阿部健太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
阿部 健太
東京ヤクルトスワローズ #58
20130417 Kenta Abe, pitcher of the Tokyo Yakult Swallows, at Meiji Jingu Stadium.JPG
2013年4月7日 明治神宮野球場
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県松山市
生年月日 1984年9月8日(30歳)
身長
体重
184 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2002年 ドラフト4巡目
初出場 2003年8月26日
年俸 1,000万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

阿部 健太(あべ けんた、1984年9月8日 - )は、東京ヤクルトスワローズに所属するプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

愛媛県立松山商業高等学校時代は第83回全国高等学校野球選手権大会に出場し、ベスト4に進出した。

2002年ドラフト会議で、大阪近鉄バファローズから4巡目で指名され入団。

近鉄時代[編集]

2003年後半に高卒新人ながら一軍昇格し、先発で2勝を挙げた。さらに終盤に1回の先発登板機会があったが、新人王の資格を残すために[1]その後の一軍登板が無かった。その当時の投球フォームが岩隈久志と瓜二つだったことや、阿部の背番号は岩隈が入団した当時の背番号だったこと、さらに痩せ型の体型も同じだったことから「岩隈2世」と呼ばれた。

しかし、2004年以降は伸び悩み、成績次第では登録名を「ケンタ」とする構想があったが、見送りになった。近鉄の最終試合となった9月27日の対オリックス・ブルーウェーブ戦(Yahoo!BBスタジアム)では、岩隈に次いで2番手として投げて敗戦投手となり、近鉄最後の敗戦投手、および責任投手となった(最後の勝利投手は高木康成)。

オリックス時代[編集]

2004年オフ、選手分配ドラフトでオリックス・バファローズへ移籍。2005年2006年の一軍登板は、数試合の敗戦処理だけだった。2007年は一軍登板がなく、同年11月に濱中治吉野誠との交換トレードで、平野恵一とともに阪神タイガースへ移籍。

阪神時代[編集]

阪神時代(2011年)

2008年JFKと、それに渡辺亮を加えた中継ぎ投手陣の調整が遅れたため、開幕一軍に選ばれる。開幕当初は敗戦処理での登板が多かったが、徐々に投球内容が評価され、夏頃にはブルペンに欠かせない存在となる。自己最多の32試合に登板し、防御率2.96という安定感を見せてチームに貢献した。

2010年は3年ぶり、阪神移籍後では初めて一軍登板無しに終わり、2011年も2年連続で一軍での登板は無く、二軍でも0勝1敗と不振に陥った。同年10月に阪神を退団[2]

ヤクルト時代[編集]

トライアウトを経て、東京ヤクルトスワローズに移籍。オープン戦で6登板7イニング無安打無失点5セーブと好投し開幕1軍を勝ち取った。

2013年7月3日、対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜)で3点ビハインドの4回から2番手で登板し、1イニングを1安打無失点に抑え、5回にチームが逆転しそのまま試合に勝利、阿部は2003年9月14日以来、3580日ぶりの勝利投手となる。日本プロ野球のみでプレーした選手としては元阪神の遠山奬志[3]の3507日を更新する最長記録(国外を含めるとアメリカ球界を挟む大家友和の5847日に次ぐ2位)[4]

プレースタイル[編集]

ストレートの球速は130 km/h台後半から140 km/h台前半とあまりスピードはないが、スライダーカットボール・緩いカーブチェンジアップシュートといった多彩な変化球と合わせ打者を打ち取るタイプ。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2003 近鉄 5 3 1 0 0 2 0 0 -- 1.000 100 25.0 22 3 6 0 0 23 1 0 6 6 2.16 1.12
2004 2 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 29 5.1 12 4 1 0 0 3 0 0 8 8 13.50 2.44
2005 オリックス 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 22 5.0 6 2 1 0 1 7 0 0 4 4 7.20 1.40
2006 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 27 6.1 6 1 1 0 1 4 0 0 3 3 4.26 1.11
2008 阪神 32 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 200 51.2 37 8 9 1 4 34 0 0 17 17 2.96 0.89
2009 19 3 0 0 0 0 1 0 0 .000 147 33.0 39 2 13 2 1 24 1 0 13 12 3.27 1.58
2012 ヤクルト 15 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 62 15.0 12 1 6 1 0 9 0 0 6 6 3.60 1.20
2013 18 0 0 0 0 1 0 0 3 1.000 83 20.0 19 3 5 0 0 18 1 0 10 10 4.50 1.20
通算:8年 99 7 1 0 0 3 3 0 4 .500 670 161.1 153 24 42 4 7 122 3 0 67 66 3.68 1.21
  • 2013年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 48 (2003年 - 2007年)
  • 56 (2008年 - 2011年)
  • 58 (2012年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 10年前に阿部と勝利つかんだ的山コーチ「もっと勝つと思っていた」”. スポーツニッポン (2013年7月4日). 2013年7月4日閲覧。
  2. ^ 阪神、大ナタ大量8選手に戦力外通告”. サンケイスポーツ (2011年10月10日). 2011年10月10日閲覧。
  3. ^ 遠山は阿部の阪神時代の投手コーチであり、阿部は「えっ、遠山さんを超えて?珍記録ですね」とコメントしている
  4. ^ ヤクルト 阿部 10年ぶり勝った!国内最長ブランク、遠山超えたスポーツニッポン2013年7月4日配信

関連項目[編集]