マーク・クルーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・クルーン
Marc Kroon
YG-Marc-Kroon.jpg
巨人時代(2008年5月25日、東京ドーム)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ニューヨーク市ブロンクス区
生年月日 1973年4月2日(41歳)
身長
体重
188 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1991年 ドラフト2巡目[1]
初出場 MLB / 1995年7月7日
NPB / 2005年4月2日
最終出場 MLB / 2004年6月29日
NPB / 2010年10月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マーク・ジェーソン・クルーンMarc Jason Kroon1973年4月2日[1] - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州出身の[1]プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ブロンクス区出身。

MLB時代[編集]

1991年ドラフト2巡目72位指名でニューヨーク・メッツに入団[1]速球投手として知られ、プロ5年目のサンディエゴ・パドレス傘下2Aメンフィス所属時には101mph(約163km/h)を記録した。その後もしばしば160km/hを記録したものの、制球が悪く、また肘を壊しメスを入れたことで、メジャーから声がかからず、日本に働き場を求め、横浜ベイスターズに入団。

横浜時代[編集]

2005年牛島和彦の指導で投球フォームを改造する。重心を軸足に残して投げるようにしたもので、この改造により長年の課題であった制球力が改善される。当初はセットアッパーとして起用されたが、佐々木主浩が離脱したのをきっかけに抑えを務めるようになった。来日当初は佐々木からよく面倒を見てもらっていたようで、自身がマイナーリーグに所属していた頃にメジャーで活躍していた佐々木を尊敬し、「ササキサン」と敬称付きで呼んでいる。「僕はササキサンが帰ってくるまでストッパーを頑張るだけさ!」と言うのが口癖だった。日本球界を離れたあとも、日本での6年間で最も影響を受けた人物として、牛島と佐々木の名前を上げており、彼らのおかげで活躍出来たと語っている[2]。この年の登場テーマ曲にはプライベートで面識のあるダディー・ヤンキーレゲトンミュージックである「Gasolina」を使用した(選曲はスタジアムDJの栗原治久)。

2006年は抑えに定着。しかし9月7日の対広島東洋カープ戦(下関球場)で左臀部を負傷、12日に登録抹消された。登録抹消は来日2年目で初めてのことで、負傷明けの9月20日に対千葉ロッテマリーンズ戦(イースタン・リーグ)で登板、岸本秀樹→クルーン→松家卓弘岡本直也のリレーでノーヒットノーランを記録している。なお、クルーンが湘南シーレックスで登板したのはこの1試合のみである。

2007年はチームの復調もあって開幕から好調をキープ。内転筋痛や股関節痛などを抱えてシーズン終盤は息切れしたものの、3勝1敗31セーブの好成績を収めてチームに貢献した。シーズンの横浜は、クルーンが登板した試合は39勝3敗1分と好成績を挙げ、「クルーンが投げるとチームは勝つ」というジンクスが生まれた。シーズン最終登板となった10月8日の対東京ヤクルトスワローズ23回戦(横浜スタジアム)では161km/hをマークするなど圧巻の投球を見せ、試合後のヒーローインタビューでは「来年もベイスターズのユニフォームを着てプレーしたい」と涙ながら語った。しかし、契約交渉において「2009年限りで引退」と宣言し、横浜の顔・クローザーとして年俸4億、2年契約などを要求。これに球団が対抗してクルーンの故障(遊離軟骨)をスポーツニッポン紙にリークして低年俸を要求するなど小競り合いが泥沼化し、横浜退団が決定的となった。11月30日付で自由契約が公示されると、12月4日にはホームページに東京ドームの写真が掲載され、この時点で横浜退団・巨人入団が決定的となった。

12月5日読売ジャイアンツと契約したことを発表。契約期間は1年間で球団側が2年間の延長を選択できるオプションを持つ。契約金は5000万円で年俸は3億円(金額はすべて推定)。背番号は横浜時代と同じ42となった。

巨人時代[編集]

2008年は先発に復帰する上原浩治に代わってクローザーを務める。4月3日の対中日ドラゴンズ戦(東京ドーム)で移籍後初セーブを挙げる。4月27日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)では9回裏に1点リードで登板するが、満塁で新井貴浩に押し出し四球を与えてしまい、サヨナラ負けを喫してしまう。なおこの際、四球の判定をめぐって友寄正人に暴言を吐き、試合終了後に退場処分を受ける。9月13日の対ヤクルト戦では球団新記録となる33セーブ目を挙げた。優勝が決定した10月10日の対ヤクルト戦では9回裏2アウトから登板し、青木宣親を2球でセカンドゴロにしとめ、優勝決定戦を締めくくった。このシーズンは41セーブをあげ、来日4シーズン目にして初の最多セーブ投手のタイトルを獲得、移籍1年目で優勝に貢献した。巨人からの最多セーブ投手輩出は1993年石毛博史以来15年ぶりである。

2009年は故障に苦しみ、数度の登録抹消を経験したものの、46試合登板で1勝3敗27セーブ・防御率1.26とチームの優勝に貢献。被本塁打は1本、自責点は7に抑えた。9月1日の対横浜ベイスターズ戦で、登板前にユニフォームを忘れ、香田勲男(1軍投手コーチ)の背番号72のユニフォームを付けて出場した[3]9月23日の対中日戦で3年連続リーグ優勝を決め、自身は2年連続の胴上げ投手となった。クライマックスシリーズ日本シリーズでも守護神の役割を果たし、7年ぶりの日本一に貢献した。

2010年は夏場に故障で離脱した他、被本塁打が5本、自責点が24点と、いずれも前年より大幅に増加するなど、打ち込まれる試合が増えた。7月18日の対横浜戦では、3打席連続四球後にブレット・ハーパーに逆転サヨナラ満塁本塁打を浴びるなど、自身の乱調により星を落とす試合が目立つようになった。8月18日にナゴヤドームでの試合前練習中、「つばを吐きかけられた」とファンに対して激怒するトラブルがあった[4]岡田圭右ますだおかだ)がテレビ番組で語ったところによると、この前夜にクルーンは市内で酔った和田アキ子に偶然遭遇し、家まで連れて行かれた。和田は黒人選手が家に来たからとブラックミュージックのCDをかけたが、体でリズムを取っていたクルーンに対し「なに貧乏ゆすりしてんねん!」と怒鳴りつけてしまったため、岡田は「(和田に)無理やり連れて行かれた上に怒鳴られてストレスになってたんじゃないですか」と述べている[5]。9月に入ると、セーブが付く最終回で乱調になると途中降板し、山口鉄也越智大祐などのセットアッパーがクローザーを務める試合も多くなった。シーズン最終戦の10月8日の対ヤクルト戦では勝てば2位・敗れば3位となり、4-3での9回表に登板するが、2死から畠山和洋に同点適時打を浴びると、10回表には失策と四球で2走者を出塁させて降板。その後を受けた高木康成川本良平に決勝3ランを浴びて敗戦、シーズン3位に終わった[6]。最終的には25セーブを挙げたものの、防御率は4点台と大幅に悪化し、巨人は次季以降の契約は更新しない事を通告。

SFジャイアンツ傘下時代[編集]

2011年1月24日、サンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結ぶ。スプリングトレーニングに招待選手として参加したが、この年はメジャーに昇格することなく、傘下のAAA級フレズノで過ごし、49試合の登板で2勝5敗20セーブ、防御率5.11、WHIP1.64を記録。

引退後[編集]

2012年2月19日に現役引退を表明した[7]

プレースタイル[編集]

スリークォーターから日本プロ野球記録の最速162km/hを誇るストレートと最速151km/hで落ちるフォークボール(スプリッター)、カットボールを武器とする。

金本知憲は印象深い投手にクルーンの名前を挙げ、「まっすぐだけ待って2球連続で空振りしたのはクルーンだけ」と発言。

荒れ球投手である上、落差の大きいフォークボールを決め球としている[8]ことから、四球や暴投、ワンバウンドも多かった。その上、ピンチのシーンになると頭に血がのぼり我を忘れる事も多く、解説者からはしばしば「安定感が無い」「落ち着いて見ていられない」と言われる。一部のスポーツ紙では「クルーン劇場」と評されていた[9]

最後のアウトを取って試合に勝利した瞬間、両腕を頭上に上げて天を見上げるパフォーマンスを披露していた。

人物[編集]

  • ジャパニーズネームは「タカユキ」。横浜時代にチームメイトだった内川聖一村田修一が名付けた。
  • 背番号42に関して本人は「日本では不吉で縁起の悪い番号とされていることは知っているが、自分は4月2日生まれであること、(黒人選手の元祖である)ジャッキー・ロビンソンの番号であることから、この番号を気に入っている。特にアメリカではもう42を付けることができない(全球団共通の永久欠番に指定)ため、日本で番号を付けさせてもらえるのは大変光栄だ」とコメントしている。
  • ファンサービスに熱心に取り組んでおり、横浜スタジアムでの試合前には内野客席からファンが求めるサインに快く応じる姿が目撃される。クルーン本人の弁によれば、少年時代にニューヨーク・ヤンキースの選手にサインを求めたが断られた経験があり、その時「僕がプロ野球選手になったら子供達にサインをしてあげよう」と誓ったためだという。アルファベットで書く通常のサインの他に、漢字で「狂雲(くるうん)」と書くサインもあり、本人も気に入っている。
  • 日本語もある程度しゃべることができ、横浜時代バッテリーを組んでいた相川亮二捕手とは相川が英語で喋るとクルーンが日本語で返すという変わったコミュニケーションをとっていた[10]。また、ダチョウ倶楽部上島竜兵の持ちギャグで、帽子をとって回転させて「くるりんぱ」と言うギャグをすることがあった。プライベートでも日本人選手との親交も多いという。
  • かなりの偏食で、マクドナルドのハンバーガーが好物。食事はステーキスパゲティピザのローテーションとインタビューで語っていた。日本食はほとんど食べられないが牛丼だけは例外で、巨人の宮崎キャンプのテーブルにも、毎日延々とスパゲティミートソースとステーキが並べられていたという。横浜スタジアムの関係者食堂には「クルーン・ミートソース」という、通常の半分量にした専用メニューのミートソーススパゲティがあり、巨人移籍後も試合で横浜スタジアムに来る度に食べにきていたという。
  • 横浜スタジアムでの試合は徒歩でスタジアム入りするため、関内駅周辺に出没する事でも有名だった。
  • 新庄剛志が着ていた襟付きアンダーシャツの所持者であり、珍しい野球グッズを集めるのが趣味。
  • 右肩には漢字の「信」を象ったタトゥーが彫られている。
  • マライア・キャリーの大ファンである。ドレッド好き。
  • 自身のグローブが他人に触れられるのを極端に嫌う。
  • 食事で焼肉に行った際は、通訳が「(クルーン)専用の網を用意した方がいい」と言うほどの焼肉奉行で、自分の段取り通りにならないと気が済まなかったらしい。

速球に関する記録[編集]

日付 対戦相手 場所 打者 備考
2005年5月11日 東北楽天ゴールデンイーグルス フルキャストスタジアム宮城 高須洋介 1球目に最速タイとなる158km/h、2球目に最速の159km/hを記録。
2005年7月19日 阪神タイガース 阪神甲子園球場 赤星憲広 12回裏1死からへの6球目に新記録となる161km/hをマーク。赤星は試合後に「次(に来た150キロ)のストレートがチェンジアップに見えた」とコメントしている。
続く鳥谷敬の初球に160km/hを記録。
2005年8月3日 阪神タイガース 横浜スタジアム 金本知憲 9回2死から登板し、160km/hを2回連続で記録した。
2005年8月11日 読売ジャイアンツ 東京ドーム 堀田一郎 3球目に162km/hを計測。
しかし、打球速度の誤表示として記録更新は認められなかった[誰によって?]。試合後にクルーンは「(162km/hは)あんなに遅いのか」と言った(東京ドームではピッチャーライナーの打球速度が誤って表示されることが他の球場に比べて多い)。
2006年7月21日 オールスター第1戦 明治神宮野球場 里崎智也 オールスター史上最速となる159km/hを記録するが痛打される。
2006年7月23日 オールスター第2戦 サンマリンスタジアム宮崎 川崎宗則 3球目に160km/hを記録し、オールスター記録更新(結果は死球)。
同上 同上 同上 中島裕之 3球目に160km/hを記録し空振り三振に抑えた。
2008年4月8日 横浜ベイスターズ 横浜スタジアム 内川聖一 5球目に160km/hを記録し、3者凡退に抑えた。
2008年4月13日 東京ヤクルトスワローズ 東京ドーム 川端慎吾 東京ドーム初の160km/hを記録した。
2008年6月1日 福岡ソフトバンクホークス 福岡Yahoo!JAPANドーム 松田宣浩 現在NPB最速となる162km/hを記録した。
2008年8月1日 オールスター第2戦 横浜スタジアム 日高剛 161km/hを表示してオールスターにおける最高記録を更新。
しかし本塁打を浴び、被本塁打最高球速投手になった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1995 SD 2 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 7 1.2 1 0 2 0 0 2 0 0 2 2 10.80 1.80
1997 12 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 56 11.1 14 2 5 0 1 12 1 0 9 9 7.15 1.68
1998 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 8 2.1 0 0 1 0 0 2 0 0 0 0 0.00 0.43
CIN 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 30 5.1 7 0 8 0 1 4 2 1 8 8 13.50 2.81
'98計 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 38 7.2 7 0 9 0 1 4 2 1 8 8 9.39 2.09
2004 COL 6 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 32 6.0 7 1 10 0 0 3 1 0 4 4 6.00 2.83
2005 横浜 55 0 0 0 0 3 2 26 6 .600 222 53.1 42 2 23 1 0 61 1 0 18 16 2.70 1.22
2006 47 0 0 0 0 2 5 27 4 .286 195 48.0 38 4 8 1 1 70 1 0 16 16 3.00 0.96
2007 43 0 0 0 0 3 1 31 0 .750 178 42.1 35 3 15 0 2 65 5 0 14 13 2.76 1.18
2008 巨人 61 0 0 0 0 1 4 41 3 .200 248 61.0 34 1 27 0 3 91 13 0 18 15 2.21 1.00
2009 46 0 0 0 0 1 3 27 1 .250 206 50.0 36 1 19 0 2 57 4 0 10 7 1.26 1.10
2010 52 0 0 0 0 4 3 25 5 .571 216 50.2 35 5 29 0 0 73 4 0 25 24 4.26 1.26
MLB:4年 26 0 0 0 0 0 2 0 0 .000 133 26.2 29 3 26 0 2 23 4 1 23 23 7.76 2.06
NPB:6年 304 0 0 0 0 14 18 177 19 .438 1265 305.1 220 16 121 2 8 417 31 0 101 91 2.68 1.12
通算:10年 330 0 0 0 0 14 20 177 19 .412 1398 332.0 249 19 147 2 10 440 35 1 124 114 3.09 1.19
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

NPB初記録
NPB節目の記録
  • 100セーブ:2008年5月26日、対北海道日本ハムファイターズ2回戦(東京ドーム)、8回表2死に6番手で救援登板・完了、1回1/3を無失点 ※史上18人目
  • 全12球団からのセーブ:2008年4月9日、対横浜ベイスターズ2回戦(横浜スタジアム)、9回裏に2番手で救援登板・完了 ※史上2人目(過去の達成者は江夏豊
  • 150セーブ:2009年9月19日、対東京ヤクルトスワローズ21回戦(明治神宮野球場)、9回裏に6番手で救援登板・完了、1回無失点 ※史上8人目(250試合の達成は史上最速)
NPBその他の記録
  • オールスターゲーム出場:4回(2005年-2008年)
    • 2005年第2戦、2006年第1戦、2006年第2戦と3試合連続セーブを記録:当時・横浜ベイスターズの牛島和彦監督が持つオールスター記録に並ぶ

背番号[編集]

  • 54 (1995年)
  • 32 (1997年 - 1998年途中)
  • 33 (1998年途中)
  • 48 (2004年)
  • 42 (2005年 - 2010年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]