ツレがうつになりまして。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツレがうつになりまして。
ジャンル エッセイ漫画
漫画
作者 細川貂々
出版社 幻冬舎
発売日 2006年3月
巻数 全3巻
テレビドラマ
原作 細川貂々
演出 合津直枝、佐藤善木
制作 NHKテレビマンユニオン
放送局 NHK
放送期間 2009年5月29日 - 6月12日
話数 全3話
早川典子
早川明
藤原紀香
原田泰造
映画
監督 佐々部清
制作 「ツレがうつになりまして。」製作委員会
封切日 2011年
上映時間 121分
髙崎晴子
髙崎幹夫
宮﨑あおい
堺雅人
テンプレート - ノート 

ツレがうつになりまして。』とは、細川貂々2006年3月幻冬舎より出版したコミックエッセー。略称は「ツレうつ」。2009年5月テレビドラマ化され、2011年10月には映画化される。続編として『その後のツレがうつになりまして。』を2007年11月25日に、完結編として『7年目のツレがうつになりまして。』を2011年9月7日に発表した[1]

概要[編集]

スーパーサラリーマン」だったツレ(作者の夫)がある朝「死にたい」と真顔で言い出した。うつ病だった。売れない漫画家の妻(作者)と共に送る闘病生活を描く。

自殺未遂、症状の改善、悪化などあらゆる出来事を決して固くない絵のタッチで表現するという内容、うつ病を「宇宙カゼ」と呼んだり、抑うつ状態の症状が現れている時に憂鬱をキャッチするアンテナが頭に現れているという独特の描写などがある。75万部を出版する[2]

作者は、うつに対する知識として「精神的に弱い人がなる」「神経症のようなもの」というイメージを持っていた。作者の周りの人の病気に対する知識の乏しさや誤解が多いと感じ、自分達の世の中にうつ病の事を広めたい、そしてツレが退職して退職金と失業保険を使い切り、作者の仕事が少ないという経済的理由も相まって出版社に企画を持ち込む。数社から「暗い」などとして断られるも、幻冬舎で発売が決まる[3]

テレビドラマ[編集]

ツレがうつになりまして。
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜日22:00 - 22:45(NHK総合
月曜日18:00 - 18:45(BS hi(45分)
放送期間 2009年5月29日 - 6月12日(3回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK総合
演出 合津直枝、佐藤善木
原作 細川貂々「ツレがうつになりまして。」、「その後のツレがうつになりまして。」
脚本 森岡利行
プロデューサー 合津直枝
出演者 藤原紀香
原田泰造ネプチューン
風吹ジュン
濱田マリ
小木茂光
設楽統バナナマン
駿河太郎
黒川芽以
田島令子
宮澤ミシェル
エンディング 大貫妙子「Tema Purissima」
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

2009年5月29日、6月5・12日の全3回、いずれもNHK総合で、金曜日の22:00 - 22:45に放送された。監修は精神科医の野村総一郎が担当。一部に脚色が入っているが、原作者の意向も反映されている[4]2010年5月28日にDVDが発売された。

キャスト[編集]

早川家
如月家(ペットショップさつき)
外資系IT関連会社・マッチリバー
スーパーツツミ
氏家家
その他

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 2009年5月29日 突然の発病 合津直枝 6.7%
第2話 2009年6月5日 夫婦崩壊 佐藤善木 7.7%
最終話 2009年6月12日 春の予感 6.7%
平均視聴率7.03%関東地区ビデオリサーチ社調べ)

スタッフ[編集]

映画[編集]

ツレがうつになりまして。
監督 佐々部清
脚本 青島武
原作 細川貂々「ツレがうつになりまして。」、「その後のツレがうつになりまして。」、「イグアナの嫁」
製作 黒澤満、木下直哉、重村博文、平城隆司、福原英行、久保忠佳
出演者 宮﨑あおい
堺雅人
吹越満
津田寛治
犬塚弘
梅沢富美男
田山涼成
大杉漣
余貴美子
音楽 加羽沢美濃
主題歌 矢沢洋子「アマノジャク」
撮影 浜田毅
編集 大畑英亮
製作会社 「ツレがうつになりまして。」製作委員会
配給 東映
公開 日本の旗 2011年10月8日
上映時間 121分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2011年10月8日から東映系で公開のハートフルドラマ。監督は『三本木高校、馬術部』の佐々部清。主演は『オカンの嫁入り』の宮﨑あおい、『武士の家計簿』の堺雅人で、宮崎と堺が夫婦役で共演するのは大河ドラマ篤姫』以来2年半ぶりとなる。医療監修には精神科医院長の五十嵐良雄が務めている[5]。この作品には原作者の細川貂々と夫の望月昭がカメオ出演している。

キャッチコピーは「ガンバらないぞ!」「すこやかなる時も、病める時も、君と一緒にいたい。」。

全国222スクリーンで公開され、2011年10月8、9日の初日2日間で興収1億2,696万1,600円、動員9万5,524人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第4位となった[6]金鶏百花映画祭外国語最優秀作品賞受賞。

キャスト[編集]

髙崎家
栗田家(栗田理髪店。ハルさんの実家)
ウェブソフト・ラボラトリー(ツレの勤務先)
加茂クリニック
乾坤堂(ハルさんの行きつけの骨董屋)
その他
  • 君塚(ハルさんの連載雑誌「コミック☆キラリ」の担当編集者) - 山本浩司
  • 書店の次男坊(栗田理髪店に雑誌を届ける書店の次男) - 伊嵜 充則

スタッフ[編集]

  • 原作 - 細川貂々「ツレがうつになりまして。」「その後のツレがうつになりまして。」「イグアナの嫁」
  • 監督 - 佐々部清
  • 脚本 - 青島武
  • 音楽 - 加羽沢美濃
  • 制作 - 黒澤満、木下直哉、重村博文、平城隆司、福原英行、久保忠佳
  • 企画 - 遠藤茂行、日達長夫
  • プロデューサー - 國松達也、臼井正明
  • アソシエイトプロデューサー - 柳迫成彦
  • ラインプロデューサー - 望月政雄
  • キャスティング - 杉野剛
  • 撮影 - 浜田毅
  • 美術 - 若松孝市
  • 照明 - 守利賢一
  • チーフデザイナー - 小林久之
  • 装飾 - 柳澤武
  • メイク - 宗田知子
  • アニメーション制作 - トムス・フォト
  • 録音 - 柳屋文彦
  • 整音 - 室薗剛
  • スクリプター - 山下千鶴
  • 編集 - 大畑英亮
  • 助監督 - 髙橋正弥
  • 製作担当 - 岩下真司、松田憲一良
  • 音楽プロデューサー - 津島玄一
  • 宣伝プロデューサー - 是木良介
  • 製作会社 - 「ツレがうつになりまして。」製作委員会(東映木下グループキングレコードテレビ朝日東映ビデオギャンビット朝日放送IVSテレビ制作シネムーブ幻冬舎
  • 配給 - 東映
  • 助成 - 文化芸術振興費補助金

イメージソング[編集]

ソフト化[編集]

2012年4月13日発売。発売・販売元はキングレコード。

  • ツレがうつになりまして。 DVD通常版(1枚組)
    • 映像特典
      • 特報・劇場予告編・TVスポット集
  • ツレがうつになりまして。 プレミアム・エディション(2枚組、ブルーレイとDVDでリリース・初回限定生産)
    • ディスク1:本編ディスク(DVD通常版と同様)
    • ディスク2:特典DVD
      • making of ツレがうつになりまして。
      • イベント集(完成披露試写会舞台挨拶、初日舞台挨拶)
      • インタビュー集
    • 封入特典
      • 自由に書き込める「ガンバらないぞ!」ダイアリー
      • 劇場パンフレット(縮刷版)

書誌情報[編集]

いずれも幻冬舎幻冬舎文庫から出版されている。映画の原作の一つとなっている『イグアナの嫁』もここに掲載する。

  • その後のツレがうつになりまして。(単行本)2007年11月初版 ISBN 9784344014183
  • その後のツレがうつになりまして。(文庫)2009年4月初版 ISBN 9784344413030

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2006年12月に発売された『イグアナの嫁』(幻冬舎)のには「『ツレがうつになりまして。』第二弾!!」と載せている。イグアナを中心に描かれているがツレがうつ病になる経緯も描かれていて、映画でも原作のひとつとしている。
  2. ^ コミコミクリニック みんなの家庭の医学 (2010年11月30日). “大ヒット漫画 『ツレがうつになりまして』 隠された“うつの真相” ”. 朝日放送. 2011年9月23日閲覧。
  3. ^ 「続・ツレうつ」19-21,24-26pより
  4. ^ “ツレうつドラマ化のお知らせ”. てん・にっき. (2009年3月31日). http://www.hosoten.com/blog/log/eid640.html 
  5. ^ うつ病:ツレがうつになったら 映画を医療監修、五十嵐良雄さんに聞く毎日新聞 2011年10月3日
  6. ^ 『猿の惑星』最新作が初登場首位!宮崎あおいと堺雅人、「篤姫」以来の夫婦役『ツレうつ』も4位に初登場!シネマトゥデイ 2011年10月12日
  7. ^ 矢沢永吉長女、映画「ツレうつ」で歌う!サンケイスポーツ 2011年9月17日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NHK 金曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
コンカツ・リカツ
(2009.04.03 - 2009.05.22)
ツレがうつになりまして。
(2009.05.29 - 2009.06.12)
スポットライト 前編〔第1話 - 第7話〕
(2009.06.19 - 2009.07.31)