の佐伯貴弘が対中日戦で日本プロ野球通算150号本塁打、史上152人目[22]
  • 8月13日 - 楽天の山崎武司が対ソフトバンク戦で日本プロ野球通算1000打点、史上35人目[22]
  • 8月14日 - 中日の谷繁元信が対ヤクルト戦で日本プロ野球通算1500三振、史上7人目[22]
  • 8月14日 - ソフトバンクの明石健志が対楽天戦で初回に日本プロ野球タイ記録の1イニング2三振[43]
  • 8月15日 - 中日対ヤクルト戦で、ナゴヤドームの累計入場者数が5000万人突破。1997年3月12日の開場から4540日目での達成[44]
  • 8月16日 - 楽天の山崎武司が対ロッテ戦で日本プロ野球通算350号本塁打、史上23人目[22]
  • 8月16日 - 巨人の高橋尚成が対阪神戦で日本プロ野球通算1000奪三振、史上125人目[22]
  • 8月18日 - 日本ハムでインフルエンザの所属選手、コーチの4人が集団感染が発生していることが発覚。全員が新型の可能性があるA型インフルエンザ。
  • 8月19日 - 巨人の木村拓也が対横浜戦で日本プロ野球通算1500試合出場、史上167人目[22]
  • 8月21日 - 巨人の豊田清が対ヤクルト戦で日本プロ野球通算500試合登板、史上83人目[22]
  • 8月23日 - ソフトバンクの攝津正が対日本ハム戦で今季27ホールドで、新人のホ-ルドのリーグ新記録と、ホールドポイントの新人タイ記録[45]
  • 8月26日 - 巨人のアレックス・ラミレスが対中日戦で日本プロ野球通算1500安打。1236試合目での達成は日本プロ野球新記録[22]
  • 8月26日 - ロッテの井口資仁が対ソフトバンク戦で日本プロ野球通算1000試合出場、史上433人目、ロッテの小林宏之が日本プロ野球通算1000奪三振、史上126人目[22]
  • 8月27日 - 巨人の小笠原道大が対中日戦で日本プロ野球通算1000打点、史上36人[22]
  • 8月27日 - 横浜スタジアムで、横浜対阪神戦の試合中、ライトスタンドで観戦していた男性が、グラウンドに転落した。男性は29日午前、横浜市内の病院で脳挫傷などのため死亡した。
  • 8月27日 - 広島の監督のマーティー・ブラウンとスコット・マクレーンが退場処分。ブラウンは監督として日本プロ野球最多の8度目の退場処分。
  • 8月27日 - オリックスのタフィ・ローズは球審に暴言を吐いたとして日本プロ野球通算14度目の退場処分。
  • 8月29日 - ヤクルトの五十嵐亮太が対中日戦(神宮)で日本プロ野球通算500試合登板、史上84人目[22]
  • 8月30日 - 巨人のアレックス・ラミレスが対阪神戦(甲子園)で日本プロ野球新記録の8年連続シーズン150安打[46]
  • 8月31日 - 日本ハムは前日の対ソフトバンク戦での6回の二岡智宏が守備妨害に取られた件について、コミッショナーに対し試合提訴の手続きをとった事を発表[47]

9月[編集]

  • 9月1日 - 中日の谷繁元信が対広島戦で日本プロ野球通算200犠打、史上29人目[22]
  • 9月1日 - 楽天の岩隈久志が対西武戦で全員から奪三振[48]
  • 9月2日 - 巨人の小笠原道大が対横浜戦で日本プロ野球通算1000三振、史上45人目[22]
  • 9月2日 - 日本ハムの中田翔がイースタンリーグの対湘南戦(鎌ヶ谷)で2本塁打を放ち、シーズン最多本塁打のリーグ新記録の28号本塁打[49]
  • 9月5日 - 阪神の新井貴浩が対広島戦で日本プロ野球通算1000三振、史上46人目[22]
  • 9月9日 - 広島の東出輝裕が対ヤクルト戦で日本プロ野球通算1000本安打、史上254人目[22]
  • 9月10日 - 巨人の小笠原道大が対広島戦で日本プロ野球通算1000得点、史上35人目[22]
  • 9月18日 - 阪神は秀太の現役引退を発表[50]
  • 9月19日 - 巨人のマーク・クルーンが日本プロ野球通算150セーブ、史上8人目[22]
  • 9月19日 - ロッテ対楽天戦で、ロッテの堀幸一が日本プロ野球通算350二塁打、史上27人目。楽天の山崎武司が日本プロ野球通算300二塁打、史上53人目[22]
  • 9月20日 - 巨人のアレックス・ラミレスが対ヤクルト戦で日本プロ野球通算1000三振、史上47人目[22]
  • 9月21日 - ロッテの小宮山悟が、現役引退を表明[51]
  • 9月21日 - 阪神の金本知憲が対横浜戦で日本プロ野球通算1500三振、史上8人目[22]
  • 9月21日 - 横浜の三浦大輔が対阪神戦で日本プロ野球通算2500投球回、史上44人目[22]
  • 9月23日 - 巨人が対中日戦で5対3で勝利し、36年ぶりの3年連続33度目のリーグ優勝達成。
  • 9月23日 - ウエスタン・リーグは2位の阪神がソフトバンクに3対5で敗れたため、中日が2年ぶり15度目のリーグ優勝達成。
  • 9月25日 - 中日の井上一樹が現役引退を表明[52]
  • 9月25日 - オリックスのタフィー・ローズが対ロッテ戦で日本プロ野球通算3500塁打、史上23人目、1668試合での達成は日本プロ野球史上最短の新記録[22]
  • 9月27日 - イースタン・リーグは巨人とロッテが同率首位で並び、勝った方が優勝となる最終戦の巨人対ロッテ戦(ジャイアンツ球場)が行われ、巨人が9対5で勝利し、2年ぶり23度目のリーグ優勝達[53]。。
  • 9月28日 - ヤクルトの福地寿樹が対阪神戦(神宮)で7回に日本プロ野球通算200盗塁、史上69人目[22]
  • 9月28日 - ロッテの新監督にヘッドコーチの西村徳文が就任することが決定。
  • 9月28日 - オリックスの監督のk大石大二郎の退任が決定。
  • 9月29日 - 阪神の金本知憲が対ヤクルト戦で日本プロ野球通算400二塁打、史上10人目[22]
  • 9月30日 - 中日の立浪和義が対巨人戦(ナゴヤドーム)前に開いた会見で、今シーズン限りでの現役引退を正式表明。
  • 9月30日 - 巨人のアレックス・ラミレスが対中日戦で日本プロ野球タイ記録の7年連続100打点[54]
  • 9月30日 - ロッテは2軍打撃兼外野守備走塁コーチの高沢秀昭、2軍投手コーチの荘勝雄、2軍バッテリーコーチの定詰雅彦、2軍投手コーチ補佐の和田孝志、2軍投手コーチ補佐の山崎健と来季の契約をしない事を発表[55]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

競技結果[編集]

ペナントレース[編集]

セントラル・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 巨人 89 46 9 .659 -
2位 中日 81 62 1 .566 12.0
3位 ヤクルト 71 72 1 .497 22.0
4位 阪神 67 73 4 .479 24.5
5位 広島 65 75 4 .464 26.5
6位 横浜 51 93 0 .354 42.5
パシフィック・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 日本ハム 82 60 2 .577 -
2位 楽天 77 66 1 .538 5.5
3位 ソフトバンク 74 65 5 .532 6.5
4位 西武 70 70 4 .500 11.0
5位 ロッテ 62 77 5 .446 18.5
6位 オリックス 56 86 2 .394 26.0

日本生命 セ・パ交流戦2009[編集]

順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 前年順位
1位 ソフトバンク 18 5 1 .783 - 前年1位
2位 ヤクルト 15 9 0 .625 3.5 前年9位
3位 広島 14 9 1 .609 4.0 前年6位
4位 中日 14 9 1 .609 4.0 前年7位
5位 巨人 12 9 3 .571 5.0 前年4位
6位 日本ハム 12 11 1 .522 6.0 前年3位
7位 西武 11 11 2 .500 6.5 前年11位
8位 ロッテ 9 12 3 .429 8.0 前年10位
9位 阪神 9 13 2 .409 8.5 前年2位
10位 楽天 9 15 0 .375 9.5 前年5位
11位 オリックス 8 16 0 .333 10.5 前年8位
12位 横浜 6 18 0 .250 12.5 前年12位
  • 同率の場合は前年の順位で上位のチームが上位にランクされる
  • 開催期間:5月19日 - 6月21日

個人タイトル[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手 アレックス・ラミレス 巨人   ダルビッシュ有 日本ハム  
最優秀新人 松本哲也 巨人   攝津正 ソフトバンク  
首位打者 アレックス・ラミレス 巨人 .322 鉄平 楽天 .327
本塁打王 トニ・ブランコ 中日 39本 中村剛也 西武 48本
打点王 トニ・ブランコ 中日 110点 中村剛也 西武 122点
最多安打 アレックス・ラミレス 巨人 186本 中島裕之 西武 173本
盗塁王 福地寿樹 ヤクルト 42個 片岡易之 西武 51個
最高出塁率 青木宣親 ヤクルト .400 中島裕之 西武 .398
最優秀防御率 チェン 中日 1.54 ダルビッシュ有 日本ハム 1.73
最多勝利 吉見一起
館山昌平
中日
ヤクルト
16勝 涌井秀章 西武 16勝
最多奪三振 コルビー・ルイス 広島 186個 杉内俊哉 ソフトバンク 204個
最高勝率 ディッキー・ゴンザレス 巨人 .882 ダルビッシュ有
杉内俊哉
日本ハム
ソフトバンク
.750
最多セーブ投手 岩瀬仁紀 中日 41S 武田久 日本ハム 34S
最優秀中継ぎ投手 山口鉄也 巨人 44HP 攝津正 ソフトバンク 39HP

ポストシーズン[編集]

クライマックスシリーズ[編集]

日本シリーズ[編集]

表彰選手[編集]

ベストナイン[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
投手 D・ゴンザレス 巨人 ダルビッシュ有 日本ハム
捕手 阿部慎之助 巨人 田上秀則 ソフトバンク
一塁手 ブランコ 中日 高橋信二 日本ハム
二塁手 東出輝裕 広島 田中賢介 日本ハム
三塁手 小笠原道大 巨人 中村剛也 西武
遊撃手 坂本勇人 巨人 中島裕之 西武
外野手 アレックス・ラミレス 巨人 稲葉篤紀 日本ハム
青木宣親 ヤクルト 糸井嘉男 日本ハム
内川聖一 横浜 鉄平 楽天
指名打者 山崎武司 楽天

ゴールデングラブ賞[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
投手 D・ゴンザレス 巨人 涌井 秀章 西武
捕手 谷繁 元信 中日 鶴岡 慎也 日本ハム
一塁手 栗原 健太 広島 高橋 信二 日本ハム
二塁手 荒木 雅博 中日 田中 賢介 日本ハム
三塁手 宮本 慎也 ヤクルト 小谷野 栄一 日本ハム
遊撃手 井端 弘和 中日 金子 誠 日本ハム
外野手 青木 宣親 ヤクルト 糸井 嘉男 日本ハム
亀井 義行 巨人 稲葉 篤紀 日本ハム
松本 哲也 巨人 坂口 智隆 オリックス

ファーム[編集]

フレッシュオールスター(サッポロドーム、7月23日)
ファーム日本選手権(富山市民球場アルペンスタジアム )
  • 中日ドラゴンズ 2対0 読売ジャイアンツ
  • MVP:鈴木義広(中日)

関連項目[編集]

誕生[編集]

2009年の野球を参照

死去[編集]

2009年の野球を参照

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新外国人選手契約のお知らせ西武球団公式サイト2009年1月5日配信
  2. ^ 三井浩二投手について西武球団公式サイト2009年1月5日配信
  3. ^ オークランド・アスレチックスとの提携について楽天球団公式サイト2009年1月9日配信
  4. ^ 今季チームスローガンについて楽天球団公式サイト2009年1月11日配信
  5. ^ ディッキー・ゴンザレス投手と契約巨人球団公式サイト2009年1月13日配信
  6. ^ ネート・ミンチー氏が国際スカウトに巨人球団公式サイト2009年1月13日配信
  7. ^ 未成年選手の飲酒に関しましてのお詫びソフトバンク球団公式サイト2009年1月15日配信
  8. ^ 新外国人選手契約のお知らせロッテ球団公式サイト2009年1月16日配信
  9. ^ オーティズ選手、アブレイユ・呉偲佑投手との来季契約についてロッテ球団公式サイト2009年1月16日配信
  10. ^ 井口資仁選手の入団が決定ロッテ球団公式サイト2009年1月20日配信
  11. ^ 福岡ソフトバンクホークス 2009年スローガン決定のお知らせソフトバンク球団公式サイト2009年1月28日配信
  12. ^ スローガン決定!!ロッテ球団公式サイト2009年1月31日配信
  13. ^ エドガルド・アルフォンゾ内野手と契約巨人球団公式サイト2009年2月9日配信
  14. ^ ロメロ投手と育成選手契約巨人球団公式サイト2009年2月14日配信
  15. ^ コーチ就任のお知らせロッテ球団公式サイト2009年2月17日配信
  16. ^ 新外国人選手契約のお知らせロッテ球団公式サイト2009年2月27日配信
  17. ^ ジェン・カイウン選手との契約完了について阪神球団公式サイト2009年3月4日配信
  18. ^ 久保投手と阪神タイガース橋本投手のトレードについてロッテ球団公式サイト2009年3月4日配信
  19. ^ トレードの成立について阪神球団公式サイト2009年3月4日配信
  20. ^ 交換トレードについて楽天球団公式サイト2009年3月23日配信
  21. ^ 育成選手支配下登録についてロッテ球団公式サイト2009年3月30日配信
  22. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk 各種記録達成者一覧セ・リーグ公式サイト
  23. ^ a b タイガースヒストリー2005-2009阪神球団公式サイト
  24. ^ a b c d e 記録メモ(個人打者編)パ・リーグ公式サイト
  25. ^ ホセ オーティズ選手 入団のお知らせソフトバンク球団公式サイト2009年4月17日配信
  26. ^ 石井一久投手 日米通算150勝達成西武球団公式サイト2009年5月14日配信
  27. ^ a b c 球団のあゆみ 2000年代ヤクルト球団公式サイト
  28. ^ クレイグ・ブラゼル選手との契約完了について阪神球団公式サイト2009年5月28日配信
  29. ^ 森田丈武選手 支配下登録について楽天球団公式サイト2009年6月10日配信
  30. ^ [1]江藤智選手 通算1000得点を達成西武球団公式サイト2009年6月13日配信
  31. ^ トッド・リンデン選手との契約合意について楽天球団公式サイト2009年6月16日配信
  32. ^ 福盛和男選手との契約合意について楽天球団公式サイト2009年6月19日配信
  33. ^ ドリュー トゥサント選手 育成枠入団のお知らせソフトバンク球団公式サイト2009年6月25日配信
  34. ^ 小笠原選手が東京ドーム通算本塁打の新記録巨人球団公式サイト2009年7月7日配信
  35. ^ 記録メモ(個人投手編)パ・リーグ公式サイト
  36. ^ トレードの成立について阪神球団公式サイト2009年7月11日配信
  37. ^ 秋山野球満開!球団創設通算4,500勝達成ソフトバンク球団公式サイト2009年7月15日配信
  38. ^ 馬原投手、球団新記録となる通算118セーブを達成ソフトバンク球団公式サイト2009年7月22日配信
  39. ^ レビ・ロメロ投手を支配下登録巨人球団公式サイト2009年7月27日配信
  40. ^ ヒメネス選手退団のお知らせ日本ハム球団公式サイト2009年7月27日配信
  41. ^ 育成選手との支配下選手契約締結について阪神球団公式サイト2009年7月27日配信
  42. ^ 金本選手が通算4000塁打達成阪神球団公式サイト2009年8月7日配信
  43. ^ 明石選手、珍記録をつくるも貪欲な姿勢ソフトバンク球団公式サイト2009年8月14日配信
  44. ^ ナゴヤドーム来場者「5,000万人」を突破!中日球団公式サイト2009年8月15日配信
  45. ^ 攝津投手がホールドのリーグ新人記録を更新!ソフトバンク球団公式サイト2009年8月23日配信
  46. ^ ラミレス選手が8年連続150安打のプロ野球新記録巨人球団公式サイト2009年8月30日配信
  47. ^ 提訴試合に関する審議の請求について日本ハム球団公式サイト2009年8月31日配信
  48. ^ 記録メモ(チーム・その他編)パ・リーグ公式サイト
  49. ^ 中田選手がイースタン本塁打新記録を達成日本ハム球団公式サイト2009年9月2日配信
  50. ^ 秀太選手現役引退について阪神球団公式サイト2009年9月18日配信
  51. ^ 小宮山投手引退のお知らせロッテ球団公式サイト2009年9月21日配信
  52. ^ 井上一樹選手が引退中日球団公式サイト2009年9月25日配信
  53. ^ 二軍が2年ぶり23回目の優勝!~ジャイアンツ球場巨人球団公式サイト2009年月日配信
  54. ^ ラミレス選手が7年連続100打点のプロ野球タイ記録巨人球団公式サイト2009年9月30日配信
  55. ^ コーチ契約に関するお知らせロッテ球団公式サイト2009年9月30日配信
  56. ^ 来季の選手契約について阪神球団公式サイト2009年10月1日配信
  57. ^ 歌藤投手が退団へ巨人球団公式サイト2009年10月1日配信
  58. ^ 戦力外通告のお知らせロッテ球団公式サイト2009年月日配信
  59. ^ 来季の選手契約について楽天球団公式サイト2009年10月2日配信
  60. ^ 埼玉西武ライオンズ選手来季契約について西武球団公式サイト2009年10月2日配信
  61. ^ 来季契約について日本ハム球団公式サイト2009年10月2日配信
  62. ^ 来季の選手契約について阪神球団公式サイト2009年10月2日配信
  63. ^ 藤原 通選手 現役引退について阪神球団公式サイト2009年10月2日配信
  64. ^ 戦力外通告についてソフトバンク球団公式サイト2009年10月3日配信
  65. ^ チームヒストリーロッテ球団公式サイト
  66. ^ 埼玉西武ライオンズ選手来季契約について西武球団公式サイト2009年10月6日配信
  67. ^ 契約に関するお知らせロッテ球団公式サイト2009年10月7日配信
  68. ^ コーチ契約に関するお知らせロッテ球団公式サイト2009年10月7日配信
  69. ^ 西村徳文新監督就任のお知らせロッテ球団公式サイト2009年10月8日配信
  70. ^ 埼玉西武ライオンズ選手来季契約について西武球団公式サイト2009年10月8日配信
  71. ^ 新里賢選手引退のお知らせロッテ球団公式サイト2009年10月8日配信
  72. ^ 伊藤選手 小田選手引退のお知らせ日本ハム球団公式サイト2009年10月9日配信
  73. ^ 今岡選手が会見、現役続行を希望阪神球団公式サイト2009年10月10日配信
  74. ^ ウィング選手ボッツ選手退団のお知らせ日本ハム球団公式サイト2009年10月11日配信
  75. ^ ファーム打撃コーチに田中幸雄氏が就任日本ハム球団公式サイト2009年10月13日配信
  76. ^ コーチ就任のお知らせロッテ球団公式サイト2009年10月15日配信
  77. ^ 星野コーチの退団について阪神球団公式サイト2009年10月15日配信
  78. ^ コーチ就任のお知らせロッテ球団公式サイト2009年10月16日配信
  79. ^ 新入団コーチについて阪神球団公式サイト2009年10月16日配信
  80. ^ コーチ就任について阪神球団公式サイト2009年月日配信
  81. ^ 高橋慶彦2軍監督就任のお知らせロッテ球団公式サイト2009年10月22日配信
  82. ^ コーチ退団のお知らせ日本ハム球団公式サイト2009年10月23日配信
  83. ^ コーチ就任のお知らせロッテ球団公式サイト2009年10月24日配信
  84. ^ 片平晋作2軍監督について西武球団公式サイト2009年10月24日配信
  85. ^ 来季のコーチ契約について楽天球団公式サイト2009年10月26日配信
  86. ^ 佐藤吉宏選手現役引退のお知らせ日本ハム球団公式サイト2009年10月26日配信
  87. ^ コーチ就任のお知らせロッテ球団公式サイト2009年10月27日配信
  88. ^ 来季の選手契約について中日球団公式サイト2009年10月27日配信
  89. ^ 荒井幸雄氏 野村克則氏がコーチ就任へ巨人球団公式サイト2009年10月28日配信
  90. ^ 育成選手の1捕手、2投手が自由契約に巨人球団公式サイト2009年10月30日配信
  91. ^ 3選手と育成契約巨人球団公式サイト2009年11月12日配信
  92. ^ 戦力外通告についてソフトバンク球団公式サイト2009年11月2日配信
  93. ^ コーチ就任のお知らせロッテ球団公式サイト2009年月日配信
  94. ^ 島田球団社長 オーナー 記者会見楽天球団公式サイト2009年10月2日配信
  95. ^ 礒部公一選手 現役引退について楽天球団公式サイト2009年10月2日配信
  96. ^ 新任コーチについて楽天球団公式サイト2009年11月2日配信
  97. ^ 来季の契約について楽天球団公式サイト2009年月日配信
  98. ^ 来季の選手契約について中日球団公式サイト2009年11月3日配信
  99. ^ コーチ就任のお知らせロッテ球団公式サイト2009年11月5日配信
  100. ^ 2010年 背番号のお知らせ西武球団公式サイト2009年11月7日配信
  101. ^ 木村拓也選手が現役引退 「充実した毎日だった」巨人球団公式サイト2009年11月8日配信
  102. ^ 会田有志投手が現役を引退巨人球団公式サイト2009年11月8日配信
  103. ^ 岩舘学選手が日本ハムへ移籍巨人球団公式サイト2009年11月9日配信
  104. ^ 読売ジャイアンツより岩舘選手を獲得日本ハム球団公式サイト2009年11月9日配信
  105. ^ 清水直投手と横浜ベイスターズ那須野投手・斉藤選手のトレードについてロッテ球団公式サイト2009年11月9日配信
  106. ^ マーティー・ブラウン監督 就任会見楽天球団公式サイト2009年11月11日配信
  107. ^ 育成選手との契約についてソフトバンク球団公式サイト2009年11月12日配信
  108. ^ コーチ退任のお知らせ日本ハム球団公式サイト2009年11月13日配信
  109. ^ ファーム監督・コーチ就任のお知らせ日本ハム球団公式サイト2009年11月13日配信
  110. ^ 城島健司選手入団記者会見阪神球団公式サイト2009年11月13日配信
  111. ^ 金泰均選手の入団合意についてロッテ球団公式サイト2009年11月13日配信
  112. ^ 工藤公康投手 入団決定!西武球団公式サイト2009年11月14日配信
  113. ^ 背番号変更のお知らせロッテ球団公式サイト2009年11月16日配信
  114. ^ 背番号の変更について阪神球団公式サイト2009年11月16日配信
  115. ^ 外国人選手契約について楽天球団公式サイト2009年11月18日配信
  116. ^ 背番号変更のお知らせ西武球団公式サイト2009年11月18日配信
  117. ^ 李机浩選手入団のお知らせソフトバンク球団公式サイト2009年11月19日配信
  118. ^ 背番号の変更について楽天球団公式サイト2009年11月19日配信
  119. ^ フアン・モリーヨ投手 契約合意について楽天球団公式サイト2009年11月19日配信
  120. ^ 外国人選手契約について楽天球団公式サイト2009年11月20日配信
  121. ^ 的場直樹選手、山田秋親選手入団のお知らせロッテ球団公式サイト2009年10月20日配信
  122. ^ 藪田安彦投手入団のお知らせロッテ球団公式サイト2009年11月23日配信
  123. ^ 川越英隆投手入団のお知らせロッテ球団公式サイト2009年11月24日配信
  124. ^ 横浜ベイスターズと交換トレードが成立日本ハム球団公式サイト2009年11月25日配信
  125. ^ 森脇 浩司ヘッドコーチの退団についてソフトバンク球団公式サイト2009年月日配信
  126. ^ 大石大二郎ヘッドコーチ入団のお知らせソフトバンク球団公式サイト2009年11月25日配信
  127. ^ 前東京ヤクルトスワローズの木田選手を獲得日本ハム球団公式サイト2009年11月27日配信
  128. ^ 大嶺投手背番号変更のお知らせロッテ球団公式サイト2009年11月30日配信
  129. ^ 小林雅英投手が入団会見~「目標は日本シリーズ連覇」巨人球団公式サイト2009年12月1日配信
  130. ^ 外国人選手との契約についてソフトバンク球団公式サイト2009年12月3日配信
  131. ^ 木佐貫投手とオリックス・高木投手のトレード成立巨人球団公式サイト2009年12月4日配信
  132. ^ 高木晃次投手引退のお知らせロッテ球団公式サイト2009年12月4日配信
  133. ^ 6巡目指名、諏訪部投手の獲得断念中日球団公式サイト2009年12月5日配信
  134. ^ FA宣言の藤井秀悟投手が入団巨人球団公式サイト2009年12月8日配信
  135. ^ 小谷野選手の背番号が「5」に変更日本ハム球団公式サイト2009年12月8日配信
  136. ^ 現役引退選手について阪神球団公式サイト2009年12月9日配信
  137. ^ ランディ・メッセンジャー選手との契約完了について阪神球団公式サイト2009年12月10日配信
  138. ^ 新外国人選手及び育成選手獲得のお知らせ中日球団公式サイト2009年12月12日配信
  139. ^ 早川大輔選手のトレードについてロッテ球団公式サイト2009年12月14日配信
  140. ^ 来季の選手契約について中日球団公式サイト2009年12月15日配信
  141. ^ ブライアン・コーリー投手の入団についてロッテ球団公式サイト2009年12月18日配信
  142. ^ ビル・マーフィー投手の入団についてロッテ球団公式サイト2009年12月21日配信
  143. ^ 新外国人選手獲得のお知らせ西武球団公式サイト2009年12月28日配信