クレイグ・ブラゼル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレイグ・ブラゼル
Craig Brazell
千葉ロッテマリーンズ #32
HT-Craig-Brazell.jpg
阪神時代(2009年7月16日、阪神甲子園球場)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アラバマ州モンゴメリー
生年月日 1980年5月10日(34歳)
身長
体重
191 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 1998年 ドラフト5巡目
初出場 MLB / 2004年8月17日
NPB / 2008年3月20日
年俸 8,600万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

クレイグ・ウォルター・ブラゼルCraig Walter Brazell, 1980年5月10日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手内野手)。アラバマ州モンゴメリー出身。

経歴[編集]

アメリカ球界時代[編集]

ジェファーソン・デービス高校在学時から飛距離のあるバッターで「高校通算130本くらい打った」と豪語する。当時はアメリカンフットボールのクォーターバックも掛け持ちしていたが、試合中にタックルを受けて膝を痛め、野球に専念した[1]

1998年6月2日に、ニューヨーク・メッツからドラフト5巡目で指名を受け、同4日にメッツと選手契約を結んだ。入団年は、マイナーリーグのルーキー級のチームであるGCLメッツで13試合に出場して、打率.298・1本塁打・6打点という成績を記録した。一方、守備面では一塁手としての試合出場が主であったが、捕手としても2試合に出場している。プロ入り後に捕手として試合に出場したのは、メジャーリーグを含めてもこの2試合だけである。

1999年は、同じくルーキー級キングスポート・メッツでプレイ。本塁打こそ約10試合に1本のペースとなる6本塁打に留まったが、59試合の出場でヒットを85本放ち、.385という高打率を残した。

2000年は、A級キャピタルシティ・ボンバーズでプレイし、自身初となる100試合以上(112試合)に出場した。前年に.400近い打率を記録していたが、この年は打率.241・8本塁打・57打点という打撃成績に終わった。

2001年もキャピタルシティでプレイしたが、出場試合数は30試合近く減少し、83試合にしか出場できなかった。しかし、打撃面での成績は、打率.308・19本塁打・72打点と大幅に上昇し、出場試合数が減少したにもかかわらず、多くの部門で前年を上回る数字を残した。

2002年には、アドバンスドA級セントルーシー・メッツに昇格。打率こそ.300には及ばなかったものの、100試合で16本塁打を放ち、2年連続で15本塁打以上をクリア。その後2A級ビンガムトン・メッツでも35試合で6本塁打を放った。この年は、2チーム合計で打率.276・22本塁打・101打点という打撃成績を記録した。

2003年もビンガムトンでプレイ。111試合の出場で、打率.292・17本塁打・72打点という成績を残し、シーズン終盤に3A級ノーフォーク・タイズに昇格し12試合に出場した。

2004年松井稼頭央故障者リスト入りに伴い8月17日にメジャーデビュー。この年はメッツで24試合に出場して打率.265・1本塁打・3打点という数字を記録。なお、この年に放った本塁打は、メジャーリーグにおけるブラゼルの唯一の本塁打である。一方、マイナーリーグでもタイズで、単独のチームでの試合出場としては自身のマイナーリーグ記録となる123試合に出場。2年ぶりに20本以上の本塁打を放った。

2005年もノーフォークでのプレイとなったが、52試合の出場で打率.249・6本塁打・28打点と結果を残せず、同年の10月15日にフリーエージェントとなった。

2006年3月7日にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結び、傘下の2A級ジャクソンビル・サンズでプレー。20本塁打と90打点をクリアしたが、一方で打率は.250にさえ届かなかった。10月15日に自身2度目のフリーエージェントとなり、12月13日にカンザスシティ・ロイヤルズと契約。

2007年は、3年ぶりとなるメジャーリーグでの試合出場を果たしたが、わずか5試合の出場に終わり、放ったヒットも1本だけであった。一方マイナーでは2A級ウィチタ・ラングラーズで7本塁打、3A級オマハ・ロイヤルズで32本塁打を放ち、通算で39本の本塁打を記録し、この年のマイナーリーグ全体の本塁打王となった。

西武時代[編集]

2007年12月4日、埼玉西武ライオンズへの入団が発表された。推定年俸1億円の1年契約。オリックス・バファローズに移籍したアレックス・カブレラの穴を埋める選手として期待され、背番号もカブレラが着けていた「42」を受け継いだ。真面目な性格で、当時打撃コーチだった大久保博元から積極的にアドバイスを聞くなど、日本球界へ積極的に溶け込む姿勢が見られた。2008年開幕から4番を任され、3月は不調だったものの、4月に入ると好調に転じて17打点を挙げ、チームの首位浮上に貢献した。5月に入ると打率が.174と急落したが6月に復調し、打率.344・6本塁打・21打点の活躍で、来日1年目の外国人選手としては2003年ルーズベルト・ブラウン以来の月間MVPを受賞した。この受賞と、来日して以来自宅から西武ドームまで西武鉄道を利用して電車通勤していたことから、7月8日に西武鉄道が実施する「Save the earth」キャンペーンのイメージキャラクターに選ばれた。

打球方向が右翼に集中する傾向が強く、後半戦はブラゼル対策として極端に右翼側に守備が寄る「ブラゼルシフト」が各球団に浸透したこともあり低打率に喘いだ。ブラゼルの成績は徐々に低下し、量産していた本塁打も8月下旬からは1本も打てなくなった。8月22日の対福岡ソフトバンクホークス戦で、空振りしたバットがすっぽ抜け、フェンスを越えて一塁側スタンドに飛び込んで観客が怪我をするという事故が起こり、ブラゼルもこれで右肩を痛め登録抹消となった。復帰後は定位置であった4番を外れ6番で起用されることが多く、時にはスタメンを外れることもあった。9月23日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で朝井秀樹から背中に、更に10月4日にまたも対楽天戦で木谷寿巳から右側頭部に死球を受けて交代し、日本シリーズの登録枠からも外れてそのまま帰国した。

ヒラム・ボカチカとともに、翌年の契約はクライマックスシリーズと日本シリーズの活躍次第であるとフロントから通告されていたが、結局両シリーズに出場できず、頭部死球による故障から復帰のめども立たなかったことから、11月14日に退団が決まり、11月19日にマット・キニーとともに自由契約公示された。

阪神時代[編集]

2009年は、ボルチモア・オリオールズとマイナー契約を結びスプリングトレーニングに招待選手として参加したが、解雇されメジャー復帰はならなかった。複数球団からマイナー契約のオファーがあったが、独立リーグアメリカン・アソシエーションセントポール・セインツに入団。開幕から6試合で打率.556・4本塁打・11打点と好調だった[2]ところ、打撃不振の新外国人ケビン・メンチの代役を探していた阪神の目に留まり、5月28日に正式契約(シーズン終了までの契約)。背番号は当時空き番だった「67」になった。

西武時代に既に他球団に攻略されていることから、当初は西武監督の渡辺から日本での活躍について否定的な発言をされていたが、6月5日に一軍登録されると、同日のオリックスとの交流戦金子千尋から移籍後初の本塁打を放った。同13日の対ロッテ戦で、右脛、左膝、左内腿と3球連続で自打球を当てた(3球目は地面にワンバウンドした球)が、その次の球を本塁打にし、この試合を含む4試合連続本塁打を放った。7月にはランディ・バースからアドバイスを受けた[3]。この月は本塁打数こそ減ったが安定した成績を残し、8月になるとまた調子を上げた。米国で長男が生まれた8月26日の対横浜ベイスターズ戦ではプロ野球18人目となる1イニング2本塁打を放った。阪神では1982年の掛布雅之以来で、外国人では1969年のウィリー・カークランド以来である。

9月に右膝の肉離れを起こして離脱し、復帰後も怪我の影響で時折スタメンを外れたり、なかなかヒットが出ず怒りを露わにする場面もあったが、打撃は徐々に復調し、10月の対東京ヤクルトスワローズ戦で本塁打を打つなどチームの3位争いを牽引した。結局この年は全試合の半分ほどの出場数だったが、打率290・16本塁打の好成績を残し、全くの期待外れに終わったメンチの穴を埋めた。阪神では主に6番を打ったが、オールスターゲームまでは不振の新井貴浩に代わって5番を担った。この年には途中入団にもかかわらず、タオルやTシャツなどのグッズが製作された。ブラゼル自身の野球道具にも平仮名で名前が書かれているため、2010年から販売された選手名入りの応援用タオルには、ひらがなで「ぶらぜる67」と印刷されている。

シーズン終了後10月10日にアメリカへ帰国する際「生涯、阪神で選手を終えるくらいの気持ちでいる」と残留を熱望し、阪神への想いを語った。12月12日、年俸8,000万円の1年契約で2010年の契約を結んだ。なお、この年のブラゼルの応援歌は途中入団であったことと、それまでの阪神の外国人選手の大半が期待外れに終わっていたことから固有のものは作られず、汎用曲の「ヒッティングマーチ2番」が使われていた。2010年のシーズン開幕前にブラゼル専用の応援歌と、外国人用の汎用応援歌が作られた。

2010年は開幕から好調で新外国人のマット・マートンと共にチームを牽引した。6月19日の対横浜戦で大家友和から本塁打を打ち、両リーグ1番乗りの20号を記録(同日、読売ジャイアンツ阿部慎之助も記録)。阪神では1990年のラリー・パリッシュ以来5人目であり、ブラゼル自身は西武時代の2008年にも記録しているので、両リーグで記録したのは、阪神在籍の1975年と西武在籍の1983年に記録した田淵幸一以来で、外国人選手では初である[4]。同月29日には3打席連続本塁打を放った。オールスターゲームにも特別枠で選出され、第2戦では本塁打も放った。9月1日の対横浜戦で1986年に記録したバース以来となる助っ人外国人40本塁打を記録し、一時は本塁打王争いのトップに躍り出た。下位に沈んだ広島東洋カープ・横浜との試合には強かったが、上位の中日ドラゴンズ・巨人戦を苦手にしたため、上位チームとの試合が続いた終盤に調子を崩し、最終的にアレックス・ラミレスに本塁打王を譲ったものの、自己最多の47本塁打で2位となった。2010年の公式戦では、自身が本塁打を打った際、ベンチ前でナインが出迎える時に葛城育郎が必ず列の最後部、その手前には浅井良が立ち、浅井とは一緒に一礼してから両腕をお互いに腰の位置で引き合うポーズ(マスコミなどではブラダンスと称されている)を、葛城とは両腕を挙げながらブラゼルは左脚、葛城は右脚を挙げるパフォーマンスを行っていた。のちにトラッキー関本賢太郎も加わるようになったほか、オールスターゲームに出場して本塁打を放った際には久保康友城島健司藤川球児といったチームメイトのみならず、巨人のラミレス・阿部、中日の和田一浩も参加していた。シーズン終了後に阪神と2012年までの2年契約を結んだ。2011年の年俸は2億円+出来高で、2012年の年俸は変動制となる。

2011年はこの年から導入された統一球の影響で極端な「投高打低」のシーズンとなる中、ブラゼルも例外ではなく4月は打率.196・本塁打0と出遅れた。その後は調子を戻して6月・7月は月間打率が3割を超え、8月20日の対横浜戦では真田裕貴から通算100号本塁打を放った。しかし直後に右大腿二頭筋筋挫傷で1か月弱戦線離脱し、打率は.282と辛うじて一定の数字を残したが、本塁打は前年の約3分の1となる16本にまで落ち込んだ。このことから残留が微妙という報道も流れたが、約2割減となる年俸1億5,600万円で2012年も残留することになった。

2012年は本来捕手である城島が肘や膝の故障の影響でブラゼルと併用の形で一塁に専念することになり、双方の出場機会を増やすためにキャンプから外野手の練習も行った。実際に4月8日と22日の2試合でブラゼルは左翼手、城島は一塁手で同時に先発出場し、公式戦では実現しなかったがオープン戦では右翼手で先発出場したこともある。5月に城島が故障の悪化で登録抹消されてからはブラゼルの外野起用はなくなったが、前年以上の打撃不振で打率が悪化したことに加えて新井良太の台頭、さらに右肩の不安を抱えていた新井貴浩が一塁手のみでの起用になったことで、7月以降ブラゼルの出場機会は激減し、8月3日には阪神では故障以外では初めての二軍落ちとなった。その後再昇格はしたが、新井貴浩との二者択一での一塁起用のためにスタメンの機会は限られて目立った結果も残せず、今後の出場機会がないという理由で9月16日に再度登録抹消され、18日にアメリカに帰国。10月15日に球団から翌年の契約を結ばないことが発表され[5]、10月18日に自由契約公示された[6]

ロッテ時代[編集]

2013年シーズンは2009年に1週間だけ所属していたセントポール・セインツに復帰[7][8][9]しプレーしていたが、同年6月22日、ロッテが獲得を発表した[10]

当時ロッテはジョシュ・ホワイトセルが怪我で離脱したことに伴って長距離打者の補強を目指しており[11]、ロッテ関係者が視察したセインツの試合で満塁本塁打を打っていたことや、すでに日本で実績を残していたことが決め手になった[12]。同月29日に入団発表が行われ、背番号は「32」となった[13]。応援歌はホセ・カスティーヨのものを歌詞を変えて流用され(角晃多にも使用されているが、こちらは正式に決められたものではない)、応援時の呼称は阪神時代に引き続き「ブラッズ」とコールされる。

7月9日の対オリックス戦で、5番指名打者のスタメンとして移籍後初出場。この時の相手先発投手は金子千尋で、西武・阪神に続きロッテでも入団して最初の対戦相手が金子となった。7月16日の対ソフトバンク戦では、寺原隼人からライトスタンドへ移籍後第1号本塁打を放った。この年は62試合の出場ながら、昨季の12本とほぼ同じ11本塁打を記録した。

2014年は7月14日の対ソフトバンク戦でジェイソン・スタンリッジから頭部に死球を受けて途中交代し、翌15日に登録を抹消され、7月30日に鼠蹊ヘルニア手術のためアメリカに帰国した[14]。結局シーズン中に復帰することはなく[15]、この年は35試合の出場で.276・4本塁打・14打点にとどまった[14]。10月31日に球団から翌年の契約を結ばないことが発表された[16]

プレースタイル[編集]

打撃ではパワーを持ち味とし、西武時代に故障でファーム調整していた際に西武第二球場に隣接する室内練習場で打撃練習をしていたところ、飛距離150メートル越えの大飛球を連発し窓を破壊[17]、また2008年6月27日に埼玉県営大宮公園野球場で行われた対ロッテ戦ではNACK5スタジアム大宮のピッチまで届く場外ホームランを放った[18]。西武時代は右方向に極端に引っ張った打球が多く、また、内角に弱点があったが、阪神移籍後は当時打撃コーチであった和田豊の指導により、引っ張りだけでなく逆方向へもホームランを放つケースが増え[19]、どのコースにも対応できる柔軟さを身に付けた[20]。また、不利なカウントに追い込まれるとグリップを余す打撃スタイルへ切り替えられる柔軟な思考により、巧みなバットコントロールを生かし左方向への軽打を見せることもできる[21]。初球から積極的に振っていくスタイルで四球は少なく[19][22]、2008年は521打席で30個、2009年は295打席でわずか8つであった。左投手には日本での通算打率.243と苦戦しているが、右投手に対しては打率.288と強さを発揮し、特に2010年は47本塁打中の36本塁打を右投手から放った。

ブラゼルが西武に在籍していた2008年当時の楽天監督だった野村克也は、ブラゼル攻略法として「右投手であれば膝下にスライダーを落としておけば間違いなく三振する」と選手に話して実践させていた。そのため、ある試合で田中将大嶋基宏バッテリーが、不用意にストレートを選択して、ブラゼルに特大の本塁打を打たれた時には、野村は思わず怒鳴り倒した。このように西武在籍時に弱点が明らかにされていたにもかかわらず、阪神在籍時の2010年に47本塁打・117打点の好成績を残すことができたのは、膝下に落とされるスライダー対策として、膝の下にひもを張って、それより下のボールには手を出さない練習をするといった努力があった[23]

守備では守備範囲は狭いがグラブ捌きは巧みで、ショートバウンドの送球をうまくすくい上げる技術を備える[19]ほか、バントシフトで一塁から猛チャージをかける一面も見せる。2010年のセ・リーグゴールデングラブ賞一塁手部門は該当者なしだったが、最多得票を集めたのはブラゼルであった。

走塁では左膝に古傷を抱えていることもあって一塁到達は5秒台中盤と足が遅く[19]、チームがリードしている時には代走を送られることが多いが、2012年3月6日のソフトバンク(福岡Yahoo! JAPANドーム)とのオープン戦では中堅手の内川聖一が打球処理を誤ってボールを蹴り飛ばしてしまったため、ランニングホームランを記録している。

退場処分[編集]

現在までに2度の退場歴がある。

  • 2010年9月9日対中日戦の10回裏、1アウト満塁の場面で、打者の浅井良が放ったショートライナーで、1塁走者であったブラゼルは飛び出しており帰塁したがアウト。この判定に激昂し、真鍋塁審に暴言を吐いて退場処分となった。
  • 2012年4月11日の対広島戦5回表の場面で広島先発福井優也が投じた3球目の内角が膝元へ。避けた後、福井と目があったとして激高し、両軍選手が乱闘となった。 一度は収まったが、打席に向かおうとした際に広島ベンチからのヤジに怒りが爆発し、今度は広島ベンチに喰ってかかり再び乱闘になり、ブラゼルは挑発行為で退場処分を受けた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2004 NYM 24 35 34 3 9 2 0 1 14 3 0 0 0 0 1 0 0 7 1 .265 .286 .412 .698
2007 KC 5 5 4 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .250 .400 .250 .650
2008 西武 130 521 471 59 110 19 0 27 210 87 0 0 0 7 30 0 13 139 11 .234 .294 .446 .740
2009 阪神 82 295 285 29 83 14 0 16 145 49 0 1 0 2 8 2 0 66 13 .291 .308 .509 .817
2010 143 601 564 82 167 15 0 47 323 117 1 0 0 6 25 0 6 153 14 .296 .329 .573 .902
2011 120 456 422 33 119 21 0 16 188 69 0 1 0 6 21 1 7 71 15 .282 .322 .445 .767
2012 98 295 275 21 64 11 0 12 111 43 0 0 0 0 18 0 2 72 16 .233 .285 .404 .688
2013 ロッテ 62 201 185 20 49 6 0 11 88 33 0 0 0 4 10 1 2 45 6 .265 .303 .476 .785
MLB:2年 29 40 38 4 10 2 0 1 15 3 0 0 0 0 2 0 0 8 1 .263 .300 .395 .695
NPB:6年 635 2369 2202 244 592 86 0 129 1065 398 1 2 0 25 112 4 30 546 75 .269 .310 .484 .797
  • 2013年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

NPB初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 9(2004年)
  • 39(2007年)
  • 42(2008年)
  • 67(2009年途中 - 2012年)
  • 32(2013年途中 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ベースボール・マガジン社「週刊ベースボール」2008年7月7日号14ページ「明るいチームにふさわしい新大砲 ブラゼル」
  2. ^ ブラゼル27日にも来日「99%合意」 デイリースポーツ、2009年5月24日。
  3. ^ 阪神ブラゼルに先輩バースが金言3ヶ条 日刊スポーツ、2009年7月7日。
  4. ^ 日刊スポーツ、2010年6月20日付
  5. ^ 阪神 ブラゼルと来季契約を結ばず スポーツニッポン、2012年10月15日。
  6. ^ 2012年度 自由契約選手”. 日本野球機構オフィシャルサイト (2012年10月18日). 2012年10月23日閲覧。
  7. ^ アメリカン・アソシエーション公式ウェブサイト February 7, 2013. St. Paul欄
  8. ^ セインツ公式ウェブサイト SAINTS SAY "OKAERINASAI" TO FORMER MAJOR LEAGUER CRAIG BRAZELL
  9. ^ 日刊スポーツ 元阪神ブラゼル 米独立リーグ
  10. ^ クレイグ・ブラゼル選手の獲得について|千葉ロッテマリーンズオフィシャルサイト 2013年6月22日配信
  11. ^ ロッテ長距離砲補強!元阪神ブラゼル獲得 日刊スポーツ、2013年6月23日、2013年6月29日閲覧。
  12. ^ 【ロッテ】前阪神ブラゼルの獲得を発表 日刊スポーツ、2013年6月22日、同日閲覧。
  13. ^ クレイグ・ブラゼル選手入団会見のお知らせ、2013年6月29日、同日閲覧。
  14. ^ a b ロッテ・ブラゼル 手術のため帰国 デイリースポーツ、2014年7月30日、2014年11月2日閲覧。
  15. ^ ロッテ、ブラゼル&グラと来季契約せず デイリースポーツ、2014年11月1日、2014年11月2日閲覧。
  16. ^ 来季契約について ロッテ球団公式サイト、2014年10月31日配信
  17. ^ 球場破壊! ブラゼルにファーム退去令 スポーツニッポン、2008年9月13日。
  18. ^ 【6月27日】2008年(平20) “埼玉元年” ブラゼル祝砲の特大弾はサッカー場まで飛んだ
  19. ^ a b c d 小関順二、西尾典文、石川哲也、場野守泰 『プロ野球スカウティングレポート2011』 廣済堂出版、2011年、304-305頁。ISBN 978-4-331-51519-8
  20. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2011』 白夜書房、2011年、102頁。ISBN 978-4-86191-710-3
  21. ^ 2010年「猛虎ファイル」にて。
  22. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2010』 白夜書房、2010年、57頁。ISBN 978-4-86191-595-6
  23. ^ 野村克也『阪神タイガース暗黒時代再び』宝島社新書、2012年、p.58

関連項目[編集]

外部リンク[編集]