原田泰造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
原田 泰造
本名 原田 泰造
生年月日 1970年3月24日(44歳)
出身地 広島県広島市
血液型 B型
身長 177cm
方言 共通語
最終学歴 東京都立農芸高等学校
グループ名 ネプチューン
相方 名倉潤
堀内健
芸風 コント
事務所 ワタナベエンターテインメント
活動時期 1990年 -
同期 よゐこキャイ〜ン など
他の活動 俳優
配偶者 既婚
公式サイト  http://www.watanabepro.co.jp/mypage/3000002/
受賞歴
1998年 ゴールデン・アロー賞芸能賞
2005年 ゴールデン・アロー賞新人賞

原田 泰造(はらだ たいぞう、1970年3月24日 - )は、日本お笑いタレント俳優であり、お笑いトリオネプチューンのメンバー。ボケ担当。愛称はタイゾー

広島県広島市出身。ワタナベエンターテインメント所属。血液型はB型。東村山市立第四中学校 - 東京都立農芸高等学校卒業。 身長177cm、体重75kg。既婚者で一男一女の2児の父。姉と弟が1人ずついる。

概要・来歴[編集]

父親の故郷である広島県広島市生まれ[1]。3歳まで同市で育ち、父親の転勤により、その後小学校1年生まで北海道札幌市で、更に小学5年生まで東京都狛江市で、小学6年生以降は東京都立川市で育ち、その後、現在実家がある東京都東村山市に転居[2]

両親は過去に、所沢市松葉町(新所沢駅東口付近)で「ランチショップたきたて」という屋号の弁当店を営んでいた。幼少からテレビの世界に憧れ、内緒で児童劇団に応募した事もあったが、両親が月謝を払うことができず断念[3]。高校は実家の家業を継ぐことを見据え、農業高校に進学。「中3で進路を決める時は芸人になりたいとは思っていなかった。両親や、店を手伝っていた姉を少しでも楽にさせるために本気で弁当屋を継ごうと思い、そのためには何も知らないよりかは何か知っていた方がいいと思い、農業高校を選んだ」と語っている[4]

高校卒業後、「何でもいいからテレビに出たい」という思いのもと、モデル・俳優などのオーディションに応募する。

お笑い芸人として

1991年、高校時代の友達を誘い、アルバイト先の居酒屋村さ来にちなみ「パープルン」という名でお笑いコンビを結成し、渡辺プロダクション(のちのワタナベエンターテインメント)のオーディションに合格。しばらく活動していたが、相方が多額の借金を作り地元に帰ってしまい解散。

新しい相方を探していたところ、オーディション時に一緒で、当時ピンで活動していた堀内健に目が止まり、原田から声をかけ、1991年に堀内と通りすがりのラブホテルから命名した「フローレンス」を結成。1993年に元ジュンカッツで先輩の名倉潤が加入して、お笑いトリオネプチューンを結成。

ネプチューンはフジテレビタモリのSuperボキャブラ天国』に出演後、原田はショートコントの"ホストのアキラ"役として人気上昇。テレビ出演が増加した。

俳優、マルチタレントとして

10代の頃、雑誌JUNON』が主催するジュノン・スーパーボーイ・コンテストに応募したが落選(オーディションでは長渕剛の『とんぼ』を歌った)[5]。その後エキストラの会社に所属し、1991年NHK大河ドラマ太平記』には死体役として出演していた。

1995年、TBS愛の劇場ママに宿題』に出演。1998年ネプチューン初主演映画「どつきどつかれ」にて主人公のリイチ役として主役デビュー。2000年に『編集王』(フジテレビ系列)でテレビドラマで単独初主演を務め、その後『水曜日の情事』、『ビッグマネー!〜浮世の沙汰は株しだい〜』等数々の民放ドラマに出演、2004年公開の『ジャンプ』では単独映画初主演も果たし、2008年にはNHK大河ドラマ篤姫にて大久保正助役、2010にはNHK大河ドラマ龍馬伝にて近藤勇役として出演。

2005年7月、舞台「キスへのプレリュード」に主役で出演、これにより同年度の第43回ゴールデン・アロー賞・新人賞を受賞。(なお、その7年前にはネプチューンとして同・芸能賞(現在の放送賞バラエティ部門)を受賞したことがある。)

他にもネプチューンでの活動としてCDリリース・バラエティ番組の司会・クイズ番組のパネリスト等で活躍し、原田単独でも声優・ドキュメンタリーのナレーション・キャスターなど様々な分野でマルチタレントとして活躍している。

二児の父として

1995年村さ来でアルバイト時代出会った女性スタッフとできちゃった結婚[6] 結婚・出産当初は無名時代であったため、結婚の事実を公表する機会がなく、'98年ネプチューンのブレイク後マスコミから"隠し子発覚"と誤報されたため、釈明会見を開いた。

人物[編集]

芸風[編集]

がっちりとした体格をアピールした裸芸(力の限りゴーゴゴー!!での「ふんどし先生」、笑う犬の冒険の「ザ・センターマン」等)、「曲がったーことが大嫌いー♪はーらーだたいぞうです!」という自己紹介ソングで一世風靡した。近年は積極的に使わなくなったが、ドラマや映画などの制作発表会見などで披露することがある。[7]

かつては『タモリのSuperボキャブラ天国』で頻繁にパフォーマンスした巴投げをベースに、『おネプ』では「ネプ投げ」「フェニックス(不死鳥)投げ」(女性を巴投の要領で下着が見えるように開脚させる投げ方)で人気を集めたが、2000年BPOから「女性を投げる際に下着や肌を意図的に見せるのは、“セクシュアルハラスメントや女性蔑視に当たる”」と指摘を受け中止、以降原田がテレビで巴投げを披露することはなくなった。[8]

容貌・身体的特徴[編集]

ジム・キャリー三ツ木清隆イ・ビョンホンに似ていると評され、コントで扮したり茶化して自己紹介することもある。

全員酒が飲めないネプチューンの中でも、特にアルコールに弱く、本人曰く「飲むと必ず吐く」ぐらい弱いという。そのため「モルツ」のCMに出演したときはアルコールを抜いて撮影していたことを映画「ジャンプ」での舞台挨拶で明かした。

前歯は差し歯を詰めており、笑う犬の生活ネプリーグ等番組内で笑った拍子に取れるハプニングも経験している。

サタネプ☆ベストテンの企画にて十二指腸潰瘍が発覚し、寿命残り20年と診断されたが、禁煙・ジョギング・野菜の摂取で治癒し、寿命も平均以上まで快復した。

性格[編集]

有吉弘行からは、「精神的なことについては、一番クズ」と指摘された[9]

趣味・嗜好[編集]

  • 宝塚歌劇団檀れいのファン。過去は藤谷美和子のファンだった。[10]
  • 幕末歴史好きで、司馬遼太郎の小説『坂の上の雲』『竜馬がゆく』などを愛読している。
  • 現在[いつ?]町内会の野球クラブに所属し、1番打者で一塁手をつとめる。右投げ両打ちで背番号は7。ただし球技は下手。
  • 同郷の志村けんをこよなく慕っている。
  • 1998年ゲスト出演した「いろもん」での堀内健曰く、沿線の東村山市在住という理由から西武新宿線が好きとのこと。2011年に放送されたナニコレ珍百景でも西武新宿線の路線図を欲しがっていた。
  • サウナが好きでよく行っており、現在[いつ?]行っているサウナははなわも通っている。原田の子が幼い頃は親子のコミュニケーションの場として一緒にサウナに行っていた。
  • ファッションセンスはネプチューンの中で一番疎い。『笑う犬』の罰ゲームで「100万円を使って自分なりにカッコいい格好をしてこい」と言われた時に、ジーンズメイトで自分のサイズと同じ服を軽トラック1台分購入した。
  • 食べ物の好き嫌いが少なく、何を食べても「美味しい」とよく言う。これは原田が幼い頃、家のご飯を「マズイ」言ったら母親に怒られたためそれから何を食べても「美味しい」と言うように心がけていたら本当に美味しく感じるようになったからとのこと[11]
  • かつてはヘビースモーカーであったが、2012年のサタネプ☆ベストテンの企画にて、医者からの助言を機に禁煙を決意し、卒煙に至った。タバコ問題首都圏協議会から2012世界禁煙デー記念卒煙表彰を授与した。[12]

その他エピソード[編集]

東京都出身と表記されることが多いが出生地は広島県で、出生した広島には全く縁がないわけではなく、ローカル番組(『TIM神様の宿題』)の仕事で来広したことがある。

20歳の時、『ねるとん紅鯨団』(関西テレビ)に一般参加者として出演した経験がある。なお、結果的に原田はカップル成立しなかった。その後原田が芸能界に入り、石橋に再会した際このことを話したが、石橋は全く覚えていなかった[13]

少林寺拳法の経験があり、実際に型を披露したこともある。

出演番組[編集]

ネプチューンとしての出演は、ネプチューンの項目を参照

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

情報番組[編集]

ドキュメンタリー[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ネプチューン」原田泰造、NHK新情報番組でメーンキャスター初挑戦
  2. ^ 原田泰造 | web R25
  3. ^ リクナビNEXTプロ論。原田泰造さん
  4. ^ 週刊文春 2011年6月30日号『[[阿川佐和子』]のこの人に会いたい(第880回)』(128-132ページ)
  5. ^ 「王様のブランチ」2014年1月18日(土)放送内容”. 価格.com. カカクコム. 2014年9月13日閲覧。
  6. ^ ネプチューン大読本―ネプチューン&ボキャブラの謎 お笑いニューウェーブ解体新書(緒方邦彦 COSMOBOOKS)より
  7. ^ 2008年9月9日 NHK大河ドラマ篤姫制作発表で披露した。
  8. ^ 青少年委員会 2000年11月29日
  9. ^ 2012年3月26日放送『しゃべくり007』”. TVでた蔵 (2012年3月26日). 2014年9月13日閲覧。
  10. ^ 素人時代のねるとん紅鯨団放送テロップより
  11. ^ ゼクシィ』(リクルート)2014年8月号 31ページ
  12. ^ 2012世界禁煙デー記念【卒煙表彰】は佐渡裕、内村光良氏ら6氏に
  13. ^ 週刊朝日 2004年5月21日号『[[林真理子|マリコ』]のここまで聞いていいのかな(216)』(50-54ページ)
先代:
-
ZIP!メインパーソナリティー
(月曜日)
初代
原田泰造
(2011.4.4 - 2011.10.3)
次代:
2代目
山口達也
(2011.10.3 -)