坂の上の雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

坂の上の雲』(さかのうえのくも)は、司馬遼太郎長編歴史小説。著者の代表作の一つとされる。

1968年昭和43年)から1972年(昭和47年)にかけ『産経新聞』に連載。単行版全6巻(文藝春秋、初版1969年~1972年)、文庫版全8巻(文春文庫、初版1978年、島田謹二解説)で刊行。

内容[編集]

東京陸軍士官学校
(明治40年)
秋山好古、真之兄弟が明治13年から15年まで下宿していた旧旗本佐久間正節屋敷が存在していた場所。麹町区土手三番町(現:千代田区五番町)

司馬遼太郎は、自身の太平洋戦争末期の体験から日本の成り立ちについて、深い感慨を持つに至った。戦後新聞社勤務を経て昭和30年代に作家となったが、題材として振り返るには、資料収集も含め時間を要した。近代日本の定義を明治維新以後に置くとするなら、本作品は長編作品としては初の近代物である。

『坂の上の雲』とは、封建の世から目覚めたばかりの日本が、登って行けばやがてはそこに手が届くと思い登って行った近代国家列強というものを「坂の上の雲」に例えた、切なさのこもった題名である。作者が常々問うていた日本特有の精神と文化が19世紀末の西洋文化に対しどのような反応を示したか、を正面から問うた作品である。作者は、そのため事実のみを書く、という方針を持っていたと述べたが、これについては様々に問題点も指摘されている。

当初は秋山好古秋山真之の兄弟と正岡子規の3人を主人公に、松山出身の彼らが明治という近代日本の勃興期を、いかに生きたかを描き、青春群像小説の面が強調されている。

前半は、秋山好古が小学校助教試験を受けに大阪に渡り、堺県の合格証を元に小学校教師をした後、官立の大阪師範学校を経て陸軍士官学校に学び、フランス留学を経て日本騎兵を作り上げてゆく様子を基点にしている。秋山真之は、松山中学から実兄の好古を頼り上京する。帝国大学進学を目指し、共立学校にて正岡子規とともに高橋是清に英語を学び、共立学校を経て大学予備門(のちの一高)に在籍する。正岡子規に遅れ上京した真之との交友関係は、読者には楽しく、明治初期の青年の志や情熱について理解を深める材料ともなる。夏目漱石が彼達の友人に属し、子規との交友関係を綴るくだりは、明治特有の時代風潮を映し出している。子規は帝国大学文学部へ進学。真之は海軍兵学校へと異なる道を歩む。

この時点での重要なモチーフの一つは、羸弱(るいじゃく)な基盤しか持たない近代国家としての日本を支えるために、青年たちが自己と国家を同一視し、自ら国家の一分野を担う気概を持って各々の学問や専門的事象に取り組む明治期特有の人間像である。好古における騎兵、真之における海軍戦術の研究、子規における短詩型文学と近代日本語による散文の改革運動など、それぞれが近代日本の勃興期の状況下で、代表的な事例として丁寧に描かれている。

後半は、日露戦争の描写が中心となり、あたかも「小説日露戦争」の雰囲気が強くなる。作者が日露戦争そのものを巨視的かつ全体的に捉えることを意図し、後半部分では本来の主人公である秋山兄弟の他に児玉源太郎東郷平八郎乃木希典などの将官や、各戦闘で中心的な役割を果たした師団日本海海戦についての記述に紙幅が割かれている。読者に理解しやすいよう軍事的な記述も時系列的に述べられている。本作も、日露戦争の終結と共に締められる。

1979年から1980年にかけ「中央公論」で連載した『ひとびとの跫音』(現:中公文庫全2巻)で、子規没後の正岡家が描かれ、後日談的位置付けもされている。また番外編的な作品に、乃木が夫妻で自決するまでを描いた『殉死』(文春文庫)[1]がある。エッセイ集成『司馬遼太郎が考えたこと』(全15巻、新潮社のち新潮文庫、特に本作の連載時期の巻)に、作品背景[2] について複数のエッセイ・解説がある。

1986年に出版された長編歴史エッセイ『ロシアについて 北方の原形』(文春文庫ほか)では、ロシア建国と日露交渉の経緯などに触れつつ「『坂の上の雲』の余談のつもりで書いている」と述べた。

1989年秋に放映された「NHKスペシャル」『太郎の国の物語 「明治」という国家』(日本放送出版協会/ 新版:NHKブックス全2巻で書籍化)で、司馬は総括的な感慨を述べている。

2007年(平成19年)春、松山市に「坂の上の雲ミュージアム」が開館した。

評価[編集]

司馬は本作を執筆するにあたり、晩年に「フィクションを禁じて書くことにした」と述べている(「坂の上の雲 秘話」、朝日文庫版『司馬遼太郎全講演 5』所収)。フィクションを禁じたので、描いたことはすべて事実であり、事実であると確認できないことは描かなかったと作者は主張しているが、実際は多くの研究者、作家により、作中の誤りや創作部分が指摘されており(一例として28サンチ榴弾砲を旅順に移送する件について、史実では第三軍司令部の大本営あて返電には「…ソノ到着ヲ待チ能ワザルモ、今後ノタメニ送ラレタシ…」とあるにもかかわらず、作中では「送るに及ばず」と拒否したことになっている。また、旅順要塞攻略における児玉源太郎の第三軍への指揮権介入の件については、その事実を証明する一次資料は存在せず、司馬作品以前に同様のエピソードが取り上げられていない)、フィクションの部分が多々ある。

特に旅順攻囲戦における描写ではその点が顕著で

  • 海軍が旅順艦隊殲滅に失敗し、その為陸軍に地上からの旅順攻略を要請して、陸軍はしぶしぶ攻略を決定したとなっているが、実際は未だ海軍が「海軍だけで旅順艦隊を殲滅できる」と豪語し、陸軍の介入を断っていた3月14日(第二回旅順港閉塞作戦の前)に陸軍は旅順攻略を決定し2個師団からなる攻城軍を編成することを決めている。海軍は実際は開戦時より「旅順は海軍だけで無力化できる」と豪語し、陸軍の介入を拒絶していたのだが、小説ではその点は全く触れられていない。
  • 海軍は総攻撃前から観測射撃のために203高地を攻略するよう陸軍に要請している様に描かれているが、実際は第一次総攻撃前にその様な要請や発言を海軍がしたという記録は無い。作中でも述べられている「203高地問題」が出てくるのは、第二次総攻撃後である。
  • 28サンチ榴弾砲を旅順に移送する件について、史実では第三軍司令部の大本営あて返電には「…ソノ到着ヲ待チ能ワザルモ、今後ノタメニ送ラレタシ…」とあるにもかかわらず、作中では「送るに及ばず」と拒否したことになっている。
  • 旅順に児玉が来訪して指揮を執る際に28センチ榴弾砲の移動と203高地攻略へ投入することを指示したとなっているが、実際に移動を命じたのは28センチ榴弾砲ではなく、予備の12センチ榴弾砲と9センチ臼砲の10数門で、これらも203高地を攻撃する為では無く、別目標を叩くためである。そもそも28センチ榴弾砲の射程距離なら移動せずとも現地点から203高地を狙えるし、実際児玉到着前より28センチ榴弾砲は全砲203高地攻撃に使用されていた。また当時の土木技術では土台のセメントが乾く乾かない以前に、何十門もの28センチ榴弾砲を3日間で移動させる事自体が無理である。他にも味方の同志討ちの危険を度外視した連続砲撃を要請した事実は無く(実際はこの時点で攻城砲兵司令部の判断で実施していた)第三軍司令部の参謀達を罵倒したり険悪な関係になった事実もない。当時独立砲兵大隊長で、意見具申に司令部を訪れていた上島善重によると児玉と伊地知はいたって良好な雰囲気だったと述べている。また重砲の配置転換などの指示自体も児玉自身の発案では無く、第三軍司令部に考えさせ、児玉が了承したものである。
  • 児玉源太郎は当初より203高地攻略案を支持していたかのように描かれているが、実際の児玉は終始第三軍と同じ要塞東北方面主攻を支持していて、203高地攻略に賛成したという記録は無い。逆に反対の立場であり、乃木が独断で203高地攻略に方針を転換したことに対して反対すらしている。
  • 203高地攻略後は残敵掃討に過ぎないかのように描かれているが、実際はロシア軍は203高地陥落後も1カ月近くに渡り抵抗を続けており、第三軍も主目標を再び東北方面に換えて総攻撃を行い1月1日午前に主目標だった望台を占領。これを受けてロシア軍は降伏している。

などが史実と異なっている

本作は司馬の著作の中でも特に議論を呼んだことで有名で、明治という時代そのものに対する高評価、日露戦争を一種の自衛戦争であると捉えた司馬の史観、旅順攻撃を担当した乃木希典およびその配下の参謀たちが能力的に劣っていたために多大な犠牲を強いることになったとする筆者の見解については、いまだに賛否両論がある。また藤岡信勝は、この作品をきっかけとして自由主義史観を標榜するようになった[3]。歴史書・伝記の「読書アンケート」で一貫してトップクラス[4]であった。

人気作品で、読み手によりイデオロギーの恣意的な解釈が利き、発刊当時から議論や評価も幅広く起こした作品であった。戦争賛美の作品と解釈される危惧の可能性から、司馬本人は本作の映像化・ドラマ化等の二次使用には一切許諾しないという立場を取っていた。権利相続者のみどり夫人の許諾を得て建設された「坂の上の雲ミュージアム」は特定の政治、思想、信条を極端に賛美しないという意図で建設されている。

書誌情報[編集]

単行本[編集]

  • 文藝春秋新装版
  1. 2004年4月10日刊行 ISBN 4-16-322810-1
  2. 2004年4月10日刊行 ISBN 4-16-322820-9
  3. 2004年5月15日刊行 ISBN 4-16-322900-0
  4. 2004年5月15日刊行 ISBN 4-16-322910-8
  5. 2004年6月15日刊行 ISBN 4-16-323010-6
  6. 2004年6月15日刊行 ISBN 4-16-323020-3

文庫本[編集]

  • 文春文庫新装版
  1. 1999年1月10日刊行 ISBN 4-16-710576-4
  2. 1999年1月10日刊行 ISBN 4-16-710577-2
  3. 1999年1月10日刊行 ISBN 4-16-710578-0
  4. 1999年1月10日刊行 ISBN 4-16-710579-9
  5. 1999年2月10日刊行 ISBN 4-16-710580-2
  6. 1999年2月10日刊行 ISBN 4-16-710581-0
  7. 1999年2月10日刊行 ISBN 4-16-710582-9
  8. 1999年2月10日刊行 ISBN 4-16-710583-7

※『司馬遼太郎全集』(文藝春秋、初版1973年)は「24・25・26巻」に収録。

映像化[編集]

主な関連文献[編集]

※近年刊の主な書目のみ掲げる。
  • 『「坂の上の雲」 人物読本』(文藝春秋編、文春文庫、2010年11月)
  • 『文藝春秋にみる「坂の上の雲」とその時代』(文藝春秋、2009年11月)、伊藤正徳吉村昭児島襄ほか多数
  • 『別冊歴史読本 秋山好古・真之兄弟と正岡子規らが生きた時代 「坂の上の雲」への招待』(新人物往来社、2009年11月)
  • 『21世紀「坂の上の雲」読本』(洋泉社MOOK、2009年12月)
  • 『「坂の上の雲」大事典』(洋泉社MOOK、2011年10月) - この3冊はムック
  • 関川夏央『「坂の上の雲」と日本人』(文藝春秋、2006年、文春文庫、2009年)
  • 池田清『「坂の上の雲」の秋山好古・真之とその時代』(ごま書房新社[5]、新版2008年)
  • 福井雄三『「坂の上の雲」に隠された歴史の真実 明治と昭和の虚像と実像』(主婦の友社、2004年、同 文庫判 2007年)
  • 青山淳平『「坂の上の雲」と潮風の系譜』(光人社、2005年)
  • 菊田慎典『「坂の上の雲」の真実』(光人社、2004年)
  • 別宮暖朗兵頭二十八対談『「坂の上の雲」では分からない旅順攻防戦』(並木書房、2004年)
  • 中村政則 『「坂の上の雲」と司馬史観』(岩波書店、2009年11月)
  • 塩澤實信 『「坂の上の雲」 もうひとつの読み方』(北辰堂出版、2009年11月)
  • 東谷暁『「坂の上の雲」 100人の名言』(文春新書、2011年9月)
  • 原田敬一『「坂の上の雲」と日本近現代史』(新日本出版社、2011年10月)
  • 辻井喬『司馬遼太郎覚書 「坂の上の雲」のことなど』(かもがわ出版、2011年12月)

脚注[編集]

  1. ^ 「殉死」の執筆刊行(文藝春秋)は1967年で、『坂の上の雲』より早く、また司馬自身最も書き上げるのに難渋した作品と回想している。明治中後期は本作以外はなく、『翔ぶが如く』など、長編の多くは明治初期のみである。またこれ以降の時代も、小説作品では「ひとびとの―」と短編以外は書いていない。
  2. ^ 『司馬遼太郎 歴史のなか邂逅 4 正岡子規、秋山好古・真之〜ある明治の庶民』(中央公論新社、2007年/ 2011年3・4月に中公文庫2分冊で前者)にも、明治期の人物群像エッセイ42編がある。
  3. ^ 「『近現代史』の授業をどう改造するか」7(『社会科教育』1994年10月)、『汚辱の近現代史』(徳間書店、1996年) ISBN 4-19-860588-2
  4. ^ 「日本を見つめ直す最良の『歴史書』」(文藝春秋、2003年4月号)では1位。「各界60人が薦める歴史書」(文藝春秋、1992年12月号)では2位であった。
  5. ^ 著者池田清は、司馬とは友人。初版は司馬の没後直後の1996年9月、ごま書房