ヴァル・パスクチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァル・パスクチ
Val Pascucci
レイノサ・ブロンコス #17
DSC 0189 Valentino Pascucci.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イタリアの旗 イタリア
二重国籍[要出典]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ベルフラワー
生年月日 1978年11月17日(35歳)
身長
体重
6' 6" =約198.1 cm
260 lb =約117.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 1999年 MLBドラフト15巡目
初出場 MLB / 2004年4月26日
NPB / 2005年3月26日
最終出場 NPB / 2006年9月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム イタリアの旗 イタリア
WBC 2006年2009年

ヴァレンティノ・マーティン・パスクチValentino Martin Pascucci , 1978年11月17日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身のプロ野球選手外野手)。イタリア系アメリカ人である。

愛称は「ヴァル」「ヴァールン」など。

来歴・人物[編集]

MLB時代[編集]

1999年MLBドラフト15巡目でモントリオール・エクスポズに指名され契約。2004年メジャー初昇格。

ロッテ時代[編集]

2005年千葉ロッテマリーンズに入団。東北楽天ゴールデンイーグルスとの開幕戦岩隈久志から来日初安打を放つ。開幕2試合目には満塁本塁打を含む5打数4安打7打点2本塁打と大活躍。しかしその後は不調に陥り、李承燁が二軍で好調だったこともあり降格。その後、ベニー・アグバヤニの故障で夏場に再登録され、下位打線ながら一時期3割を超える打率を残すなど活躍。このシーズンはベニーやマット・フランコ、李承燁などの主力外国人選手が欠場する試合に出場することが多かった。シーズン終了後、契約問題で揺れたが1月に再契約し、残留。李承燁が移籍し年齢も比較的若いため、今後の飛躍・成長が期待された。

2006年イタリア代表としてワールド・ベースボール・クラシックに出場。2005年はなかなか結果を出すことが出来なかったり、出場機会に恵まれないなど、数多くの苦労を味わったが、WBCイタリア代表に選出されたことから、一部マスコミに「イタリアのおしん」と称された。8月には、5日の福岡ソフトバンクホークス戦で篠原貴行からサヨナラ本塁打を放ったのを皮切りに7本塁打16打点をあげるなど活躍し、最終的には前年を上回る13本塁打を放ったものの、通年で見ると得点圏打率.135と勝負弱く、また45安打に対して77三振という打撃の粗さが目立った。11月28日、自由契約選手として公示された。応援歌に使われた原曲はナムコから発売されたリブルラブル

ロッテ退団後[編集]

2007年4月7日にフロリダ・マーリンズとマイナー契約を結ぶ。傘下(当時)のAAA級アルバカーキでは34本塁打を放ち本塁打王となる。12月にはフィラデルフィア・フィリーズとマイナー契約を結ぶ。

2008年4月29日に解雇され、ニューヨーク・メッツとマイナー契約。傘下のAAA級ニューオーリンズで打率.290、27本塁打、OPS.963の好成績を挙げるも、メジャーに昇格することはなかった。

2009年1月にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結ぶ。2大会連続でワールド・ベースボール・クラシックイタリア代表にも選出され出場。ベネズエラ、カナダ戦に4番・DHとして出場したが、6打数1安打に終わった。6月18日に解雇され、27日にサンディエゴ・パドレスとマイナー契約。

2010年5月14日にニューヨーク・メッツとマイナー契約を結ぶ。

2011年もニューヨーク・メッツとマイナー契約を結ぶ。傘下のAAA級バッファローで130試合に出場し打率.264、21本塁打、OPS.851を記録し、9月6日にメジャー昇格。2012年はメッツ傘下AAA級マイナーリーグでプレー。2013年よりメキシカンリーグレイノサ・ブロンコスに所属。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2004 MON 32 74 62 6 11 1 0 2 18 6 1 0 0 1 10 1 1 22 3 .177 .297 .290 .588
2005 ロッテ 33 120 102 21 29 3 0 8 56 20 1 1 0 0 18 0 0 38 2 .284 .392 .549 .941
2006 69 238 203 26 45 9 1 13 95 32 0 1 0 1 31 1 3 77 1 .222 .332 .468 .800
2011 NYM 10 11 11 1 3 0 0 1 6 2 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .273 .273 .545 .818
MLB:2年 42 85 73 7 14 1 0 3 24 8 1 0 0 1 10 1 1 25 3 .192 .294 .329 .623
NPB:2年 102 358 305 47 74 12 1 21 151 52 1 2 0 1 49 1 3 115 3 .243 .352 .495 .847

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 35 (2004年、2006年WBC
  • 43 (2005年 - 2006年)
    • 37 (2009年WBC
  • 15 (2011年)
  • 17 (2013年 - )

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]