1951年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗1951年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
読売ジャイアンツ() 4
南海ホークス() 1
ゲームデータ
試合日程 1951年10月10日-10月17日
最高殊勲選手 南村不可止
チームデータ
読売ジャイアンツ ()
監督 水原茂
シーズン成績 79勝29敗6分
(シーズン1位) 
南海ホークス()
監督 山本一人
シーズン成績 72勝24敗8分
(シーズン1位)
日本シリーズ
 < 1950 1952 > 

1951年の日本シリーズ(1951ねんのにっぽんシリーズ、1951ねんのにほんシリーズ)は、1951年10月10日から10月17日まで行われた日本プロ野球日本選手権シリーズである。初めてセ・リーグを制した、水原茂監督率いる読売ジャイアンツと、初のパ・リーグを制した山本一人監督率いる南海ホークスとの対決となり、10月に後楽園球場大阪球場で行われた。

本来は10月下旬か11月初めごろの開催が予定されていたが、日米野球大リーグ選抜来日試合」が急きょ10月17日から開催されることが決まり、日程的な都合から開催日を上記10月10日からに繰り上げる処置が取られた。このためこの発表がなされた9月23日に、ペナントレースはセ・パ合計96試合(セ・34、パ・62)の未消化試合を取りやめる(セは10月9日、パは10月7日の開催分をもって打ち切り)と発表し、合わせてこの日の段階で首位だった巨人と南海がそれぞれリーグ戦の残り試合や、ゲーム差などを踏まえリーグ優勝とみなすことが発表された。

試合結果[編集]

第1戦[編集]

10月10日 大阪球場 入場者数:29074人

巨人 0 0 0 1 1 3 0 0 0 5
南海 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(巨) ○藤本(1勝) - 楠
(南) ●江藤(1敗)、中谷、服部 - 筒井

[審判]パ横沢三(球)セ筒井、パ浜崎、セ津田(塁)パ井野川、セ杉村(外)

水原監督は迷いに迷った結果、第1戦の先発にエース別所毅彦ではなくベテランの藤本英雄を起用した。南海はこの年ブレークした江藤正。3回には1死満塁のチャンスで無得点だった巨人だが、4回表南村不可止のヒットで先制、5回表に千葉茂川上哲治の連打で2点目。6回表には3点を奪い主導権を握った。対する南海は、6回2死満塁と藤本を攻めたが、代打松葉昇が三振。8回にも山本一人堀井数男の連続ヒットでチャンスを作ったが、山本の盗塁失敗、笠原和夫の併殺打で得点なし。結局藤本が10安打を浴びながらも南海を完封、巨人が1勝目を挙げた。

第2戦[編集]

10月11日 大阪球場 入場者数:24373人

巨人 0 3 2 0 0 1 1 0 0 7
南海 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(巨) ○別所(1勝) - 楠
(南) ●柚木(1敗)、服部- 筒井、松井
本塁打
(巨) 青田1号ソロ(7回1点服部)

[審判]セ(球)パ小島、セ津田、パ井野川(塁)セ杉村、パ浜崎(外)

巨人・別所毅彦、南海・柚木進の先発。2回、1死満塁から楠拡応の犠牲フライ、別所のセンターへの二塁打で3点を先制。3回には川上、南村のヒットなどで2点を追加。6回にも1点を奪って、7回に青田昇のソロホームランで7-0と巨人の一方的なスコアとなった。南海は1回1死2塁のチャンスがあったが、2塁走者の木塚忠助が痛恨の牽制死。2回、5回にも得点圏に走者を進めたがあと1本が出ず、第1戦に続いて完封を許してしまった。2試合連続零封負けは今もシリーズタイ記録。

第3戦[編集]

10月13日 後楽園球場 入場者数:35066人

南海 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2
巨人 2 0 0 0 0 0 0 1 X 3
(南) ●中原(1敗)、中谷、江藤 - 筒井、松井
(巨) ○松田(1勝)、別所 - 楠

[審判]パ横沢三(球)セ筒井、パ井野川、セ杉村(塁)パ小島、セ津田(外)

舞台を後楽園球場に移しての第3戦。巨人の先発は松田清、南海の先発は中原宏。1回裏千葉茂の送りバントと青田の打撃妨害出塁で塁に出て、川上のヒットで2点を奪い、3試合続けて巨人が先制。7回表南海は飯田徳治、山本のヒットで1点差に詰め寄り、なおも1死2塁と同点のチャンスに代打簑原宏が右中間に打ち返したが、ライト青田が背走したままキャッチするファインプレー。続く筒井敬三が三遊間に火の出るような当たりを飛ばしたが、巨人のショート平井三郎のファインプレーに阻まれ、得点できず。粘投の松田から8回手堅く別所につなぎ、巨人が3連勝。早々と王手をかけた。

第4戦[編集]

10月16日 後楽園球場 入場者数:31936人(延長10回)

南海 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 4
巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3
(南) ○服部(1勝)、柚木 - 筒井
(巨) ●中尾(1敗)、別所、大友 - 楠
本塁打
(巨) 樋笠1号3ラン(9回服部)

[審判]セ島(球)パ浜崎、セ筒井、パ井野川(塁)セ杉村、パ小島(外)

巨人は中尾碩志、南海は服部武夫の先発。3回表、南海がヒット2本と送りバントで1死2、3塁とチャンスを作ったところで水原監督は早くも別所を投入。しかし、蔭山和夫飯田徳治、山本が痛打を浴びせ、4点を奪い主導権を握った。対する巨人は、南海の先発服部に9回まで抑えられていた。9回裏、ようやく代打樋笠一夫の3ランホームランで1点差に追い上げるが、反撃もここまで。服部をリリーフした柚木が後続をぴたりと抑え、南海が一矢報いた。

第5戦[編集]

10月17日 後楽園球場 入場者数:15519人

南海 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2
巨人 0 1 0 2 2 0 0 3 X 8
(南) ●柚木(2敗)、中原、江藤、中谷 - 筒井、松井
(巨) ○藤本(2勝) - 楠
本塁打
(南) 村上1号2ラン(9回藤本)
(巨) 宇野1号ソロ(2回柚木)、千葉1号ソロ(5回江藤)、川上1号ソロ(5回江藤)、与那嶺1号2ラン(8回中谷)

[審判]パ横沢三(球)セ津田、パ小島、セ筒井(塁)パ浜崎、セ杉村(外)

2回、宇野光雄がレフト上段に叩き込む先制アーチ。4回には楠拡応スクイズ、5回には千葉茂、川上の本塁打で着実に加点。8回には楠拡応のタイムリー二塁打、与那嶺要の2ラン本塁打でとどめを刺した。藤本英雄の完投勝利で巨人の初の日本シリーズ優勝を決め、第2期黄金時代の第一歩を踏み出した。南海は藤本英雄の前にチャンスらしいチャンスも作れず、9回ようやく中谷信夫の代打村上一治の2ランで2点を返したが、遅すぎた。最終打者は飯田徳治。遊ゴロだった。

ラジオ中継[編集]

(第6~7戦の放送予定については書きかけです)

全5戦ともにNHKラジオ第2で中継された。

また、開局したばかりの新日本放送(現在の毎日放送)が大阪球場で行なわれた2試合を中継した。2試合とも、中澤不二雄が解説を担当、ゲストに阪急浜崎真二阪神松木謙治郎両監督と毎日別当薫・阪神の藤村富美男両選手を迎えて放送した。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]