D-BOYS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

D-BOYS(ディーボーイズ)は、ワタナベエンターテインメントに所属する男性若手俳優により構成される集団である。結成は2004年

Dにはdrama(芝居)、dream(夢)、debut(デビュー)、discovery(発見)、development(成長、発達)の意味が込められている。

弟的な集団としてD2(2013年にD-BOYSと合体)があり、関西版D-BOYSとして劇団Patchがある。

概要[編集]

2004年、一太郎と遠藤雄弥、そして前年の交通事故の影響で芸能活動全般を休止していた柳浩太郎の3名で結成。新メンバーを募る「第1回D-BOYSオーディション」を開催し、同年7月24日にオーディションの最終選考が行われた。前述の3名のほか、2004年に加入した者を含めて結成メンバーとしている。初期より遠藤がリーダーを務め、2012年の遠藤の卒業にあたり「新たなリーダーは決めない」と明言した[1]

結成発表時のメンバーであった3名全員が舞台『ミュージカル・テニスの王子様』出演経験者であり、D-BOYSはこれ以降も同舞台への出演者を多く輩出している。D-BOYSオーディションの受賞者ではないが、同作への出演が決定したタイミングでD-BOYS加入が発表されたケースもある。また、特撮番組の出演経験者も多い。

結成初期の活動は、写真集の発売やファン向けのイベント開催など。『新春かくし芸大会』などのテレビ番組や事務所主催の舞台に数名が出演していたが、メンバー一同が揃う機会はイベント時のみであった[2]。2006年4月より半年間、レギュラー番組『DD-BOYS』が放送された。

2007年6月、メンバー総出となる初のオリジナル舞台公演『D-BOYS STAGE VOL.1「完売御礼」』を上演、同作のチケットは15分で完売した[2][3]。以降、D-BOYS STAGE(2012年にDステと改名[1])は毎年上演され、D-BOYSの活動の中心のひとつとなる。

2009年に弟分ユニットD2が結成され、これ以降D-BOYSオーディション受賞者のほとんどはD2に加入となった。D2は翌2010年4月に本格始動と発表され、D2単独でのライブ・イベント開催などの活動を行う。

2010年、ワタナベエンターテインメント設立10周年の記念企画として「2010年 D-BOYS プロジェクト」が始動。冠レギュラー番組『D-BOYS BE AMBITIOUS』放送やスペシャルユニットD☆DATEの結成・CDデビューなど、様々な企画が行われた。

2013年10月、「新生D-BOYS」としてD2がD-BOYSに加入することが発表され、過去最大人数の30名[注 1]のグループとなった[4]。同年には「D-BOYSオーディション」が3年ぶりに開催された[5]

メンバー[編集]

D2合流以前のD-BOYSメンバーのほとんどは、「D-BOYSオーディション」受賞者および参加者である。オーディション参加以前から芸能活動をしていた者も数名いる。同オーディションは2004年から毎年開催されていたが、「メンバーの育成が重要課題」という方針により、2011年・2012年は開催されなかった[5]。なお、ワタナベエンターテインメント所属の若手男性俳優の全員がD-BOYSやD2所属者(在籍経験者)・D-BOYSオーディション参加者というわけではない。

脱退に関して、D-BOYS公式サイトから除名となっても一切の報告がない場合もある。

現メンバー[編集]

公式サイトによる順[注 2]

名前 よみ 生年月日 加入時期 備考
柳浩太郎 やなぎ こうたろう 1985年12月21日 結成時
和田正人 わだ まさと 1979年8月25日 2004年10月 D-BOYS歴代最年長
鈴木裕樹 すずき ひろき 1983年10月3日 2004年12月
荒木宏文 あらき ひろふみ 1983年6月14日 D☆DATEリーダー
瀬戸康史 せと こうじ 1988年5月18日 2005年12月 D☆DATEメンバー
柳下大 やなぎした とも 1988年6月3日 2006年12月 D☆DATEメンバー
第3回D−BOYSオーディショングランプリ
牧田哲也 まきた てつや 1984年6月7日 2007年7月
碓井将大 うすい まさひろ 1991年12月3日 2007年12月 第4回D−BOYSオーディショングランプリ
三上真史 みかみ まさし 1983年6月20日
高橋龍輝 たかはし りゅうき 1993年3月28日 2008年7月
橋本汰斗 はしもと たいと 1991年11月1日 2008年12月
山田悠介 やまだ ゆうすけ 1987年7月29日 2009年7月 第5回D−BOYSオーディショングランプリ
堀井新太 ほりい あらた 1992年6月26日 2010年9月 D☆DATEメンバー
D☆DATE新メンバーオーディショングランプリ
山口賢貴 やまぐち けんき 1986年7月17日 2013年10月[注 3]
上鶴徹 かみつる とおる 1989年6月26日
西井幸人 にしい ゆきと 1995年6月14日
三津谷亮 みつや りょう 1988年2月11日
陳内将 じんない しょう 1988年1月16日
荒井敦史 あらい あつし 1993年5月23日
阿久津愼太郎 あくつ しんたろう 1995年6月21日 第6回D-BOYSオーディショングランプリ
池岡亮介 いけおか りょうすけ 1993年9月3日
近江陽一郎 おおみ よういちろう 1989年4月5日
根岸拓哉 ねぎし たくや 1996年3月12日 D-BOYS最年少
山田裕貴 やまだ ゆうき 1990年9月18日 D☆DATE新メンバーオーディションD-BOYS部門グランプリ
前山剛久 まえやま たかひさ 1991年2月7日
白又敦 しらまた あつし 1994年3月22日
土屋シオン つちや シオン 1992年8月7日
大久保祥太郎 おおくぼ しょうたろう 1995年8月27日
志尊淳 しそん じゅん 1995年3月5日

過去のメンバー[編集]

(備考の「事務所」はワタナベエンターテインメントを表す)

名前 よみ 脱退時期 卒業/脱退 加入時期 備考
一太郎 いちたろう 2005年3月 卒業 結成時 グランドスラムに移籍
中村勝樹 なかむら かつき 2005年4月1日[注 4] 脱退[注 5] 2004年10月
鐵進太郎 てつ しんたろう 2004年10月
皆川佑馬 みなかわ ゆうま 2007年2月1日[注 6] 脱退 2004年10月 2009年に事務所を離籍、芸能界引退
城田優 しろた ゆう 2008年7月6日 卒業 2004年10月
熊井幸平 くまい こうへい 2008年10月1日[注 6] 脱退 2005年12月 第2回D-BOYSオーディショングランプリ
2009年に事務所を離籍、オフィスシュウに移籍
中村昌也 なかむら まさや 2010年4月6日[6] 脱退[6] 2007年7月
中川真吾 なかがわ しんご 2010年11月30日[7] 脱退[7] 2005年12月
中村優一 なかむら ゆういち 2011年11月8日 脱退[8] 2004年10月 第1回D-BOYSオーディショングランプリ
元D☆DATEメンバー
2012年に芸能界引退につき事務所離籍
遠藤雄弥 えんどう ゆうや 2012年9月17日[1] 卒業[1] 結成時 D-BOYS初代リーダー
加治将樹 かじ まさき 2004年10月
足立理 あだち おさむ 2004年10月 脱退・復帰を経ての卒業
五十嵐隼士 いがらし しゅんじ 2013年11月30日[9] 卒業[9] 2004年10月 元D☆DATEメンバー
芸能界引退につき事務所離籍

D-BOYSオーディション[編集]

第1回D-BOYSオーディション
  • ファイナル開催日:2004年7月27日
  • 受賞者:
グランプリ:中村優一
準グランプリ:五十嵐隼士・中村勝樹
審査員特別賞:和田正人
  • 主な最終選考出場者:荒木宏文・鈴木裕樹
第2回D-BOYSオーディション
  • ファイナル開催日:2005年7月31日[10]
  • 受賞者[10]
グランプリ:熊井幸平
準グランプリ:瀬戸康史
審査員特別賞:佐藤雄一[注 7][注 8]・中川真吾
第3回D-BOYSオーディション
  • ファイナル開催日:2006年9月3日[11]
  • 受賞者:
グランプリ:柳下大
準グランプリ:牧田哲也
月刊デ・ビュー賞:牧田哲也
smart賞:三好真[注 9]
  • 主な最終選考出場者:橋本汰斗
第4回D-BOYSオーディション
  • ファイナル開催日:2007年5月26日[12]
  • 受賞者:
グランプリ:碓井将大
準グランプリ:三上真史
  • 主な最終選考出場者:山口賢貴[注 10]
第5回D-BOYSオーディション
  • ファイナル開催日:2008年6月1日[13]
  • 応募者総数:約2万2千人[13]
  • 受賞者:
グランプリ:山田悠介
準グランプリ:西井幸人[注 10]
審査員特別賞:三津谷亮[注 10]
第6回D-BOYSオーディション

コンセプトは「毎週がオーディション」[14][15]

  • ファイナル開催日:2009年9月6日[15]
  • 応募者総数:約2万5千人[15]
  • 最終選考出場人数:10人[15]
  • 受賞者:
グランプリ:阿久津愼太郎[注 10]
準グランプリ:池岡亮介[注 10]
審査員特別賞:近江陽一郎[注 10]・谷川竜一[注 7][注 11]
D☆DATE新メンバーオーディション

スペシャルユニット・D☆DATEの新メンバーを選考するオーディション。全国での予選やネット投票などを経て、最終選考会会場ではファン約500人による投票が行われた[16]。「D-BOYSオーディショングランプリ」部門は、ファイナル開催当日に急遽設けられたものである[16]

  • ファイナル開催日:2010年9月19日[16]
  • 応募者総数:約3万人[16]
  • 最終選考出場人数:6人[16]
  • 受賞者:
グランプリ:堀井新太
D-BOYSオーディショングランプリ:山田裕貴[注 10]
D-BOYSオーディション10th

D-BOYS結成10周年に先駆けて開催されたオーディション[17]。ファイナル開催の翌日、TBSにてオーディションに密着した特別番組『THE・オーディション〜夢はD-BOYS・少年たちの戦い〜』が放送された。受賞者および最終選考進出から事務所に入所した者はすべて、2014年5月にワタナベエンターテインメントから新設された系列事務所「DIVE'」の所属となった[18]

グランプリ:楡木直也
準グランプリ:太田啓斗・谷井優貴
non-no賞:楡木直也
D-BOYSドラマ賞:楡木直也
  • 主な最終選考出場者:中尾暢樹・中村太郎・東啓介

出演[編集]

(D-BOYSとしての出演)

バラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

  • GIFT 〜今夜、幸せの時間お届けします〜(2010年2月 - 4月、BeeTV)荒木・瀬戸・牧田・三上・碓井

舞台[編集]

Dステ(D-BOYS STAGE)の詳細は、Dステを参照

  • OUT OF OUDER 〜偉人伝心〜(2007年3月 - 4月)
  • D-BOYS STAGE vol.1「完売御礼」(2007年6月)
  • D-BOYS STAGE vol.2 「ラストゲーム」(2008年6月 - 7月)
  • D-BOYS STAGE vol.3「鴉 〜KARASU〜 04」(2009年4月)
  • D-BOYS STAGE vol.3「鴉 〜KARASU〜 10」(2009年10月)
  • D-BOYS STAGE 2010 trial-1「NOW LOADING」(2010年4月 - 5月)
  • D-BOYS STAGE 2010 trial-2「ラストゲーム」(2010年8月 - 9月)
  • D-BOYS STAGE 2010 trial-3「アメリカ」(2010年9月 - 10月)
  • D-BOYS STAGE 2011「ヴェニスの商人」(2011年4月 - 5月)
  • D-BOYS STAGE 9th「検察側の証人(2011年10月 - 11月)
  • D-BOYS STAGE 10th「淋しいマグネット」(2012年4月 - 5月)
  • Dステ 11th「クールの誕生」(2012年8月 - 9月)
  • Dステ 12th「TRUMP」(2013年1月 - 2月)[注 13]
  • Dステ 13th「チョンガンネ 〜おいしい人生お届けします〜」(2013年4月 - 5月)
  • Dステ 14th「十二夜」(2013年10月)

ラジオ[編集]

  • D-RADIO BOYS featuring D-BOYS(2007年10月 - 2011年9月、bay-fm
メインパーソナリティ:和田・五十嵐
メインパーソナリティ:
2011年10月- 12月、鈴木・荒木
2012年1月- 3月、牧田・堀井
2012年4月- 6月、瀬戸・柳下
2012年7月- 9月、三上
2012年10月- 、D☆DATE

イベント[編集]

  • 夏どこ2009(2009年7月18日- 8月31日、アキバホール)
  • 春どこ2010(2010年3月31日- 4月3日、新宿FACE
  • 夏どこ2010(2010年7月19日、幕張イベントホール)
  • 春どこ2011(2011年2月11日- 2月13日、恵比寿ザ・ガーデンホール)
  • 夏どこ2011(2011年7月18日、幕張イベントホール)
  • 10th Anniversary Project「10thどこ」(2014年1月- 7月)

作品[編集]

DVD[編集]

Dステ関連の作品については該当記事を参照

  • D-BOYS BOY FRIEND series(ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン
    • vol.1「五十嵐隼士 NO-FICTION」(2009年6月24日) CLVS-1008
    • vol.2「中村優一 SELF-DISCOVERY」(2009年8月21日) CLVS-1016
    • vol.3「鈴木裕樹 PEACEMAKER」(2009年9月18日) CLVS-1019
    • vol.4「荒木宏文 SUGAO」(2009年10月23日) CLVS-1024
    • vol.5「柳下大 TOMORROW」(2009年11月26日) CLVS-1037
    • vol.6「城田優 YU channel」(2009年12月23日) CLVS-1045
    • vol.7「荒木宏文 / 五十嵐隼士 / 碓井将大 / 鈴木裕樹 / 瀬戸康史 / 中村優一 / 三上真史 7HEROES」(2010年2月24日) CLVS-1058
    • vol.8「高橋龍輝 SUPER ROOKIE」(2010年3月25日) CLVS-1062
    • vol.9「橋本汰斗 TIGHT RIZM」(2010年4月21日) CLVS-1065
    • vol.10「瀬戸康史 SET OUT」(2010年5月26日) CLVS-1071
  • 夏どこ2009(2009年12月16日、ソニー・ミュージックエンタテインメント
    • 風〜Team Wind バージョン(SSCX-10471 - 10475)
    • 山〜Team Mountain バージョン(SSCX-10476 - 10480)
    • 河〜Team River バージョン(SSCX-10481 - 10485)
  • 春どこ2010(2010年7月14日、ソニー・ミュージックエンタテインメント)
    • 〜桃〜(SSBX-2501)
    • 〜桜〜(SSBX-2502)
  • 夏どこ2010(2010年12月15日、ポニーキャニオン
    • -D-BOYS 大運動会-(PCBP-11990)
    • -D-BOYS フットサルワールドカップ-(PCBP-11991)
  • 夏どこ2011(2012年12月7日、ポニーキャニオン)
    • -D-BOYS フィールド競技編-(PCBG-51488)
    • -D-BOYS ドッチボール編-(PCBG-51489)

書籍[編集]

写真集[編集]

雑誌連載[編集]

新聞連載[編集]

  • SANKEI EXPRESS「D-BOYS 役者魂」(2010年6月 - 2011年12月、産経新聞社
  • SANKEI EXPRESS「D-Next」(2011年1月 - 2012年12月、産経新聞社)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 発表時(2013年10月)の人数。
  2. ^ 基本的に加入順となっている。
  3. ^ D-BOYS加入時。D2加入時期はD2および各メンバーの個別記事を参照のこと。
  4. ^ 事務所サイトからプロフィールが消失した日付。
  5. ^ プロフィール消失後、マネージャーが公式BBSにて脱退を発表した。
  6. ^ a b プロフィールがD-BOYSの括りから外された日付。
  7. ^ a b D-BOYS非加入(ワタナベエンターテインメント入所発表もなし)。
  8. ^ 俳優で元PureBoysメンバーの佐藤雄一とは別人。
  9. ^ ワタナベエンターテインメント所属となったが、D-BOYSには非加入。
  10. ^ a b c d e f g h i D2に加入。
  11. ^ 谷川は当時10歳であり、第5回オーディションで西井幸人が作った史上最年少記録を更新した。
  12. ^ a b テレビとラジオの連動放送。
  13. ^ D-BOYSと合体する以前のD2による「Dステ」。

出典[編集]

  1. ^ a b c d “卒業コメント|D-BOYS”. D-BOYS OFFICIAL SITE. (2012年8月). オリジナル2012年9月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120922000951/http://www.d-boys.com/info/news20120801/index.html 2013年12月4日閲覧。 
  2. ^ a b “D-BOYSの本気を見せます”. デイリースポーツオンライン. (2007年5月11日). http://www.daily.co.jp/gossip/2007/05/11/0000332168.shtml [リンク切れ]
  3. ^ “注目の若手俳優集団の舞台公演がスタート”. ORICON STYLE. (2007年6月4日). http://www.oricon.co.jp/news/45176/ 2013年12月4日閲覧。 
  4. ^ “若手俳優集団D-BOYSとD2が合体 総勢30人の新体制に”. ORICON STYLE. (2013年10月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2029310/full/ 2013年12月4日閲覧。 
  5. ^ a b “D-BOYS、3年ぶりオーディション開催!”. SANSPO.COM. (2013年6月1日). http://www.sanspo.com/geino/news/20130601/oth13060105060008-n2.html 2013年12月4日閲覧。 [リンク切れ]
  6. ^ a b “ご報告とご挨拶”. 中村昌也 BLOG. (2010年4月15日). http://blog.watanabepro.co.jp/nakamuramasaya/archives/2010/04/post_370.html 2013年12月4日閲覧。 
  7. ^ a b “ご報告”. 中川真吾 BLOG. (2010年11月30日). http://blog.watanabepro.co.jp/nakagawashingo/archives/2010/11/post_381.html 2013年12月4日閲覧。 
  8. ^ “中村優一がD-BOYSから脱退”. シアターガイド. (2011年11月10日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2011/11/10.php 2013年12月4日閲覧。 
  9. ^ a b “五十嵐隼士について大切なお知らせ”. D-BOYS OFFICIAL SITE. オリジナル2013年11月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131104173736/http://www.d-boys.com/comment/ 2013年12月4日閲覧。 
  10. ^ a b “D-BOYS新メンバーは15歳”. nikkanspots.com. (2005年8月1日). オリジナル2005年8月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050803004300/http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050801-0008.html 2013年12月4日閲覧。 
  11. ^ “ナベプロ若手俳優に新メンバー!”. ORICON STYLE. (2006年9月5日). http://www.oricon.co.jp/news/33668/ 2014年6月5日閲覧。 
  12. ^ “D-BOYS新メンバーはハーモニカ王子”. デイリースポーツオンライン. (2007年5月26日). オリジナル2007年5月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070530100146/http://www.daily.co.jp/gossip/2007/05/26/0000353358.shtml 2014年6月5日閲覧。 
  13. ^ a b “WE!インフォメーション: 第5回D-BOYSオーディション グランプリ受賞 山田悠介”. ワタナベエンターテインメント. (2008年6月2日). http://www.watanabepro.co.jp/info/2008/06/5dboys.html [リンク切れ]
  14. ^ “第5回D-BOYSオーディション開催中!!”. D-BOYSオーディション スタッフBLOG. (2008年1月25日). http://blog.watanabepro.co.jp/audition2008/archives/2008/01/dboys.html 2013年12月4日閲覧。 
  15. ^ a b c d “石川遼似の14歳・阿久津槇太郎さんがグランプリ獲得 第6回D-BOYSオーディション”. ORICON STYLE. (2009年9月6日). http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/68937/full/ 2013年12月4日閲覧。 
  16. ^ a b c d e “D-BOYSのスペシャルユニット「D☆DATE」に都立高3年の堀井新太さんが加入”. webザテレビジョン. (2010年9月22日). http://news.thetv.jp/article/17245/ 2013年12月4日閲覧。 
  17. ^ a b c d e “『D-BOYSオーディション10th』グランプリに高2の楡木直也さん、3冠獲得「圧倒的な華」”. ORICON STYLE. (2013年11月3日). http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2030426/full/ 2013年12月4日閲覧。 
  18. ^ “株式会社DIVE'”. http://diveinc.co.jp/index.html 2014年6月5日閲覧。 
  19. ^ a b c d “「D-BOYS」オーディションGPに高2楡木直也さん”. Sponichi Annex. (2013年11月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/11/04/kiji/K20131104006945080.html 2013年12月4日閲覧。 
  20. ^ “瀬戸康史15分ショートフィルムを初監督!"間"にこだわり”. ニュースラウンジ. (2013年12月6日). http://newslounge.net/archives/105989 
  21. ^ “城田優ショートフィルムで監督に初挑戦!”. ニュースラウンジ. (2013年12月6日). http://newslounge.net/archives/105979 
  22. ^ “D-BOYS10周年記念の初監督作品を上演・舞台挨拶”. テレビドカッチ. (2014年1月25日). http://dogatch.jp/news/ex/22494 

外部リンク[編集]