コルビー・ルイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コルビー・ルイス
Colby Lewis
テキサス・レンジャーズ #48
Colby Lewis 2011.jpg
2011年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ベーカーズフィールド
生年月日 1979年8月2日(35歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1999年 ドラフト1巡目補完(全体38位)でテキサス・レンジャーズから指名
初出場 MLB / 2002年4月1日
NPB / 2008年3月29日
最終出場 NPB / 2009年10月5日
年俸 $2,000,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

コルビー・プレストン・ルイスColby Preston Lewis , 1979年8月2日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身のプロ野球選手投手)。MLBテキサス・レンジャーズ所属。

経歴[編集]

レンジャーズ時代[編集]

1999年MLBドラフト1巡目(全体の38番目)でテキサス・レンジャーズから指名され契約。

2002年4月1日にメジャーデビュー。翌2003年は開幕3連勝を挙げるも、その後防御率が8点台にまで急落しマイナー落ちとなる。その後はメジャーに復帰しシーズン終盤に4連勝。最終的に防御率7.30と不安定な投球ながら10勝9敗を挙げた。

2004年は4月に肩を故障し手術を受ける。

タイガース時代[編集]

オフにウェーバーデトロイト・タイガースへ移籍したが、翌2005年は全休する。

2006年は傘下のAAA級トレドで24試合の登板で6勝7敗、防御率3.96、WHIP1.28の成績を残す。8月23日のシカゴ・ホワイトソックス戦で2年ぶりのメジャー登板を果たし、メジャーでは翌日の試合と合わせて2試合の登板に終わる。

アスレチックス時代[編集]

2007年ワシントン・ナショナルズとマイナー契約を結びスプリングトレーニングに招待選手として参加するが3月20日に解雇される。24日にオークランド・アスレチックスとマイナー契約。5月22日にメジャーに昇格したが、同日先発したホワイトソックス戦で3回1/3を投げ12安打10失点と打ち込まれ、以降はリリーフとして起用されるが、前半戦終了後にマイナーへ降格。傘下のAAA級サクラメントでは15試合の登板で8勝3敗、防御率1.88、WHIP0.97の成績を残し、9月にメジャー再昇格。メジャーでは主にリリーフで26試合に登板し0勝2敗、防御率6.45、WHIP1.54だった。

オフに一旦カンザスシティ・ロイヤルズと契約する。その後広島東洋カープと契約。契約には「国内球団移籍禁止」の条項が盛り込まれていた(MLB移籍には制限無し)。

広島時代[編集]

広島時代(2009年)

2008年、オープン戦で「モーションの静止が短い」と言う理由でボークを取られる場面が何度もあり、初登板の中日ドラゴンズ戦では、4イニングで3ボークを記録。しかしその後ボークを取られることはなく、5月には6試合に登板し、4勝1敗で防御率1.60、WHIP0.82の好成績で月間MVPに選ばれた。6月15日の埼玉西武ライオンズ戦でリーグトップの10勝目をマークし、オールスターゲームの選手間投票で選出されるが、前半戦のみで規定投球回数直前まで投げぬく活躍により体の疲労、肘の炎症などを併発し7月中旬にチームを離脱。選手間投票で選出されたオールスターで先発投手が予定されていたこともあり「名誉なこと。1イニングでも投げたい」と出場を熱望していたが、オールスターゲームを辞退となった。8月20日にようやく先発ローテーションに復帰した。最終的にチームトップの15勝、リーグ2位の防御率2.680、同1位のWHIP1.00を記録した。なお、最優秀防御率の石川雅規とは、わずか0.003差で、最終登板試合で打ち込まれるまでは2.3台だった。また、最多奪三振のタイトルを獲得し、前年ドジャースに移籍した黒田博樹に代わる先発投手陣の大黒柱として大活躍した。26試合の先発登板中、5回を持たずに降板した試合がわずか2試合。チーム随一の安定感であり中4日での登板もいとわず勝利を重ねた。ちなみに与四球27は規定投球回に達した投手では両リーグ通じて最少である。来日1年目からファンの信頼も厚く、「神様、仏様、ルイス様」と呼ばれた。

2009年開幕投手として4月3日の読売ジャイアンツ戦に登板し、広島の外国人投手としては1999年のネイサン・ミンチー以来の勝利投手となった。4月中盤に顔面麻痺で戦線離脱するものの、すぐに復帰。前年辞退したオールスターゲームには監督推薦で選ばれ、地元広島での第2戦に登板した。9月30日の横浜ベイスターズ戦では自身がバントを失敗した直後、ベンチでヘルメットを地面に叩きつけてアンディ・フィリップスの顔面を負傷させてしまった。前年に比べるとやや好不調の波が激しく、好投することもあれば大量失点を喫することもあったため勝ち星や防御率をやや下げたが、全体的には変わらぬ安定感を披露。最終的に、広島の外国人投手史上初の2年連続二桁勝利となる11勝、防御率2点台を記録し、2年連続で最多奪三振のタイトルを獲得。与四球も、2年続けて規定投球回到達者中最少(19個)だった。また、2本の場外弾を含む3本塁打を放ち、打撃でもインパクトを残した。WHIPは先発投手としては驚異的な0.99と1を切った。また、運や味方の守備力に左右されない評価指標DIPSは2.53でリーグ1位であり、同じくK/BBでは驚異的な9.79を残すなど[2]、勝敗や防御率以上に投球内容は良かった。これらの活躍から翌シーズンに向けての契約交渉が進められていたが、家族の健康を理由にアメリカに戻ってプレーしたいという本人からの申し出がなされ、12月14日に一転して退団することが発表された。この時は詳しい説明がされなかったが、翌年2月にESPNの取材に対して、ジェニー夫人が甲状腺の病気であるバセドウ病を患っていることを明かした。加えて新たな子どもが欲しいと考えており、この2つが退団の大きな決め手となったという[3]

レンジャーズ復帰[編集]

2010年1月19日に2年500万ドル(3年目は球団オプション)で古巣のテキサス・レンジャーズと契約。4月9日のシアトル・マリナーズ戦で6年ぶりにメジャーでの先発登板を果たし、7回5安打4四死球ながらも1失点にまとめ、6年ぶりとなるメジャーでの勝利を挙げる。その後2試合もそれぞれ10奪三振をマークする好投で開幕3連勝を挙げる。6月には2勝0敗、防御率1.80の他、13日のミルウォーキー・ブルワーズ戦で2安打2打点の活躍をし週間最優秀選手に選ばれ7月まで好調を続けるが、7月16日のボストン・レッドソックス戦で9勝目を挙げて以来7連敗を喫し、その間の防御率も5.07と絶不調に陥る。しかし9月9日のトロント・ブルージェイズ戦で6回1/3を5安打1失点に抑え連敗をストップ。チーム最終戦となるロサンゼルス・エンゼルス戦では4回に松井秀喜から2点本塁打を浴び勝敗はつかなかったものの、初の200投球回に到達。12勝13敗、防御率3.72、リーグ7位の196奪三振、同9位のWHIP1.19、同5位の奪三振率8.78でレギュラーシーズンを終えた。

ポストシーズンではリーグ最多の3勝に加えマット・ガーザに次ぐリーグ2位の防御率1.71と好投。ニューヨーク・ヤンキース戦では第2戦、第6戦と地元テキサスで先発登板していずれも勝ち投手となった。特に2勝目はレンジャーズ創立50年目にして初のリーグ優勝のかかった試合で8回1失点に抑えての勝利であった為、ファンからはルイスコールが連呼された。

2011年は夫人の出産に立ち会うため、この年から新設された育休リストにメジャー全選手で初めて適用された[4]。4月は2勝3敗、防御率5.70、WHIP1.36を喫したが、5月は2勝2敗、防御率2.43、WHIP1.05と復調し、5月16日のシカゴ・ホワイトソックス戦ではメジャー初完封を記録[5]。しかし6月は3勝2敗、防御率5.18、WHIP1.33と調子を落とし、18試合の登板で8勝7敗。防御率4.38、WHIP1.23の成績で前半戦を折り返す。7月は防御率3.09、WHIP1.02と好投を見せたが、8月から再び調子を落とし、後半戦は14試合の登板で勝3敗、防御率4.43、WHIP1.17を記録。シーズンを通しては2年連続での200投球回に到達したが、リーグ最多の35被本塁打を浴びた。

ポストシーズンではタンパベイ・レイズとのディビジョンシリーズ第3戦で勝利投手となるが、デトロイト・タイガースとのリーグチャンピオンシップシリーズ第3戦では5回2/3を4失点で敗戦。セントルイス・カージナルスとのワールドシリーズでは第3戦と第6戦に先発し計12回を自責点3に抑えたが、チームは第7戦で敗退。10月31日には球団が年俸325万ドルのオプションを行使して契約を延長した。

2012年7月に右肘腱断裂が判明し、右肘屈筋腱の修復手術を受け残りのシーズンを欠場[6]2013年は8月に股関節の手術を受けたこともあり、メジャー登板はなかった。シーズン終了後、レンジャーズとマイナー契約を結んだ[7]

2014年4月13日にレンジャーズとメジャー契約を結んだ[8]。2014年7月31日のニューヨーク・ヤンキース戦で黒田と登板し元広島同士の登板となる。

選手としての特徴[編集]

肩を故障するまでは最速160km/hを誇っていたが、制球に難があり大成し切れなかった。故障後は平均球速約90mph(約145km/h)[9]、最速95mph(約153km/h)[10]速球(フォーシーム)を投げ込み、キレのいいスライダーカーブチェンジアップを投げ分ける[9]本格派投手となった。日本で「制球力が自分の投球の基本」ということがわかり、打者の打ち取り方を掴んだと言う[11]

広島時代は打者としても通算で5本塁打を記録(2008年2本塁打・2009年3本塁打)。2009年6月26日にはマツダスタジアム朝倉健太から推定飛距離150メートルの本塁打を左翼場外に放ち、10月5日には横浜スタジアム高宮和也から左翼場外に本塁打を放った[12]

人物[編集]

  • 父と兄はアメリカのカーレース界の有名人。その影響から車好きである[13]
  • いたずら好きでもあり、2008年春季キャンプ中にはチームメイトの山崎浩司の部屋に大量の氷水を流し込んだこともある[13]
  • 広島時代について、「日本での生活や日本文化自体は堪能した」と振り返っている。広島の街や球団のファン、日本野球のスタイルも気に入っていた。広島時代は、自宅から球場まで15分かけて自転車通勤をしていたが、長身だったためよく目立ち、ファンから話しかけられたり、写真の撮影を求められたりしていたという。
  • 日米の違いについては文化など外的な違いは感じたが、野球の違いはほとんど感じなかったという[11]。さらに日本のマウンドについては投げれば投げるほど地面が掘れて投げにくかったというが、ボールの違いは感じず、フォームを変えることもしなかったという[11]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2002 TEX 15 4 0 0 0 1 3 0 1 .250 168 34.1 42 4 26 2 2 28 3 1 26 24 6.29 1.98
2003 26 26 0 0 0 10 9 0 0 .526 594 127.0 163 23 70 1 5 88 5 0 104 103 7.30 1.83
2004 3 3 0 0 0 1 1 0 0 .500 71 15.1 13 1 13 0 1 11 0 0 7 7 4.11 1.70
2006 DET 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 18 3.0 8 1 1 0 0 5 0 0 1 1 3.00 3.00
2007 OAK 26 1 0 0 0 0 2 0 3 .000 170 37.2 44 7 14 3 3 23 1 1 28 27 6.45 1.54
2008 広島 26 26 3 2 1 15 8 0 0 .652 702 178.0 151 12 27 4 6 183 1 3 56 53 2.68 1.00
2009 29 28 3 1 2 11 9 0 1 .550 715 176.1 156 13 19 0 14 186 3 0 68 58 2.96 0.99
2010 TEX 32 32 1 0 1 12 13 0 0 .480 844 201.0 174 21 65 0 6 196 9 0 90 83 3.72 1.19
2011 32 32 2 1 0 14 10 0 0 .583 839 200.1 187 35 56 1 6 169 4 0 103 98 4.40 1.21
2012 16 16 2 0 1 6 6 0 0 .500 427 105.0 99 16 14 0 6 93 2 0 48 40 3.43 1.08
MLB:8年 152 114 5 1 2 44 44 0 4 .500 3131 723.2 730 108 259 7 29 613 24 2 407 383 4.76 1.37
NPB:2年 55 54 6 3 3 26 17 0 1 .605 1417 354.1 307 25 46 4 20 369 4 3 124 111 2.82 1.00
  • 2012年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

NPB

表彰[編集]

記録[編集]

NPB投手記録
NPB打撃記録

背番号[編集]

  • 48 (2002 - 2004年、2010年 - 2012年、2014年 - )
  • 36 (2006年)
  • 46 (2007年)
  • 11 (2008年 - 2009年)

脚注[編集]

  1. ^ Colby Lewis Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2013年8月31日閲覧。
  2. ^ レンジャース・建山がメジャーで成功するワケ ~秘訣は“奥行き”を使った投球術にあり~ - (1/3) - OCNスポーツ 野球コラム
  3. ^ Tim Kurkjian: Road leads back to majors for Colby Lewis - ESPN
  4. ^ 元広島のルイス 愛娘誕生で「育休リスト」入り第1号 スポニチ Sponichi Annex、2011年4月17日
  5. ^ Lewis' first shutout leads Rangers past White Sox Yahoo! News、2011年5月16日
  6. ^ 元広島ルイス 右肘腱断裂で手術…今季絶望か スポニチ Sponichi Annex、2012年7月25日
  7. ^ 元広島C.ルイスがレンジャーズとマイナー契約 MLB.jp、2013年11月24日
  8. ^ T.R. Sullivan (2014年4月13日). “Lewis' comeback to become a reality on Monday”. MLB.com. 2014年4月14日閲覧。
  9. ^ a b Colby Lewis Pitch FxFanGraphs
  10. ^ 2010-11 MLB投手白書 主要250投手ピッチ・アナリシス/先発投手編 『月刊スラッガー』2011年2月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-2、26頁。
  11. ^ a b c 日本で才能を開花させた元プロスペクト コルビー・ルイスが語る日米の野球の違い『月刊スラッガー』2010年10月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-10、40-42頁。
  12. ^ 【広島】ルイス投打で活躍11勝&場外弾日刊スポーツ、2009年10月5日、2014年3月24日閲覧
  13. ^ a b 雑誌「週刊ベースボール」(ベースボールマガジン社刊)2008年7月7日号12-13ページ「カープ史上最高の助っ人の呼び声も ルイス」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]