チャーリー・ハフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャーリー・ハフ
Charlie Hough
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ハワイ州オアフ島ホノルル
生年月日 1948年1月5日(66歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1966年 8巡目
初出場 1970年8月12日
最終出場 1994年7月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

チャーリー・ハフCharles Oliver Hough1948年1月5日 - )は、主に1970年代 - 1980年代に活躍したMLBの元選手(投手)。アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル生まれ。右投げ右打ち。1980年代メジャーリーグの代表的なナックルボーラーの一人。現役生活は25年に及び、46歳まで登板し通算216勝を挙げた。

経歴・人物[編集]

1966年のドラフト8巡目でドジャース入団。当初は内野手(三塁手)として入団したが、マイナー時代にホイト・ウィルヘルムらの指導を受けナックルボールを投げ始める。1970年にメジャーに昇格。ドジャースのリリーフ投手に定着したのは1973年以降のことである。

デビューから7年目となる1976年には12勝18セーブ、防御率2.21と好投したのがドジャースでの最も成績のよいシーズンだった。翌1977年には自己最多の22セーブを挙げながら12敗を喫し、その後1979年には先発に廻ったが4点台後半まで防御率を落としてしまい、1980年のシーズン中にテキサス・レンジャーズに移籍した。

レンジャーズでは1982年から先発の一人として9年間ローテーションに名を連ね、42歳になるまで9年連続の二桁勝利を記録するなど、安定した投球を見せた。その後もフリーエージェントでホワイトソックス、マーリンズでそれぞれ2年間を過ごし、1994年に46歳で現役を引退。ホイト・ウィルヘルムフィル・ニークロと同様、ナックルボーラーとして40代後半までメジャーリーグに在籍した投手の一人となった。実働年数が25年と長かったこともあり、通算のボーク数や与死球数などはメジャーリーグでも歴代上位の記録となった。

引退後は、1998年から2年間はドジャースで、また2001年から2年間はメッツで投手コーチを務めた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1970 LAD 8 0 0 0 0 0 0 2 -- ---- 79 17.0 18 7 11 0 0 8 0 0 11 10 5.29 1.71
1971 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 19 4.1 3 1 3 0 0 4 0 0 3 2 4.15 1.38
1972 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 13 2.2 2 0 2 0 1 4 0 0 1 1 3.38 1.50
1973 37 0 0 0 0 4 2 5 -- .667 309 71.2 52 3 45 2 6 70 2 0 24 22 2.76 1.35
1974 49 0 0 0 0 9 4 1 -- .692 389 96.0 65 12 40 2 4 63 4 0 45 40 3.75 1.09
1975 38 0 0 0 0 3 7 4 -- .300 266 61.0 43 3 34 0 8 34 4 1 25 20 2.95 1.26
1976 77 0 0 0 0 12 8 18 -- .600 600 142.2 102 6 77 3 8 81 9 0 43 35 2.21 1.25
1977 70 1 0 0 0 6 12 22 -- .333 551 127.1 98 10 70 6 7 105 8 0 53 47 3.32 1.32
1978 55 0 0 0 0 5 5 7 -- .500 390 93.1 69 6 48 4 5 66 6 0 38 34 3.28 1.25
1979 42 14 0 0 0 7 5 0 -- .583 662 151.1 152 16 66 2 8 76 9 1 88 80 4.76 1.44
1980 19 1 0 0 0 1 3 1 -- .250 156 32.1 37 4 21 0 2 25 3 0 21 20 5.57 1.79
TEX 16 2 2 1 0 2 2 0 -- .500 270 61.1 54 2 37 2 3 47 8 0 30 27 3.96 1.48
'80計 35 3 2 1 0 3 5 1 -- .375 426 93.2 91 6 58 2 5 72 11 0 51 47 4.52 1.59
1981 21 5 2 0 0 4 1 1 -- .800 330 82.0 61 4 31 1 3 69 4 0 30 27 2.96 1.12
1982 34 34 12 2 0 16 13 0 -- .552 954 228.0 217 21 72 5 7 128 9 0 111 100 3.95 1.27
1983 34 33 11 3 2 15 13 0 -- .536 1030 252.0 219 22 95 0 3 152 6 1 96 89 3.18 1.25
1984 36 36 17 1 1 16 14 0 -- .533 1133 266.0 260 26 94 3 9 164 12 2 127 111 3.76 1.33
1985 34 34 14 1 1 14 16 0 -- .467 1018 250.1 198 23 83 1 7 141 11 3 102 92 3.31 1.12
1986 33 33 7 2 0 17 10 0 -- .630 958 230.1 188 32 89 2 9 146 16 0 115 97 3.79 1.20
1987 40 40 13 0 1 18 13 0 -- .581 1231 285.1 238 36 124 1 19 223 12 9 159 120 3.79 1.27
1988 34 34 10 0 2 15 16 0 -- .484 1067 252.0 202 20 126 1 12 174 10 10 111 93 3.32 1.30
1989 30 30 5 1 0 10 13 0 -- .435 795 182.0 168 28 95 2 6 94 7 5 97 88 4.35 1.45
1990 32 32 5 0 1 12 12 0 -- .500 950 218.2 190 24 119 2 11 114 4 0 108 99 4.07 1.41
1991 CWS 31 29 4 1 0 9 10 0 -- .474 858 199.1 167 21 94 0 11 107 5 1 98 89 4.02 1.31
1992 27 27 4 0 0 7 12 0 -- .368 751 176.1 160 19 66 2 7 76 10 1 88 77 3.93 1.28
1993 FLA 34 34 0 0 0 9 16 0 -- .360 876 204.1 202 20 71 2 8 126 11 4 109 97 4.27 1.34
1994 21 21 1 1 0 5 9 0 -- .357 515 113.2 118 17 52 1 10 65 9 4 74 65 5.15 1.50
通算:25年 858 440 107 13 8 216 216 61 -- .500 16170 3801.1 3283 383 1665 44 174 2362 179 42 1807 1582 3.75 1.30
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・記録[編集]

  • ワールドシリーズ出場:3回(1974年、1977年、1978年)
  • オールスターゲーム出場:1回(1986年
  • 通算与死球数:174(歴代6位)
  • 通算ボーク数:42(歴代4位)
  • 1993年シーズンの開幕試合に45歳で先発し勝ち投手となった。これはMLBの開幕先発投手、及び開幕戦勝利投手の最年長記録である。

出典・外部リンク[編集]