人差し指

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
人差し指
Wijsvinger.jpg
人差し指
英語 Index finger
器官 運動器
口論相手に人差し指を突きつける男性

人差し指(ひとさしゆび)は、上肢の五指の内側から2番目にある。人を指差す際に用いることに由来している。英語においても、「Index finger」である。

和語ではお母さん指、塩舐め指、医学用語では第二指、示指、漢語では食指、頭指との呼び方がある。 食指が動くとは、ある物事をやろうという気になることである。

ジェスチャー[編集]

文化によっては、人差し指で他人を指差す行為は無礼に当たり、挑発行為と見なされる場合もある。

人差し指を立て、横に振ることは相手に対する不同意を示す。

唇近くで人差し指を立てることは音を立てないことを示す。

日本においては、人差し指を鉤型に曲げると窃盗を示す。

イタリアでは、子供が美味であることを示す場合、人差し指を頬にあて、ねじるように動かす。

飲茶の習慣では、他人にお茶を注いでもらった際などに人差し指と中指でテーブルを2回叩くことで感謝を表現する。一方、フィリピンでは指でテーブルを叩くことは無礼なこととされている。

関連項目[編集]