2009年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗2009年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
読売ジャイアンツ() 4
北海道日本ハムファイターズ() 2
ゲームデータ
試合日程 2009年10月31日-11月7日
最高殊勲選手 阿部慎之助
敢闘選手 高橋信二
チームデータ
読売ジャイアンツ ()
監督 原辰徳
シーズン成績 89勝46敗9分
(シーズン1位/CS優勝)
北海道日本ハムファイターズ()
監督 梨田昌孝
シーズン成績 82勝60敗2分
(シーズン1位/CS優勝)
日本シリーズ
 < 2008 2010 > 

2009年の日本シリーズ(にせんきゅうねんのにっぽんシリーズ、にせんきゅうねんのにほんシリーズ)は、2009年10月31日から11月7日に開催された読売ジャイアンツ北海道日本ハムファイターズによる第60回プロ野球日本選手権シリーズである。

概要[編集]

今大会に限り、新型インフルエンザへの感染に対する特例処置として、出場資格者の人数制限(40人)を撤廃。ただしベンチ入りできる人数(25人)は変わらない[1]

入場料収入は12億8169万6000円、選手への分配金は巨人が1億1931万8601円(分配金としては過去最高)、日本ハムは7954万5734円。球団への分配金は両球団とも2億8083万6134円であった[2]

クライマックスシリーズからのトーナメント表[編集]

CS1st CS2nd 日本選手権シリーズ
                   
 
(6戦4勝制<含・アドバンテージ1>)
東京ドーム
 
 巨人(セ優勝) ☆●○○○
(3戦2勝制)
ナゴヤドーム
 中日 ★○●●●
 中日(セ2位) ●○○
(7戦4勝制)
札幌ドーム
東京ドーム
 ヤクルト(セ3位) ○●●
 巨人(セCS優勝) ○●○●○○
 日本ハム(パCS優勝) ●○●○●●
 
(6戦4勝制<含・アドバンテージ1>)
札幌ドーム
 
 日本ハム(パ優勝) ☆○○●○
(3戦2勝制)
クリネックス宮城
 
 楽天 ★●●○●
 楽天(パ2位) ○○     
 ソフトバンク(パ3位) ●●     
☆・★=クライマックスシリーズ・2ndのアドバンテージ1勝・1敗分

対戦日程[編集]

  • 10月31日 - 第1戦 札幌ドーム
  • 11月1日 - 第2戦 札幌ドーム
  • 11月3日 - 第3戦 東京ドーム
  • 11月4日 - 第4戦 東京ドーム
  • 11月5日 - 第5戦 東京ドーム
  • 11月7日 - 第6戦 札幌ドーム

試合開始時間は東京ドームが18:00。札幌ドームが18:15。

いずれの試合も1塁側巨人、3塁側日本ハムとなる

パ本拠地(札幌ドーム)で開催された第1・2・6戦は、指名打者制で行われた。

試合経過等[編集]

第1戦(10月31日)[編集]

●日本ハム 3-4 巨人○ (札幌ドーム)

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
巨人 0 1 0 0 2 0 1 0 0 4 8 0
日本ハム 0 1 0 0 0 1 0 0 1 3 12 0
  1. 巨 : ○ゴンザレス(5回1/3) - H山口(1回2/3) - H越智(1回) - Sクルーン(1回)
  2. 日 : ●武田勝(6回) - 建山(0/3回) - (1/3回) - 江尻(1回2/3) - 宮西(1回)
  3. : ゴンザレス(1勝)  : 武田勝(1敗)  S: クルーン(1S)  
  4. :  巨 – 谷1号ソロ(2回武田勝)  日 – スレッジ1号ソロ(2回ゴンザレス)
  5. * 開始 18時15分 観衆 40,650人 時間 3時間18分
巨人
打順 守備 選手
1 (遊) 坂本
2 (中) 松本
3 (三) 小笠原
走左 鈴木
4 (指) ラミレス
5 (右) 亀井
6 (左)
寺内
7 (捕) 阿部
8 (一)二 木村拓
9 (二) 古城
大道
打一 李承燁
日本ハム
打順 守備 選手
1 (二) 田中
2 (左) 森本
3 (右) 稲葉
4 (一) 高橋
5 (指) スレッジ
走指 村田
6 (三) 小谷野
7 (中) 糸井
8 (捕) 鶴岡
坪井
二岡
大野
稲田
中嶋聡
9 (遊) 金子誠


第2戦(11月1日)[編集]

○日本ハム 4-2 巨人● (札幌ドーム)

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
巨人 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 8 0
日本ハム 0 0 4 0 0 0 0 0 X 4 12 0
  1. 巨 : ●内海(2回2/3) - 東野(3回1/3) - 豊田(1回) - 木村正(2/3回) - 金刃(1/3回)
  2. 日 : ○ダルビッシュ(6回) - H宮西(1回) - H金森(1回) - S武田久(1回)
  3. : ダルビッシュ(1勝)  : 内海(1敗)  S: 武田久(1S)  
  4. :  巨 – 亀井1号2ラン(4回ダルビッシュ)  日 – 稲葉1号ソロ(3回内海)
  5. * 開始 18時16分 観衆 40,718人 時間 2時間52分
    • 審判 球審=森(セ) 塁審=丹波(パ)、真鍋(セ)、中村稔(パ) 外審=佐々木(セ)、山村(パ)
巨人
打順 守備 選手
1 (遊) 坂本
2 (中) 松本
3 (三) 小笠原
4 (指) ラミレス
5 (右) 亀井
6 (左)
7 (捕) 阿部
8 (一) 李承燁
9 (二) 古城
日本ハム
打順 守備 選手
1 (二) 田中
2 (左) 森本
3 (右) 稲葉
4 (一) 高橋
5 (指) スレッジ
6 (三) 小谷野
7 (中) 糸井
8 (捕) 鶴岡
9 (遊) 金子誠


第3戦(11月3日)[編集]

○巨人 7-4 日本ハム● (東京ドーム)

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
日本ハム 1 1 0 0 1 0 0 1 0 4 4 0
巨人 0 2 1 0 2 0 0 2 X 7 8 3
  1. 日 : ●糸数(5回) - 林(1回) - 菊地(1回1/3) - 宮西(1/3回) - 江尻(1/3回)
  2. 巨 : ○オビスポ(6回) - H越智(1回) - H山口(1回) - Sクルーン(1回)
  3. : オビスポ(1勝)  : 糸数(1敗)  S: クルーン(2S)  
  4. :  日 – 稲葉2号ソロ(1回オビスポ)、小谷野1号ソロ(2回オビスポ)、田中1号ソロ(5回オビスポ)  巨 – 李承燁1号ソロ(2回糸数)、阿部1号ソロ(2回糸数)、小笠原1号ソロ(3回糸数)
  5. * 開始 18時00分 観衆 45,150人 時間 3時間11分
    • 審判 球審=山村(パ) 塁審=佐々木(セ)、丹波(パ)、真鍋(セ) 線審=柳田(パ)、西本(セ)
日本ハム
打順 守備 選手
1 (二) 田中
2 (中) 糸井
打中 森本
3 (右) 稲葉
4 (一) 高橋
5 (左) スレッジ
6 (三) 小谷野
7 (遊) 二岡
8 (捕) 鶴岡
稲田
9 (投) 糸数
坪井
菊地
宮西
江尻
中田
巨人
打順 守備 選手
1 (遊) 坂本
2 (中) 松本
3 (三)一 小笠原
4 (左) ラミレス
走左 鈴木
5 (右) 亀井
6 (一) 李承燁
寺内
7 (捕) 阿部
8 (二) 脇谷
山口
木村拓
クルーン
9 (投) オビスポ
越智
打二 古城


第4戦(11月4日)[編集]

●巨人 4-8 日本ハム○ (東京ドーム)

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
日本ハム 0 0 4 0 1 0 1 2 0 8 11 1
巨人 0 0 1 0 0 0 0 3 0 4 13 0
  1. 日 : ○八木(5回) - 建山(1回) - 宮西(1回) - 金森(1/3回) - H林(2/3回) - 武田久(1回)
  2. 巨 : ●高橋尚(5回) - 豊田(1回) - 金刃(1回) - 木村(0/3回) - 野間口(2回)
  3. : 八木(1勝)  : 高橋尚(1敗)  
  4. :  日 – 高橋1号ソロ(5回高橋尚)  巨 – ラミレス1号3ラン(8回金森)
  5. * 開始 18時00分 観衆45,133人 時間 3時間38分
    • 審判 球審=西本(セ) 塁審=柳田(パ)、佐々木(セ)、丹波(パ) 外審=森(セ)、中村(パ)
  • オーダー
日本ハム
打順 守備 選手
1 (二) 田中
2 (中) 森本
3 (右) 稲葉
4 (一) 高橋
武田久
5 (左) スレッジ
走左 紺田
6 (三) 小谷野
7 (遊) 二岡
飯山
8 (捕) 鶴岡
9 (投) 八木
建山
中田
宮西
坪井
金森
稲田
巨人
打順 守備 選手
1 (遊) 坂本
2 (中) 松本
3 (三) 小笠原
4 (左) ラミレス
5 (一) 亀井
6 (右)
7 (捕) 阿部
8 (二) 木村拓
9 (投) 高橋尚
大道
豊田
金刃
李承燁
木村正
野間口
古城


第5戦(11月5日)[編集]

○巨人 3-2 日本ハム● (東京ドーム)

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
日本ハム 0 1 0 0 0 0 0 0 1 2 4 1
巨人 0 0 0 0 0 0 0 1 2x 3 7 2
  1. 日 : 藤井(7回) - 建山(1/3回) - 林(2/3回) - ●武田久(1/3回)
  2. 巨 : ゴンザレス(7回) - ○山口(2回)
  3. : 山口(1勝)  : 武田久(1敗1S)  
  4. :  日 – 高橋2号ソロ(9回山口)  巨 – 亀井2号ソロ(9回武田久)、阿部2号ソロ(9回武田久・サヨナラ)
  5. * 開始 18時00分 観衆45,160人 時間 2時間57分
    • 審判 球審=中村(パ) 塁審=森(セ)、柳田(パ)、佐々木(セ) 外審=山村(パ)、真鍋(セ)
  • オーダー
日本ハム
打順 守備 選手
1 (二) 田中
2 (中) 糸井
3 (右) 稲葉
4 (一) 高橋
5 (左) スレッジ
武田久
6 (三) 小谷野
7 (遊) 二岡
飯山
8 (捕) 大野
建山
森本
9 (投) 藤井
打捕 鶴岡
巨人
打順 守備 選手
1 (遊) 坂本
2 (中) 松本
大道
走二 脇谷
3 (三) 小笠原
4 (左) ラミレス
5 (一) 亀井
6 (右)
7 (捕) 阿部
8 (二) 古城
山口
9 (投) ゴンザレス
寺内
李承燁
走中 鈴木


第6戦(11月7日)[編集]

●日本ハム 0-2 巨人○

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
巨人 0 1 0 0 0 1 0 0 0 2 6 0
日本ハム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 11 1
  1. 巨 : 東野(2/3回) - ○内海(4回2/3) - H豊田(2/3回) - H山口(1回) - H越智(2/3回) - Sクルーン(1回1/3)
  2. 日 : ●武田勝(7回2/3) - 江尻(1/3回) - 林(1回)
  3. : 内海(1勝1敗)  : 武田勝(2敗)  S: クルーン(3S)  
  4. * 開始 18時16分 観衆 40,714人 時間 3時間2分
    • 審判 球審=真鍋(セ) 塁審=山村(パ)、森(セ)、柳田(パ) 外審=西本(セ)、丹波(パ)
  • オーダー
巨人
打順 守備 選手
1 (遊) 坂本
2 (中) 松本
3 (三) 小笠原
4 (指) ラミレス
5 (右) 亀井
6 (左)
工藤
7 (捕) 阿部
8 (一) 李承燁
9 (二) 古城
日本ハム
打順 守備 選手
1 (二) 田中
2 (左) 森本
稲田
紺田
3 (右) 稲葉
4 (一) 高橋
5 (指) スレッジ
6 (三) 小谷野
7 (中) 糸井
8 (捕) 鶴岡
坪井
大野
9 (遊) 二岡
村田


表彰選手[編集]

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

第1戦[編集]

第2戦[編集]

第3戦[編集]

  • 日本テレビ(NTV)≪日本テレビ系列 ※テレビ大分・テレビ宮崎では放送なし≫
    • 放送時間:17:50 - 21:19(25分延長)
  • 日テレG+≪製作・日本テレビ≫
    • 放送時間:17:30 - 22:00
  • NHK衛星第1
    • 放送時間:17:50 - 21:25

第4戦[編集]

  • 日本テレビ(NTV)≪日本テレビ系列 ※テレビ宮崎は放送なし≫
    • 放送時間:17:50 - 21:44(延長50分)
  • 日テレG+≪製作・日本テレビ≫
    • 放送時間:17:30 - 22:00)

第5戦[編集]

  • 日本テレビ(NTV)≪日本テレビ系列 ※テレビ大分・テレビ宮崎では放送なし≫
    • 放送時間:17:50 - 21:09(延長15分)
  • 日テレG+≪製作・日本テレビ≫
    • 放送時間:17:30 - 22:00

第6戦[編集]

  • 北海道文化放送(UHB)≪フジテレビ系列 ※テレビ大分では放送なし 制作・フジテレビ 制作協力・UHB≫
    • 放送時間:18:00 - 21:34(40分延長)
    • フジテレビONEでも24:00 - 27:00に録画放送
  • NHK衛星第1
    • 放送時間:18:05 - 21:35(5分延長)

第7戦が実施された場合はテレビ北海道(TVh)≪TXN系列 ぎふチャン(GBS)、三重テレビ放送(MTV)、びわ湖放送(BBC)、KBS京都(KBS)、サンテレビ(SUN)、奈良テレビ(TVN)、テレビ和歌山(WTV)でも放送≫が中継する予定だった。

フジテレビ系列とテレビ東京系列は2年ぶりに放映権を獲得したが、TBS系列は2年連続で放映権を逃した。また、第2戦の中継では、新庄剛志清原和博の解説、三宅正治(フジテレビアナウンサー)の実況について、制作局のフジテレビには電話やホームページへの投稿などで約6000件もの抗議・苦情が殺到した[4]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]