山村達也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山村 達也
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府
生年月日 1961年9月21日(52歳)
身長
体重
181 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1979年 ドラフト3位
初出場 1980年8月9日
最終出場 1989年5月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山村 達也(やまむら たつや、1961年9月21日 - )は、大阪府出身のプロ野球審判員。審判員番号「18」。元プロ野球選手投手)。右投右打。長男は元徳島インディゴソックス選手で2012年よりNPBプロ野球審判員の山村裕也

来歴・人物[編集]

泉州高校(現・近畿大学泉州高校)から1979年ドラフト3位指名で近鉄入団。1990年現役引退。

1991年パシフィック・リーグ審判部入局。1992年審判学校に1年間研修。袖番号は18。

2013年シーズン終了時点で1558試合出場オールスター出場2回(1999年、2006年。1999年第2戦で球審)、日本シリーズ出場3回(2002年2009年2013年。2002年第4戦、2009年第3戦で球審)。 1998年千葉ロッテマリーンズがプロ野球新記録の17連敗を喫した試合で三塁塁審。18連敗で止めた試合で球審を務めていた。(相手は何れもオリックス戦) 2008年クライマックスシリーズ全試合に出場し、第1ステージ第2戦、第2ステージ第5戦で球審を務めた。 判定のコールがやや遅めなのが特徴。以前は球審での構えがシザーススタンスだったが、現在はボックススタンスで構えている。2010年に主任に昇進した。役職名変更により2011年からクルーチーフとなったが、2013年からはクルーチーフの役を解かれ一般審判員となる。

2013年5月20日のオリックス対横浜DeNAベイスターズ戦(京セラド-ム)で審判として通算1500試合出場[1]を達成したが、前日の同戦でも5回終了時点で1500試合出場でセレモニーが行われており、これはオリックスの広報部によるミスで、実際はこの試合では1499試合目だった[2]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1980 近鉄 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 16 3.0 5 2 1 0 0 3 0 0 5 5 15.00 2.00
1981 2 2 2 0 1 2 0 0 -- 1.000 68 18.0 13 1 3 0 0 7 0 0 2 2 1.00 0.89
1982 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 63 14.2 13 1 7 0 1 13 0 0 9 9 5.40 1.36
1983 16 14 4 0 1 3 6 0 -- .333 381 89.2 93 10 27 1 1 52 3 0 51 48 4.82 1.34
1984 6 2 0 0 0 0 2 0 -- .000 68 14.1 20 4 7 0 1 6 0 0 11 10 6.28 1.88
1985 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 34 6.0 8 0 10 0 0 5 1 0 9 9 13.5 3.00
1986 3 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 31 6.1 11 1 3 0 0 4 1 0 8 6 8.53 2.21
1988 5 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 63 12.1 23 4 4 1 0 5 0 0 17 17 12.41 2.19
1989 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 53 11.0 13 3 8 0 0 12 0 0 12 12 9.82 1.91
通算:9年 48 20 6 0 2 6 8 0 -- .429 777 175.1 199 26 70 2 3 107 5 0 124 118 6.06 1.53

投手記録[編集]

背番号[編集]

  • 49 (1980年)
  • 26 (1981年 - 1983年)
  • 18 (1984年 - )

審判出場記録[編集]

(記録は2013年シーズン終了時)

脚注[編集]

  1. ^ 山村審判員が通算1500試合出場を記録スポーツニッポン2013年5月20日配信
  2. ^ ああ計算間違い…オリックス「1500試合はあすでした」スポーツニッポン2013年5月20日配信

関連項目[編集]