ナニコレ珍百景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
珍衝撃映像バラエティ
ナニコレ珍百景
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
企画 平城隆司
演出 保坂広司(GP兼務)
プロデューサー 丹羽敦子、藤井裕久
出演者 司会
名倉潤ネプチューン
堀内健(同上)
森葉子(テレビ朝日アナウンサー
珍定委員長
原田泰造(ネプチューン)
ゲスト珍定委員2組[1]
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式サイト
2008年1月から2008年10月まで
放送時間 水曜日 23:15 - 24:10(55分)
放送期間 2008年1月23日 - 2008年10月1日
2008年10月から2013年9月まで
放送時間 水曜日 19:00 - 19:54(54分)
放送期間 2008年10月8日 - 2013年9月
2013年10月から2014年3月
放送時間 水曜日 19:00 - 19:57(57分)
放送期間 2013年10月 - 2014年3月
2014年4月から
放送時間 水曜日 19:00 - 19:56(56分)
放送期間 2014年4月 -

特記事項:
ナレーション奥田民義
2013年10月以降、一部地域では従前の終了時刻19:54で飛び降り。
テンプレートを表示

ナニコレ珍百景』(ナニコレちんひゃっけい)は、テレビ朝日系列で毎週水曜日の19:00 - 19:56[2]JST)に放送されているバラエティ番組。正式タイトルは『珍衝撃映像バラエティ ナニコレ珍百景』(ちんしょうげきえいぞうナニコレちんひゃっけい)。通称は『ナニコレ』または『珍百景』。ハイビジョン制作2010年7月7日から地上アナログ放送ではレターボックス放送になった。

概要[編集]

2007年12月に終了した『銭形金太郎』と入れ替わりにゴールデンタイムに進出した『クイズ雑学王』の後番組として始まった。同年9月20日に放送された『ニッポン珍百景』をレギュラー化したものである。

面白人物や面白ペットや祭りなどが大半を占める傾向にある。近年はサッカー中継が組まれたり、改編期以外でも後座番組の『学べるニュース』と交互に特番を組むこともあった。2011年3月11日に発生した『東日本大震災』に関連するニュース、そしてそれに伴う『学べるニュース3時間SP』の影響により、4月は日曜日の特別版のみでの放送となった(レギュラー番組は5月4日の初夏2時間SPから再開)。また、福島県宮城県岩手県についてはしばらくの間は扱わなかった。 2012年1月以降は改編期以外でも後座番組の『くりぃむクイズ ミラクル9』と交互に特番を組むことも場合もある。

全国各地にある珍しい風景のVTRを「珍百景」候補としてネプチューン名倉潤堀内健がプレゼン。それを原田泰造(ネプチューン)とゲストからなる『珍定委員会』のメンバーが審査し、委員全員が「珍定」、または「認定」したもののみが「珍百景」として登録され[3]、放送終了後に公式サイトで公開される。『珍定委員会』のメンバー数は、2008年5月21日から6月11日までは5人、それ以外の放送回では3人。ゴールデン進出後も基本的に3人であるが、特別番組や番宣などで4人から7人で行う場合もある。

公式サイトではゴールデン時代の物からナンバリングされ2014年2月現在その登録数は1800を超える。

珍百景の例

  • ミスマッチ珍百景(所持・設置されている場所に合わない物「テニスコートに畑」「テナントビルに自宅」など)
  • 商品にまつわる珍百景(珍しい商品や道具「国産マツタケの無人販売」「夢をかなえるケーキ屋」など)
  • 物体・人物珍百景(不自然な造形・動作をする物体や人物「歯が27本の95歳」など)
  • 記録・集団珍百景(変わった記録・集団「日本一長いリムジン」、「オバサンによるダンスチーム」など)
  • その他の珍百景(マークの珍百景、看板珍百景、学校珍百景、県境の珍百景など特定のテーマのもの)

2008年7月16日からは、すべての珍百景候補を視聴者からの投稿のみにすることが発表され、さらにその回の珍百景登録作品で最も珍しかった作品に、MOST VALUABLE 百景、略して「MV珍」として、5万円の賞金が贈られ、それ以外の番組内で放送された作品には、珍定されても、されなくても、1万円の賞金と番組グッズが贈られる。ゴールデン進出後は、採用されると3万円、MV珍で10万円(2・3時間SPの際は30万円)(採用分の3万円を含む)に増額、採用者全員には、「珍」はんこ付きボールペンが贈られる。2011年春以降は賞品が目覚まし時計に変わり、2013年10月からはクッションになった。

2012年からは年単位で珍百景の登録数を競うようになり、年間で最も多くの珍百景が登録された都道府県の珍百景を投稿した人全員に賞品が贈られるようになった。

VTRの進行は、珍百景候補が存在する市区町村を紹介した後、BGMと共に珍百景候補に向けて、カメラをズームイン、またはズームアウトなどをさせ、全体を映し、ナレーターや関係者による詳しい解説が入る。また、下記「怒りの珍百景」では、解説シーンは直接スタッフが出向いて所有者に聞き込みをするパターンとなっている。なお、VTR前には司会者が「ナニコレ」と言いながら、両手の人差し指を交互に前へ振るポーズをする。

出演者[編集]

司会・進行アシスタント[編集]

「珍定」委員会[編集]

  • 原田とゲスト2人(特番時は4人)で構成され、「珍定」するかどうかを判断する。
  • 全会一致でのみ「珍定」、または「認定」される。
  • 基本的に1人1票だが、コンビなどの場合は1組で1票となる。
  • 明確な基準は公表されていない。

「珍定」委員長

ナレーション[編集]

過去の出演者[編集]

司会・進行アシスタント[編集]

  • 堂真理子(テレビ朝日アナウンサー、2008年1月23日 - 2010年12月15日)

主なコーナー[編集]

怒りの珍百景
深夜時代のレギュラーコーナーで、堀内が怒りながらプレゼンを務めるコーナー。ナレーションを務める奥田も、このコーナー中では怒り口調になる。有名企業などの名称やデザイン、タレントの名前やヒット曲のタイトルをパクった名前の店、施設、商品や飲食店のメニューを取り上げる。
コーナー名は「怒り」となっているが、営業妨害や近隣の苦情などとは無縁の小規模なものが紹介される。このため、VTR終了後に他の出演者が半ばあきれたり笑いながらコメントし、堀内が「もっといい案がある」として別のパクリネタを提案するのが定番となっている。
2008年4月には一度だけ、怒りの珍百景ばかり集めたスペシャル版が放送された。ゴールデン移行後は「怒れる?珍百景」となり、「怒りを感じなければ珍定ボタンを押す」というルールになった(ほぼ毎回登録されていた)。また、主に有名人の名前やヒット曲のタイトルをパクったものを紹介するようになった。
下記「堀内県」が開始されてからは放送されなくなったが、2009年5月13日に元のタイトルで復活し、珍定は行わなくなった。その後は2カ月に1~2回程度のペースで放送されていたが、2011年は後述の「たまたま珍百景」がメインになったため、8月10日放送が2011年最初の放送となった。堀内によると「最近(投稿が)少なくなっちゃった」ためあまり放送されなくなったらしい。2011年以降は年に2,3回程度の放送になっている。
くりそつ珍百景
2008年6月4日から7月2日までの番組の中で怒りの珍百景の代わりに放送され、以降は不定期に行われている。堀内がプレゼンを務め、有名人に容貌がそっくりな全国各地の人を取り上げる。名倉潤や原田泰造のそっくりさんが多く、ポスターや教科書のイラストに見えるそっくりな登場人物も対象となる。投稿数が全投稿の1%程度しかないらしく番組内で「ストック(珍百景候補)がない」と堂々と公言されており、なかなか放送する機会がないという。
堀内県
2009年2月18日から登場。コーナーロゴには「ケン」と振り仮名が振られている。
これまで番組で珍定された回数の少ない特定の県を応援するために、その県の珍百景候補をまとめて紹介する、いわゆる小ネタコーナーである。
世直し珍百景
2009年10月14日から登場。堀内がプレゼンする。明らかに間違いのある看板などを取り上げる。
珍百景都道府県バトル!!
2009年9月23日のスペシャルから登場。2つの都道府県の珍百景候補を出身芸能人が紹介し、珍定委員会の判定で勝った方のみ、珍百景に登録される。
なつかし珍百景
2009年12月30日のスペシャルで登場。過去の流行や有名人の現状をVTRで紹介する。
ダレコレ!?珍百景
2010年2月10日のスペシャルから登場。「くりそつ珍百景」に応募されたもののうち、よくわからないものを取り上げて、誰に似ているのかを当てる。くりそつ珍百景に採用されると賞金3万円だが、ダレコレ!?珍百景の採用では1万円である。
ナニコレ珍記録
珍百景として非常に背の高い小学生を紹介したところ、それを上回るという投稿が多数寄せられたため、記録として競うようになった。
その後、巨大なネコや高齢で現役で働いている人、高齢で歯が全部そろっている人、指パッチンが速い人などで記録を募集している。2010年7月7日放送分から「珍メダル」が贈られるようになった。
ナニコレ珍記録の中で取り上げた「眉毛の長さ」をギネス世界記録として申請し世界最長と認定されている。
リベンジ珍百景!!
自薦で人物珍百景として応募して登録されなかった人が、再び珍百景登録を目指して応募してきた芸や発明品を紹介する。
たまたま珍百景
2010年8月4日から登場。堀内がプレゼンする。視聴者がたまたま撮った珍しい写真で、スタッフが撮影に行っても再現不可能なものを紹介する。採用されると賞金は3000円。2011年3月2日から、その週の最優秀には1万円の賞金が出るようになった。人や動物が対象の場合には堀内が「何と言ってるでしょうか?」とクイズにする。
当然のことながらたまたま撮った写真が対象であり、作為的な光景は認められない。その旨は番組ホームページにも注意書きとして記されている。
謎解き珍百景
2011年2月2日からスペシャルで登場。元バレーボール選手の大林素子がミステリーハンターになり、あらゆる珍百景の謎を出題。この部分の演出は『世界・ふしぎ発見!』を摸している。
あの衝撃風景は今!?その後の珍百景
2011年8月10日から登場。過去に取り上げた珍百景の現在の状況を紹介する。
学校珍差値
2011年8月24日から登場。ある学校の珍百景を3つ紹介し、5組の珍定委員がそれぞれ20点満点で判定する。合計点が59点以下なら普通の学校、60~69点なら珍学校、70~84点ならエリート珍学校、85点以上なら超エリート珍学校となり、評価に応じた記念品が学校に贈られる。
珍百景新ジャンル!?
2011年9月7日から登場。堀内がプレゼンする。今までに番組になかったジャンルでの投稿に対し、「あり」か「なし」か判定する。3人とも珍定すると、以後、このジャンルでの投稿も受け付けることになる。
珍百景全国制覇の旅
2011年10月5日から登場。杉村太蔵が「珍百景党党首」となり、全国の珍百景を登録することを公約に掲げる。北海道をスタートし、全都道府県の珍百景を登録するまで順番に移動していく。しかし登録されないと次回も同じ都道府県に留まらなければならない。当初は沖縄県まで達すればゴールということだったが、2012年末に北陸まで終了した後、沖縄から北上するようになった。
珍百景これだけですか?
投稿された中で、意外に大したことなくて「これだけですか」と言いたくなるようなものを紹介する。このジャンルの中で「これだけ大賞」に選ばれると賞金1万円となる。
ウチのはもっと珍百景
「まゆ毛がある犬」など、1つの投稿があると、そのジャンルで、もっとすごいという投稿が多数寄せられる。それらをまとめて紹介する。
2013年7月から「わたしも!珍百景」というコーナーになり、寄せられた中でもっともすごい投稿に対し珍百景登録の判定をする。
実験珍百景
特定の条件の下で特徴的な動きをする動物に対していろいろ条件を変えて試す。
特定の客にだけ特別なサービスをする店に対して、取材日を伝えず隠し撮りする。
珍百景な大会に挑戦
主にスペシャルで放送。各地で行われる変わった競技大会に、野村将希やボビー・オロゴンを中心とするメンバーが優勝を目指してトレーニングを積んで参加する。
珍百景保存委員会
2012年10月3日から登場。過去に放送された特殊技能や行動の珍百景で将来消えそうなものを、タレントが修得しに行く。
バスで行くあの珍百景は今!?ツアー
2013年7月10日から登場。太川陽介が路線バスを貸し切り、ある都道府県で過去に紹介した珍百景のその後を訪ねる。珍百景に向かう前に、最近見かけなくなった芸能人がバスに乗り込んでくる。
ねばりの珍百景
2013年7月28日にサンデープレゼントで放送された特別編から登場。なかなか撮影するチャンスのない珍百景に若手芸人を派遣し、撮影できるまで帰ることができない。
歩いて行く珍百景
2013年12月4日から登場。歩いてしか行けない場所にある珍百景を、水戸黄門一行に扮した伊吹吾郎岡田圭右が訪ねる。
今夜のおまけ珍百景
2011年夏から、関東など一部地域で本編終了後に放送されるミニ番組で、提供スポンサーが本編と異なる。本編の放送でカットされた珍百景を1つ紹介し、そのまま後座番組の予告につなげる。本編が1時間のときのみ放送される。2013年夏からは本編の一部となり、一部地域ではこの部分がカットされる。

BGM[編集]

  • マクシムのアルバム『ヴァリエーションズ』に含まれる楽曲がBGMに多く使われている。
    珍百景紹介VTRの冒頭に流れるBGMは、フランツ・リスト作曲死の舞踏の一部である。
    珍百景紹介時に流れるBGMは、組曲展覧会の絵」の第10曲、「キエフの大門」の4:30からである。なおMV珍オープニングでも「展覧会の絵」プロムナード(「キエフ」でもモチーフ使用)が流れる。
    珍百景登録時に流れるBGMは、P.チャイコフスキー作曲ピアノ協奏曲第1番第3楽章の最終部である。

番組最後に発表するMV珍決定のファンファーレは独自のものである。(スペシャル版等一部企画を除く)

ネット局と放送時間[編集]

2014年1月現在

放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間
関東広域圏 テレビ朝日(EX) テレビ朝日系列 水曜
19:00 - 19:56[4]
北海道 北海道テレビ(HTB) 水曜
19:00 - 19:54
青森県 青森朝日放送(ABA)
岩手県 岩手朝日テレビ(IAT)
宮城県 東日本放送(KHB)
秋田県 秋田朝日放送(AAB)
山形県 山形テレビ(YTS)
福島県 福島放送(KFB)
新潟県 新潟テレビ21(UX)
長野県 長野朝日放送(abn)
静岡県 静岡朝日テレビ(SATV)
石川県 北陸朝日放送(HAB)
東海広域圏 メ〜テレ(NBN)
近畿広域圏 朝日放送(ABC)
広島県 広島ホームテレビ(HOME)
山口県 山口朝日放送(yab)
香川県
岡山県
瀬戸内海放送(KSB)
愛媛県 愛媛朝日テレビ(eat)
福岡県 九州朝日放送(KBC)
長崎県 長崎文化放送(NCC)
熊本県 熊本朝日放送(KAB)
大分県 大分朝日放送(OAB)
鹿児島県 鹿児島放送(KKB)
沖縄県 琉球朝日放送(QAB)
宮崎県 宮崎放送(MRT) TBS系列 土曜
9:45 - 10:39

KSB瀬戸内海放送では、テレ朝の番宣CMの他に自社制作した独自の番宣CMを流している。その内容は放送エリア内の岡山香川両県の珍百景認定数が少なく(2009年10月14日時点で岡山は9で35位、香川は5で39位)、認定数を増やすべく投稿を呼びかけるものとなっている。同局では毎週土曜15:00~15:55にネオバラエティ枠時代の再放送を実施している。

  • 瀬戸内海放送・愛媛朝日テレビ・長崎文化放送など一部の系列局では、土曜日の午後に深夜時代の番組が再放送されていた。ABCでは土曜日の午後に深夜時代・ゴールデンタイム時代の番組にかかわらず再放送される。

ローカルのプロ野球中継を行うネット局では遅れネットとなる。また、特番の一部が放送されないネット局もある。朝日放送では、ABC高校野球中継により放送されなかったケースがある。

海外では、國興衛視台湾)が中国語字幕付きで放映している。タイトルは「珍奇百景進香團」。なお海外番販の番組としては非常に珍しく、司会のネプチューンが自ら現地標準語を交え番組を紹介する現地仕様の番宣がある。また香港のTVBでは、放送権をテレビ朝日より購入し、2009年より翡翠台チャンネルにて「千奇百趣」(Neighborhood Treasures x(xは数字が入る)~)というタイトルで番組を放送開始し、2013年7月からは第5シリーズの放送が始まる人気番組となっている。この番組では、珍百景の部分は日本で放送されたVTRを広東語のナレーションに吹き替えて使用し、スタジオでは現地タレントの司会・ゲストにより放送されている[5]

深夜時代の放送時間[編集]

ナンジャコレ珍百景[編集]

改編期などに不定期に金曜日の23:15 - 24:10に放送される(ABCおよびQABは後日放送または放送されない)。性や排泄物に関するもの、気味が悪すぎるもの、あまりにくだらないもの、子どもが真似をすると危ないものなど、ゴールデンタイムにふさわしくない珍百景を取り上げる。珍定委員はネプチューンの3人で、堂アナ→森アナが1人で司会をする。堀内がアナウンサーに、VTRの振りで変なポーズをさせるのが恒例。

ナニコレ珍百景 特別編 人気番組大集合SP[編集]

2014年8月3日日曜日は「みんな集まれ!!番組コラボSP 1日まるごと夏祭りデー」の一環として、8:30 - 11:45まで、テレビ朝日の人気番組とコラボレーションし、各番組の内容に関連した珍百景[6]を放送した。また、六本木ヒルズで開催中の「テレ朝夏祭り SUMMER STATION」とも連動した。

ゲキレア珍百景[編集]

CSのテレ朝チャンネル1で毎週日曜日の21:30 - 22:00などに放送されている、地上波のスピンオフ版。 「今夜のおまけ珍百景」同様、地上波放送でスタジオ収録されたがカットされたものを紹介していく。なお、この番組で放送されても賞金はつかない。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 特別番組の場合はゲスト珍定委員4〜5組程度
  2. ^ 2013年10月以降、一部地域では従前の終了時刻19:54で飛び降り。
  3. ^ 2008年4月16日のスペシャルのみ、珍定委員7人中5人が珍定すれば登録だった。
  4. ^ 2014年4月基本編成表 テレビ朝日 2014年5月14日閲覧。
  5. ^ TVBでは、同じ「千奇百趣」のタイトルで地元香港や東南アジアの珍百景を集めた番組を3シリーズ放送しているが、英文タイトルは『Big Fun xxxx(xxxxはシリーズごとに異なる)』として、テレビ朝日の著作権があるほかのシリーズと区別している。
  6. ^ 一例として、「ドラえもん」とのコラボでは、ロボットに関する珍百景、「警視庁捜査一課9係」とのコラボではミステリーに関する珍百景など。

外部リンク[編集]

テレビ朝日系列 ネオバラエティ・水曜日枠
前番組 番組名 次番組
ナニコレ珍百景
テレビ朝日系列 水曜19時台
ナニコレ珍百景
(2008.10 - )
-----
テレビ朝日 水曜19:54 - 19:56枠
おまけ珍百景
&
20時枠関連番組
(2008.10 - 2013.9)
ナニコレ珍百景
※19:00 - 19:57
【3分拡大して継続】
おまけ珍百景
&
20時枠関連番組

※19:54 - 20:00
ナニコレ珍百景
(2013.10 - )
-----
テレビ朝日 水曜19:56 - 19:57枠
おまけ珍百景
&
20時枠関連番組
(2008.10 - 2013.9)
ナニコレ珍百景
※19:00 - 19:57
【1分縮小して継続】
おまけ珍百景
&
20時枠関連番組

※19:54 - 20:00
ナニコレ珍百景
(2013.10 - 2014.3)
【3分拡大して継続】
くりぃむクイズ ミラクル9
※19:56 - 20:54
【1分拡大して継続】
テレビ朝日 水曜19:57 - 20:00枠
おまけ珍百景
&
20時枠関連番組
(2008.10 - 2013.9)
くりぃむクイズ ミラクル9
※19:57 - 20:54
【3分拡大して継続】