汐留駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
汐留駅
しおどめ - Shiodome
所在地 東京都港区東新橋一丁目
所属事業者 東京都交通局駅詳細
ゆりかもめ駅詳細

汐留駅(しおどめえき)は、東京都港区東新橋一丁目にある、東京都交通局都営地下鉄)・ゆりかもめである。

東京都交通局の都営地下鉄大江戸線と、ゆりかもめの東京臨海新交通臨海線(路線愛称そのものが「ゆりかもめ」)が乗り入れ、接続駅となっている。両社局とも駅番号が制定されており、都営地下鉄がE 19、ゆりかもめはU-02である。

駅構造[編集]

両線の駅はともにエスカレーターエレベーターが設置されている。また、両線の改札同士を連絡するエレベーターも設置されている。

東京都交通局[編集]

東京都交通局 汐留駅
しおどめ - Shiodome
(シオサイト)
E 18 築地市場 (0.9km)
(0.9km) 大門 E 20
所在地 東京都港区東新橋一丁目9-1
駅番号 E 19
所属事業者 PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局都営地下鉄
所属路線 E 大江戸線
キロ程 19.1km(都庁前起点)
電報略号 汐(駅名略称)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
47,111人/日
-2012年-
開業年月日 2002年平成14年)11月2日

島式ホーム1面2線を有する地下駅。改札は地下通路内に2か所設置されているが、両端の改札を連絡する地下通路は一方通行となっている。「シオサイト」の駅名併称が付けられている。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 E 都営大江戸線 門前仲町両国春日方面
2 E 都営大江戸線 大門六本木新宿方面
コンコース(2004年6月4日) 1番線ホーム(2008年12月9日)
コンコース(2004年6月4日)
1番線ホーム(2008年12月9日)


  • 築地市場寄りに留置線2本と、浅草線馬込車両検修場へ大江戸線の車両を送り込む際に使用する連絡線がある。
  • 当駅始発・終着の列車が1本設定されている。前日の六本木方面からの最終列車と、翌日の六本木方面への始発列車が該当する。
  • 駅名標下部の看板には、当初「電通/日本テレビ前」と表記されていた。その後、「東京汐留ビルディング/日本テレビ前」「東京汐留ビルディング/電通本社ビル前」と変わり、2009年時点では「日本テレビ前」となっている。

ゆりかもめ[編集]

ゆりかもめ 汐留駅
しおどめ - Shiodome
新橋 (0.4km)
(1.2km) 竹芝
所在地 東京都港区東新橋一丁目9-52
駅番号 U-02
所属事業者 ゆりかもめ
所属路線 東京臨海新交通臨海線
キロ程 0.4km(新橋起点)
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
3,767人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 2002年平成14年)11月2日

島式ホーム1面2線を有する高架駅

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 ゆりかもめ 台場豊洲方面
2 ゆりかもめ 新橋方面
ゆりかもめ駅舎(2008年3月16日)


利用状況[編集]

  • 都営地下鉄 - 2012年度の1日平均乗降人員は47,111人(乗車人員:23,206人、降車人員:23,206人)である[1]
  • ゆりかもめ - 2010年度の1日平均乗車人員は3,767人である。

開業以来の1日平均乗車人員推移は下表のとおりである。

年度 都営地下鉄 ゆりかもめ 出典
2002年(平成14年) 6,740 2,520 [2]
2003年(平成15年) 12,309 3,522 [3]
2004年(平成16年) 14,896 4,034 [4]
2005年(平成17年) 18,321 4,337 [5]
2006年(平成18年) 19,616 4,090 [6]
2007年(平成19年) 20,696 4,246 [7]
2008年(平成20年) 20,742 3,926 [8]
2009年(平成21年) 21,189 4,060 [9]
2010年(平成22年) 21,538 3,767 [10]
2011年(平成23年) 21,292 [11]

駅周辺[編集]

当駅の周辺は再開発地域「汐留シオサイト」であり、高層ビルが林立する。

バス路線[編集]

空港連絡バス[編集]

当駅周辺のコンラッド東京、パークホテル東京、ロイヤルパーク汐留タワーの各ホテルから、東京空港交通により成田空港行バスが運行されている。

水上バス[編集]

浜離宮内に東京都観光汽船が運航する「隅田川ライン」の浜離宮発着所東京都公園協会が運航する「東京水辺ライン」の浜離宮発着場があり、以下の路線が乗り入れている。

歴史[編集]

  • 2000年平成12年)12月12日 - 東京都交通局大江戸線国立競技場 - 六本木 - 大門 - 両国 - 飯田橋 - 都庁前間の開通に伴い、「汐留信号所(2代)」として開業。当時、駅周辺が再開発中でアクセス道路が未開通だったため、駅としての開業を見送り、全列車が通過していた。但し、駅舎躯体はこの時既に完成していた。これはゆりかもめ開通時も同様であった。
  • 2002年(平成14年)11月2日 - 汐留地区再開発に合わせてゆりかもめ汐留駅が開業、大江戸線汐留信号所(2代)を汐留駅に格上げ[12]

隣の駅[編集]

東京都交通局
E 都営大江戸線
築地市場駅 (E 18) - 汐留駅 (E 19) - 大門駅 (E 20)
ゆりかもめ
東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)
新橋駅 (U 01) - 汐留駅 (U 02) - 竹芝駅 (U 03)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]