カーネル・サンダースの呪い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カーネル・サンダースの呪い(カーネルサンダースののろい、: "Curse of the Colonel")とは、1985年10月16日に、21年ぶりのリーグ優勝に歓喜した日本のプロ野球球団、阪神タイガース(以下阪神)のファンが、ケンタッキーフライドチキン道頓堀店の店頭に設置されていたカーネル・サンダース像を道頓堀川に投げ入れた因果で、翌年以降の同球団の成績が低迷している、とされる都市伝説の一つである[1]。「カーネル・サンダース像の呪い」「カーネル人形の呪い」、あるいは単に「カーネルの呪い」などとも言う。

概要[編集]

1985年10月16日、阪神のセ・リーグ優勝が決まった際、興奮したファンが大阪府大阪市南区(当時。現在は中央区道頓堀にあるケンタッキーフライドチキン道頓堀店(現存せず)のカーネル像を当時の助っ人のランディ・バースに見立て、店員の制止を振り切って担ぎ出し(この際、この店員に暴行も加えた)、胴上げの末道頓堀川に投げ込んだ。そのまま像は浮上せず、その後数年に一度の頻度で大阪市が行っていた道頓堀川の川底清掃作業(を使ってヘドロごみなどを除去する作業)でも像は発見できなかった[2]

この事件以後、阪神は成績低迷に陥り、18年間リーグ優勝から遠ざかった。これを「カーネル・サンダースの呪い」だと呼ぶファンがおり[3]都市伝説として定着している[4][5]。都市伝説定着の大きなきっかけとしては、1988年3月に放送された朝日放送のバラエティ番組『探偵!ナイトスクープ』が挙げられる[4][5]。 カーネル像は2009年3月に発見され、大きな反響を呼んだ。

都市伝説[編集]

ペナントレースや主力選手への影響[編集]

優勝の翌年、ストライクゾーンの変更によるルール変更の影響もあり、阪神は連覇の期待もあったが逆に開幕から横浜大洋ホエールズに3連敗を喫した。その後阪神は復調するが主力の掛布雅之がデッドボールによる骨折など度重なる故障、エースの池田親興がベースカバーの際に骨折しそれぞれが戦線離脱。戦力が整わないまま本年のペナントレースを戦う事になる。特に掛布はデッドボールが影響し1988年に引退。また阪神はシーズン中、7連勝、9連勝と大型連勝をしたが連勝はいずれも大洋に止められてしまい最終的には広島、巨人に大きく差をつけられた3位に終わる。ただしこの時(1986年当時)は「カーネル・サンダースの呪い」という言葉はまだなかった。

翌、1987年は球団史上最低勝率の勝率.331を記録。この年、日本テレビのニュース番組『ズームイン!!朝!』では、中継先の読売テレビのアナウンサー・辛坊治郎(当時)・森武史が阪神が負けるたびに「なんぎやなあ」と嘆き、流行語大賞銀賞を獲得するまでに至った。

1988年にはバースが息子の病気治療への対応を巡り球団と対立し退団した後に引退、責任を取り球団代表が飛び降り自殺をするなど阪神の低迷が続いた。その後、低迷から脱し2003年と2005年にリーグ制覇をしたがともに日本シリーズではパ・リーグのチームに敗退。1985年以降、日本一にはなっていない。また2007年から始まったクライマックスシリーズでも、出場を果たした2007年・2008年・2010年・2013年のいずれもファーストステージ(2位対3位の対戦)の段階で敗れており、日本シリーズ出場そのものも2005年以来途絶えている。

2013年のCSで、阪神は2連敗で敗退。2007年CS導入以来、4度出場するもファーストステージ突破できないまま、通算1勝8敗の痛ましい成績となった。

阪神のドラフト会議[編集]

また、阪神は日本一前年、即ちカーネル「受難」の前年の1984年ドラフト1位で競合した嶋田章弘をクジで引いたのを最後に、その後12回のドラフト1位指名選手の競合で当たりクジを一切引いていなかった。詳細は以下の通り(表記はドラフト会議の年度、指名選手、交渉権獲得球団の順)。

さらに2008年の松本の際は外れ1位で指名した藤原紘通も外している。ただし、中田の外れ1位で指名した高濱卓也の交渉権は獲得している。

しかし、2012年度の会議において、藤浪晋太郎を引き当てたことでこのジンクスは途切れた。

派生事象[編集]

『探偵!ナイトスクープ』[編集]

1988年3月、朝日放送のバラエティ番組、『探偵!ナイトスクープ』の第1回放送時の依頼のひとつとして、「道頓堀川に沈んだカーネル・サンダースを救え!」というものが放送された。ここで探偵局長(司会者)の上岡龍太郎は「サンダース像を救出し、祓い清めない限り、阪神の優勝は永遠に望めない」と、梅原猛の『水底の歌』まで持ち出して力説した[6]

当時未だ駆け出しであった生瀬勝久(当時の芸名は槍魔栗三助)を送り出して第一回調査を始め、翌4月までの数度に亘って道頓堀川を潜水調査した様子が放送されたが、発見には至らなかった[2][7][8]。この放送が「カーネル・サンダースの呪い」を広め、都市伝説として定着するきっかけとなった[4][5]。1992年、低迷を続けていた阪神が7年ぶりに優勝争いに加わったとき、この「伝説」は東京のマスコミにも取り上げられて大きな話題を呼んだ。中にはこれを「関西には未だに怨霊思想がはびこっている」と考えて朝日放送に取材に来たケースさえ有り、「これは元々番組が仕掛けたシャレで、関西人は誰も本気で『祟り』なんか信じていない」と説明しても、東京人をだます嘘に違いないとなかなか信じてもらえなかったという。ちなみに、当時の『ナイトスクープ』スタッフには巨人ファンはいても、実は阪神ファンは一人もいなかったのである[6]

2002 FIFAワールドカップ[編集]

2002年6月14日には2002 FIFAワールドカップサッカー日本代表チュニジアを下したことを祝った一部のフーリガンが、三宮阪急駅前店にあったカーネル像を襲った。かねてから店内に避難させていたにもかかわらず誘拐され、投げ飛ばされるなどし手首が折れるなどの損傷を受けた。また、この当時店内にはたまたま大阪近鉄バファローズ(当時)のタフィ・ローズが来店中であったため、サッカーファンの仕業である上、ローズに見立てられて襲撃されたと言われることもあった。

道頓堀のカーネル・サンダース像[編集]

消えたカーネル像とKFC日本法人の対応[編集]

事件後、道頓堀店から一旦カーネル像は姿を消すが、1992年に復活。今度は盗難されないようにと台座をボルトねじで固定した。なお道頓堀店は、1998年に閉店している。

その後、KFC(ケンタッキーフライドチキン)の日本法人は、2003年の阪神リーグ優勝に際しカーネルのデフォルメキャラとのコラボレーショングッズを近畿地方などの店舗で発売しており、また2008年3月には阪神の本拠地である阪神甲子園球場内にケンタッキーフライドチキンが開店し、阪神のタオルと応援メガホンを首にかけたカーネル像も設置された。

カーネル像の発見[編集]

2009年3月10日、道頓堀川・戎橋下流200 - 300メートル付近、南側護岸から約5m、水深約2mの川底地点[9]で、大阪市建設局による水辺整備事業の一環として障害物調査(不発弾の有無確認を最大目的)並びに除去作業を依頼された南海辰村建設潜水作業員を投入し、磁気探査作業中に反応があった川底を調査していたところ、1985年に投げ込まれたとみられるカーネル・サンダース像の上半身が発見され、台船のクレーンで引き揚げられた[3][2][10][11][12][13]

引き上げた作業スタッフたちはこれを死体と勘違いしたが、すぐにカーネル・サンダース像であることを確認し[2][11]ヘドロにまみれて灰色になり眼鏡手首も外れてしまっていたが、原形は留めていた[10][12]。翌3月11日にも潜水作業員が引き続き調査したところ、8時53分に右手、9時頃に下半身が発見され引き揚げられ、11時25分頃に前日見つかった上半身部分と合体し、同じ像のものと確認された[14][15][16]

下半身・右手発見後の時点で眼鏡・両足首・左手は紛失状態であり、付近を入念に調査したが発見の可能性が薄い(水没中に破損若しくは流失したものと思料される)ため、同日捜索開始から50分後に作業打ち切りとなった[15][16][17]

発見された像について日本法人は、2009年3月時点で他に行方不明の像は無く、外形・発見地点などの要素から当時に投げ込まれた像に間違いない、とコメントしている[18]。像の処遇について、元来の所有権は道頓堀店にあったがすでに閉店しているため、日本法人が引き継いだ形で大阪市と協議していたが、同年3月11日に日本法人へ像の返還が決定し[19]、同年3月13日に大阪市役所にて日本法人社長に引き渡された[20]。像は専門家にて検査と最小限の修復を行い、当面大阪市内の警備会社金庫で保管されることになった。[21]。紛失状態の眼鏡は、投げ込まれる以前に掛けていた同型のフレームが1990年前後まで製造を担当していた鯖江市内のメーカーに残存しており、福井県鯖江市と福井県眼鏡協会から日本法人に贈呈された[22][23][24]

日本法人は返還後の像について、この伝説を世に広めるきっかけとなった2009年3月15日放送の「探偵!ナイトスクープ ザ・ゴールデン」に登場[5][8]し、その後は甲子園球場内の店舗にて公開する構想[17][25]や2010年春に完成予定の甲子園歴史館に展示する構想[26]もあった。

1985年当時の阪神監督であった吉田義男は「人形が見つかったと聞き、『歴史が終わったな』と感じた。」と語った[3][2]

発見後のカーネル像とKFC日本法人の対応[編集]

この像は2009年6月25日に、日本法人が実施している「チキン感謝祭」に併せ、NPO「文化財保存支援機構」による修復作業後の姿が住吉大社[27]で公開され、「おかえり! カーネル」と命名された。同年8月に大阪市内で実施されるイベント「水都大阪2009」で展示された[28]

しかし、甲子園歴史館から断りの連絡があったこと、人形のモデルでもあり同社の創業者であるカーネル・サンダース本人の生前のキャラクターを考慮したことなどから、2009年12月17日をもって表舞台からの引退が決まった[29]

その後、像は甲子園球場最寄りの阪神甲子園店(阪神の親会社である阪神電気鉄道の甲子園駅前にある。阪神甲子園球場内には別に「甲子園球場店」が存在する)での展示が決定し[30]、2010年3月19日から常設展示が実施されており、同店舗の営業時間内なら自由に見ることができる(ただし日本法人のイベント等で使用されるため一時的に不在となることがある)。

その反響から、この出来事を題材としたゲームが配信されたり[31]山羊(ヤギ)の呪いビリー・ゴートの呪いと呼ばれる都市伝説があるシカゴ・カブスからオファー[21][32]など関連した展開が生まれている。

また、日本法人はこの「おかえり! カーネル」と通常のカーネル像のマスコットをつけた携帯ストラップを2009年8月27日から日本国内のケンタッキーフライドチキン店舗で発売している[33]

「呪い」およびカーネル像を題材とする作品[編集]

2006年夏に公開された映画『日本沈没』では、水没後の大阪市街にこのカーネル像が、阪神ユニフォーム着用のまましっかり存在している。

脚注[編集]

  1. ^ 木原浩勝・岡島正晃・市ヶ谷ハジメ 『都市の穴』 双葉社〈双葉文庫〉、2003年、232-234頁。
  2. ^ a b c d e 「『カーネルの呪い』も解けて、今年は日本一でしょう」 - 1[リンク切れ] / 2 asahi.com(朝日新聞)2009年3月11日 同日閲覧[リンク切れ]
  3. ^ a b c 朝日新聞』2009年3月11日東京版朝刊、39面
  4. ^ a b c 「呪い」火付け役、救出喜ぶ 探偵!ナイトスクープ asahi.com(朝日新聞)2009年3月11日、2009年3月14日閲覧[リンク切れ]
  5. ^ a b c d カーネルおじさん救出3度も失敗した…アノ番組に直撃 ZAKZAK 2009年3月12日、2009年3月14日閲覧
  6. ^ a b 松本修『全国アホ・バカ分布考 はるかなる言葉の旅路』太田出版、1993年(文庫版:新潮文庫、1996年、ISBN 4101441219、pp.16-19)。
  7. ^ FLASH 2009年3月24日 第1044号『すべては「探偵!ナイトスクープ」から始まった!』より。
  8. ^ a b 探偵!ナイトスクープにカーネル人形が“出演 スポーツ報知 2009年3月12日
  9. ^ この地点で見つかった理由として、『道頓堀川には両端に水門があり、通常は潮の干満とともに水が動く程度で、台風など大水の場合を除けば流れがほとんどない』といった地理的要因や、『川底には2メートル前後のヘドロがたまっており、ヘドロの上に“鎮座”した形でほとんど動かなかったものとみられる』という大阪市の調査結果がある(出典:カーネル人形が流されなかったワケ サンケイスポーツ 2009年3月12日、2009年3月14日閲覧、より)。
  10. ^ a b カーネルおじさん見つかる! 大阪・道頓堀 産経新聞 2009年3月10日 同日閲覧[リンク切れ]
  11. ^ a b カーネル:24年ぶり「救出」阪神優勝で道頓堀川に 毎日.jp(毎日新聞) 2009年3月10日、2009年3月11日閲覧[リンク切れ]
  12. ^ a b 阪神Vで道頓堀川へ、サンダース人形24年ぶり「救出」 YOMIURI ONLINE(読売新聞)2009年3月10日、2009年3月11日閲覧[リンク切れ]
  13. ^ カーネル像、24年ぶり発見=85年の阪神優勝で道頓堀川に -「のろい」解ける? 時事ドットコム(時事通信)2009年3月10日、2009年3月11日閲覧[リンク切れ]
    カーネルおじさん見つかる 85年阪神優勝時のもの? 47NEWS共同通信 2009年3月10日、2009年3月11日閲覧
  14. ^ 朝日新聞』2009年3月11日東京版夕刊、14面
  15. ^ a b カーネル像、下半身も発見=上半身と合体 - 大阪 時事ドットコム(時事通信)2009年3月11日、同日閲覧
    カーネルおじさんの下半身も見つかる…大阪 サンケイスポーツ 2009年3月11日、同日閲覧
  16. ^ a b カーネル人形の下半身と右手も見つかる スポーツニッポン 2009年3月11日、同日閲覧
    カーネル人形、右手と下半身も発見 大阪・ミナミの道頓堀川 NIKKEI NET(日本経済新聞)2009年3月11日、同日閲覧
  17. ^ a b 下半身も道頓堀川で発見、24年ぶり合体 カーネル像 asahi.com(朝日新聞)2009年3月11日 同日閲覧
  18. ^ あの!? カーネル・サンダース像見つかる 道頓堀川 asahi.com(朝日新聞)2009年3月10日 2009年3月12日閲覧
  19. ^ カーネルさん、東京へ? 産経新聞 2009年3月11日 同日閲覧
  20. ^ カーネル像、ケンタッキー社に = 24年ぶり手元、「大感激」と社長 - 大阪 時事ドットコム(時事通信)2009年3月13日、2009年3月14日閲覧
  21. ^ a b カーネル欲しい!カブスびっくりオファー 日刊スポーツ紙面 2009年3月14日 同日閲覧
  22. ^ カーネルさん眼鏡を新調 当時の産地、鯖江市が贈呈へ asahi.com(朝日新聞)2009年3月13日、2009年3月14日閲覧
  23. ^ カーネル・サンダース人形:メガネ新調、おおきに ゆかりの福井・鯖江市が寄贈 毎日.jp・毎日新聞 東京朝刊 2009年3月14日、同日閲覧
  24. ^ 鯖江市がカーネルおじさんにメガネ寄贈 サンケイスポーツ 2009年3月14日、同日閲覧
  25. ^ 2009年3月11日放送『めざましテレビ』内「これは言わせTEL」コーナーにて日本ケンタッキー・フライド・チキン広報室談。
  26. ^ カーネル人形「下半身」も発見 メガネは見つからず asahi.com(朝日新聞)2009年3月11日 2009年3月12日閲覧
  27. ^ チキン感謝祭は東西2か所で実施されるもので、西日本の会場が住吉大社であった。なお、東日本の会場は東伏見稲荷神社である。
  28. ^ 日本法人のニュースリリース 2009年6月25日
  29. ^ 道頓堀川のカーネルおじさんが電撃引退 (スポーツ報知大阪版)2009年12月18日
  30. ^ あの救出から1年 カーネル人形、聖地で常設展示へ 朝日新聞 (asahi.com) 2010年3月11日同日閲覧
  31. ^ 道頓堀の呪いのおじさん:カーネル題材 川から人形つりあげる携帯ゲーム 毎日.jp(毎日新聞)2009年3月13日 2009年3月14日閲覧
  32. ^ カーネルおじさんどこへ? 争奪戦、本命は甲子園 47NEWS共同通信 2009年3月14日、同日閲覧
  33. ^ 日本法人のニュースリリース 2009年6月25日

関連項目[編集]