トリヴィア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トリヴィアトリビアtrivia

  1. 雑学的知識。本項で詳述。
  2. 1.の内容の、アバロン・ヒル社から1981年に発売された、雑学の知識を競うゲーム
  3. トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜フジテレビジョンバラエティ番組)の略称。

トリヴィアtrivia)は、くだらないこと、瑣末なこと、雑学的な事柄や知識豆知識を指す。

一説に、ラテン語で「三叉路」3(tres)+道(via)を意味する言葉で、古代ローマ都市において三叉路が多かったことから、「どこにでもある場所」「ありふれた場所」を指すようになり、さらに転じて、くだらないこと、瑣末なことを意味するようになったという。

また、中世の教養科目(リベラル・アーツ)のうち基本となる3つ(文法修辞学弁証法)のことをtrivium(三学、複数形でtrivia)と呼んだため、そこから「初歩的でつまらない」という意味が生じたともいう。

アメリカでは1980年代にトリビアを集めたペーパーバックが人気を呼んだ[1]

日本語書籍での使用例は、少なくとも1988年出版の『スーパートリビア事典』[2]までさかのぼることができる。さらに日本では、2002年から放送されたフジテレビ系列の『トリビアの泉』という番組流行したこともあって、「雑学的な事柄や知識」という意味で浸透した。

形容詞はトゥリヴィアル(trivial)。数学では、ごく基本的で明らかなことを指してトゥリビアル(「自明な」と訳される)という用語をよく使う。

脚注[編集]

  1. ^ 小林信彦『本音を申せば』文藝春秋、2005年、p73
  2. ^ フレッド・L・ワース、渡辺洋一(訳)『スーパートリビア事典 アメリカ大衆文化を知るための雑学情報百科』研究社出版、1988年、ISBN 4327461083