水野雄仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
水野 雄仁
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県阿南市
生年月日 1965年9月3日(49歳)
身長
体重
178 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1983年 ドラフト1位
初出場 1984年5月22日
最終出場 1996年10月22日(日本シリーズ第3戦)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 読売ジャイアンツ (1999 - 2001)

水野 雄仁(みずの かつひと、1965年9月3日 - )は、徳島県阿南市出身の元プロ野球選手投手)、野球解説者(所属事務所・エル・ファクトリー)。

来歴・人物[編集]

1965年9月、阿南市宝田町の餡屋の息子として生まれる。1972年7月、阿南市立宝田小学校1年時に、少年野球チーム・宝田ダックスに入部。1976年、小学5年時から投手になる。阿南市立阿南第一中学校卒業。

池田高校時代は、1982年1983年全国高等学校野球選手権大会、1983年の選抜高等学校野球大会と3大会連続甲子園に出場。82年夏・83年春における史上4校目の「夏・春連続制覇」、1983年夏のベスト4進出の中心選手として活躍した。83年春・夏はエース・4番として出場、その風貌も相まって「阿波の金太郎」と呼ばれた。

82年の夏の選手権ではレフトとして出場、中軸を打ち、優勝に貢献した。荒木大輔を擁する早稲田実業学校との準々決勝では、終盤に満塁本塁打を放った。この試合で甲子園初登板も果している。翌83年夏は史上初の夏春夏の3連覇を目指して、全国大会に出場。準々決勝の中京戦での野中徹博との投手戦は、1980年代を代表する好ゲームとしてファンに記憶されている。準決勝では桑田真澄清原和博KKコンビいるPL学園に7対0で屈した。清原からは4三振を奪うも、桑田には左翼スタンドへの特大の本塁打を喫している(このときの桑田の本塁打が水野の甲子園での初被弾である)[1]

1983年のプロ野球ドラフト会議1位で読売ジャイアンツに指名され入団。当時のエース・江川卓と投球フォームが似ていたことからか、背番号は江川の続番である「31」となった。1986年には一軍に定着して8勝をマーク。王貞治監督時代の1987年には10勝をあげ、リーグ優勝に貢献した。

藤田元司長嶋茂雄両監督時代は中継ぎ、抑えとして活躍。オープン間もない東京ドームで開催された1988年のオールスターゲーム第3戦で、延長12回に代打として登場し、サヨナラ犠牲フライを放った。1996年限りで一度引退した。

1997年にはフジテレビニッポン放送スポーツ報知の解説者を務めた。同年秋、メジャーリーグでの現役復帰を目指して、ドミニカのウィンターリーグに参加し、日本人初の勝利投手となった。翌1998年、サンディエゴ・パドレスのスプリング・キャンプに参加したが、メジャー昇格はならず、正式に現役を引退し、帰国した。

再度の引退・帰国後は再びフジテレビ・ニッポン放送・スポーツ報知の解説者を務めた後、1999年、巨人に投手コーチとして復帰し、2001年退団。現在は日本テレビアール・エフ・ラジオ日本、スポーツ報知野球解説者。RFラジオ日本で月曜夜8時から放送中の『水野雄仁のGスタジアム』のMCを担当している。

2007年より静岡県セイブ自動車学校のCMに出演している(静岡及び東海地区ローカル)。父親が静岡県出身であること、さらに叔父が同校の教官(2013年現在、顧問)をしていることから起用された(CMでは「おじさん」と共演している)。2009年には第24回地方CM大賞に選ばれた。

エピソード[編集]

  • 池田高校で優勝した際にはテレビで同校の特集番組が組まれた。当時の蔦文也監督の指導により、選手の上半身強化が徹底されていたこともあり水野が重いバーベルを軽々と持ち上げ、後輩に「これぐらい持てんとホームラン打てへん」と豪語したり、練習終了後は近所のドライブインで、牛ステーキ豚カツ食べ放題と言い放ったりという姿が放送された。
  • 水野は池田野球について以下のようにインタビューで答えている。池田の練習は毎日授業を終えた15時から3時間、みっちりバッティング練習をして、残り30分だけノック(守備練習)。キャッチボールする時間は無駄だ、とウォーミングアップもしないで、いきなりフリーバッティングが始まり、守りに付いた野手が1塁へ投げて肩を作れ、と。また「当時は金属バットが導入されて8年目ぐらいの頃で、ウェイトトレーニングを取り入れている学校はあまりなかったと思いますが、僕らは積極的に取り入れて打撃を強化していました。特に冬場はよくやりました。また毎日、野球部寮の裏手にある後援会副会長が営むレストランで、当たり前のように食べたいだけ肉を食べさせてもらっていました。それで良質な筋肉が作られていったと思います。蔦さんはいろんなことにチャレンジする監督で、ちょうど地元の企業だった大塚製薬ポカリスエットを販売し始めた頃で、僕らはモデル校みたいな感じで練習中にポカリスエットや試供品カロリーメイトを体にいいからと飲まされていました。バットに関しては、社会人野球のチームだったと思うんですが『凄く打球音がよくて飛ぶバットだ』ということでいち早くゼットパワーを取り入れて、結果的に強力打線を生み出しました」[2]
  • 第64回大会での全国制覇については「決勝で昔ながらの緻密な野球をする広島商業を相手に12-2の大勝だったので、余計にみなさんは『強打・池田』の印象を強くし「新しい時代の流れを感じた」とよく言ってくれます」。早稲田実業戦については「池田の紅白戦は畠山準さんと僕が投げていたのでチームメイトも荒木大輔さんのストレートが速いと感じなかったはずです。僕は畠山さんを目標として努力していただけに、荒木さんより畠山さんの評価が低いというのが、どうしても許せなかった」。
  • 第65回大会については「3回戦の広島商業戦で頭にデッドボールを食らって、その後はあまり覚えていないんです。準決勝の相手PL学園は完全にノーマークで、ここは流して、いざ決勝という慢心があった。でも今考えれば、いい相手に負けましたよ。野球の神様が流れを作っているんだろうとすごく感じた。KKコンビのPL学園が勝ち続けたことによって、より池田の輝きは増したと思いますから」「高校を卒業して四半世紀以上が経つというのに甲子園関連の取材がない年はありません。改めて池田はそれだけ強い印象を残したチームだったんだなあと思うんです」などと話している[2]。また、先にPL学園戦に負けたのは、広島商戦で受けた死球の影響がピークに達していたからではとの見方が強かったが、本人は後年「中1日の中京戦では1失点完投だったから影響はなかったと思う。PL戦に関しては、気のゆるみもあり準備ができていなかったのかもしれません。マークしていた清原は、4打数4三振に抑えていますしね。」[3]と決して死球のせいではないと振り返っている。
  • 現役時代の1985年に門限過ぎの飲酒を『フォーカス』に掲載された。故障療養中でしかも未成年の時点での不祥事ということもあり、謹慎処分を受けた。この時に槙原寛己は何度か「おーい、生きてるか?」と茶化した。また、寮の非常階段に有刺鉄線が張られたのは水野らの夜遊びの度が過ぎたのが主な原因だったのだが、その水野が自ら「巨人軍は火事があったら大変だ」と消防署に電話したために有刺鉄線は撤去されたと槙原は語っている[4]
  • 水野より1歳上で同じく高校3年で読売ジャイアンツにドラフト1位で指名されプロ入りした斎藤雅樹1989年、1990年連続20勝記録したが、両年とも20勝目を挙げた試合は水野がセーブを記録した。
  • 入団当初はワールドペガサスの用具を使用していたが、のちに名前と同じミズノに替えている。
  • 1990年5月24日ナゴヤ球場での対中日ドラゴンズ戦で槙原がバンス・ローに頭部付近投球を与えた際乱闘になり、その際中日星野仙一監督が水野に罵声を浴びせられたとの理由で憤慨し、星野に大声で呼びつけられた後、顔面を殴打された。
  • 投手コーチ時代、年上の現役選手工藤公康からは「水野ちゃん」と呼ばれていた。同じく年上の槙原は茶化す意味でワザと「水野コーチ」と呼んでいた。
  • 解説等での一人称は主に「私(わたし)」を用いる。また、「投げれる」といった"ら抜け言葉"を多用する傾向にある。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1984 巨人 7 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 55 10.2 15 2 9 0 0 9 0 0 8 8 6.75 2.25
1986 26 16 2 0 1 8 6 1 -- .571 436 100.1 100 10 40 8 2 95 5 0 43 40 3.59 1.40
1987 24 16 2 1 1 10 4 0 -- .714 428 107.0 98 12 20 1 1 82 4 0 40 31 2.61 1.10
1988 23 18 3 1 0 6 6 1 -- .500 488 117.0 108 11 35 7 4 89 1 0 46 42 3.23 1.22
1989 15 8 0 0 0 2 5 1 -- .286 251 63.1 50 6 14 0 3 57 1 0 25 24 3.41 1.01
1990 34 1 0 0 0 2 2 11 -- .500 263 68.2 46 2 14 3 2 64 0 0 16 15 1.97 0.87
1991 31 0 0 0 0 5 2 3 -- .714 191 50.1 40 6 8 3 1 30 0 0 14 12 2.15 0.95
1993 43 0 0 0 0 1 1 0 -- .500 239 60.2 53 1 14 0 0 36 3 0 22 19 2.82 1.10
1994 27 0 0 0 0 1 2 0 -- .333 151 35.2 40 4 10 3 0 22 1 0 21 20 5.05 1.40
1995 25 0 0 0 0 2 1 0 -- .667 138 32.0 24 3 18 1 2 28 3 1 14 11 3.09 1.31
1996 10 0 0 0 0 2 0 0 -- 1.000 57 14.1 9 1 7 1 0 7 0 0 5 5 3.14 1.12
通算:11年 265 59 7 2 2 39 29 17 -- .574 2697 660.0 583 58 189 27 15 519 18 1 254 227 3.10 1.17

記録[編集]

背番号[編集]

  • 31 (1984年 - 1996年)
  • 71 (1999年 - 2001年)

関連情報[編集]

現在の出演番組[編集]

CM出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 私のベストゲーム(桑田真澄著)
  2. ^ a b 別冊宝島1644 名門野球部の甲子園伝説 伝説のチーム編 2009年、宝島社、p3-7
  3. ^ 『高校野球思い出の名勝負30+1夏』 ベースボールマガジン社刊 p9
  4. ^ 元巨人・槙原氏が告白 “プロ生活20年間ずっと・・・・・・”(TBS「ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」2013年5月11日放送分より)
  5. ^ CMギャラリー〜運転免許、合宿免許のセイブ自動車学校

関連項目[編集]

外部リンク[編集]