C.J.ウィルソン (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
C.J.ウィルソン
C. J. Wilson
ロサンゼルス・エンゼルス #33
C. J. Wilson on June 26, 2012.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ニューポートビーチ
生年月日 1980年11月18日(33歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2001年 ドラフト5巡目
初出場 2005年6月10日
年俸 $11,500,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

クリストファー・ジョン・ウィルソンChristopher John Wilson, 1980年11月18日 - )は、MLBロサンゼルス・エンゼルス所属の野球選手。ポジションは投手アメリカ合衆国カリフォルニア州ニューポートビーチ出身。ストレイト・エッジでもある。

経歴[編集]

オレンジ郡ファウンテンヴァレー市のファウンテンヴァレー高校を1998年に卒業しサンタアナ短期大学に進学、2000年にはカリフォルニア州短大リーグのMVPを受賞した。2001年はロヨラ・メリーマウント大学でプレーし、同年のドラフトテキサス・レンジャーズから指名を受け、契約した。

2003年8月12日にトミー・ジョン手術を受け、2004年はリハビリに費やした。

2005年テキサス・レンジャーズでメジャーデビュー。主にリリーフで24試合に登板。

その後セットアッパーに定着し、2007年途中からはクローザーを務め12セーブ、防御率3.03を記録した。

2008年もクローザーとして24セーブを挙げたものの、制球難に陥り、防御率6.02と不振だった。

2009年は復調し、主にセットアッパー、クローザーのフランク・フランシスコ離脱時にはクローザーも務め、最終的に自己最多の74試合登板に登板し5勝6敗14セーブ防御率2.81と自己最高の成績を残した。

2010年よりノーラン・ライアンに直訴して、先発に転向し、1年間ローテを守り33試合に登板してチーム最多の204イニングを投げリーグ最多の93四球を与えたが被本塁打をわずか10本、左打者に対しては被打率.144被OPS.400被本塁打0本[2] と完全に抑え込んで、チーム最多の15勝を挙げ一躍飛躍のシーズンとなった。

2011年は、クリフ・リーの移籍に伴い開幕投手を任された。開幕戦は6回途中4失点で降板したものの、それ以降は調子を1年間維持し、オールスターにも選出された[3]。最終的には前年を上回る34試合に登板し223.1イニングを投げ、防御率は2.94にまで良化させた[3]。また、前年リーグ最多だった四球を74個に減らしレンジャーズの投手としては1991年のノーラン・ライアン以来の200奪三振となる206奪三振を奪った[3][4]。 投球内容も大幅に改善させ、最終的に自己最多かつチーム最多タイの16勝を挙げ前年よりも充実したレギュラーシーズンを送り、エースとしての重責を果たした。

ウィルソンの投球フォーム

シーズン終了後FAとなり、2011年12月8日にロサンゼルス・エンゼルスと5年総額7750万ドルで契約合意、翌12月9日に、ワールドシリーズで対戦したアルバート・プホルスと共に、エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムで入団会見を行った。

新天地でのスタートとなった2012年も好調を続け、前半戦18試合に登板して9勝5敗、防御率2.43で折り返し、オールスターにも選出されたが、指先の怪我で出場を辞退。後半は打ち込まれる試合が増え、最終的に13勝10敗、防御率3.83でシーズンを終えた。最終登板となった10月1日の試合後、後半戦は肘に違和感を抱えながらのピッチングだったこと、オフに骨棘除去手術を行うことを発表した。

2013年は開幕から安定した投球を続け、自己最高の17勝とQS率71%という数字を残した。

投球スタイル[編集]

テキサス・レンジャーズ時代

リリーフ時には最速97マイル(156.1km/h)平均93.4マイル(150.2km/h)を掲示し、先発転向後は平均90マイル(144.8km/h)前後を記録する速球(フォーシーム・ツーシーム・カッター)と70マイル代の緩いカーブ、縦に切れるスライダーチェンジアップといった多彩な球種をオーバーと低いスリークォーターの二つの腕のアングルから織り交ぜる投球が持ち味。リリーフ時代の奪三振率は毎年9前後を推移していた。先発転向後は奪三振率を多少落としているがゴロ率が上がり打たせて取る投球を心掛けている。(球種ではなくオモチャの)ジャイロボールに熱心に取り組んでいることでも知られている。[5] [6]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2005 TEX 24 6 0 0 0 1 7 1 4 .125 220 48.0 63 5 18 1 2 30 4 1 39 37 6.94 1.69
2006 44 0 0 0 0 2 4 1 7 .333 191 44.1 39 7 18 1 5 43 0 0 23 20 4.06 1.29
2007 66 0 0 0 0 2 1 12 15 .667 285 68.1 50 4 33 1 6 63 5 0 25 23 3.03 1.21
2008 50 0 0 0 0 2 2 24 1 .500 214 46.1 49 8 27 2 2 41 3 0 35 31 6.02 1.64
2009 74 0 0 0 0 5 6 14 19 .455 323 73.2 66 3 32 3 6 84 3 0 29 23 2.81 1.33
2010 33 33 3 0 0 15 8 0 0 .652 850 204.0 161 10 93 0 10 170 7 1 83 76 3.35 1.25
2011 34 34 3 1 0 16 7 0 0 .694 915 223.1 191 16 74 0 10 206 6 0 89 73 2.94 1.19
2012 LAA 34 34 0 0 0 13 10 0 0 .565 865 202.1 181 19 91 2 6 173 4 1 102 86 3.83 1.34
2013 33 33 0 0 0 17 7 0 0 .708 913 212.1 200 15 85 3 8 188 14 2 93 80 3.39 1.34
通算:9年 392 140 6 1 0 73 52 52 46 .584 4776 1122.2 1000 87 471 13 55 998 46 5 518 449 3.60 1.31
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

  1. ^ C.J. Wilson Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2012年12月25日閲覧。
  2. ^ 「2010-2011MLB投手白書」 『月刊スラッガー』2011年2月号、日本スポーツ企画出版社、2010年、雑誌15509-2、18頁
  3. ^ a b c C.J. Wilson Statistics and History”. Baseball-Reference.com. 2011年10月4日閲覧。
  4. ^ Texas Rangers Top 10 Pitching Leaders”. Baseball-Reference.com. 2011年11月2日閲覧。
  5. ^ Rangers' Wilson one eccentric individual – MLB – ESPN”. ESPN (2007年3月16日). 2010年6月2日閲覧。
  6. ^ C.J.Wlison phich FX”. fangraphs (2011年12月6日). 2011年12月6日閲覧。

外部リンク[編集]