吉野誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
吉野 誠
Yoshino makoto.jpg
オリックス時代
(2011年8月6日、QVCマリンフィールド)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県大宮市(現:さいたま市見沼区
生年月日 1977年11月19日(36歳)
身長
体重
182 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1999年 ドラフト2位
初出場 2000年3月31日
最終出場 2013年3月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

吉野 誠(よしの まこと、1977年11月19日 - )は、埼玉県大宮市(現:さいたま市見沼区)出身の元プロ野球選手投手)。

現役時代は阪神タイガースオリックス・バファローズ福岡ソフトバンクホークスでプレー。2014年からは、スカウトとして阪神に復帰する[1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

埼玉県さいたま市見沼区出身。大宮東高から東都日大に進学。東都大学リーグでは3年生春からチームが1部に昇格する。通算38試合登板し14勝15敗、防御率2.24、192奪三振。

その後、1999年のドラフト会議阪神タイガースに2位指名され、入団。

阪神時代[編集]

入団時はオーバースローだったが、2002年サイドスローに転向したことが契機となり、翌2003年には安藤優也ジェフ・ウィリアムスとともに中継ぎでフル回転し、チーム最多の56試合に登板し、プロ初勝利を挙げるなど優勝に貢献する。この年の日本シリーズでは7試合中6試合に登板。全ての試合で無失点に抑える活躍を見せ、第3戦では勝利投手になった。日本シリーズでの好投を見て、星野仙一監督はインタビューで「何より吉野が素晴らしい!」と絶賛。

2004年以降は指の故障(左第3指屈筋腱炎)の影響もあって低迷し、再びオーバースローに戻すなど試行錯誤を続けている。

2006年は背番号を47に変更し、開幕一軍を果たすも登板なしのまま二軍落ち。8月末に3度目の一軍昇格を果たすと、8月26日読売ジャイアンツ戦でようやく初登板。テレビ放送にゲスト解説で出演した星野仙一が「2003年の日本シリーズでの投球をもう一度思い出して欲しい」と激励した。この年、プロ初セーブを挙げる。

2007年オフ、濱中治と共に阿部健太平野恵一との2対2交換トレードでオリックス・バファローズに移籍。12月3日付でオリックスの支配下選手に登録された。阪神時代の同僚でオリックスでも再びチームメイトとなる北川博敏とは、高校からの学歴やドラフト2位での阪神入団といった経歴が共通している。

オリックス時代[編集]

2008年9月3日(阪神甲子園球場)

2008年は43試合に登板し、リリーフ左腕として活躍した。セ・パ交流戦初戦の5月20日、対阪神戦(京セラドーム大阪)で3点ビハインドの7回表からリリーフ登板すると、打者4人を完璧に抑えた。すると、その裏に一輝のプロ初打点となる決勝打など打線が一挙4得点を奪って逆転し、古巣から移籍後初勝利を挙げ、これが5年ぶりの白星となる通算2勝目ともなった。

2009年5月10日の対日本ハム戦(札幌ドーム)で、岸田護の戦線離脱に伴い、2001年5月29日の対広島戦以来8年ぶりに先発を務めた。しかし、味方守備に足を引っ張られたのもあり、1回1/3を6失点(自責点3)で敗戦投手となった。この年はわずか12試合の登板にとどまり、防御率7.50と不調に終わった。

2010年4月24日の西武戦で1回自責点1、その後4月28日4月29日の日本ハム戦では2試合連続ワンポイントリリーフで四球を出すという失態を犯し登録抹消。5月29日のヤクルト戦に再び登板するも0回1/3で自責点4点と打ち込まれ、二度目の登録抹消。その後は一軍昇格することなく前年度を下回る4試合登板に終わった。一方で、二軍ではウエスタン・リーグ最多登板記録であった44試合を上回る53試合に登板して記録更新、防御率1.25と好成績を残した。

2011年はオープン戦から好調を維持し、そのまま開幕一軍入りを果たす。6月29日に一時登録抹消されたのを除いては、左のリリーフとして一年を通じて一軍で活躍した。開幕当初は敗戦処理だったが対左打者でのワンポイントリリーフなどをこなし、移籍後最多となる自身8年ぶりとなる50試合に登板して自己最多の12ホールド、防御率は1.19を記録した。また、50試合登板した中継ぎとしては与四球はわずか3つで与四球率0.89と、制球力が改善された。

2012年も開幕一軍で左のリリーフとして活躍し、5月1日の対ロッテ戦ではアーロム・バルディリスの逆転サヨナラ2ランにより4年ぶりの勝利投手となる。翌2日も同点の場面で登板して無失点に抑えると、味方打線の援護で2日連続で勝利投手となり、この2日間で過去12年であげたのと同数の白星をあげた。また、試合後にプロ13年目にして初のお立ち台にも上がっている[2]。前半戦は左のリリーフとして活躍してきたが、連投過多からか調子を落としていき、7月16日に登録抹消。9月15日に一軍復帰してからは7試合を無失点に抑えた。この年は40試合に登板したが、防御率は3.05と前年より悪化した。

2013年も開幕一軍入りを果たしたが、開幕戦で救援に失敗すると、3月30日にこの年チームで初めて登録を抹消。その後は一軍公式戦での登板の機会がなかった。

ソフトバンク時代[編集]

2013年7月25日に、甲藤啓介との交換で福岡ソフトバンクホークスへ移籍[3]。甲藤の付けていた背番号48を継承したが、移籍後も一軍での登板機会がないまま、10月9日に球団から戦力外通告を受けた[4]

現役引退後[編集]

ソフトバンクからの戦力外通告後には、現役続行への道を求めるべく、2013年11月10日開催の 第1回12球団合同トライアウトに参加した。しかし、関東地区担当のスカウトに欠員が生じた古巣の阪神から、後任扱いでスカウト就任の打診を受けたことを機に現役引退を決意。その結果、2014年1月1日付で阪神のスカウトに就任することが決まった[1]

プレースタイル[編集]

サイドスローから繰り出すスライダーシュートを武器にした左右への変化による揺さ振りを武器に、ここ一番での左打者対策としてワンポイントで起用されることが多い。特に読売ジャイアンツ在籍時の松井秀喜が苦手としていた投手である。

一方、サイドスローに転向して球威を増した反面コントロールが悪くなり、2003年7月26日中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)で1イニング5連続与四球という不名誉な日本タイ記録を作ってしまう。星野監督も「どうせなら新記録を作れ。10回くらい続ければいいんや!」とあきれ返っていた。当然ながら、コントロールが悪いと球数も増えるため、2004年4月7日横浜ベイスターズ戦では、1イニング8失点の大乱調で、1イニング最多投球数のプロ野球記録となる64球を投じた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2000 阪神 34 2 0 0 0 0 4 0 -- .000 178 38.1 43 2 20 0 3 29 4 2 20 17 3.99 1.64
2001 15 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 78 19.2 20 5 1 0 1 13 0 0 9 9 4.12 1.07
2002 35 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 117 27.0 21 1 10 0 4 33 0 0 5 4 1.33 1.15
2003 56 0 0 0 0 1 1 0 -- .500 169 41.1 26 2 14 2 6 31 0 0 16 15 3.27 0.97
2004 23 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 67 9.2 30 4 5 0 3 5 0 0 20 18 16.76 3.62
2005 12 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 40 10.0 9 0 4 0 0 9 0 0 5 4 3.60 1.30
2006 8 0 0 0 0 0 0 1 1 ---- 17 4.1 3 0 2 0 0 3 0 0 0 0 0.00 1.15
2007 7 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 19 3.2 6 0 2 0 0 0 0 0 3 3 7.36 2.18
2008 オリックス 43 0 0 0 0 1 3 0 5 .250 129 32.0 29 4 6 0 5 27 0 0 15 13 3.66 1.09
2009 12 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 57 12.0 14 1 8 0 3 8 0 0 13 10 7.50 1.83
2010 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 1.2 5 0 2 0 1 1 0 0 5 5 27.00 4.38
2011 50 0 0 0 0 0 0 0 12 ---- 126 30.1 33 0 3 0 0 26 0 1 5 4 1.19 1.19
2012 40 0 0 0 0 2 1 0 7 .666 87 20.2 19 2 7 1 1 12 0 0 7 7 3.05 1.26
2013 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 2 0.0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- ----
通算:14年 340 4 0 0 0 4 11 1 26 .267 1098 250.2 259 21 85 3 27 197 4 3 123 109 3.91 1.37

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 21 (2000年 - 2005年)
  • 47 (2006年 - 2007年)
  • 48 (2008年 - 2013年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 元虎・吉野氏、阪神のスカウトに就任 関東地区を担当予定”. サンケイスポーツ. 2013年12月6日閲覧。
  2. ^ 吉野、また勝ち星…13年目の初お立ち台に大照れ”. スポニチ Sponichi Annex (2012年5月2日). 2012年5月3日閲覧。
  3. ^ オリックス吉野とソフトB甲藤がトレード”. 日刊スポーツ (2013年7月25日). 2013年7月25日閲覧。
  4. ^ 来季契約についてソフトバンク球団公式サイト2013年月9日配信

関連項目[編集]