AK砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

AK砲(AKほう)は、1980年代後半から1990年代前半に黄金時代を築いた西武ライオンズの3,4番打者秋山幸二清原和博を指していた言葉である。

概要[編集]

数多くのアベックホームランなど、森祇晶監督指揮下の常勝軍団とさえ呼ばれる時代を支えた。バークレオデストラーデを加えたクリーンナップは、それぞれAKB砲、AKD砲とも言われた。

1990年5月12日以降、秋山と清原がアベックホームランを放った試合は負けないという「AKアベック不敗神話」が存在していたが、1993年8月13日福岡ダイエーホークス戦で、アベックホームランを放ったのにもかかわらず試合は5-6で敗れ、不敗神話が崩壊した。また同年オフに秋山がホークスにトレード移籍した為、この年が最後のAK砲となった。1986年から1993年の8年間でのAKアベックホームランは通算62回(52勝8敗2分 勝率.867)であった。

プロ野球通算三振記録は、2012年9月16日谷繁元信が秋山の記録を抜くまで、1位清原1955個、2位秋山1712個でAK砲で1、2位を占めていた。[1][2][3]

広島東洋カープ時代の新井貴浩栗原健太コンビも「AK砲」と言われていた(現在は天谷宗一郎と栗原のコンビ)。阪神タイガース新井貴浩金本知憲も言われていた。クレイグ・ブラゼルも含めて「AKB砲」と言う場合もあった。現在は、移籍や引退で解消しているが、代わって新井兄弟を売り出し中である。

脚注[編集]

  1. ^ 2012年シーズン終了現在、1位清原、3位秋山 参照三振 【通算記録】NPB公式サイト
  2. ^ 谷繁“単独2位”にボヤキ「三振のことばかり聞かれたせいや」スポーツニッポン 2012年9月17日
  3. ^ 【8月18日】2000年(平12) 秋山幸二、2000試合で2000本安打達成 スポーツニッポン 2007年8月11日

関連項目[編集]