日本テレビタワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本テレビ放送網 > 日本テレビタワー
日本テレビタワー
日本テレビタワー(新橋駅方向から)
情報
用途 テレビスタジオ、オフィス
設計者 リチャード・ロジャース三菱地所
施工 清水建設
建築主 日本テレビ放送網
敷地面積 15,658.81 m²
延床面積 約130,000 m²
階数 地下4階、地上32階、塔屋2階
高さ 196m
着工 2000年1月
竣工 2003年4月30日
開館開所 2004年2月29日
所在地 日本の旗 日本 東京都港区東新橋1-6-1
位置 北緯35度39分51.91秒
東経139度45分35.68秒
座標: 北緯35度39分51.91秒 東経139度45分35.68秒
テンプレートを表示
東京汐留にある日本テレビタワー
日本テレビタワー(汐留駅方向から)
マイスタジオ・日テレ大時計
ゼロスタジオ

日本テレビタワー(にほんテレビタワー)は、東京都港区にあるビル。日本テレビ放送網株式会社の本社および生放送の報道・情報番組と一部のバラエティ番組が制作されているテレビスタジオを有する。2004年2月29日、主調整室が麹町から移転し、日本テレビタワーからの放送を開始した。通称、日テレタワー。


概要[編集]

汐留再開発建築群の一角であり、世界的建築家リチャード・ロジャースが基本構想を手掛けた。施工は清水建設。建物外部四隅に柱を露出させた理由は、容積率緩和措置を受けるため。その他、地上2階の受付前フロアを自由通路とすることによっても容積率緩和措置を受けている。

建物の構造は上層と下層で分かれる。下層はスタジオなど番組制作の機能が集中し、フレキシブルな構造で床を取り払っても支障がない。スタジオの増築やオフィスへの転用も可能となっている。これは、汐留への本社移転が決定した際に、当時日本テレビ社長だった氏家齊一郎が「将来テレビ局という業種はなくなる。その時のために新社屋は貸しビルにできるような構造にするべき」と提唱したためである[1]。上層はオフィスビルとなっているが、最上階にもスタジオがある。

なお、19階から24階は一般のテナントビルとして賃貸しており、19階は日テレグループ各社やSBSなど海外テレビ局の東京支局、20階から24階には一般企業が入居している。また同系列の準キー局讀賣テレビ放送の東京支社が2009年11月に汐留シティセンターから日テレタワー20階に移転し、在阪準キー局の東京支社が在京キー局の本社に同居する唯一の形となった。また、愛媛県の系列局である南海放送の東京支社も同じフロアに置かれている。2014年3月にはBSデジタル局のBS日テレ本社が日テレタワー23階に移転した。

建設前の敷地では、『進め!電波少年』・『雷波少年』における長期ロケ企画のロケ地として使用されていた。

また、麹町からの移転直前には、『ぐるナイ』の「ゴチになります!」オープニングとスペシャル料理の選択権を決めるゲームも行われた。

日本のテレビ局の中でも32階と総階数が大きいビルである。

スタジオ[編集]

S1スタジオ(211坪)・S2スタジオ(138坪)
13階にあるスタジオ。バラエティ・報道・情報番組向けの収録および生放送に対応。『しゃべくり007』、『踊る!さんま御殿!!』、『世界一受けたい授業』、『AKBINGO!』、『真相報道 バンキシャ!』などで使われる。『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』や『箱根駅伝』など大型番組の親サブとしても使用される。スタジオ入り口のドアの色は、S1スタジオが赤、S2スタジオが黄。
S3スタジオ(148坪)・S4スタジオ(148坪)
9階にあるスタジオ。報道・情報番組向けの生放送の帯番組などが使用。生放送対応を前提としているため、HD収録機がS1・S2の様に常設されていない。『ZIP!』、『スッキリ!!』(セット部分を『日テレアップDate!』でも使用)、『ヒルナンデス!』、『NEWS ZERO』、『シューイチ』、『Going!Sports&News』などで使われる。スタジオ入り口のドアの色は、S3スタジオが青、S4スタジオが緑。
NEWSスタジオ(130坪)
5階にあるスタジオ(報道局と隣接)。報道番組専用で『Oha!4 NEWS LIVE』(セット部分を『NNNニュースサンデー』でも使用)および『news every.』で使用。バーチャル設備にも対応している(ニュースサブ1と3が対応)。
報道局フロア(約455坪)
5階にあるおよそ1500平方メートルという報道局フロアは「スタジオ」として設計されており、フロア内にはカメラや音声などのケーブルを接続できる端子板が壁面や床面など各所に設置されていて、放送も出来る。
"NNN"の大きなロゴが設置され、電飾されていたが東日本大震災後の電力事情によりしばらく消灯して対応した後、現在では電飾しないタイプのものに置き換えられている(カラーリングはオレンジ)。電飾がされていた時期のカラーバリエーションは曜日ごとに変えられていて、月:ホワイト、火:イエロー、水:ライトブルー、木:グリーン、金:ピンク、土・日:ブルー、年始(主に元日):レッドと変化する。2013年以降は日テレのロゴが「0テレ(0の中に斜め線)」に変更された。
報道局フロア内には下記の番組制作・送出設備が備わっている。
  • ニュースサブ1(地上波ニュース用)
    ニューススタジオの駆動及び、報道局フロア内カメラ等の駆動
  • ニュースサブ2(日テレNEWS24専用)
    ニュースサブ1と2は相互補完機能を持たせており、どちらか一方に障害が発生した場合は、すぐに切り替えて運行を継続できる。
  • ニュースサブ3(素材送り用)
    通常は系列局など外部からの素材を受けたり、NTVから各局への所謂裏送りを行うために特化した運用を行っているが、ミニニュースなど通常番組での対応も可能である。
    麹町旧社屋でのEサブとFサブの相互補完機能を踏襲した運用形態となっている。
  • 地上波用顔出しブース(ニュースサブ1 スペース内)
    NNNストレイトニュース』、『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)のニュースコーナー、『NNNニュース』、報道特番などで使用
  • 日テレNEWS24専用ブース(ニュースサブ2と隣接)
この他に、天井移動カメラ(通称「レールカメラ」)も設置されている。
SVスタジオ(71坪)
13階にあるヴァーチャルスタジオブルーバック(日テレはグリーンを使用)のホリゾントが常設され、『あさ天サタデー』などで使われていたが、中規模のスタジオとして普通にセットを組んで番組を収録する事も多々ある。スタジオ入り口のドアの色は、紫。
SKY1スタジオ(16坪)
SKY2スタジオ(12坪)
15階にあるスタジオ。ガラス張りで、都心の眺望が特徴である事から、パノラマスタジオとも呼べる。スポーツ中継や『天才!!カンパニー』、『スーパースポーツマガジン』(BS日テレ)などで使用。
タワートップスタジオ
最上階、32階にあるスタジオ。SKY1・SKY2スタジオと同じく一部がガラス張りになっていて、都心の眺望が特徴。『情報満喫バラエティ 週末にしたい10のこと!』などで使用。また、各メディア向けの記者会見の場に使われることもある。
マイスタジオ(92坪)
ゼロスタジオ(22坪)
社屋外の通路に隣接し、1階レベルにあるオープンスタジオ。地下2階レベルから伸びる支柱で支える構造であり、浮かんでみえる。通路に面していない三方面がガラス張り。専用のサブはなく、マイスタジオのサブから駆動する。当初はカメラやマイクなどの常設機材もなかったが、同スタジオをレギュラー使用する番組の立ち上げに伴い、常設機材を用意し現在に至っている。
かつて『ラジかる!!』→『ラジかるッ』→『おもいッきりDON!1025』で使用され、現在は『PON!』で使用。ラジオ日本では日本テレビアナウンサーによる番組などで使用された。
前述のマイスタジオ(サブ設備)から駆動する。
リモートサブ(1、 2)
8階にあり、外部からの中継を受けるための副調整室(サブ)のみの送出設備。「リモート」という言葉には、中継車など外部で制作される番組を本社で遠隔制御するという意味がある。主にプロ野球中継、サッカー中継などスポーツ中継で使用している。
なお、制作・情報系で内部スタジオを使用しない場合は、S1〜S4の副調整室を使用することが多く、報道系で内部スタジオを使用しない場合はNEWS1サブを主に使用するとのことである。

※すべてハイビジョン対応[2]

スタジオ以外の施設[編集]

メディアセンター
7階にある放送の運行・送出を行うマスターコントロールルーム。日本テレビの放送を支える中枢を担うセクション。関東一円と全国のネットワーク各局、またBS日本・CS日本へも毎日の番組を送り出している。送出VTR・番組サーバ・CMバンク・データ放送・文字字幕放送の送出設備を擁し運行・送出を行っている。BS日テレの送出マスターもメディアセンターに設置されている。
また、OAデータ・APS(Automatic Programming System)の運行データ作成・変更を行う「放送進行」もキー局としての重要なセクションである。
回線センター(SDC・SOC・回線ブッキング)
生中継に欠かせない自営マイクロ回線(マイクロ基地局)の運用・保守、及び局内回線分配系の運用・保守、SNGの管制・運用・保守を行うセクション。自営マイクロ回線の運用を行う「SDC」、SNG回線の管制・運用を行う「SOC」またNTT回線の運用を行う「回線ブッキング」の3つに運用セクションが分かれている。
汐留AX(SHIODOME-AX)
1階にあったオープンスタジオ、イベントスペース、ライブハウス。日本テレビが運営していたライブハウスSHIBUYA-AXの姉妹版として、アイドルイベントやアーティストライブ、お笑いライブやトークショーなどに使われていた。汐博の期間中は連日アイドルイベントが開催されており、それ以外の期間でもSUPER☆GiRLSのように定期的に公演を行うグループがあった。ステージ内容にもよるが、収容人員は200 - 400人程度。
元々「クリスタルホール」という名称で展示会やイベントが可能なスペースとしていた。2007年、『くちコミ☆ジョニー!』の開始と共に観客が中に入ることができる公開型のオープンスタジオ「テレビバ」に改修し、『おもいッきりDON!』(第2部)でも使用され、外の通路から番組収録を見ることができた。
2010年に「汐留AX」に改められてからはテレビ番組の収録は殆ど行われず、2012年閉館。
日テレホール
2階にある、講演・会議やイベント展示などに使用される多目的ホール。記者会見、番組収録にも対応。全国高等学校サッカー選手権大会全国大会組み合わせ抽選会の会場としても使われる。
大階段・大屋根広場
地下2階から続く地下1階へと続く大階段と地上1階の大屋根広場は日本テレビタワーと汐留タワーの間にある公共空間。大屋根広場からは『news every.』で木原実そらジローが天気予報を伝えている。
日テレ屋汐留店
地下1階・2階にある店舗。株式会社日本テレビサービスが運営し、日本テレビの番組やマスコットキャラクター等の各種グッズを販売している。
アンパンマンテラス
地下2階にある店舗。アンパンマンのグッズを販売している。子供向けのプレイコーナーも併設している。2012年9月23日閉店。
汐留らーめん
地下2階にあったラーメン店。日本テレビ開局50年企画として誕生した。2011年8月末日閉店。
2in1 デンタルクリニック 日テレプラザ
地下1階にある歯科クリニック。

その他、各種飲食店が出店している。

参照[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『僕がテレビ屋サトーです 名物ディレクター奮戦記』(佐藤孝吉著、文藝春秋
  2. ^ 面積を含めた設備諸元は、雑誌「放送技術」2004年6月号及び7月号から一部引用。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]